ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アプライアンス」最新記事一覧

あなたの知らないハイパーコンバージドインフラの世界(1):
ハイパーコンバージドインフラ製品は、結局どこに価値があるのか
ハイパーコンバージドインフラを解説する連載の第1回として、この種の製品が結局のところ何を目指しているのか、どこに価値があるのかを解説する。(2016/5/26)

徹底的にすすぐ:
押して、叩いて、もみ洗う! 日立から”すすぎ”を強化した「ビートウォッシュ」新製品
日立アプライアンスから「ビートウォッシュ」の新製品8機種が登場。縦型洗濯乾燥機と全自動洗濯機をラインアップ。(2016/5/23)

「NETWORLD CLOUD MART」でハイブリッドクラウド普及を後押し
実践さながらの「炎のトレーニング」に個性が光る、ネットワールドのパートナー支援策
ストレージや仮想化製品など、幅広いIT商材を取りそろえるディストリビューターのネットワールドは、クラウドビジネスのどこに軸足を置き、どのようなビジネス戦略を打ち出そうとしているのだろうか。(2016/5/23)

デル・ソフト、未知のマルウェア対策に参入 後発優位とアピール
UTMで利用可能なマルウェア対策サービスを提供する。他社サービスと同様ながら後発だとして、3段階のサンドボックス解析を採用するなど差別化を図ったという。(2016/5/18)

アップグレードや製品評価にも活用
12PBのデータを管理、巨大生命保険会社が勧めるストレージの選び方
12PB以上のデータを管理する大手生命保険会社は通常のSANやNASストレージの他に、オブジェクトストレージやハイパーコンバージドシステムを使っている。各システムをどう評価しているのか?(2016/5/16)

EMC、VCE、ヴイエムウェアが投入:
PR:共同開発3社が語る、ハイパーコンバージドシステムVxRailの知られざる実像
ハイパーコンバージドシステム製品は、どれも同じなのか。パブリッククラウドとはどのような関係になるのか。EMCのVxRailは、何を目指した製品なのか。同製品を共同開発した3社の専門家に聞いた。(2016/5/13)

EMC WORLD 2016:
米EMC、UnityとNeutrino Nodesの発表でオールフラッシュとクラウドネイティブへの取り組み強化
米EMCが2016年5月第1週に開催したEMC WORLD 2016における製品発表の要点は、同社のオールフラッシュ対応製品群がほぼ出そろったこと、同社の「クラウドネイティブIT」対応製品が具体化したことにある。(2016/5/9)

Computer Weekly製品ガイド
サポートスタッフがコントロールを手放す潮時
広く普及したBYODのトレンドは後戻りできない。IT部門は従業員へアプリケーションを配信するための新しい手段を採用する必要がある。(2016/4/28)

リバーベッドが「SteelConnect」でSD-WAN市場に参入、次世代ファイアウォール機能搭載
リバーベッドは2016年4月26日、「Riverbed SteelConnect」を日米同時に発表し、SD-WAN市場に参入した。グローバルにポリシーを設定してネットワーク接続ポイントに一括配信できる機能や、アプリケーション、ユーザーの認識に基づくセキュリティ機能が特徴。(2016/4/27)

侵害の兆候だけでなく文脈もレポート:
サイバー攻撃の情報を迅速に提供、ファイア・アイが日本語でサービス開始
ファイア・アイは2016年4月26日、高度なサイバー攻撃の分析と、封じ込めに必要な情報提供を支援するセキュリティサービス「FireEye as a Service」(FaaS)を、日本語でも提供することを発表した。(2016/4/26)

他社RDBMSからの乗り換えで特別価格に:
Oracleから「SQL Server 2016」へ、マイクロソフトが移行支援策を展開
日本マイクロソフトが「SQL Server 2016」の導入支援策を発表。Oracle Databaseからの乗り換えで、ライセンスを特別価格で提供する。(2016/4/20)

キヤノンITS、サイバー攻撃に“強い”UTMを中規模企業向けに発売
複数のセキュリティ機能を搭載し、独自設計による機器本体の攻撃耐性が高い点が特徴だという。(2016/4/20)

5回のクリックで仮想マシンを導入:
HPE、中規模システムや拠点の集約を想定したハイパーコンバージドアプライアンス「HPE HC 380」を発表
HPEがハイパーコンバージドシステムの新製品「HPE Hyper Converged 380」を発表。仮想マシンの導入や管理、サポートなどの一連の操作を数クリックでできる容易性を特長に、TCOの削減やハイブリッドインフラへの移行を見据えた整備を可能とする。(2016/4/20)

