ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BlueMix」最新記事一覧

インフラを意識しないクラウドプラットフォームのススメ
コンテナ技術を導入するために、知っておくべきKubernetesの基礎と利点を解説する
この1年ほどで広く注目され、利用が進みつつあるコンテナ技術。一般的な企業ITの中でコンテナはどこまで使えるのか、利点は何かを整理、着手の手順を紹介する。(2018/3/12)

【完訳】CNCF Serverless Whitepaper v1.0(1):
サーバレスコンピューティングとは何か、その典型的ユースケースとは
注目が集まるサーバレスコンピューティング。本連載では、その概要とユースケース、コンテナオーケストレーションやPaaSとの使い分け方などを分かりやすく解説した、Cloud Native Computing Foundationのホワイトペーパーを完訳してお届けする。第1回は、「サーバレス」の意味と典型的なユースケースに関する部分を掲載する。(2018/2/28)

クラウドのニッチな市場にも光あり
大手含む12のIaaSベンダーを比較、その長所と短所は
IaaS(Infrastructure as a Service)市場は大手4社がけん引し続けている。だが、ベンダーは他にも存在する。最適なクラウドベンダーを見つける参考になる、クラウドベンダーの主な長所を本稿にまとめた。(2018/2/6)

IoT観測所(41):
「Node-RED」がつなげるWeb系エンジニアとIoT
IoTソリューションの開発に用いられているフローベースの開発環境「Node-RED」。IBMによって生み出された後、2016年10月にLinux Foundationに移管されてから、一気に普及が進んでいる。(2018/1/31)

Computer Weekly製品導入ガイド
DevOpsツールの選択とコントロール
組織がビジネス機能の継続的な開発とデリバリー、統合のためにDevOpsに目を向ける中で、慎重なコントロールが不可欠とされる。(2017/12/18)

「スマスピ」おしゃべり広場:
10年前のHomePodを試す
Bluetooth化したiPod Hi-FiでHomePodを予習してみた。(2017/11/7)

ビッグデータ分析にクラウドを活用するポイント【後編】
データ分析が強みの人気クラウド、その豊富な機能とは
「Microsoft Azure」と「IBM Bluemix」には数多くのデータ分析機能が存在する。こうした機能を活用したデータ分析の手法、各サービスの特徴をまとめた。(2017/11/2)

ビッグデータ分析にクラウドを活用するポイント【前編】
OSSやクラウド(AWS、GCP)を使ったビッグデータ分析、基本的な流れをつかもう
クラウドベンダー各社は、データ分析に特化したクラウドサービス提供に注力している。こうしたクラウドサービスやOSSツールを活用したビッグデータ分析の基本的な流れを紹介する。(2017/10/31)

大容量と拡張性は当然
「オブジェクトストレージ」主要製品の詳細過ぎる特性分析
オブジェクトストレージシステムは複数のベンダーが発売しているが、その特徴を把握することは難しい。本稿はその助けとなるべくアクセス方法やデータセキュリティ、導入オプションなどについて解説する。(2017/10/24)

chatbotに話しかけてビジネス文書を作成 Watsonを活用した業務支援ソリューション登場
ソフトバンクは、Watsonを活用した業務支援ソリューションのラインアップに、話しかけるだけで文書を作成できる「SPALO」と、Q&Aサービス用の学習データとチャットbotの構築を支援する「AI導入エントリーパック」を追加した。(2017/10/12)

マルチクラウドで浮上するプロバイダーも
2017年クラウド総合力ランキング:AWSについに追い付いたIaaSとは?
Gartner 2017年ランキングでは、大手2社のクラウドプロバイダーが同率首位となった。この2社が素晴らしいクラウドを提供するのは間違いないが、今後は複数ベンダーのマルチクラウド化が重要だという。(2017/9/27)

Computer Weekly製品導入ガイド
ハイパーコンバージドインフラ調達のためのヒント
「ハイパーコンバージドインフラ」は一般的な用語になった。だがそれは何なのか。自分の組織はそれを必要としているのか。(2017/9/15)

「デザインシンキング」が生み出す改革の芽:
PR:「デザインシンキング」が企業文化を変える、“アジャイル”に変える
「ユーザーの本当のニーズ」を理解し、サービス開発につなげる「デザインシンキング」とは? 都内で開催されたワークショップから新ビジネスを生み出す手法を紹介しよう。(2017/9/15)

週末エンプラこぼれ話:
そのWebページ、“みんな”が読めますか――企業が知るべき「Webアクセシビリティ」とは?
インターネットが当たり前のインフラになった今、「誰でも同じように情報にアクセスできる」というテーマに再び注目が集まっている。その1つが「Webアクセシビリティ」だ。最近ではクラウドがその普及の後押しをしているのだという。(2017/9/8)

