ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Cell」最新記事一覧

関連キーワード

やわらかタッチパッドをなでて押して演奏 電子楽器「CMG」、製品化資金募る
3Dタッチパッドをなでたり押したりして演奏する電子楽器「The Cell MUSIC GEAR」が製品化資金を募っている。(2016/5/20)

スポンジがセンサーに!? 柔らかいMIDIコントローラー「The Cell MUSIC GEAR」
押したり、なぞったり、手のひらでつぶしてみたり。新しい演奏方法を提案。(2016/5/20)

医療機器ニュース:
非染色生細胞画像から細胞の状態解析が可能なソフトウェアを発売
横河電機は、細胞イメージングシステムや一般的な光学顕微鏡で撮影された非染色生細胞画像から、細胞の状態解析が可能なソフトウェア「CellActivision」を発売した。(2015/10/19)

東大駒場リサーチキャンパス公開2015:
赤い微生物「ジオバクター」の燃料電池、廃水処理システムを変える?
赤い微生物「ジオバクター」を使用した燃料電池(MFC:Microbial Fuel Cell)による廃水処理技術の開発が進んでいる。廃水中にふくまれる有機物を、電気に変換しながら分解することで、大幅な省エネを実現する上に、汚泥の発生も最小限にする仕組みだ。2015年6月5日〜6日に行われた「東大駒場リサーチキャンパス」において、同技術の取り組みについて聞いた。(2015/6/9)

TDK SDS1Bシリーズ:
SATA Gen3対応の産業向け2.5インチ型SSD、MLCで高信頼性を実現
TDKは2015年5月、産業機器向けに、シリアルATA(SATA) Gen3に対応した2.5インチ型のSSD(Solid State Drive)「SDS1Bシリーズ」を発表した。新たに設計したコントローラICを搭載し、MLC(Multi Level Cell)でも高い信頼性を実現したことが特長だとしている。(2015/5/11)

初音ミク×バイオテクノロジー×アート 「初音ミク」のアート展「Ghost in the Cell:細胞の中の幽霊」開催
ロサンゼルスでもミクさんがテーマの展覧会開催決定!(2015/3/25)

車載情報機器:
クルマの中はスマホの接続が悪い、ならばクルマを基地局にしよう
BMWが開発を進めている「Vehicular Small Cell」は、超小型基地局のフェムトセルを自動車に搭載して、金属製の車両ボディの影響で低下しやすい車両内の携帯電話通信環境を向上しようというものだ。(2015/3/3)

メモリ/ストレージ技術 NANDメモリ:
スパンションがMLC NANDメモリに参入――eMMCを製品化
Spansion(スパンション)は、MLC(Multiple Level Cell) NAND型フラッシュメモリチップを採用したeMMC NAND型フラッシュメモリ製品「S4041-1B1」ファミリを発表した。第1弾として、メモリ容量が8Gバイト品と16Gバイト品を用意した。(2014/11/11)

VBA/マクロ便利Tips:
右クリックメニューやサブメニューにマクロを登録/削除するには
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、CommandBars("Cell")のAddメソッドを使い自作したマクロをメニューに登録して呼び出す方法や、Deleteメソッドでメニューから削除する方法などを解説します。(2014/8/25)

福田昭のストレージ通信(10):
NANDフラッシュの基本動作(後編)
前編に引き続き、NANDフラッシュメモリの中身を解説する。今回は、NANDフラッシュメモリに特徴的なMLC(Multi-Level Cell)方式、TLC(Triple-Level Cell)方式といった多値記憶技術の他、書き換え回数やデータ保持期間などを説明する。(2014/7/23)

2chにスレ立ち「びっくり」 10万円台の国産3Dプリンタ組み立てキット「Cell P」ができるまで
10万円台の国産の3Dプリンタ「CellP」に大きな反響が集まっている。東京・板橋のRobotma.comで開発した純国産。低価格ながら高い剛性を確保した。(2013/8/28)

学術誌「Cell」 表紙イラストで“タンパク質擬人化”
東京大学のグループによる研究内容をベースに描かれています。(2013/3/1)

どんなスマホにもマクロレンズを付けられる「Easy Macro Cell Lens Band」
「Easy Macro Cell Lens Band」はゴムバンドにマクロレンズがついていて、どの端末のカメラでも使えます。(2011/12/13)

東芝、Cell生産設備をソニーに譲渡 正式発表
東芝とソニーは12月24日、東芝が保有するCellプロセッサの製造設備をソニーに譲渡することで基本合意したと正式発表した。同設備は08年、東芝がソニーから買収しており、ソニーが買い戻すことになる。(2010/12/24)

ゲームロフト、iPad版「Splinter Cell Conviction HD」配信開始
ステルスアクションゲームとして人気が高い「Tom Clancy's Sprlinter Cell」シリーズ。その最新作のiPad版が配信を開始した。(2010/8/9)

