ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビックカメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビックカメラ」に関する情報が集まったページです。

MSI、ゲーミングノートPC体験ブースをビックカメラ有楽町店に設置
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社製ゲーミングノートPCの体験展示コーナー「MSI 有楽町eスポーツプレイス」の開設を発表した。(2018/9/28)

目からうろこの行政サポート活用術:
かつて「亀田製菓」「京セラ」「ビックカメラ」も利用した! 政策金融機関「日本政策金融公庫」の活用法
「日本政策金融公庫(日本公庫)」は、政府100%出資の政策金融機関。これから創業する人や中小企業などへの事業資金融資や、経営課題に応じたコンサルティング、全国152支店の店舗網を生かしたマッチングや連携支援などを提供している。創業時や起業間もない時期に役立つ支援を中心にそのサービスを紹介しよう。(2018/9/28)

MSI、ビックカメラ専売のQuadro P2000搭載モバイルWS
エムエスアイコンピュータージャパンは、第8世代CoreプロセッサとQuadroを標準搭載したモバイルワークステーション計2製品を発表した。(2018/8/6)

店内に家電はない:
ビックカメラが酒専門店をオープン 競合店にどうやって勝つのか?
ビックカメラが酒専門店を18年8月にオープンさせる。これまでは、ビックカメラの店内で酒類を販売していたが、単独での出店は初めての試みとなる。厳しい競争にさらされることが予想されるが、どのようにして差別化を図るのだろうか。(2018/8/1)

PCやスマホの買い取りアプリ「ラクウル」、ソフマップが提供 無料で集荷・査定
ソフマップがPCやスマホの買い取りアプリ「ラクウル」の提供を始めた。売りたい商品を梱包する「ラクウルキット」も、ビックカメラ有楽町店などで商品を購入した人には無料配布する。(2018/7/26)

売りたいものを専用ロッカーに入れるだけ ビックカメラの買取受付サービス「ラクウルポスト」
ビックカメラ有楽町店は、専用ロッカーに買い取ってほしい製品と申込用紙を入れるだけで買い取りの受け付けや査定をしてもらえるサービス「ラクウルポスト」を5月31日に開始する。(2018/5/30)

実は大きく異なる:
ヤマダ電機とビックカメラ、“経営がうまい”のはどちらか
家電量販店業界の最大手であるヤマダ電機と2位のビックカメラ。実は両社は店舗の立地戦略だけでなく、多角化戦略でも大きく異なる戦略を打ち出している。「経営のうまさ」を示す指標で比較すると驚きの結果が見えてきた。(2018/4/24)

ビックカメラ、税別3万円を切るWQHD表示対応27型ワイド液晶ディスプレイ
ビックカメラは、JAPANNEXTと共同開発したWQHD表示対応27型ワイド液晶ディスプレイ「JN-IPS270WQHD」を発売する。(2018/4/13)

家電EC「楽天ビック」オープン ビックカメラ実店舗には「楽天スーパーポイント」導入
「楽天市場」内に、ビックカメラの実店舗の商品在庫の確認も可能な家電ECサイト「楽天ビック」がオープン。またビックカメラの実店舗に「楽天ポイントカード」を導入した。(2018/4/12)

楽天とビックカメラがECサイト「楽天ビック」オープン ビック店舗で楽天ポイントも
楽天ビックではビックカメラ実店舗の在庫確認も可能です。(2018/4/11)

ビッグデータ生かした商品開発も:
家電EC「楽天ビック」始動 “Webと実店舗の融合”でAmazon対抗
楽天とビックカメラがECサービス「楽天ビック」をスタート。スマートフォンやテレビなど計約60万商品をそろえる。両社のオンライン・オフラインの店舗運営ノウハウを融合することで、顧客満足度の高いサービスを提供する狙い。(2018/4/11)

Mobile Weekly Top10:
Y!mobileの満足度が低いのはなぜ?/ビックカメラがビットコイン決済を導入した理由
MMD研究所が「2018年3月格安SIMサービスの満足度調査」を公表しました。この調査で注目すべきは、Y!mobileの満足度が意外と低いことです。なぜなのでしょうか。(2018/3/26)

モバイル決済の裏側を聞く:
ビックカメラが「ビットコイン」決済を導入した理由
ビックカメラは、2017年4月から一部店頭で「ビットコイン(Bitcoin)」決済を導入した。同7月には全店舗に対象店舗を拡大し、12月には決済限度額を10万円から30万円に引き上げ、ネットショップでもビットコイン決済に対応した。そもそも、ビックカメラはなぜビットコイン決済を導入したのだろうか。(2018/3/19)

「返却された店頭試聴機が原型をとどめていなかった」 ミックスウェーブ、ビックカメラとの取引停止を決定
再発防止への対応や話し合いが進み次第取引停止の解除について検討。(2018/2/26)