みずほ銀行、日本マイクロソフト、クリナップ、アイセイ薬局、鉄道:
PR:デジタルトランスフォーメーションを加速する新しいモバイル向けシステム開発への挑戦
デジタルトランスフォーメーションへの流れが加速する中、多くの企業がモバイルデバイスの業務活用に本格的に取り組み始めている。しかしモバイル向けシステム開発には、従来のPC向けシステム開発とは異なるアプローチが必要であり、開発にかかる工数・コストの増大、現場のニーズとのミスマッチングなど、頭を悩ませている企業は少なくない。そこで本稿では、モバイル向けシステム開発で100社700超のプロジェクト実績を持ち、幅広い業種・業界のモバイル活用を支援してきたJMASに、モバイル向けシステム開発成功の秘訣(ひけつ)を聞いた。(2017/9/7)

PR:ソフトバンクが GCP の「プレミアサービスパートナー」に認定 どんなメリットが生まれる?
(2017/9/5)

HomeKit対応の製品開発を支援:
CypressのWICED Studio、iCloudサポート追加
Cypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)は、IoT(モノのインターネット)向けターンキー開発プラットフォーム「WICED(Wireless Internet Connectivity for Embedded Devices) Studio」の最新版で、「iCloudリモートアクセスサポート」機能を新たに追加した。(2017/8/18)

Database Watch(2017年上半期特別編 1):
IBMがデータベース製品をリブランド 今後、MicrosoftやOracleも大きく変わる予感
企業活動をはじめ、あらゆる社会活動で生成される「データ」。このデータをうまく活用できない企業は「この先、生き残れない」などと言われますが、2017年はこの動きがますます加速しています。今回は夏休み特別編として、2017年上半期のデータベースクラスタの話題を振り返ります。(2017/8/10)

重要システムのクラウド移行が成功した理由
アジャイル開発+クラウドが決め手、アメリカン航空のWeb刷新成功事例を見る
世界最大の航空会社、アメリカン航空はWebサイト刷新プロジェクトを実施した。成功の鍵は、拡張性に優れ堅牢なクラウド基盤と、組織変革を支援する開発手法にあった。(2017/8/14)

2017年度の比較表を大公開
徹底比較:Amazon、Azure、Google、IBMの機械学習機能 現時点の勝者はいるか
クラウドベンダーの機械学習機能を巡る戦いが激しさを増している。本稿では主要クラウドベンダー4社が提供する機械学習機能の比較表を掲載する。最適なプラットフォームを決める際の参考にしてほしい。(2017/8/1)

最小構成を特別価格で提供するプログラムも:
IBMの新メインフレーム「z14」、3つの新たなライセンスモデル
IBMがメインフレームの最新製品「IBM z14」を初披露。新たなライセンスモデルや、最小構成モデルを特別価格で提供する特別プログラムを提供することも発表した。(2017/7/28)

一般企業も待ったなし。「データはあるが生かせない」に終止符を:
PR:デジタル時代、ビジネス差別化に欠かせない「データ資産化」の要件とは?
IoT/ビッグデータの取り組みが本格化し、「大量データからいかに価値を引き出すか」「有効なアクションにつなげるか」が、企業収益を左右する一大要件となっている。だが、データを蓄積していても有効活用できていないケースは非常に多い。その真因とは何か? データの蓄積基盤となるデータレイクにフォーカスしながら、「データを資産化できない」本当の理由を探る。(2017/7/18)

超入門「クラウドマネージドサービス」――オンプレミスの運用・保守との違い、利点、注意点
クラウドのシステム運用・保守サービスである「クラウドマネージドサービス」について、概要や具体的なサービス内容、責任範囲、オンプレミスの運用・保守との違い、利点、注意点などを解説する。(2017/8/3)

Tech Basics/Keyword:
Amazon Web Services(AWS)
パブリッククラウドサービスでNo.1のシェアの「Amazon Web Services(AWS)」とはどういったサービスなのだろうか。AWSを理解するための第一歩として、概要をコンパクトにまとめてみる。(2017/6/9)

IBM Watson Summit 2017:
AI/コグニティブでビジネスを変革する開発者となるためには何が必要なのか
日本IBMは2017年4月27、28日、「IBM Watson Summit 2017」を開催。27日のセッション「コグニティブ・ビジネスの先駆者たる次世代のデベロッパー」では、最新のIBM クラウドやWatsonを活用したビジネス開発、スキル開発、スキルエリアの変化などを、実例を交えて紹介した。(2017/6/5)