KDDI、iida新機種と周辺アイテムを発表――Art Editions Conceptも登場
iidaの新モデル「LIGHT POOL」とLIFE STYLE PRODUCTSの6アイテムが登場。あわせて、ケータイをアート作品に昇華させたArt Editions Concept「PixCell via PRISMOID」「BOTANICA」も発表した。(2010/7/13)

せかにゅ:
「PSP2はタッチ対応でデュアルカメラ、4コアCell」のうわさ
新たなうわさによると、PSP2は4コアCellプロセッサやタッチスクリーンを搭載し、2011年登場という。(2010/5/18)

圧倒的な頭脳に見合う“音”とは? 「Cell REGZA」のスピーカー
「CEATEC JAPAN 2009」で注目を集めた東芝「Cell REGZA」。録画機能やメガLEDパネルなど見るべき部分が多い機種だが、薄型テレビの課題といわれてきたスピーカーに力を入れたことにも注目したい。同社ブースで詳しく話を聞いた。(2009/10/14)

CEATEC JAPAN 2009:
圧倒的な“頭脳”で何をする? 「Cell REGZA」詳報
東芝が「Cell Broadband Engine」を搭載した初のテレビ“Cell REGZA”「55X1」を発表した。218GFLOPSという処理能力により、「テレビはついに“頭脳”を持った」。では、Cellによって何が可能になったのだろうか。(2009/10/6)

200GFLOPSの液晶テレビ「CELL REGZA」
Cellプロセッサを搭載した初の液晶テレビ「CELL REGZA」を東芝が正式発表。(2009/10/5)

CEATEC JAPAN 2009:
圧倒的な“頭脳”を持つテレビ「Cell REGZA」登場
Cell搭載、3TバイトのHDD、14基のデジタルチューナー……。家電離れした仕様の「Cell REGZA」が東芝から発表された。明日開幕の「CEATEC JAPAN 2009」で大々的に展示される。(2009/10/5)

北部九州の研究者はCell/B.E.を無償で活用
北九州産業学術推進機構は、Cell Broadband Engine(Cell/B.E.)で構築されたシステム基盤の提供を開始した。倍精度浮動小数点型を必要とする科学技術計算などでも高い性能を発揮するようになったCell/B.E.で計算ニーズに応える。(2009/5/22)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「Cell」――CPUがテレビを変える
液晶テレビの新製品が登場すると、これまではパネル性能が注目されていたが、そこに変化が表れた。International CESで市販化が明言された東芝の「Cell TV」を例に、テレビにおけるプロセッサ(CPU)の重要性の変化を見てみよう。(2009/1/16)

本田雅一のリアルタイム・アナリシス:
Cell搭載で「REGZA」の画質はどう変わる?――東芝ブース
東芝ブースには、高速プロセッサCellを活用した次世代REGZA(通称、Cell TV)が展示されている。今年秋にも投入される予定のCell TVをじっくり観察してみよう。(2009/1/9)

2009 International CES:
Cellテレビが秋に登場、1週間の番組を“まるまる録画”
1月7日に行われた東芝アメリカのプレスカンファレンスでは、注目のCell TVに関しても多くの情報が出た。日本では50型台のフルHDタイプを2009年秋に投入する見込みだ。(2009/1/8)

GM、2モードハイブリッド車と燃料電池車を日本初公開
米General Motors社(GM)は、2モードハイブリッドシステムを搭載したフルサイズSUV「Chevrolet Tahoe Hybrid」と、燃料電池車「Chevrolet Equi-nox Fuel Cell」を日本で初公開した。(2009/1/1)

本田雅一のTV Style:
「レゾリューションプラス」の割り切りとその効果
東芝が新“REGZA”シリーズに搭載した「レゾリューションプラス」は、超解像技術をCellへ実装したときに得られたノウハウをLSI化したものだ。今回はその“結果”について話をしていこう。(2008/9/21)

東芝、Cellベース「SpursEngine」搭載ノートPCを発売
Cellベースのプロセッサ「SpursEngine」を搭載したノートPCを東芝が発売する。(2008/6/24)

“第3のプロセッサ”搭載:
クアッドコア映像エンジンで地デジ機能を強化――東芝「Qosmio/dynabook」新モデル
東芝が発表したQosmioの新モデルは、Cell技術を踏襲する新開発の映像エンジン「SpursEngine」を搭載し、地デジ機能を大幅に強化してきた。(2008/6/23)

米エネルギー省のIBMスーパーコンピュータ、ペタFLOPS級の持続性能を達成
ペタFLOPS級の「Roadrunner」は、OpteronプロセッサとCellプロセッサを組み合わせたハイブリッドのスーパーコンピュータ。(2008/6/10)

日本IBM、Cellベース第2世代プロセッサ搭載のブレードサーバ
CellをベースにIBMが独自開発した初のプロセッサを搭載するブレードサーバを日本IBMが発売。従来のCellと同クロックで5倍の倍精度浮動小数点計算性能を持つという。(2008/5/15)

