ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「Excel」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Excel」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

デンソークリエイト:
Excel帳票連携を強化した工数・プロジェクト管理ツール「TimeTracker NX 4.1」
デンソークリエイトは、工数管理、プロジェクト管理ツールの最新バージョン「TimeTracker NX 4.1」の提供開始を発表した。(2018/7/18)

ExcelでまとめたQ&Aから“FAQチャットbot”を作成 自動学習で精度向上――L is Bが「AI-FAQボット」を提供開始
L is Bが、ExcelでFAQデータを管理できるFAQソリューション「AI-FAQボット」を提供開始。ExcelでまとめたQ&Aを基に、Webブラウザから利用できるAIチャットbotを作成できる。未登録の質問があっても、AIが自動的に解釈・学習し、FAQデータに反映する。(2018/7/10)

Tech TIPS:
Excel 2013/2016で地図上にグラフを表示する
Excel 2013/2016には、Bingマップと連係して、地図上にグラフを表示する機能がある。見栄えの良いプレゼンテーションを作成する際などに便利な機能だ。本TIPSではその使い方を解説する。(2018/7/9)

“脱Excel”か“活Excel”か
「Excel職人のこだわり」を暴走させない依頼の仕方とマネジメントのコツ
「Excel職人に任せれば、細かい指示をしなくても、いいツールを作ってくれる」という状態はうれしいものですが、属人化の問題もあります。依頼側が適切な要件定義をするには、どうすればよいのでしょうか。(2018/7/6)

経営管理部門や財務部門の担当者に朗報:
PR:まだExcelを使っている? 予算管理や、月次の業績見通しの働き方改革
Excelを使った予算編成業務に不満を抱えている経営管理部門や財務部門の担当者は多いだろう。実は、予算業務には専用システムがあり、H&M、シーメンス、ロールスロイスなど、さまざまな多国籍企業に幅広く導入されている「BOARD」というCPMがある。予算編成業務にかかわる働き方改革が実現できるだけでなく、経営陣の意思決定の質を高めることに役立つというが、どのようなものなのだろうか。(2018/7/5)

現場スタッフが“Excel脳”から“データベース脳”に バリューコマースは、Excel職人が活躍する世界をどう脱したのか
会社のあちこちでExcel職人が活躍し、情報の分散と分断が起こってしまう世界からバリューコマースはどうやって抜け出したのか。(2018/6/14)

明日の開発カンファレンス 2018:
スクラム崩壊からの復活、神Excel手順書ベースの運用からAnsibleでの自動化へ――泥臭い現場の取り組みに学ぶ、明日から使える開発ノウハウ
より良いサービス、より良いモノを作るため、現場で泥臭く試行錯誤を重ね、前進し続けている現場のエンジニアの「声」を、「明日の開発カンファレンス 2018」で行われたセッションの中から拾ってみた。(2018/6/12)

Tech TIPS:
Excelで消費税計算などの端数処理をする方法
Excelで見積書や請求書などを作成する際、消費税などの計算結果に対して、小数点以下の数を切り捨てたり、切り上げたりする端数処理を行わなければならないことがあるだろう。特に「切り捨て」を行う処理にはいくつかの関数がある。ここでは、こうしたExcelの端数処理の関数をまとめて紹介する。(2018/6/4)

日本企業がBIに移行できない理由を探る
BIに完成形はない 全員で使いながら成長させていくことが成功への道となる
Microsoft Excelを使ってデータ集計・分析をしている日本企業は非常に多いが、現場の担当者はそこに多くの不便を感じている。なのに、なぜBI活用に踏み出せないのだろうか。(2018/6/1)

製造業IoT:
PR:まだExcel職人に任せるの? 製造業IoTのハードルを下げるデータ準備の在り方とは
IoTやAIなどにより製造業でも現場でのデータ活用が本格化しています。しかし、「価値を生み出すデータ活用」にはいくつか超えないといけないステップがあり、活用に行き着く前につまずくケースも多く存在します。こうしたデータ活用のハードルを低減するにはどうしたらよいのでしょうか。データ活用の専門家に話を伺いました。(2018/5/29)

“脱Excel”か“活Excel”か
“Excel職人”がいなくなる日に備えて後任を育成する「スキル定義」のコツ
頼れる“Excel職人”がいなくなる日は来ないでほしいものですが、その日が来たら後任者への引き継ぎが必要です。「こだわりの機能」と「最低限必要な機能」を切り分けて、スキルとツールを引き継ぐコツとは?(2018/5/24)