クラウドアーカイブを始める前に考えること【後編】
オンプレミスとの比較も忘れずに、クラウドアーカイブの4大“懸念事項”
クラウドアーカイブはクラウドストレージの中核を担うと考えられている。だが、クラウドアーカイブを使い始める前に考えておきたいことがある。クラウドアーカイブのデメリットや懸念事項はないだろうか。(2016/4/19)

実際に検証済み!OSS徹底比較(1)運用監視編:
OSS運用監視ソフト 注目の10製品徹底比較 2016年版
運用監視をはじめ、多くの企業が取り入れているOSS(オープンソースソフトウェア)。目的に応じて最適なものを選択し、うまく使いこなせば強力な武器となるが、それができなければかえって手間や混乱の原因にもなりかねない。本連載では注目のOSSをピックアップして実際に検証し、基本的な優位性、劣位性を明確化した。ぜひOSSを選ぶ際の参考にしてほしい。(2016/4/25)

「アプライアンス頼り」「事業者頼り」の課題も洗い出す:
手加減無用の実践的サイバー演習で弱点の洗い出しを、PwC
PwCサイバーサービスは2016年4月12日、サイバーキルチェーンに基づいて疑似的なサイバー攻撃を仕掛け、インシデント対応体制や計画が機能しているかどうかを検証する「レッドチーム演習」について説明した。(2016/4/13)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第6回 比較で読み解くソフトウェア定義ストレージの選定術
ソフトウェア定義のストレージ(SDS)の製品は、実際にどのように選べばよいのでしょうか。今回は実装方式を説明しながら、2つのステップによる選び方を紹介します。(2016/4/12)

IT導入完全ガイド:
4年後には16兆円市場に! IoTの“魅力”とは何か!?
「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」を理解し活用するための基礎知識として、IoTの全体像を整理する。(2016/4/11)

Oracleユーザー向け「SQL Server」無料化なども発表
Linux版「Exchange」の開発はあるか、「SQL Server on Linux」登場で高まる期待
「SQL Server」のLinux版を発表し、「Oracle Database」からの乗り換え客にライセンスを無償提供する。“奇策”にも見えるMicrosoftのこうした取り組みは、同社が起こそうとしている変化の序章にすぎない。(2016/4/7)

「Dell Hybrid Cloud System for Microsoft」:
デル、Azure Packベースのハイブリッドクラウド構築アプライアンスを国内発表
デルは2016年4月5日、統合インフラ製品、「Dell Hybrid Cloud System for Microsoft」を国内発表した。これは、米マイクロソフトのAzure Packに基づくハイブリッドクラウド基盤ソフトウェアである「Microsoft Cloud Platform System Standard(CPS Standard)」を搭載した、ハイブリッドクラウド構築用の統合アプライアンスだ。(2016/4/5)

S3 APIを使ったストレージのハイブリッド運用を後押し:
S3互換APIの接続検証環境を30日間無償提供、クラウディアン
クラウディアンは、同社のオブジェクトストレージ製品とAmazon S3 APIに対応するアプリケーションとの接続検証プログラムを開始する。(2016/3/29)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第5回 ソフトウェア定義ストレージとはどんなもの?
ソフトウェア定義インフラストラクチャのうち、データ管理に直結するのが、ソフトウェア定義のストレージです(SDS)。様々なモノが提供されていますが、目的や訴求ポイントが違っていてなかなか分かりにくい状況ではないでしょうか。今回は製品の違いやメリットを解説します。(2016/3/29)

PR:メールによる怒涛のサイバー攻撃、鳥の目・虫の目で防御する最新対策の実力とは?
ビジネスに不可欠なメールは、サイバー攻撃者にとっても魅力的な手段であるだけに、その状況はあまりに凄まじい。世界最大級の体制でメールを通じたさまざまな脅威に対峙しているのが、シスコシステムズだ。同社のセキュリティ対策の強みとは――。(2016/3/29)

ホワイトペーパー:
ビッグデータアプライアンス製品導入戦略ガイド
新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。(2016/3/28)

ホワイトペーパー:
第三者機関が徹底検証 バックアップ課題の解決策としてアプライアンスは有効か?
中堅・中小企業のバックアップにおける課題「運用負荷・バックアップ時間の肥大化」「複雑な導入前準備作業」に対して統合アプライアンス導入は解決策となるのか? データとインタビューから詳しく検証していく。(2016/3/25)

法制度・規制:
いまさら聞けない「フロン排出抑制法」、ついに始まる「漏えい量」の報告義務
「フロン排出抑制法」が2015年4月1日に施行されてから間もなく1年が経過する。今回の改正では業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器の管理者には機器およびフロン類の適切な管理が義務付けられた他、一定の量フロンが漏えいした場合には国への報告が必要になった。環境省はこのほどこのフロン排出抑制法に関するセミナーを開催し、あらためて改正のポイントを説明するとともに、イオン、ローソンなどの企業が自社の対策状況について語った。(2016/3/24)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第12回 オブジェクトストレージを上手に使うチェックリスト(後編)
オブジェクトストレージをいざ使うとなると、具体的にどんな方法を選択すべきか悩んでしまいます。前回に引き続きオブジェクトストレージを上手に使うための10項目をご紹介します。(2016/3/23)

