ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブルーコートシステムズ」最新記事一覧

「AI」はセキュリティ担当者を救うのか【第2回】
機械学習が「セキュリティ人材不足」解消の“特効薬”になる?
セキュリティ対策の中で困難なのが、セキュリティに精通した人材の確保だ。専門家の代替となる「セキュリティインテリジェンス」の仕組みと、その進化について解説する。(2016/12/2)

シマンテック、企業向けセキュリティソフトを刷新 クラウド版も投入へ
「Symantec Endpoint Protection」で最新のセキュリティ脅威情報を活用する保護機能を搭載したという。中小企業向けにクラウド版も提供する。(2016/11/9)

「AI」はセキュリティ担当者を救うのか【第1回】
セキュリティ対策を“対症療法”で済ませるのは、もう終わりにしよう
「従来のセキュリティ対策では不十分だ」という声をよく聞く。一方で“理想的”とされるセキュリティ対策の実現には、幾つものハードルがある。まずは現状を整理する。(2016/10/21)

セキュリティがうまくいかない一因は運用に、シマンテックが新方針
対策製品や新技術を導入しても被害抑止が難しいのは、運用に課題があるといい、新方針では「統合」や「協調」をキーワードに掲げる。(2016/6/14)

古いAndroidは「XP状態」、ランサムウェア感染攻撃を確認
「Android 4.xを搭載した端末の多くはWindows XPを搭載したPCと同じ状態」と専門家は解説する。(2016/4/26)

Maker's Voice:
シャドーITの先にある「シャドーデータ」という問題
クラウドセキュリティサービス会社のElasticaは、企業が把握していない従業員の勝手なIT利用ではデバイスやサービスだけでなく、そこで扱われるデータの危険性も高まっていると指摘する。(2016/2/15)

暗号化が攻撃者の隠れみのに
プライバシーかセキュリティか? 通信の暗号化がセキュリティ対策を阻害
暗号化通信の利用が増えているが、通信内容が見えなくなることでDLPなどのセキュリティ対策が無効化してしまうという弊害が現れた。ネットワークセキュリティとプライバシー保護はどうバランスを取るべきか?(2015/12/14)

Computer Weekly:
プライバシーかセキュリティか? 通信の暗号化がセキュリティ対策を阻害
暗号化通信の利用が増えているが、通信内容が見えなくなることでDLPなどのセキュリティ対策が無効化してしまうという弊害が現れた。ネットワークセキュリティとプライバシー保護はどうバランスを取るべきか?(2015/12/2)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
多様化、高度化する脅威に組織で立ち向かう──CSIRT構築の勘所
情報セキュリティへの脅威はますます深刻化しており、不正アクセスもその手口が巧妙化するとともに、特定の企業を狙い、より効率良く経済的な価値の高いデータを盗み取ろうとする傾向が強まってきている。日本の企業が組織で立ち向かわなければならないサイバーセキュリティ対策とは。(2015/10/7)

市場は変わるがニーズは普遍的
自分にあったセキュリティ分析ツールはどれ? チェックしたい8製品
セキュリティ分析ツールを使うことで、クライアントPCやモバイルデバイス、サーバなど多くのデバイスのセキュリティ状況が分かる。本稿では、セキュリティ分析ツールを選ぶためのポイントを紹介する。(2015/8/9)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
勤務中のポルノ閲覧率と経済成長率の関係(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/8/8)

これなら邪魔にならない:
チェック用モニタも内蔵――「ルームミラー型ドライブレコーダー」
上海問屋が、ルームミラー型のドライブレコーダーを発売した。価格は8999円。(2015/7/24)

NTT Com、マルウェアの通信を20分以内に止める新サービス
通信遮断後、2時間以内にセキュリティアナリストがサイバー攻撃かどうか判断してくれる。(2015/7/17)

Maker's Voice:
「セキュリティ対策は戦い」 日本に対する技術強者の期待
サイバー攻撃被害が相次ぐ状況に、セキュリティ技術開発を牽引してきたベンダーの新COOは「戦術を持ってサイバー攻撃に立ち向かうべきだ」と話す。(2015/6/18)

@IT セキュリティセミナー 東京・福岡・大阪ロードショーリポート(3):
CSIRT立ち上げ、セキュリティ内製化、攻撃の研究――いまこそ最前線の声を聞け!
攻撃に利用するための「全世界の脆弱なDNSサーバーをリストアップ」するのにかかる時間は? CSIRTの立ち上げやセキュリティの内製化など、ここでしか聞けなかったセッションを紹介しよう。(2015/4/3)

セキュリティ対策の抜け道になる「1日限定サイト」
セキュリティ会社が調査したWebサイトの71%は1日足らずで消滅し、コンピュータに感染したマルウェアとの通信手段などに使われているという。(2014/10/10)