SIMフリースマホ購入の初期費用を軽減する「IIJmioアシストオプション」
IIJが「IIJmioアシストオプション」を導入する。IIJmioの音声SIM+SIMフリースマホを購入する際、端末代金の初期負担額を軽減する。ビックカメラ限定のオプションサービス。(2018/1/30)

声で命令 スマホで動く「ストームトルーパー」発売
中国・深センのロボットメーカーUBTECH Roboticsが、「ストームトルーパー」のコミュニケーションロボットを発売。ビックカメラなどの店頭で購入できる。(2018/1/26)

楽天市場内に出店する新サービス:
楽天とビックカメラ、新会社設立 「楽天ビック」提供へ
楽天とビックカメラが新会社を設立。「ビックカメラ楽天市場店」の基盤を引き継いだ新サービス「楽天ビック」を18年4月に開始する。(2017/12/19)

「ビックカメラ.com」で配送遅延 「一刻も早い正常化」目指す
通販サイト「ビックカメラ.com」で12月9日ごろから一部の配送が遅れている。(2017/12/19)

楽天とビックカメラが「楽天ビック」提供に向けて新会社設立 ネットと実店舗両方の強み活用
独自商品の開発も検討している。(2017/12/19)

楽天とビックカメラが新会社 「楽天ビック」提供へ 通販・店舗連携
楽天とビックカメラが新会社設立。楽天市場内に新通販サイト「楽天ビック」をオープンし、Amazon.co.jpやヨドバシに対抗する。(2017/12/19)

ビックカメラがamadana監修のPB商品拡充 2018年中に100アイテムに
ビックカメラは、amadana(アマダナ)監修のオリジナル家電シリーズ「TAG line」(タグライン)を拡充し、寝具や雑貨まで扱う新ブランド「TAG label」(タグレーベル)を立ち上げると発表した。(2017/12/18)

ビックカメラ、「ビットコイン」決済上限額を30万円に引き上げ
ビックカメラが、店頭でのビットコイン決済サービスで、1会計当たりの上限金額を30万円に引き上げ。(2017/12/8)

ビックカメラ、初の玩具専門店「ビックトイズ」愛知県にオープンへ
日用品を扱う「ビックカメラセレクト」など、非家電店舗を強化。(2017/10/20)

ビックカメラ、“非家電”新型店を11月オープン 原宿に
ビックカメラが家電製品以外を中心に取り扱う「ビックカメラセレクト」を東京・原宿にオープンへ。玩具専門店「ビックトイズ」も愛知県日進市に出店する。(2017/10/20)

ビックカメラ、ARで家電を実物大表示できるサービス 自分の部屋でレイアウトを試せる!
「買ったけど、なんか違う……」が防げそう。(2017/10/16)

ビックカメラ、ARで家電配置 購入前にイメージ確認
ビックカメラは、AR(拡張現実)技術を活用し、実物大の家電製品を自分の部屋に表示できるサービスを試験導入。(2017/10/16)

ビックカメラ、ストラップホール付き/薄型シリコンの「AirPods」専用収納ケースを発売
ビックカメラは、Appleのワイヤレスイヤフォン「AirPods」専用ケースを10月6日から順次発売。ストラップホールが付いている3色展開の「GP-APSC1」、薄型シリコンを採用した「BKS-APSIL」の2モデルを提供する。(2017/10/5)

「ビックカメラ」全店でビットコイン払いに対応 「想定より利用多い」
ビットコインによる決済サービスが26日からビックカメラ全店舗に導入される。(2017/7/25)

ビックカメラで「Switch」抽選販売に不正疑惑、配布のない番号当たる 店側「不手際で欠落していた」と謝罪
知人と抽選券を続けてもらったのに「179番」「181番」。そして「180番」が当選するという状況が発生。(2017/7/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
ビックカメラの登場で、アキバ自作街はどう変わる?
アキバの中心にオープンしたビックカメラAKIBAは自作街にどんな変化をもたらすのか。X299マザーのPOPで賑わう各ショップに最初の感触を聞いて回った。(2017/6/26)

「ビックカメラ・ドットコム」がリニューアル、公式アプリに「電子レシート」機能を追加
ビックカメラのインターネットショッピングサイト「ビックカメラ・ドットコム」がリニューアル。店舗で購入した商品の配送情報確認・変更、レビュー投稿へのポイント付与、長期保証加入状況の照会などが可能に。アプリには「電子レシート」機能が追加となる。(2017/6/26)

秋葉原のソフマップが専門店に全面リニューアル ビックカメラ秋葉原店と「AKIBAビックマップ」としてオープン
秋葉原の景色がまた少し変わりそうです。(2017/5/30)

