ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ」最新記事一覧

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
グローバル競争に向けまったなし――サイバーセキュリティー強化が日本のIoTビジネス成功の鍵
IoT時代の到来で高まるサイバーセキュリティーのリスクをどう管理すべきか。セキュリティーを品質の1つとして定義し、競争優位に生かす新たな取り組みについて議論する。(2016/6/22)

脅威への対応力強化を支援――インテル セキュリティが事業戦略表明
サイバー攻撃などへの対応を通じてセキュリティの防御能力を高めていくという「脅威対策ライフサイクル」によって企業での対策を支援していくことに注力する。(2016/3/14)

「ファイアウォールはレガシー」のイメージは誤り?:
研究開発とさらなる高速化に力を注ぐチェック・ポイント
商用ファイアウォール製品の「元祖」ともいえる存在のチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ。同社は、サンドボックスやファイルの無害化といった新たなセキュリティ技術の研究開発と、さらなるパフォーマンスの向上に力を注いでいくという。(2016/3/3)

@IT セキュリティセミナー 東京・福岡・大阪ロードショーリポート(3):
CSIRT立ち上げ、セキュリティ内製化、攻撃の研究――いまこそ最前線の声を聞け!
攻撃に利用するための「全世界の脆弱なDNSサーバーをリストアップ」するのにかかる時間は? CSIRTの立ち上げやセキュリティの内製化など、ここでしか聞けなかったセッションを紹介しよう。(2015/4/3)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
組織の内外で高まるセキュリティのリスクと脅威を乗り切る方法とは?
標的型攻撃や内部不正など企業を取り巻くセキュリティの脅威が一段と激しさを増している。対策が難しくなる中で有効なアプローチをどうとるべきか――ITmedia エンタープライズ編集部主催セミナーでユーザー企業の取り組みや最新の動向などが解説された。(2015/1/9)

仕事でのモバイル利用に懸念、チェック・ポイントが自動保護機能付の新製品
欧米企業では個人のモバイル機器を仕事に使うケースが加速し、IT部門がセキュリティへの不安と高めているという。新製品ではこの懸念に対処した機能を提供すると同社。(2014/11/14)

チェックポイントが警告:
“49分に1回の割合”で機密データが社外に漏れている
(2014/7/24)

国内企業のサイバー攻撃経験率は19.3%、「不明」も半数近くに
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、従業員500人以上の企業におけるセキュリティ対策調査の結果を発表した。(2014/6/30)

@ITセキュリティセミナーレポート:
標的型攻撃、不正ログイン……巧妙化する脅威から身を守る術は
6月6日に都内で開催された@IT主催セミナー「標的型攻撃、不正ログイン……巧妙化する脅威から身を守る術は」では、最近のセキュリティインシデントを振り返りながら、必要な戦略や対策を考察、提案する講演が行われた。(2014/6/27)

企業コンピュータのボット感染は1日1回ペース、1カ月近く活動も
セキュリティ報告書を公開したチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、「企業にとってボットは速やかに対処すべき課題」と指摘する。(2014/6/3)

セキュリティの「実施」と「制御」、「管理」を分離し動的に:
チェック・ポイント、「Software-defined Protection」の一環でWeb API公開も
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは2014年4月3日、2014年度の戦略説明会を開催し、同社が提唱する新しいセキュリティアーキテクチャ、「Software-defined Protection」について説明を行った。(2014/4/4)

@IT Security Live UP! 速報リポート:
エキスパートが示す、これからのセキュリティ対策
2014年2月25日、東京・品川にて@IT編集部が主催するセミナー「@IT Security Live UP! 絶対に守らなければならないシステムがそこにはある」が開催された。各セッションの速報リポートをお届けする。(2014/3/7)

Maker's Voice:
ファイアウォールの老舗がみている次のセキュリティ対策
「競合がベンチマークにしているのは誇らしい。だが、我々は次に向う」。Check Pointバイスプレジデントのマックワーター氏は、新たなセキュリティ対策にも注力すると明言した。それは何か――。(2014/3/5)

複雑化する脅威に備える最適解:
PR:「多層防御」を強化するサンドボックス技術と「可視化」でセキュリティ対策の全体レベルをアップせよ
企業や組織を狙って次から次に出現するセキュリティの脅威に、もはやバラバラなセキュリティ対策では有効な手をタイムリーに打ちづらいのが現状だ。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、脅威の可視化と対策手法を重ね合わせていくことによってセキュリティ対策全体をレベルアップさせる方法を提案している。(2014/2/28)

アズジェント、標的型攻撃の無料診断サービスを開始
顧客企業のネットワーク内の任意ポイントに、チェック・ポイントのセキュリティ検査デバイスを一定期間設置して実施する。(2014/2/7)

