ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Apple A4」最新記事一覧

関連キーワード

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(9):
中身が大変身した「iPhone 7」とその背景
2016年9月に発売されたAppleの新型スマートフォン「iPhone 7」。一部では、あまり目新しい新機能が搭載されておらず「新鮮味に欠ける」との評価を受けているが、分解して中身をみると、これまでのiPhoneから“大変身”を果たしているのだ。今回は、これまでのiPhoneとiPhone 7の中身を比較しつつ、どうして“大変身”が成されたのかを考察していこう。(2016/10/27)

“ウェアラブル”の今:
第33回 watchOS 2がもたらすAppleとApple Watchの変化
WWDC 15でお披露目されたApple Watchの新しいOS、「watchOS 2」には、さまざまな改善が盛り込まれていた。今後、Apple Watchの一目で分かることを重視するデザインが、Appleの他のソフトウェアにも拡がっていきそうだ。(2015/6/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple Watch」の圧倒的な完成度とそれでも拭えない不安
群を抜いた完成度で登場した「Apple Watch」だが、これをもって「スマートウォッチというジャンルが確立する」とまでは確信できていない。(2015/5/8)

2014 International CES:
未発表の省電力APU対応マザーやKaveri対応ゲーミングマザーなど、MSIが新製品群を公開
MSIがCESの会期中にプライベートスイートで説明会を実施。今後投入予定のマザーボードやグラフィックスカード、タブレット製品を披露した。(2014/1/21)

EE Times Japan Weekly Top10:
企業番付は意外に低かったApple
EE Times Japanで先週(2013年7月14日〜7月20日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/7/22)

ビジネスニュース 業界動向:
Apple製品のヒットで、Samsungのファウンドリ売上高は大幅増加
Appleの「iPhone」や「iPad」が好調なおかげで、同製品のプロセッサを製造しているSamsungのファウンドリ売上高が飛躍的に伸びた。一方で、Appleはプロセッサの製造委託について、Samsung以外のファウンドリ企業と交渉を進めるとも言われている。(2012/8/23)

バラして見ずにはいられない:
「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」 3G+WiMAX端末の“中身”を分解して知る
Androidスマートフォン「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」は、auのスマートフォンラインアップ初のSamsung電子製端末ということもさることながら、3G、Wi-Fi(無線LAN)に加えてWiMAXでの通信もサポートする端末としてもとても興味深い。中身はいったいどうなっているのか、確認してみた。(2012/6/12)

電子ブックレット:
Appleの最新SoC「A5」、チップ面積の謎に迫る
A5プロセッサは、前世代のA4プロセッサに比べてチップ面積が2.3倍と大きい。シングルコアのA4に対し、A5はデュアルコア化されている。しかしそれだけでは、ここまでチップ面積が増える説明がつかない。なぜA5はこれほどまで大型化したのか。その謎を分析する。(2012/3/23)

ビジネスニュース 業界動向:
グラフィックス強化の第3世代iPad、GPUコアとLTEチップのベンダーは?
Appleが新型iPadで大きく打ち出したのは「グラフィックスの強化」だった。それを担うのは高精細ディスプレイと新型プロセッサ「A5X」である。アナリストらは、A5XにImagination TechnologiesのGPUコアが採用されたとみるが、その具体的な品種については見解が分かれている。(2012/3/8)

ビジネスニュース 特許/知財:
Appleが特許訴訟でHTCに勝利、しかし侵害認定は1件だけ
Appleが台湾の携帯電話機メーカーであるHTCを10件の特許侵害で訴えていた特許紛争において、米国際貿易委員会は1件の特許について侵害を求めた。他の9件のついては侵害が認められないという判決を下した。(2011/12/22)

製品解剖 プロセッサ/マイコン:
Appleの最新プロセッサ「A5」、倍増したチップ面積の謎に迫る(後編)
「iPad 2」に搭載されたA5プロセッサは、「iPad」のA4プロセッサに比べてチップ面積が34mm2も増えた。この増加分はA4のチップ面積の64%に相当する。AppleはCPUとGPUをデュアル化しただけでなく、他にも差別化につながる回路を組み込んだに違いない。(2011/6/3)

製品解剖 プロセッサ/マイコン:
Appleの最新プロセッサ「A5」、倍増したチップ面積の謎に迫る(前編)
A5プロセッサは、前世代のA4プロセッサに比べてチップ面積が2.3倍と大きい。シングルコアのA4に対し、A5はデュアルコア化されている。しかしそれだけでは、ここまでチップ面積が増える説明がつかない。なぜA5はこれほどまで大型化したのか。その謎を分析する。(2011/5/31)