「デキる情シス」への近道
営業部門の「脱Excel」を狙え
営業部門の「脱Excel」は売り上げ向上に直結する。Excel日報、Excel顧客管理など営業部門にある無駄を解消する、脱Excelの具体的な進め方を説明していこう。(2018/5/29)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(40):
あの面倒くさい業務を簡単なプログラミングで自動化だ――“VBA/GAS”で働く価値を上げる方法
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第40弾は「働く価値を上げる“VBA/GAS術”」だ。日頃の業務で欠かせない「Microsoft Excel」または「G Suite」の「スプレッドシート」を効率的に活用する方法を学ぼう。(2018/5/21)

建設・不動産用の音声入力アプリ、WordやExcelへの転送が可能に
アドバンスト・メディアが提供している建設・不動産業界向けの音声入力アプリ「AmiVoiceスーパーフロントエンダー」がバージョンアップし、Windowsアプリケーションに対応するようになった。建設現場で使われるExcelやWordのオリジナル帳票などへ、音声入力したテキストをワンタップで転送することができる。(2018/5/11)

“Excel感覚”で業務アプリを作成できるSCSKの「CELF」にRPA機能が追加 RPA実装が可能に
SCSKが、エンドユーザー向けのWebアプリ作成・運用クラウドサービス「CELF」のアプリ開発機能にRPA機能を追加し、オプションとして提供を開始した。特定の分野や一部の人に限らず、多くの人がRPAによる業務効率化の恩恵を得られる“大衆普及型”のツールを目指すとしている。(2018/4/24)

Tech TIPS:
Excelを使って勤務時間などを計算する際にミスを防ぐための基礎知識
Excelでアルバイトの勤務表を作成する、というのはよくあることだ。ただ、時間は60進法(秒と分)と12進法(時間)が混ざっているので、気を付けないと誤った計算を行ってしまう。そこで、ここでは勤務表を例に、Excelでよく使う時間の計算を解説する。(2018/4/23)

“脱Excel”か“活Excel”か
ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は脱Excelに貢献するツールなのか?
「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)があれば、もう「Microsoft Excel」のマクロ機能に頼る必要はないのでしょうか。再び“RPA職人”を生み出さないために、2者の得手不得手を理解しましょう。(2018/4/24)

働く価値を上げる“VBA/GAS”術(7):
「数百のファイルを1つ1つ開くの面倒……」、複数のExcelデータを1箇所に集約するマクロ術
経費精算書のように「バラバラのデータを1箇所に集約すること」は、多く発生する業務の1つです。しかし、1つ1つのファイルを開きコピー&ペーストするのは手間が掛かる業務。その業務を、マクロを使って自動化する方法を紹介します。(2018/4/11)

PR:脱Excel! レビューの効率・品質が向上する、設計レビュー支援ツールの登場
日々のレビュー記録が簡単・明確になり、成果物の品質向上を支援する「Lightning Review」で、一歩進んだレビューを体験しよう。レビューの進捗管理や分析も自由自在で、レビューのあらゆる作業を効率的に実施可能。導入も使い方も非常に簡単だ。(2018/3/26)

“脱Excel”か“活Excel”か
古いExcelマクロとお別れをする方法、ヒントは「ECRSの原則」
古いExcelマクロが「先祖代々受け継がれた」と呼ばれるほど愛用され続けるケースがあります。しかしマクロの不具合をメンテナンスできないまま、現場の手作業でカバーすることには大きなリスクを伴います。(2018/3/19)

Tech TIPS:
Excelで、非表示にした行や列を除いてセル範囲をコピーする
Excelで行や列を非表示にしたり、フィルターで絞り込んだりした場合に、表示されているセル範囲だけをコピーする方法を紹介する。この技を覚えると、いちいちコピーしたい行や列だけを選択する必要がなくなり、効率が大幅にアップする。(2018/3/14)

「Microsoft Excel」が長く愛される理由
人事部門こそ知りたい「Microsoft Excel」の価値、過小評価がもったいない12の魅力とは
「Microsoft Excel」は人事管理システムなど業務用アプリケーションの代替にはなれなくても、いざというときに役に立つ、無視できない利点がたくさんある。(2018/3/1)

業務効率化の鍵はマニュアル作成にあり
文書の更新が1週間から5分に? “脱Word”でストレスから脱する方法
便利な「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」も、使い方次第では業務効率化を阻む。伊藤忠テクノソリューションズがその課題に切り込んだ。業種を問わず盗める極意とは?(2018/3/1)

Tech TIPS:
Excelの「SUMIF」関数で特定の条件に合うセルだけを集計する
Excelを使ってデータ集計を行う際に、特定の営業所だけの売上合計を計算するのに、SUMIF関数を使う方法を紹介する。(2018/2/21)

