ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「駆除」最新記事一覧

Webサイトギャラリー:
ゴキブリ、コバエ、蚊に困っているなら「害虫駆除なんでも事典」
ゲーム「キャプテン・リブキゴの最期」では一体どのような結末が待っているのでしょうか。虫が苦手な人は注意です。(2016/6/7)

Facebook、テキスト内容を理解するディープラーニングエンジン「DeepText」
Facebookは、従来の自然言語処理ではなく、ディープラーニングのアプローチでテキストの内容を理解する人工知能エンジン「DeepText」を発表した。将来的にはニュースフィード上の表示優先順位やヘイトスピーチの迅速な駆除に活用したいとしている。(2016/6/2)

マルウェア対策のベストプラクティスを伝授
「ウイルス駆除にはHDDフォーマットがベスト」は本当に正しいのか?
クライアント端末のマルウェアを駆除する際、セキュリティチームは「感染を完全に排除できたか」をどのように判断すればいいのだろうか。マルウェア駆除の手順とベストプラクティスを説明する。(2016/5/24)

スズメバチ駆除で爆発、自宅炎上 「どこがスペシャリストやねん!」家族怒り心頭、法廷闘争の行方
自宅のスズメバチの駆除を業者に頼んだところ、作業中に何と、自宅が炎上焼失するという本物の災厄に見舞われてしまう。家族側は業者に計損害賠償を求めて訴訟を起こした。(2016/5/20)

スズメバチ駆除で爆発、自宅炎上
その毒針にかかれば、ショック死することもあるスズメバチ。京都府内のある家庭も、そんなのっぴきならないスズメバチ危機にさらされ、インターネットで見つけた駆除業者に巣の撤去を依頼したところ……。(2016/5/20)

nicocafeでテラフォーマーズコラボ開催中 じょうじを再現した地獄みたいなカレーに震える
駆除したい。(2016/4/22)

頼もしすぎる! 映画「テラフォーマーズ」に害虫駆除界の覇王・アース製薬が特別協賛
テラフォーマーズ駆除にこれは大きな助っ人。(2016/3/18)

害虫駆除会社がゴキブリ供養のために作った「護鬼佛理天像」がかっこよすぎると話題に
つよそう。(2015/10/30)

鳩のフンまみれでひたすら「鳩に困ったら雨宮〜」と歌う鳩駆除会社のCMが狂気に満ちてると話題に
こいついつも鳩に困ってるな。(2015/4/22)

警視庁「ネットバンキングウイルス無力化作戦」 不正送金ウイルス感染端末を特定
不正送金ウイルスに感染した端末の利用者にウイルスの駆除を依頼しています。(2015/4/10)

国内ボット端末4万台強を特定、官民で掃討作成を展開
オンラインバンキングを狙うマルウェア「VAWTRAK」の駆除を目指した作戦が総務省や警視庁、テレコム・アイザックの連携で実施された。(2015/4/10)

塩の弾丸でハエを退治する害虫駆除ガン「バグアソルト」 前モデルより威力アップした「2.0」誕生
塩の量は減らしながら威力はアップ!(2015/2/13)

Maker's Voice:
ボットの不正通信を遮断する機能、セキュリティソフトに新たな流れ
マルウェアによるネットバンキング詐欺や情報漏えいなどの被害が増えていることから、セキュリティソフト側で不正な通信を遮断する機能をESETが搭載した。同社のウイルスラボ責任者は、「従来の検知や駆除に加え、被害抑止も必要」と話す。(2014/11/28)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(2):
生産ラインにマルウェアが侵入したらこんな感じで被害が生まれます
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。2回目となる今回は「不正プログラムによって生産ラインが止まった段階」から、「不正プログラムの特定、駆除」までを、「DOWNAD」という非常に多くの感染例がある不正プログラムを例に解説する。(2014/10/28)

上野公園でデング熱感染か 蚊の駆除と注意を呼びかける
土日のイベントなどご注意を。(2014/9/19)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(5):
オンラインで駆除できないマルウェアをオフラインでやっつける
Windows PCにマルウェア対策ソフトを入れることは、PCやデータを保護するための常識です。しかし、それで全てのマルウェアを排除できるとは限りません。すでに入り込んだマルウェアが、対策ソフトを欺きながらPCに居座り続けているかもしれませんよ。(2014/8/22)