お待たせしました:
「iPad 2」が販売開始――アップルストア銀座に400人超の列
iPad 2の国内販売が始まった。直営店のアップルストア銀座では発売前日の4月27日夜から並ぶ人が見られ、28日午前9時の開店時には400人超が長い行列を作った。(2011/4/28)

iPad革命の本当の出発:
「突き抜けた」と思わせるiPad 2の魅力
国内発売を延期していた「iPad 2」が、いよいよ明日28日に日本でも手に入るようになる。林信行氏がiPad 2の魅力に迫る。(2011/4/27)

製品解剖 タブレット :
【iPad 2分解・続報】メインプロセッサ「A5」、従来品「A4」に続きサムスンが製造
UBM TechInsightsは、アップルの新型タブレット「iPad 2」の本体とチップを分解した結果を発表した。それによると、iPad 2に搭載されているプロセッサ「Apple A5」は、サムスン電子が製造したものだという。(2011/3/22)

ビジネスニュース タブレット:
アップルが「iPad 2」を発表、療養中のJobs氏も登場
アップルは2011年3月2日にタブレット型コンピュータ「iPad」の第2世代機「iPad 2」を発表した。(2011/3/3)

Wi-Fi版は3万5800円から:
アップル、初代iPadを価格改定
「iPad 2」の発表に伴い、初代iPadの価格が改定された。Wi-Fi版の16Gバイトモデルは1万3000円値下がりし、3万5800円で購入できる。(2011/3/3)

iPhone 4よりも薄い!:
さらに薄く、より高速に――アップルが「iPad 2」を発表
アップルの次期タブレット製品「iPad 2」は、A5プロセッサの採用によりCPUで2倍、グラフィックスで9倍の性能向上を実現したほか、厚さ8.8ミリとiPhone 4よりも薄くなった。(2011/3/3)

「iPad 2」発表 より薄く、ホワイトモデルも 日本は3月25日発売
米Appleが「iPad 2」を発表。米国では3月11日、日本では3月25日に発売する。初代iPadから5ミリ近く薄型化し、ブラックモデルに加えホワイトモデルが登場。(2011/3/3)

Verizon版iPhone 4を分解、「iPhone 5」でのマルチモード展開が視野
Verizon Wirelessが発売した「iPhone 4」を分解したところ、クアルコムのマルチモード対応ベースバンドプロセッサが搭載されていることが明らかになった。(2011/2/16)

製品解剖 スマートフォン:
Verizon版iPhone 4を分解、「iPhone 5」でのマルチモード展開が視野
米国の大手携帯電話事業者であるVerizon Wirelessが2011年2月10日に新たに販売を始めたアップルのスマートフォン「iPhone 4」を分解したところ、クアルコムのマルチモード対応ベースバンドプロセッサが搭載されていることが明らかになった。分解を実施したUBM TechInsightsのアナリストは、「iPhoneは、マルチモードプロセッサを搭載することで、将来に向けたグローバル対応の道を開いた」と指摘している。(2011/2/15)

電子ブックレット(組み込み開発):
Apple A4プロセッサを分解、「革命」ではなく「進化」の産物
Apple A4は単なる汎用プロセッサではない。SoC内部にプロセッサコアを集積した形態を採っている。議論が進むにつれ、SoCに実装されたプロセッサコアの正体と処理性能以外の疑問がわき上がってきた。P.A. Semi社とIntrinsity社という、Apple社がここ2年間で実施した2つの大規模な企業買収によって、この2社の設計が統合されたのではないかということだ。(2011/2/15)

iPodの生みの親に聞く:
iPod touchは携帯型ゲーム機の新たな地平を切り開けるか?
ちょうど10年前、iPodは音楽プレーヤーとして誕生した。そして今ではゲーム業界でも影響力を持つ携帯ゲーム機に生まれ変わり、さらに輝きを放っている。iPodの生みの親でもある、米AppleのStan Ng氏(スタン・イング)に話を聞いた。(2011/2/3)

製品解剖:
iPadに挑むサムスンのGALAXY Tab、スマートフォン成功の再現を狙う
サムスン電子(以下、サムスン)は2010年後半に、タブレットコンピュータ「GALAXY Tab」を発表した。好評を博している同社のスマートフォン「GALAXY S」シリーズの機能を拡張したモデルである。同社は、iPadに真っ向から挑むために設計したタブレットプラットフォームを武器に、アップルの市場に食い込むことを狙う。(2011/1/18)