Tech TIPS:
Excelの「IF」関数を使って見積書などの空白処理を行う
Excelで見積書などのテンプレートを作る際、「金額」列に「単価×数量」といった式を入力しておくと、何も入力されていない行にも「0」が表示されてしまう。このような場合、「0」や数式のエラーが表示されないように、IF関数を使って「空白処理」を行うとよい。その方法を解説する。(2018/2/9)

“脱Excel”か“活Excel”か
どうしてもExcelを使い続けたいなら覚えておきたい「3つの限界」
Excelは便利だから使い続けたいが、Excelでは限界を感じる局面もある――こうした迷いを持つ人は、「Excelの限界」を知っておくと、「脱Excel」に踏み切るべきか否かの判断に役立ちます。(2018/2/9)

Googleドライブ、Microsoft Office文書にプレビューのままコメントできるように
Googleドライブ上のWord、Excel、PowerPoint、PDFに、プレビューのままコメントを追加できるようになる。Googleドキュメント書式に変換する必要はない。(2018/2/8)

特選プレミアムコンテンツガイド
脱「Excel」「Word」なら検討したい、本当に使える代替製品/サービス
表計算ソフトといえば「Microsoft Excel」、ワードプロセッサソフトといえば「Microsoft Word」が現在は主流かもしれない。だが、企業でも利用できる堅実な代替製品は多くある。(2018/2/1)

Excelで絵を描く「Excelアート」 高クオリティーすぎるアニメのような塗りと線
私が知っているExcelじゃない……。(2018/1/27)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
三井住友海上のRPA導入、そのキーマンは知る人ぞ知るExcel VBAマスターだった
わずか1年足らずでRPAの導入に成功した三井住友海上。導入を主導した近田さんは、ビジネスとIT、両者の知見を持つ特異なキャリアと「Excel VBAマスター」という、これまた保険営業らしからぬ、特異なスキルを持った人物だった。(2018/1/24)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
Excelマクロで年間35万時間を削減、それでも三井住友海上がRPAを導入した理由
金融関連業界を中心に導入が広がりつつあるRPA。アクセンチュアと協力してRPAを導入した三井住友海上もそんな企業の1つ。しかし、同社はもともとExcelマクロを使った業務自動化を進めていた。彼らがExcelマクロに加えてRPAを導入した理由はどこにあるのか?(2018/1/22)

いちかばちかの営業スタイルから脱却
「脱Excel」の顧客管理法 負担軽減だけじゃない、5つのメリット
Excelや名刺管理ツールで作成された顧客リストでは、勘に頼るか、馬力型の営業活動にならざるを得ない。名刺管理とSFAをつなげると営業活動がどう変わるのか。(2018/1/18)

CAEニュース:
CFD結果の時間変化を簡単にグラフ化できる「Plot Expert V1」を販売開始
ヴァイナスはCFD(数値流体力学)解析用高機能グラフ作成ツール「Plot Expert V1」を販売開始した。同ツールは指定境界面における積分値の時間変化グラフ作成が可能だ。作成データを基にExcelを用いた編集も可能だ。(2018/1/15)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(36):
Excelガントチャートから専用アプリまで、これ1冊でガントチャートの作り方が丸分かり――「初めてのガントチャート」
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第36弾は待望の「初めてのガントチャート」をお届けする。ガントチャートの作り方を通じて、プロジェクトマネジメントのABCを学ぼう。(2018/1/11)

“脱Excel”か“活Excel”か
“Excel職人”が“神Excel”を生み出す 「職人かたぎ」と上手に付き合うヒント
研究熱心なExcel職人はなぜ生まれるのか。彼ら彼女らの熱意はなぜ加速するのか。その理由を考察しつつ、ビジネスでExcel職人にそのスキルを存分に振ってもらうためのヒントを探ります。(2018/1/10)

月の半分以上がExcel作業 そんな住友林業のバックオフィスをRPAで変えた情シスたち
「技術が進化しているのに、頭を使わない作業が増えるのはなぜなのか」――。そんな住友林業の課題を解決したのは、情シスパワーとRPAだった。(2018/1/9)

会員が注目した2017年記事ランキング(中堅・中小企業とIT編)
「Excel職人」「神Excel」問題は永久に不滅? 2017年に最も読まれたSMB向け記事は
2017年には「脱Excel」「働き方改革」「セキュリティ対策」に関する記事にTechTargetジャパン会員の関心が集まりました。中堅・中小企業向け記事のランキングからそれぞれの話題について紹介します。(2018/1/4)