チェック・ポイント、データセンター向けのセキュリティモジュールを発売
ファイアウォールスループットが最大400Gbpsの「SGM260」をデータセンターや通信事業者、サービスプロバイダー向けに提供する。(2014/1/30)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
サイバー攻撃からソーシャルのリスクまで――情報資産を守るセキュリティ対策を考える
機密情報を狙うサイバー攻撃は先鋭化し、社員のSNS利用などによる情報漏えい事件も多い。企業を取り巻くセキュリティリスクがますます高まる中で、これからの対策にどう臨むべきか。ITmedia エンタープライズ編集部主催セミナーでは最新動向とソリューションの解説が行われた。(2014/1/23)

ハイパー・スレッディング技術対応でパフォーマンスの向上も:
チェック・ポイント、サンドボックス技術で「1人目の犠牲者」を防ぐと説明
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは2013年9月26日、先日リリースした最新版ソフトウェア「Check Point R77」に関する説明会を開催した。(2013/9/27)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第2回 Hyper-Vと最新のストレージ・テクノロジの併用
Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する設計ガイド。今回はHyper-Vの性能を引き出すストレージ技術のトレンドや機器選択ガイド、設計上の注意点などについて解説する。(2013/9/26)

標的型サイバー攻撃対策とモバイル保護に新機能 チェック・ポイント
チェック・ポイントは、ゼロデイマルウェアによる標的型サイバー攻撃をサンドボックス技術で検知する「Threat Emulation」や、モバイルデバイスの上のデータを保護する製品をリリースした。(2013/9/26)

@IT セキュリティセミナーレポート:
いま、企業が本当に取り組むべき標的型攻撃は?
8月28日に都内で開催された@IT編集部主催のセミナーのテーマは「標的型攻撃対策」。「やった気になるだけ」で終わるのではなく、本当に実効性を持った対策を進めていくためのヒントが紹介された。(2013/9/25)

「可視化」「見える化」もキーワードに:
チェック・ポイント、中小企業向けマネージドセキュリティサービスを年内提供へ
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは2013年8月21日、日本市場における戦略説明会を開催。年内に本格的にマネージドセキュリティサービスを立ち上げる見込みという。(2013/8/21)

チェック・ポイント、データセンター向けに多層防御アプライアンスをリリース
ハイエンドモデル新製品の「13500 アプライアンス」ではファイアウォールやIPSに加え、要件に応じた4つのセキュリティパッケージを提供する。(2013/7/25)

企業はセキュリティの防御層を厚くせよ、Check Point社長が脅威を解説
Check Pointのバーレブ社長は、企業の内外に潜むセキュリティ脅威に「いまだに多層的な対策が十分に講じられていない」と指摘する。(2013/5/21)

チェック・ポイント、小規模向けセキュリティ製品を発売 性能は“大企業並み”
セキュリティアプライアンスの新製品「600 Appliance」は、Fortune 100社で採用されている同社のセキュリティ技術を搭載している。(2013/5/16)

定期的なセキュリティ診断もバンドル:
アズジェント、マルチベンダのマネージドセキュリティサービス提供
アズジェントは3月28日、「セキュリティ・プラス」という新ブランドの元、セキュリティサービスを本格的に展開することを発表。第1弾としてマルチベンダのセキュリティ機器に対応した「セキュリティ・プラス マネージメントセキュリティサービス」を提供する。(2013/3/29)

アズジェント、UTMとIPS/IDSの運用監視・ログ分析サービスを始動
新たにセキュリティサービスブランド「セキュリティ・プラス」を立ち上げた。第一弾サービスではマルチベンダー対応のSOCサービスを提供する。(2013/3/28)

多層防御をさらに強化:
チェック・ポイント、サンドボックス上の解析でゼロデイ攻撃を検出
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは3月8日、同社のセキュリティアプライアンス「Check Point Appliance」シリーズに追加可能な新しいソフトウェアブレード「Threat Emulation Software Blade」を発表した。(2013/3/8)

チェック・ポイント、標的型マルウェアの検知ソフトウェアを発表
不審なファイルを仮想マシン内で実行、解析して不正な挙動の有無をチェックする。脅威の場合はクラウドを経由して、ユーザー間で情報を共有するという。(2013/3/8)

NEWS
未知のマルウェアを安全に実行して検知、チェック・ポイントが新製品
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズがマルウェア対策の新製品を発表。仮想的なクライアントPC環境で不審なファイルを実行し、未知のマルウェアを検知する。(2013/3/8)

チェック・ポイント、ハイエンド向けセキュリティアプライアンスを発表
ファイアウォールスループット最大110Gbpsの「Check Point 21700 Appliance」を発表した。(2013/2/27)

ISMSなどの基準に照らして対策状況を診断、チェック・ポイントが新製品
ISO 27001やPCI DSSなどの国際的なセキュリティ基準を参考に、セキュリティ状況を診断したり、改善したりするためのソフトウェア製品をリリースする。(2013/1/30)