東芝、Cell搭載テレビを09年秋に発売 「超解像」技術も積極展開
東芝は、Cellを搭載した液晶テレビを09年秋に発売する計画を明らかにした。SD以下の映像を高解像度化する「超解像」技術を搭載した製品も順次投入する方針。(2008/5/9)

Cellベースの東芝「SpursEngine」、サンプル出荷開始
東芝は、Cellの技術を活用したメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine SE1000」のサンプル出荷を始めた。(2008/4/9)

東芝とソニー、Cell生産の合弁設立で正式契約
東芝とソニーは、Cellなどを製造する半導体合弁会社の設立について正式契約を結んだ。(2008/2/20)

2008 International CES:
「Cellテレビ」、登場は意外に早い?
東芝がテレビなど家庭用AV機器へCellプロセッサを導入した際のモデルケースを展示している。意外に「Cellテレビ」の登場は近いのかもしれない。(2008/1/8)

ソニー、Cell生産設備売却で東芝と合意
ソニーのCell生産設備を東芝に売却することで基本合意。東芝が設備を譲り受けた上で、東芝・ソニー合弁の新会社に貸与して製造を続ける。45ナノ化に向けた協力も進める。(2007/10/18)

日本IBM、筐体サイズを半分にしたCell/B.E.搭載ブレードサーバ
日本IBMは、Cell/B.E.プロセッサを搭載するブレードサーバ「IBM BladeCenter QS」シリーズの新製品「IBM BladeCenter QS21」を発表した。(2007/10/12)

NEWS
日本IBM、「Cell/B.E.」搭載のブレードサーバ新製品を発表
ブレードサーバの厚みを2分の1にした、高性能プロセッサ「Cell Broadband Engine」搭載のブレードサーバ新製品「IBM BladeCenter QS21」を発表(2007/10/12)

CEATEC JAPAN 2007:
「Cell」応用エンジンを組み込んだQosmioに注目の東芝ブース
東芝のブースでは、「Cell」技術を応用したハードウェアエンジン「SpursEngine」搭載ボードの展示と、SpursEngineを実装したQosmioのデモが行われていた。(2007/10/2)

東芝、Cellベースのストリーミングプロセッサ開発
東芝は、Cellの技術を活用したメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine」を開発した。フルHDデコード/エンコードが可能で、1.5GHz動作のサンプルは10ワット台で動作するという。(2007/9/20)

「ソニー、Cell生産設備を東芝に売却」と一部報道 両社「決定した事実はない」
「ソニーがCellプロセッサの生産設備を東芝に売却する」と伝えた9月15日付けの一部報道について、ソニーと東芝はそれぞれ「当社が発表したものではなく、具体的に決定した事実はない」とコメントを発表した。(2007/9/15)

IBM、Cellプロセッサで「仮想世界」プロジェクト
ブラジルの新興ゲーム会社と提携し、次世代仮想世界の構築を目指す。(2007/4/27)

IBM、65nmプロセスでのCellプロセッサ製造開始
Cellは、ソニーのプレイステーション 3、IBMのBladeCenterサーバにも搭載されている。(2007/3/13)

Cellのパワーに触れ、ドクター中松と邂逅――東芝科学館がリニューアルイベント
東芝は川崎市の「東芝科学館」にて、開館45周年を記念したコーナーの公開を開始した。「Cell」を使った映像機器のデモが体験できるほか、“発明王”ドクター中松氏の講演も行われる。(2006/11/17)

IBM、Cell BEブレード投入でスーパーコンピュータ構築システムを拡充
IBMはCell BE搭載のブレードサーバ「BladeCenter QS20」の提供を開始する。同社のクラスタシステム「System Cluster 1350」のオプションという形での提供となる。(2006/11/9)

IBM、Cell搭載のブレードサーバを提供開始
グラフィックスに強いCellの特性を活かし、医療や航空宇宙、アニメーションなどの業界をターゲットとして想定しているという。(2006/9/14)

IBM、Cell搭載の「ペタFLOP」スーパーコンピュータ構築へ
OpteronとCell BEプロセッサを併用するIBMの「Roadrunner」は、1.6PFLOPSのピーク性能を実現する見通しだ。(2006/9/7)

IBM、Cell BEでRambus技術をライセンス
契約に基づきIBMは、Cell Broadband Engineプロセッサと付属チップで、RambusのFlexIOプロセッサバスとXDRメモリインタフェース技術を利用できる。(2006/3/18)

IBM、Cell BE搭載コンピュータを披露――この夏、発売
IBMはBladeCenterの新製品発表会で、Cell BEプロセッサを搭載した企業向けブレードコンピュータを披露した。(2006/2/9)

日本IBM、Cell製品開発支援センターを新設
(2006/2/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。