基幹業務のSoRはどこまでクラウド化できるのか(2):
「ハイブリッドIT」におけるアーキテクチャとその意義、変革への3ステップ
「ハイブリッドIT」が具体的に「どのような形態を持つものであり、企業にとってどういった意義があるのか」を述べるとともに、ハイブリッドITへの変革の鍵となるクラウドマイグレーション&モダナイゼーションの手法を紹介する。(2017/6/5)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 セキュリティや先端技術をIBMが料理すると(前編)
“IT界のパリコレ”ともいわれる「SXSW 2017」で見聞きした刺激的なあれこれをレポート。今回は、“IBM is making”を掲げたIBMの展示から、音声コントロールでリアルすぎるVR空間や、あらゆるデバイスがゾンビ化するIoT時代ならではの脅威などを紹介します。(2017/6/4)

神奈川県と同じ広さの小国「ルクセンブルク」で見た、ちょっと意外なスタートアップ環境
民間が運営するインキュベーションと、政府系インキュベーション、2つの施設を見てきた。(2017/5/22)

SAP のプラットフォームとして IBM Cloudを選択すべき理由
徹底解説:SAPをクラウドで活用する3つのパターン、最善の選択肢は?
ERPをクラウド化したいと考える場合、企業システムの中心を担うだけにその実現方法は慎重に検討したい。IBMがSAPシステム向けに用意する3つのサービスラインアップから、ニーズに合わせた選択肢を探る。(2017/5/30)

「API Gateway」など新機能を追加:
IBM、サーバレスプラットフォーム「Bluemix OpenWhisk」で外部データストリームの接続を容易に
IBMがオープンサーバレスプラットフォーム「Bluemix OpenWhisk」に新機能を追加。より簡単かつ安全に、外部データストリームを接続したイベントドリブンプログラムを開発できるようにした。(2017/5/8)

ハノーバーメッセ2017:
モジュラー型生産のカギを握る情報端末、IBMなどと連携
ハーティングは、ハノーバーメッセ2017において、2016年に「HERMES AWARD 2016」を受賞した統合基盤向けインタフェース「MICA」のポートフォリオの拡大について訴えた。(2017/5/8)

基本料金は月額60円:
さくらインターネット、IoTプラットフォームサービスsakura.ioを正式提供開始
さくらインターネットは2017年4月18日、IoTプラットフォームサービスを、「sakura.io」の名で同日に正式提供開始したと発表した。同社は「さくらのIoT Platform」という名称でこのサービスを開発してきた。(2017/4/19)

クラウドファースト時代にあえての決断
メルカリ、はてなは「物理サーバ」も使う、巨大サービスを支えるインフラ事情
クラウドファースト時代にあえて物理サーバを選択する企業がある。さくらインターネットの専有物理サーバを利用するメルカリ、はてなが、その理由や使い勝手を語った。(2017/4/12)

コグニティブ技術で銀行の業務変革を支援する「Smart Branch」、日本IBMから
日本IBMは、コグニティブ技術を活用し、銀行の業務変革の支援を強化。営業店を起点とした業務変革を支援する「Smart Branch」と、新たなビジネスモデルの創出を支援するデータ活用の場「IBM データ・オン・クラウド」を発表した。(2017/4/10)

企業のクラウド活用を「Lift & Shift」で支援――IBMクラウドならではの強みとは
幅広い企業のクラウド活用をサポートする「IBMクラウド」の強みはどこにあるのか。日本IBMが説明会を開催し、同社のサービスと戦略を語った。(2017/4/7)

ディープラーニングなどのAI/HPCワークロード向け:
IBM Bluemixのベアメタルサーバに「Tesla P100」搭載GPUオプションを追加 2017年4月中に開始
IBM Bluemixのベアメタルサーバサービスに、「NVIDIA Tesla P100」を搭載するオプションが追加される。主要グローバルクラウドプロバイダーで初とし、2017年4月中に提供を開始する。(2017/4/7)

マルチクラウドの一括管理ソリューションも発表:
IBM Bluemix、マイクロサービス開発向けの機能拡充へ
日本IBMは、「IBM Bluemix」上でマイクロサービスの開発、運用を支援するフレームワーク「オープン・ツールチェーン」の機能拡充を進め、マルチクラウドなどのシステムインフラ環境を一元管理する「IBM Cloud Automation Manager」の提供を開始。クラウドネイティブアプリケーションの開発・運用を支援する。(2017/4/7)