Maker's Voice:
APTを食い止めるヒントは通信のログにある
米Blue Coatのセキュリティ研究者、クリス・ラーセン氏は、「不正な通信を早く見つけることが、APTの被害抑止につながる。それは自分たちでするしかない」と指摘する。(2013/7/10)

ファイア・アイ、標的型サイバー攻撃の検出と情報共有基盤を刷新
未知のマルウェアや複数の経路を使った攻撃の発見と、その情報をユーザーやセキュリティベンダー間で共有する仕組みを強化した。(2013/3/5)

ブルーコートがクラウド新サービス、アプリに応じたセキュリティ対策を提供
ブルーコートシステムズは、場所を問わずPCやiOSデバイスなどの通信を保護するというクラウドサービスを発表した。(2012/12/7)

NS/NA詐称など35シナリオを検証:
IPv6環境での脅威と対策は? IPv6技術検証協議会が報告書
IPv6技術検証協議会のセキュリティ評価・検証部会は10月23日、IPv6の安全性や相互運用性に関する検証結果をまとめた「IPv6技術検証競技会 最終報告書」を公開した。(2012/10/23)

ブルーコート、企業ユーザー向けにモバイルアプリ制御機能をリリース
企業ネットワークに接続するモバイル端末のアプリを適正な利用を促せるようになる。(2012/7/31)

ネット検索で日本人が注意したいこと、セキュリティ研究者がアドバイス
マルウェア攻撃の“連鎖”を可視化することでネットユーザーが晒される脅威が見えてくると、米Blue Coatのセキュリティ研究者のクリス・ラーセンは解説している。(2012/7/11)

ホワイトペーパーレビュー
WAN高速化の導入効果が分かる3つのホワイトペーパー
トラフィック増などによるWANのパフォーマンス低下を防ぐ「WAN最適化製品」。本稿は、WAN高速化製品の導入効果を解説した3つのホワイトペーパーを紹介する。(2012/5/21)

社内も社外も一貫したセキュリティ対策を――ブルーコートがソリューション化
オンプレミスとクラウドの連携で、私物端末の業務利用を認める「BYOD」にも対応可能なセキュリティ対策手段を提供するという。(2012/4/19)

サイバー攻撃インフラの「マルネット」が台頭――ブルーコートの報告書
サイバー犯罪者が構築から維持、管理までを行う「マルネット」を用いた攻撃が増加しているという。(2012/3/16)

“閲覧のみ許可するFacebook”を実現
Facebookの業務利用に必要なWANセキュリティ対策とは?
Facebookなどのソーシャルメディアへの投稿内容をいかに管理するかが企業の課題になりつつある。そうした状況を受け、 “閲覧のみ可能なFacebook”を実現するセキュリティ製品が登場してきた。(2011/10/31)

NEWS
ブルーコート、風評に便乗するサイバー攻撃に対抗する「WebPulse」
ブルーコートのWebサイト解析サービス「WebPulse」は、ユーザーが悪質サイトに誘導されたり、マルウェアに感染する危険を回避するという。(2011/4/28)

ブルーコートのDLPで実現する最短1日での情報漏えい対策
マルウェア対策だけでは不十分 双方向型Webセキュリティが必要な理由
Webセキュリティの事故が急増する中、管理体制のスキを突く機密情報漏えいへの対策は万全だろうか? 事前のポリシー定義など導入が難しい印象が強いDLPに、こうしたイメージをぬぐい去るシンプルな製品が登場した。(2011/2/1)

TechTargetジャパン会員限定サービス
計40名さまに当たる豪華プレゼントセット
(2010/12/15)

NEWS
「Facebookもしっかり判定」、PacketShaperがクラウド技術によるコンテンツ識別に対応
ブルーコートは主力のトラフィック管理製品「PacketShaper」のソフトウェアをバージョンアップした。Webコンテンツ評価サービスと連携してトラフィック識別力を向上させる仕組みを導入したのが特徴。(2010/11/19)

ライブ型ビデオ配信対応で“年頭あいさつ”も安心
ビデオ配信の真の最適化はネットワークの「現状分析」から
企業でも活用されるようになったストリーミングビデオの一括配信。ほかの業務アプリも含めてネットワークを快適に利用するのに、やみくもな帯域制御は逆効果。現状を可視化し、最適なWAN環境を作る方法を探る。(2010/10/14)

まる分かりIT基礎解説「DLP」
読めば分かる! 情報漏えい対策製品「DLP」の選び方
2010年は各社からDLPの新製品が市場投入された。実用性を高め、現実的なソリューションとして定着しつつあるDLPについて、現時点での状況を概観し、整理しておこう。(2010/9/22)