脅威情報に応じてポリシーチューニングも:
チェック・ポイント、2013年5月からマネージド・サービスを国内展開
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは12月14日、2013年5月から、顧客に代わってセキュリティ脅威を監視し、同社の専門家による分析を加えて対策を支援するマネージド・セキュリティ・サービス、「Check Point ThreatCloud Security Services」を日本語で提供することを明らかにした。(2012/12/18)

チェック・ポイントがセキュリティ新サービス、インシデント対応を支援
ログ分析でセキュリティイベントを監視するサービスと、インシデント発生時に専門家が対応を支援する2つのサービスを発表した。(2012/12/14)

Maker's Voice:
自社のセキュリティレベルは業界のルールで把握するべし――Check Point
Check Pointは2013年前半に「GRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)」関連製品を投入するという。同社は、「業界のセキュリティルールに照らして自社の対策レベルを把握することが大切」とアドバイスする。(2012/11/27)

チェック・ポイント、ファイアウォールスループットが最大110Gbpsのアプライアンス発売
大規模環境向けセキュリティゲートウェイ装置をチェック・ポイントが発表した。(2012/11/7)

Maker's Voice:
Check Pointの幹部が提言 「日本企業はボット対策に乗り出すべき」
企業を狙うサイバー攻撃が深刻さを増す中、Check Point Software Technologies 副社長のイツァク・ウェインレブ氏は、「ボット対策へ真剣に取り組むべきだ」と語る。(2012/9/12)

チェック・ポイント、ゲートウェイ部のセキュリティ対策を統合する新製品
ネットワーク境界部に導入している複数のセキュリティ対策を単一のアプライアンスやサーバに統合して、運用管理を簡素化できるという。(2012/7/26)

ジョジョのフルカラー版がやってきた:
電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/7/17)

ボット対策やDDoS対策を装備、チェック・ポイントがセキュリティ機器に新モデル
ボット対策を標準装備したセキュリティアプライアンス4モデルと、DDoS対策アプライアンスの計5機種を発表した。(2012/7/6)

サイバー犯罪攻撃の被害額――最高はドイツの30万ドル、最低はブラジルの10万ドル
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、「サイバー犯罪が企業に与える影響」に関する調査報告書を公開した。(2012/6/4)

NEWS
標的型攻撃を“集合知”で検知、チェック・ポイントがクラウドベースの新サービス発表
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、同社製機器を対象に未知のマルウェアやボットの感染を防ぐための情報配信サービスを開始する。利用者などから収集した情報を利用し、検知精度を高める。(2012/5/10)

ボットの発見と不正通信の遮断で被害を抑止、チェック・ポイントがセキュリティソフトの新版発表
セキュリティアプライアンス用ソフトの最新版「R75.40」と新OSの「GAiA」を発表した。(2012/5/8)

マネージドサービスの展開も計画:
チェック・ポイント、リスクの可視化をサービスで支援
3種類の「ソフトウェアブレード」と呼ばれるセキュリティアプライアンス用ソフトウェアと、新たなセキュリティサービスを提供する。(2012/3/19)

調査リポート:
日本企業の7割がモバイル端末から企業ネットワークへのアクセスを許可 チェック・ポイント調べ
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが、世界5カ国のIT管理者を対象に、モバイル端末の運用などに関する調査結果を発表。(2012/2/8)

企業で増えるモバイル利用、セキュリティへの懸念も高まる――チェック・ポイント調査
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの調査によれば、企業の約71%がモバイル機器からのネットワーク接続を許可していた。(2012/2/8)

企業ネットワークへのバックドアと化すボットネット
標的型攻撃など企業や組織を狙ったサイバー攻撃で使われるのが、「ボット」と呼ばれる不正プログラムだ。このボットの現状および将来予測をセキュリティ研究者が解説する。(2012/1/20)

ITmediaエンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
ビジネスを脅かす危機に備えよ セキュリティリスク再点検と最新対策
ITmediaエンタープライズ編集部主催ソリューションセミナーがこのほど東京、大阪で開催され、標的型攻撃など企業を脅かすセキュリティ脅威の最新動向と対策をテーマに、専門家とセキュリティ企業各社による解説が行われた。(2012/1/17)

人・プロセス・適用で構築するセキュリティ対策、Check Pointが事業説明
「3D Security」というセキュリティ対策ソリューションのコンセプトを掲げるCheck Point Software Technologies。ギル・シュエッドCEOが2012年までの事業展開を紹介した。(2011/11/29)

忍び込んだボットを検出して「ポスト型対策」、チェック・ポイント
アプライアンスハードウェアの新モデル7種類もリリースする。(2011/10/14)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。