PR:あなたの会社は“新たな脅威”に対処できる?――旧機種との比較で分かる「次世代ファイアウォール」とは
セキュリティ対策は重要と分かっていても、コスト負担を考えると新規導入やリプレースは後回しという企業も少なくないはず。しかし数年前と比べると、企業を取り巻くセキュリティ脅威も変わりつつあるのだ。(2016/3/22)

Synologyで始めるNAS生活:
NASを使ったほうがいい人、使わないほうがいい人
「最近NAS(ナス)ってよく聞くけど、そんなにイイモノなの?」と考えているNAS初心者に向けて、導入するメリットや、類似サービスとの比較、製品選びのポイントを紹介。(2016/3/18)

柔軟な構成が可能:
EMCジャパン、ハイパーコンバージド新製品「VxRail」を国内発表
EMCジャパンは2016年3月15日、ハイパーコンバージドインフラアプライアンスの新製品「VCE VxRail Appliance」を国内発表した。「VSPEX BLUE」の後継製品で、柔軟な構成の選択肢が最大の特徴。ネットワールドとネットワンシステムズが、同日販売を開始した。(2016/3/16)

求められた拡張性、可用性、高速性能
毎日2万枚発生する放射線画像を管理、米医療機関が選んだハイパーコンバージドとは
CarePoint Healthは医療データ増大を見越し、ハイパーコンバージドシステムを導入した。ローカルSANの拡張とともに、クラウドストレージに医療データを移動してコストを削減した。(2016/3/16)

EMCジャパン、VMwareと共同開発のハイパーコンバージドシステムを発表
基幹業務システムの統合化などに対応する「VCE VxRail Appliance」を発表した。既存のVMware環境からの容易な移行を実現するという。(2016/3/15)

暗号化方式も強化:
デル、LyncやSkypeにも対応するVDI構築ソリューションを提供開始
デルはXenDesktop向けに2種類のソリューションを提供する。通信暗号化方式を強化した他、LyncやSkype、他社製ビデオ会議システムにも参加できるという。(2016/3/15)

「ファイアウォールはレガシー」のイメージは誤り?:
研究開発とさらなる高速化に力を注ぐチェック・ポイント
商用ファイアウォール製品の「元祖」ともいえる存在のチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ。同社は、サンドボックスやファイルの無害化といった新たなセキュリティ技術の研究開発と、さらなるパフォーマンスの向上に力を注いでいくという。(2016/3/3)

サービスや日本語認定トレーニングも展開:
「中堅・中小企業向けUTM」のイメージから脱却図るフォーティネット
複数のセキュリティ機能を統合した「UTM(Unified Threat Management)」という概念を市場に持ち込んだフォーティネット。2016年は、これまで強みを発揮してきたSMB向けに限らず、あらゆる規模の企業向けにネットワークセキュリティソリューションとサービスを提供していく方針だ。(2016/3/2)

2016年はプライマリーストレージの“オールフラッシュ化の年”と宣言:
EMC、「VMAX All Flash」と「DSSD D5」でオールフラッシュ製品ラインを拡充
「プライマリーストレージのオールフラッシュ化」を目指すEMCは、エンタープライズデータプラットフォーム「VMAX All Flash」と“ラックスケールフラッシュ”「DSSD D5」を発表し、オールフラッシュ製品ラインアップを拡充した。(2016/3/1)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第3回 データの利用目的別、ハードウェアとソフトウェアの選び方
データを利用する目的やその種別によって当然ですが、適切なハードウェアやソフトウェアは異なります。でも、どう選ぶべきかは悩みどころ。今回は具体的な製品やアーキテクチャの選び方をご紹介します。(2016/3/1)

ホワイトペーパー:
スマートデバイス活用と安全なリモートアクセスを可能にするアプライアンスを徹底検証
スマートフォンをはじめとするモバイル端末の企業導入が進み、安全かつクライアントレスな社内ネットワークへのアクセスが求められている。本資料ではセキュアなリモートアクセスを実現するアプライアンス製品を詳しく解説する。(2016/2/29)

「セキュリティ心理学」入門(3):
「誘導質問術」の恐怖――あなたにもある“六つの脆弱性”
人間にまつわるセキュリティを考える本連載。第3回のテーマは「誘導質問術」です。ソーシャルエンジニアリングの一種であり、「振り込め詐欺」のような犯罪にも悪用されるこの技術に、人はどうして引っ掛かってしまうのでしょうか。「人間の脆弱性」について考えます。(2016/2/25)