Apple、新型MacBookにIntelの「Sandy Bridge」搭載か
Appleは新型MacBookで、NVIDIAのGPUに換えて、GPU統合型のIntelのSandy Bridgeを搭載すると報じられている。(2010/12/10)

ようやく入荷:
新型「iPod touch」がアップルストア銀座で販売開始
アップルストア銀座で新型「iPod touch」の販売が始まった。今すぐ試したい人は銀座へ走れ。(2010/9/15)

touch、nano、shuffle、どれを買う?:
2010年のクリスマスを飾る“最強”の布陣――新型「iPod」ファミリー徹底レビュー
iPodファミリーがラインアップを一新し、一体どれを買えばいいのか迷っている人も多いはず。新旧モデルと比較しながらそれぞれの特徴を詳しく見ていこう。(2010/9/8)

iPod touchがアップデート、カメラでFaceTimeとHD撮影
アップルは9月1日(米国時間)iPod touchをアップデートした。ビデオ通話のFaceTime、前モデルに比べ4倍のピクセル数のRetinaディスプレイ、HDビデオ撮影、A4プロセッサ搭載。8Gバイトモデル2万900円から。(2010/9/3)

写真と動画で見る、カメラ搭載の新「iPod touch」
新型「iPod touch」はデザインこそ大きな変更を経ていないが、FaceTime可能なカメラの搭載などさまざまな改良が行われている。新型iPod touchを写真と動画で紹介する。(2010/9/2)

A4+iOS 4.1+FaceTime:
今度のiPodファミリー、何が変わった?
アップルがiPodのラインアップを一新。A4プロセッサとiOS 4.1を搭載した新iPod touchを筆頭に、iPod nanoもタッチ操作をサポートするなど盛りだくさんの内容だ。(2010/9/2)

小さくなった新Apple TV 映画・テレビ番組のレンタルも
新しいApple TVは従来モデルよりも80%小さく、筐体がブラックに。HDの映画とテレビ番組をオンラインでレンタルできる。(2010/9/2)

薄く、きれいに:
アップル、Retinaディスプレイ搭載の「iPod touch」を発表
アップルは9月2日、高精細ディスプレイやHDビデオ撮影機能を搭載した新型「iPod touch」を発表した。アップルのA4プロセッサを搭載して処理能力を向上している。(2010/9/2)

iOS 4.1アップデートは“来週”配信 iOS 4.2は11月
Appleが、iPodの新ラインアップ発表に合わせて、iOSを4.1および4.2にアップデートするスケジュールを明らかにした。iPhoneと既存のiPod touch向けには、来週iOS 4.1アップデートが提供される。iPad/iPhone/iPod touch向けのiOS 4.2は11月に配信予定だ。(2010/9/2)

iPodラインアップ一新 touchはiPhone 4と同等、nanoは正方形・マルチタッチ対応
Appleが新iPodを発表。touchはiOS 4.1とA4プロセッサ、Retinaディスプレイ、カメラの搭載でiPhone 4と同等に。nanoは正方形デザインになり、マルチタッチディスプレイによる操作に対応。(2010/9/2)

せかにゅ:
新型iPod、間もなく登場? 「3G iPod touch」のうわさも
Appleの発表会を前に、ネットではさまざまな憶測が飛び交っている。「デュアルカメラの新iPod touch登場」の予想が多いが、「iPadのようにiPod touchにも3Gモデルが加わる」といううわさも。(2010/9/1)

ふぉーんなハナシ:
iPhone 4 Blackモデルの憂鬱
待ち焦がれたiPhone 4 Whiteモデルの購入を諦め、お盆前から使い始めたiPhone 4 Blackモデル。電話を終えてiPhone 4ふとを見ると、そこには大粒の汗。(2010/8/24)

製品解剖:
Apple A4プロセッサを分解、「革命」ではなく「進化」の産物
Apple A4は、米P.A. Semi社が開発したプロセッサなのだろうか。Apple社は2008年4月にP.A. Semi社を買収している。答えはどうやら違う。まったく新しいプロセッサを設計するには時間が足りなかったようだ。米Ars Technica社のJon Stokes氏は、2010年3月時点で、Apple A4は内部にGPUを内蔵していること、省電力設計についてP.A. Semi社が潜在的な役割を果たした可能性があること、という興味深い洞察を発表している。(2010/8/12)

iPhone 4を分解、iPadと部品を共用しコスト低下を図る
いまだ品薄状態が続いている「iPhone 4」だが、EE Times Japanがその内部を詳細に検証した“Tear Down”記事を掲載している。基板だけでなく、アンテナ部分なども詳細に確認できる。(2010/7/14)