連載:Forguncy 3でカンタンWebアプリ開発:
第4回 Excelワークシートからテーブルとページを作成してみよう
ForguncyはExcelライクな使用感でWebアプリを作成するだけのものではない。今回は既存のExcelワークシートを基にWebアプリを作成してみよう。(2017/12/28)

PR:紙やExcelのまま? 無理してSFA? できるところから始まる営業改革
SFAによる営業改革は検討したいが、現場の課題が明確ではないまま、包括的な導入を進めても使いこなせないか、費用対効果が出ない。必要な部分から取り組む方法とは?(2017/12/15)

Excelに「Python」搭載検討 Microsoftがアンケート実施中
米Microsoftが、ExcelとPythonの統合についてアンケートを実施している。「需要についてよりよく理解するため、情報を集めたい」という。(2017/12/18)

使われないBI、リプレース編
誰がこんな使い勝手の悪いBIを導入したんだ
BIがあるのに週末のデータ集計はExcelで集計。「使い勝手が悪く全く活用されない」と担当者は言う。簡単BIを使えば、週末のドタバタ劇を回避できるとリプレースを決断。失敗から学んだBI選定のポイントとは?(2017/12/7)

脱初心者! 1歩先を行くExcel VBA開発者のススメ(6):
長期運用のわな、データ量増加でパフォーマンスが落ちるExcelファイルの対処方法
1つのExcelファイルを更新し続けると、データ量が増大してしまい、ファイルを開くのに時間がかかったり、マクロの実行速度が遅くなったりと、著しくパフォーマンスが落ちてしまいます。そのような問題が起こる前にできる対策を紹介します。(2018/3/7)

脱初心者! 1歩先を行くExcel VBA開発者のススメ(2):
Excel VBAの設計は事前準備から 大規模システムでも使える「IPO」とは
簡単で短いコードのExcel VBAを開発するときは、頭の中で実現方法を整理できるかもしれません。しかし、何百行以上にもなるシステムになるとなかなかそうはいきません。そういうときに使える「IPO」という考え方を紹介する。(2018/2/7)

脱初心者! 1歩先を行くExcel VBA開発者のススメ(1):
中級レベルの「Excel VBA開発者」になるために必要な考え方
Excel VBAを使って業務効率化を実現。しかし、自分で書いたコードをメンテナンスするとき、コードの解読に時間がかかってしまったり、エラーが解消できなかったりといった苦い経験はないだろうか。どうすれば将来も楽になるコーディングができるのだろうか。(2018/1/31)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(34):
Excel VBAプログラマーもGoogle Apps Scriptの基本が学べる無料の電子書籍
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第34弾では「Excel VBAプログラマーのためのGoogle Apps Script入門」10回分を1冊のPDFとしてまとめた。(2017/11/30)

Tech TIPS:
Excelで入力するセルによってIMEのオン/オフを自動的に切り替える
Excelで住所録などを入力する際、郵便番号や電話番号は半角英数字で統一したいものだ。しかし、入力するセルを移動するたびに日本語入力システム(IME)を切り替えるのは意外と面倒である。そこで、入力するセルによってIMEを自動的にオン/オフするように設定して、IMEを切り替える手間を省こう。(2017/11/30)

Android版Officeアプリ、Chromebookで利用可能に
MicrosoftがリリースしたAndroid版Office(Word、Excel、PowerPoint)アプリが、ようやくChromebookのGoogle Playストアからダウンロード、インストールできるようになった。10.1インチ以下のChromebookであれば、Office 365に加入しなくても無料で使える。(2017/11/28)

働く価値を上げる“VBA/GAS術”(5):
一石二鳥で時間に余裕が!――面倒くさい見積書や請求書などの書類を自動作成するマクロとは
見積書や請求書、経費精算書などのさまざまな書類をExcelで作成している人は少なくありません。その書類を手で入力したりコピー&ペーストで作成したりしていては、人為的なミスが起こり、時間がかかってしまいます。今回はVBAで書類を作成する方法を紹介します。(2017/11/28)

“脱Excel”か“活Excel”か
“Excel職人”がいなくなっても使い続けられる関数を記述するコツ
職場の“Excel職人”がいなくなっても、メンテナンスしやすいワークシートを作るコツとは。ヒントは、関数が参照するセルを可視化する記述法です。「VLOOKUP」「INDIRECT」を利用する方法を紹介します。(2017/11/22)

Tech TIPS:
Excelでセルの先頭に「+(プラス)」や「@(アットマーク)」などの記号を入力する方法
Excelでセルの先頭に記号を入力すると、その記号が表示されなかったり、エラーが表示されたりすることがある。こうした記号を表示する方法を紹介する。(2017/11/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。