DLP製品紹介【第6回】ブルーコートシステムズ編
きめ細やかなデータ保護管理と導入の容易さを兼ね備えた「Blue Coat Data Loss Prevention」
ネットワークベンダーとしての色彩が強いブルーコートからDLPがリリースされたことは、DLPの普及がいよいよ本格化したことの1つの表れだろう。同社のDLPはプロキシサーバと連携して強力な保護を実現する。(2010/8/23)

NEWS
ブルーコート、「データ保護と導入の容易さを追求」したDLP製品
ブルーコートは同社初となるDLPを発表した。法を順守した徹底的なデータ保護を実現しながら、導入・設置が容易にできる点を特徴としている。(2010/6/24)

ブルーコート、Webとメール経由の情報漏えいを防ぐ新製品
導入から数日程度で運用を始められるDLPアプライアンスを発表した。(2010/6/23)

ホワイトペーパー:
サービス品質に大ダメージ? 遅延やボトルネックの要因を取り除くTCP/IP帯域幅の制御
アプリケーションが品質の高いサービスをユーザに提供し続けるには、TCP パケットとトラフィック・フローの管理について理解が必要だ。Web トラフィック膨張時代のTCP/IP帯域幅管理を解説(提供:ブルーコートシステムズ)。(2010/6/22)

ホワイトペーパー:
「遅すぎる」ネットワークを探る
ビジネスチャンスを失いかねないアプリケーションのパフォーマンス劣化への対策は、数量化し測定することが第1歩だ。管理者やネットワークに余計な負担を与えずに、レスポンスタイム管理(RTM)を行う方法を紹介(提供:ブルーコートシステムズ)。(2010/6/21)

クラウドサービスとの連携でリアルタイムポリシー更新にも対応:
動画やストリーミングのキャッシュも可能なアプライアンス
(2010/6/9)

情報漏えい対策「DLP」製品紹介
機密情報を解析して社外への流出を防ぐ「Data Loss Prevention(DLP)」製品。近年では製品のブラッシュアップが続き、保護性能も高まってきている。本連載では、各社から提供されているDLP製品を紹介する。(2010/6/1)

NEWS
ブルーコート、WAN最適化アプライアンスにソフトウェア版を投入
Windows Server 2008などで動作。VMware ESXにも対応し、アプリケーション配信の最適化、運用コストの低減、インフラの柔軟性向上が図れるとする。(2010/3/17)

ソフトウェア部分を切り出して提供:
ブルーコート、仮想アプライアンス版のWAN最適化製品
(2010/3/16)

ブルーコート、仮想化環境向けのWAN高速化ソフトを発売
ブルーコートは、支社などの仮想化環境での運用に対応したWAN高速化ソフトの新製品「Blue Coat ProxySG Virtual Appliances」を発売した。(2010/3/16)

NEWS
ブルーコート、Gumblarの不正リダイレクトを阻止するクラウド型防御策
無害なWebサイトから悪質なWebサイトへとリダイレクトするGumblarの初期段階での攻撃を阻止。クラウド型で提供するため、常に最新の有害スクリプトを検出できる。(2010/3/4)

NEWS
ブルーコート、WAN高速化装置でIPv6に対応
主力製品「Proxy SG」シリーズにてIPv6ベースのWAN高速化/プロキシ利用が可能になった。移行期となるIPv4/v6混在環境においてシームレスなアプリケーション利用が可能になるという。(2010/2/17)

他社との最大の差別化ポイントはADNにあり:
今年のキーワードは“マルウェア”と“動画”〜ブルーコートCEO
(2010/2/9)

NEWS
マクニカネットワークス、WAN高速化製品にも対応した統合リポーティングツールの最新版
マクニカネットワークスは、Blue Coat PacketShaper/ProxySG向け統合リポーティングツールの最新版「LaLaViewer V3.0」を発表した。各製品単体では実現が難しかった1分間隔の統計情報の取得や長期保存、グラフ表示などに対応した。(2010/1/13)

NEWS
ブルーコートが新戦略、WAN高速化製品の仮想化やクラウド提供も
ブルーコートシステムズは、2010年にWAN高速化などの自社製品を仮想ソフトウェアやクラウドサービスとして提供する意向を示した。(2009/12/17)

アプライアンスと組み合わせたハイブリッド型も:
ブルーコート、ソフトウェアやクラウド形式でのADNを提供へ
(2009/12/16)

ブルーコート、クラウド活用のセキュリティソリューションを発表
ブルーコートは、6700万以上のユーザーが参加するセキュリティサービスとアプライアンス機器が連係させるセキュリティソリューション「Blue Coat Secure Web Gateway」を発表した。(2009/11/17)

Webセキュリティと帯域制御市場でシェア1位を獲得:
1日60億件のデータを元にレーティングするURLフィルタリング
(2009/10/20)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。