明日から使えるITトリビア:
あなたは正しく書ける? 「キヤノン」や「ビックカメラ」が新人記者泣かせな理由
「キヤノン」「富士フイルム」「ビックカメラ」などの企業に共通する特徴、あなたは分かりますか?(2017/5/30)

ソフマップ秋葉原本館は「ビックカメラAKIBA」に
「ソフマップ秋葉原本館」は「ビックカメラAKIBA」に。秋葉原のソフマップ各店舗は、「AKIBAビッグマップ」として再編する。(2017/5/29)

「AKIBAビックマップ」:
「ビックカメラAKIBA」6月開店 ソフマップは専門5店に
「ビックカメラ AKIBA」が6月オープン。傘下のソフマップは現在の7店舗から5店舗にリニューアルし専門店体制に。ビックカメラとソフマップで「AKIBAビックマップ」と総称しサービスなどを強化する。(2017/5/29)

ビックカメラの擬人化が進みまくってる件 2015年に誕生した「ビッカメ娘」の人気投票企画に28体がエントリー
2016年から約2倍に。(2017/5/10)

2号店は6月4日に:
ソフマップ秋葉原本館、5月31日で“移転”
ソフマップ秋葉原本館が、5月31日に移転する。今後は親会社のビックカメラの店舗に転換する予定だが、詳細は未定という。(2017/5/9)

ビックカメラ、秋葉原に初進出 ソフマップ本館を転換
ソフマップ秋葉原本館をビックカメラ店舗に6月に転換するという。(2017/4/19)

秋葉原にビックカメラが初出店! ソフマップ秋葉原本館を転換
オープン時期は未発表。(2017/4/19)

時期は未定:
ビックカメラ、初のアキバ進出 ソフマップ本館を転換
ビックカメラが、「ソフマップ 秋葉原本館」を同社の店舗に転換する方針であることを明らかにした。(2017/4/19)

スマホ2台、短時間で決済完了:
ビックカメラがビットコイン決済開始 仕組みと狙いは?
家電量販店大手のビックカメラが、都内の2店舗にビットコイン決済を導入。スマートフォン2台のみを活用し、短時間での決済が可能になった。(2017/4/7)

ビックカメラがビットコインを試験導入 仮想通貨の利用には注意も必要
有楽町店とビックロ新宿東口店で4月7日から。(2017/4/5)

10万円まで利用可:
ビックカメラ、ビットコイン決済を導入 都内2店舗で
ビックカメラが、ビットコイン決済を試験的に導入する。(2017/4/5)

ビックカメラ、「ビットコイン」を決済手段に導入
ビックカメラ有楽町店、ビックロ ビックカメラ新宿東口店で4月7日から試験導入する。(2017/4/5)

タッチ操作できるスマホVRゴーグル「MilboxTouch」、ビックカメラ&ヨドバシカメラグループで発売
筐体側面を触るとゴーグルの上からスマートフォンを操作できるVRゴーグル「MilboxTouch(みるボックスタッチ)」が発売。取り扱いは全国のビックカメラグループ、ヨドバシカメラ各店で4月から順次行う。(2017/4/3)

SIM通:
LINEモバイル、ビックとヨドバシに即日受け渡しカウンター開設!
ビックカメラとヨドバシカメラの10店舗に、LINEモバイルで初となる即日受渡しカウンターを開設。また、エントリーパッケージの取扱いもビックカメラ、ヨドバシカメラの58店舗で開始する。(2017/3/28)

LINEモバイル、ビックカメラとヨドバシカメラでSIMカード即日渡しを開始 計10店舗で
LINEモバイルが、ビックカメラとヨドバシカメラの一部店舗にSIMカードの即日受け渡しカウンターを設置する。カウンター非設置店舗とWeb通販サイトではエントリーパッケージの販売を開始する。(2017/3/8)

BIC SIM、新規申込でデータ通信量が2倍&初期手数料が1円のキャンペーン
ビックカメラは、2月16日から「BIC SIM」新規申込者のデータ通信量を6カ月間2倍に増量、およびパッケージ代金または初期手数料を1円とする期間限定キャンペーンを実施する。(2017/2/15)

乗り換え体験レビュー:
PR:IIJmioの節約体験記 Case 03 iPhone利用編
キャリア時代にiPhoneユーザーだった小西さんは、IIJmioでもiPhoneが使えることが乗り換えの大きな後押しに。ビックカメラの専用カウンターで契約もスムーズに完了できました。(提供:IIJ)(2017/2/13)

ビックカメラ、オンライン申し込みで「BIC SIM」を最短翌日配送
ビックカメラは、12月1日に「BIC SIM専用オンラインお申し込みページ」からの購入・申し込みを当日15時までに完了した場合、最短翌日に配送するサービスをスタートした。(2016/12/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。