その魅力はすべての人を惹きつける――iPhone 4は“ケータイ市場”を席巻する
「iPhone 4」を日本で使ってみて、WWDCで感じた驚きは空恐ろしさにも似た印象に変わった。デザインの美しさ、質感の高さと高性能なデバイスの使いやすさが相まって、店頭でパッと見て手にしただけで欲しくなる。iPhone 4はユーザーの裾野を拡大し、日本のケータイ市場を竜巻となって席巻するだろう。(2010/6/24)

せかにゅ:
iPhone 4、著名レビュアーの評価は?
「iPhone 3GSから大きく飛躍」「本当に、本当に速い」――著名コラムニストらはiPhone 4のパフォーマンスや画質、バッテリー駆動時間、テレビ電話機能などを高く評価している。(2010/6/23)

本田雅一のTV Style:
「iPad」の使い道(前編)
iPadは、ご存じの通り「iPod touchのサイズが大きなもの」に近いハードウェアの製品だが、テイストはやや異なる。シンプル操作と上質なUIで、ユーザーの使用感・体験を演出している。では、どのような利用シーンが適しているのだろうか。改めて考えてみよう。(2010/6/14)

Ericsson Business Innovation Forum 2010:
スマートフォンの普及でARPU向上の可能性も――Ericssonに聞く業界動向
iPhoneやAndroidの台頭、Googleのサービス参入など携帯電話業界には急速な世代交代の流れが押し寄せている。これはアジア市場も例外ではない。EricssonとST-Ericssonのキーパーソンに、最近の業界動向やトレンドを聞いた。(2010/6/14)

「iPhone 4」の評価は? アナリストはテレビ電話に注目
アナリストは新型iPhoneをおおむね好意的に評価しており、特にテレビ電話機能「FaceTime」の可能性に期待している。一方で、予想どおりで目新しい発表がなかったのが残念だという声も。(2010/6/10)

WWDC 2010現地リポート:
「iPhone 4」が再びすべてを変えるのか
WWDC 2010の基調講演で発表された「iPhone 4」は、“初代iPhone以来、最大の跳躍”と表現されるメジャーバージョンアップだ。動画と写真でファーストインプレッションをお届けする。(2010/6/9)

WWDC 2010現地リポート:
来た、見た、触った!!――写真で解説する「iPhone 4」
WWDC 2010の基調講演で6月24日の発売が発表された「iPhone 4」。その実機にいち早く触る機会を得たので、まずは「iPhone 3GS」ユーザーとして気になったポイントを中心にチェックした。(2010/6/8)

画質は、テレビ電話は――iPhone 4をYouTube動画で見る
AppleやリポーターがYouTubeに投稿した動画では、動くiPhone 4を見ることができる。(2010/6/8)

AppleのジョブズCEO、基調講演で新型iPhoneを語る
Appleのスティーブ・ジョブズCEOは「iPhone 4」を「われわれの最も精密で最も美しい製品の1つ」と語るが、流出した試作機のニュースを知っている人には驚くべき発表はなかった。(2010/6/8)

新型「iPhone 4」発表、フロントカメラに高解像度ディスプレイ
アップルは米国時間の6月7日、「World Wide Developers Conference(WWDC、世界開発者会議)」において、「iPhone 4」を発表した。フロントカメラ搭載、Retinaディスプレイ、HDビデオ撮影機能搭載で6月24日発売。(2010/6/8)

6月24日発売、iPhone OSは「iOS」に:
厚さ9.3ミリ、高精細ディスプレイ搭載の「iPhone 4」発表
米Appleが、開発者向けの年次イベント「Worldwide Developers Conference 2010」で、次期iPhone「iPhone 4」を発表した。日本でも、米国と同じく6月24日に発売される。iPhone OS 4から改称した「iOS 4」のアップデートは6月21日に配布予定。(2010/6/8)

せかにゅ:
新型iPhone、WebベースのiTunes――Appleは何を発表する?
Appleが間もなく開催するWWDCでは、第4世代iPhoneや新型Apple TVが発表されるとみられている。一方、早くも2011年のiPhoneを予想するメディアも。(2010/6/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。