省エネ機器:
課題の大型空調で“2倍成長”、3年で空調事業7000億円を目指すパナソニック
パナソニックは同社の空調事業の売上高を、2018年度までに2015年度比約1.5倍となる7000億円規模に拡大する計画だ。特に“課題”の大型空調事業に注力し、同事業の売上高を2倍の2000億円規模に引き上げる。同時にグローバル販売網を強化し、海外売上の増強を図っていく方針だ。(2016/2/24)

「次世代ファイアウォール」の次を読む【後編】
セキュリティ企業の“誇大広告”に惑わされない「ファイアウォール」の選び方
ファイアウォール単体の機能で脅威に対処できる時代は終わった。現在の企業に求められるファイアウォールの在り方とは何か。製品選定時に考慮すべきポイントとは。(2016/2/23)

Kafka、Spark、Stormとの組み合わせも想定:
IBMがエッジコンピューティングのためのOSSランタイム「Quarks」をASFに提案
IBMは、IoTデータストリームをゲートウェイなどのエッジデバイスで分析できるようにするオープンソース技術「Quarks」を発表した。Apacheインキュベータープロジェクトとして提案している。(2016/2/22)

デル株式会社提供Webキャスト
ハイパーコンバージドアプライアンスがもたらすシンプルかつスケールアウトによるIT環境の革新
サーバとストレージを同じアプライアンス内の仮想環境上に実装することで、システム管理者は、新しいワークロードを迅速かつシンプルに導入できる。Nutanixのソフトを搭載する「Dell XC Webスケールコンバージドアプライアンス」による仮想化やVDI用途の使用イメージを見てみよう。(2016/2/23)

VxRailの数時間前に発表:
米Nutanix、ソフトウェア新機能でVMwareへの依存度低下をさらに推進
米Nutanixは2016年2月16日(米国時間)、米EMCによるVxRail発表の数時間前に、同社のハイパーコンバージドインフラ製品用ソフトウェアの新バージョン、「Acropolis 4.6」を発表した。同社製品のユーザーは無償でアップグレードできる。(2016/2/17)

EVO:RAILとどう違う?:
米EMCの新ハイパーコンバージドインフラ製品VxRailは、何が新しいか
米EMCは2016年2月16日(米国時間)、ハイパーコンバージドインフラアプライアンス製品「VCE VxRail Appliance」を発表した。VxRailは従来のEVO::RAILベースのハイパーコンバージド製品に比べ、「飛躍的進化(quantum leap)」を遂げたという。本記事では、どこが新しいかを取り上げる。(2016/2/17)

データベースクラウドに求められる3つの要件(3):
PR:既存アプリの改修なしでOLTPとリアルタイムアナリティクスを高速化する「Oracle Database In-Memory」
Oracle Database上に集約した統合データベース基盤上では、OLTPやデータ分析など、さまざまな処理が行われることになる。それらの処理をさらに高速化し、データのリアルタイム活用を推し進めたいという企業に向け、オラクルは「Oracle Database In-Memory」を提供している。[プライベートクラウド/データベース統合][高可用性/災害対策][Oracle Database 12c](2016/2/16)

新生ベリタスが事業戦略発表、バックアップの“先”も展開
シマンテックから分社・独立したベリタスが国内事業を本格始動させた。従来のバックアップの中核にしつつ、「情報管理」ソリューションを展開する。(2016/2/15)

製造マネジメントニュース:
中国市場失速のあおりを受けるパナソニック、成長シフトに暗雲も
パナソニックの2016年3月期(2015年度)第3四半期決算は、国内の白物家電や海外のBtoBソリューションなどが健闘したものの、中国市場低迷や為替の悪化などの影響を受け、通期連結業績予想を下方修正した。(2016/2/12)

マクロで捉える OpenStackソリューション選定【第3回】
OpenStack導入を失敗させる、“ダメSIer”を見分ける3つの視点
OpenStackプロジェクトにおいて、SIer選びは非常に重要だ。「非」エキスパートなSIerにつかまらないために、ユーザー企業が気を付けたいポイントを紹介する。(2016/2/9)

エッジからクラウドまで伸長するIsilon:
EMCが「IsilonSD Edge」「Isilon CloudPools」をリリース。AWS、Azureなども「一貫性のある」管理が可能に
米EMCがIsilon製品群「IsilonSD Edge」「Isilon CloudPools」をリリース。「エッジ トゥ コア トゥ クラウド(Edge-to-core-to-cloud)」で、一貫性のあるストレージ環境を提供するという。(2016/2/4)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。