企業はあらためて「クラウドを捉え直す」ことが重要:
日本企業の2017年クラウド採用率は16.9%、採用意欲は高いが微増にとどまる ガートナー調べ
ガートナー ジャパンは、日本企業のクラウドコンピューティングへの取り組みに関する調査結果を発表した。2017年の平均採用率は、2016年から0.8ポイント増の16.9%だった。(2017/4/5)

Bosch/IBM:
産業用IoTで提携、セキュアな環境でIoTデバイスを効率的にアップデート
独Boschは、産業用IoT分野で米IBMと提携することを発表した。(2017/3/28)

確かに管理労力の軽減が目的だが
「クラウドに仕事を奪われる」というIT管理者の危機感は杞憂なのか
企業が自社のデータセーターからパブリッククラウドにワークロードを30%移行するだけで、IT運用に関連した作業が減少する。この先、運用エンジニアの仕事はまだあるのだろうか。(2017/3/28)

IT投資、どうすれば経営陣を説得できる? 日本IBMのCTOに聞いてみた
新聞でもAIやFintechといったキーワードが毎日のように取り上げられている今、ITトレンドに興味を持つ企業の経営者が増えつつある。「何か新しいビジネスができないか」と考える“経営陣”に正しくITを伝える重要性は増しているという。(2017/3/27)

ユーザー企業はコード開発に集中
IaaS、PaaSとはどう違う? 「サーバレスコンピューティング」の特徴とは
サーバレスコンピューティングによって、開発者はプロビジョニングや管理の作業から解放されるかもしれない。本稿は、サーバレスコンピューティングと、IaaS、PaaSの違いを紹介する。(2017/3/17)

製造マネジメントニュース:
IBMとボッシュが産業用IoTで提携、セキュアな環境を提供
IBMとボッシュは、産業用IoT分野での提携を発表した。IBM BluemixとIBM Watson IoTプラットフォームを通じてBosch IoT Suiteを提供するサービスにより、顧客企業はセキュアな環境でIoTデバイスを効率的にアップデートできるようになる。(2017/3/15)

真の使用量ベースの課金を実現
サーバレスコンピューティングは複雑になり過ぎたクラウドの福音となるか
クラウドを使うには、あまりにも多くのことを検討しなければならない。これはクラウドが目指していた姿ではない。サーバレスコンピューティングがこの問題を解決するかもしれない。(2017/3/15)

コード品質確保の自動化などを支援:
IBM、クラウドベースのDevOps支援サービス「IBM Cloud DevOps Insights(β版)」をリリース
「IBM Bluemix」で提供する新しいDevOps支援ツール「IBM Cloud DevOps Insights(β版)」がリリースされた。(2017/3/13)

実証実験に使ったインフラ基盤とは:
PR:大和総研ビジネス・イノベーションがブロックチェーンのエンタープライズ活用を検証した理由と評価、今後の期待
デジタルトランスフォーメーションに向けて、さまざまな銀行や企業が、実証実験を行っている「ブロックチェーン」だが、エンタープライズで活用するためには、機密データを処理するための、サイバーアタックなどに対する万全なセキュリティや、高速に処理するためのパフォーマンスの強化が不可欠とされている。では、これらの課題に応えるシステムには、どのようなインフラ基盤が求められるのだろうか? デジタルトランスフォーメーションに向けてブロックチェーンなど新しい技術やアイデアを検証していく上で必要となる環境とは、どのようなものだろうか?(2017/3/22)

世界貿易のデジタル化変革を加速:
IBMとマースク、ブロックチェーン技術を用いた世界貿易のサプライチェーン改革で協業
IBMと海運大手マースクが、世界貿易のサプライチェーン改革につながるブロックチェーンソリューションの開発で提携すると発表。同ソリューションの実現により、業界全体で年間数十億ドル規模のコスト節約につながる可能性があるという。(2017/3/7)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「SDI」(改訂版)
ソフトウェアによる制御で柔軟で効率的な運用・管理を実現する「SDI(Software-Defined Infrastructure)」。その特徴やIT資源としての運用手法などについて解説します。(2017/3/7)

原作レイプとは言わせない──日本IBMの“オタクマーケター”が倍率500倍のSAOコラボを実施できた理由
コラボイベントの応募者数は10万件。ファンの心をつかんだ理由は「原作リスペクト」。(2017/3/7)

三井住友銀行、パブリッククラウドでデリバティブ信用リスクの計測システムを構築
大量の計算に必要なシステムリソースを柔軟に調達できるパブリッククラウドを活用し、リスク管理の高度化を図り、安定した銀行ビジネスの展開を目指す。(2017/3/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。