Linuxサーバ2万5000台にマルウェアが感染、攻撃加担の実態も
感染したサーバ2万5000台のうち、1万台以上はいまだにマルウェアが駆除されていないという。(2014/3/20)

FAニュース:
トレンドマイクロ、集中管理機能を備えた閉鎖環境向けウイルス駆除ツール発売
トレンドマイクロは、スタンドアロン/クローズド環境向けウイルス検索・駆除ツールの新製品「Trend Micro Portable Security 2」を発売した。(2014/1/27)

蜂の巣駆除? いいえ花粉対策です――サンコーがUSB防護フード販売
花粉をシャットアウトする防護フードが登場。頭全体をすっぽりおおい、USBファンで新鮮な空気を送り込み快適に過ごせる……が、見た目がかなり強烈だ。(2014/1/23)

伊吹太歩の時事日想:
夫を吸い尽くす「タガメ女」を駆除する米国の新しい恋愛のカタチ
サラリーマンの夫(カエル男)を搾取する専業主婦(タガメ女)を描いた書籍が売れているという。それは結婚というものに窮屈さを感じる日本人が増えているからか。では、米国はというと……。(2013/12/5)

一般的な対策ではもう限界
あなたのPCにも潜んでいる? 危険な「rootkit」を駆除するには
システムの奥深く忍び込むrootkit。標的型攻撃の手段としても利用されるrootkitは、システムの深い部分で活動するため検出が難しい。確実に発見、駆除する方法とは?(2013/9/30)

マカフィー、サーバOSの深部で動作するrootkit対策を発表
インテルと共同開発した「McAfee Deep Defender」がInto Xeon E3/E5/E7シリーズおよびWindows Server 2008 R2に対応。サーバOSの深部で動作するrootkitの検知や駆除が可能になる。(2013/7/30)

塩の弾丸でハエ退治! アメリカ発の害虫駆除ガン「バグアソルト」予約中
飛び出してくるのは鉛玉じゃなくて塩!(2013/5/10)

ドイツの自治体、ワームに感染した170台のPCを廃棄処分 駆除より安上がり?
Confickerに感染したPCからワームを駆除するためには13万ユーロの経費がかかるとの試算。これはPC 1台当たりに換算すると約1000ドルに相当する。(2013/5/2)

WindowsだけでなくLinuxやSolarisもターゲット:
韓国サイバー攻撃に使われたマルウェア、MBRを上書きし起動不能に
韓国で3月20日、放送局や金融機関のPCがマルウェアに感染してコンピュータシステムが一斉にダウンした件に関連し、KISAは3月21日、専用の駆除ツールを開発し、配布を開始した。(2013/3/21)

福岡市、セアカゴケグモとハイイロゴケグモの発見マップを公開
駆除が進められています。(2013/3/12)

ハトの日なので:
【スクープ】ハトは盛り塩をモリモリ食べる
昔、ハトの駆除には盛り塩が有効と聞いたことがあったんだけど、どうやら迷信でした。(2012/8/10)

ハードウェア支援型のPCセキュリティ、マカフィーとインテルが共同開発製品を発売
OSの深層部で活動するrootkitの検出・駆除やリモートでのPCセキュリティ管理を可能にする2製品を8月に発売する。(2012/7/25)

マカフィーがDNSChanger対策ツールを無償公開、FBIの緊急措置終了までに対応を
コンピュータのDNSを勝手に書き換えてユーザーを不正サイトに誘導するマルウェア「DNSChanger」の検出と駆除、修復ができる。(2012/7/6)

カスペルスキー、「DNSChanger」の駆除ツールを無償公開
DNSの設定を書き換えるマルウェア「DNSChanger」の感染確認と駆除が行える。(2012/4/4)

ホワイトペーパー:
7つの事例に学ぶ、オフライン端末のウイルス感染の実態とその解決策
製造、医療、公共、教育の現場で発生しているウイルス感染の実態とは? オフライン端末向けウイルス検索・駆除ツール「Trend Micro Portable Security」を活用した、具体的な対処事例を紹介する。(2012/2/10)

日立製作所とKDDI、マルウェア対策の新システムを実証へ
PC上のエージェントソフトと情報通信研究機構の解析システムをネットワークで結び、未知のマルウェアの検出や駆除を行うシステムを開発した。(2011/9/14)

ブルースクリーン問題はマルウェアが原因と特定、MSが駆除ツールを開発中
セキュリティ更新プログラムを適用後にブルースクリーンエラーが発生している問題で、原因がマルウェアにあることが判明した。Microsoftが検出・駆除ツールの提供を準備している。(2010/2/18)

Facebookで相次ぐ偽のウイルス警告、詐欺ソフトへ誘導か
Facebookで表示されたウイルス駆除依頼のメッセージを検索すると、詐欺ソフトの配布サイトに誘導されてしまうという。(2010/1/29)

知能テストに見せかけた危険なワーム、BitDefenderが駆除ツール公開
BitDefenderは、知能テストに見せかけてHDDの重要データを破壊する危険なワームの駆除ツールを公開した。(2010/1/28)

マカフィー、ウイルス駆除をリモート操作でおまかせする「マカフィー・ウイルス駆除サービス」
マカフィーは、リモート操作によりPCトラブルの解決を行えるサービススート「McAfee Total Care」を発表、ウイルス駆除サービス「McAfee Total Care」を開始する。(2009/12/11)

定義ファイルを持たない無償ウイルス対策製品、Pandaが正式公開
Panda Securityは、オンライン上のデータベースを利用して不正ファイルの検出・駆除を行う無償ツール「Panda Cloud Antivirus」を個人向けに正式公開した。(2009/11/11)

セキュリティ対策技術の基礎を知る:
不正プログラムをあぶり出すウイルス対策ソフトの最新検出技術とは?
ウイルス対策ソフトの意義とは、不正なプログラムを検知、駆除することだろう。ウイルス対策ソフトはどのようにして不正なプログラムを見つけ出すのだろうか。最新の検出技術の中身をひも解いてみよう。(2009/9/20)

米韓サイトへのDDoS攻撃、AhnLabが駆除ツールを公開
米韓の政府系サイトなどへDDoS攻撃が続いている問題で、AhnLabが感染PCから攻撃コードを駆除するツールを無償公開した。(2009/7/10)

マルウェア駆除も含むセキュリティ監視サービス、アンラボが中小企業向けに
韓国のセキュリティ企業のアンラボは、オンサイト対応やマルウェア駆除などを含めたセキュリティ監視サービスを始める。(2009/7/7)

Panda、クラウドベースの統合セキュリティソフトを発売
Panda Securityは、インターネット経由でマルウェアの検知・駆除を行う統合セキュリティソフトを発売した。(2009/6/26)

今のうちに駆除を:
Confickerワーム、悪質な動きは当面無し?
今のところ悪質な機能を仕込んだアップデートなどは配布されていないが、4月1日を過ぎても駆除する必要があることに変わりはないと専門家は言う。(2009/4/2)

SMSなどで拡散:
Fortinet、Symbian向けウイルス駆除ツールを無償提供へ
Fortinetは、Symbian S60プラットフォームの携帯電話で拡散する「CurseSMS」ウイルスを駆除するツールを無償提供した。(2009/1/14)

NEWS
トレンドマイクロ、ネットワーク常時監視で未知マルウェアを検知・駆除するソリューション
ネットワーク型の振る舞い検知技術により未知のウイルスを可視化、さらに分析・リポートすることで新たな内部の脅威に対応する。(2008/8/20)

ホワイトペーパー:
ゾンビを抑えろ! 減少しないスパムの抜本的駆除はIPレピュテーションにあった
スパム対策製品を利用しているにもかかわらず、今だ、すり抜けてくるスパム。膨大なスパムを送り続けるゾンビPCを見過ごさない優れたIPレピュテーションこそが、一向に減退しないスパムへの解決策と考えられる(提供:ミラポイントジャパン)。(2008/6/9)

橘十徳の「自腹ですがなにか?」第29回:
子ども達をアタマジラミから救え!――「ロビーコーム」
現在、全国的に「アタマジラミ」が流行っているのをご存じだろうか? アタマジラミとは虱(しらみ)の一種で、主に子ども同士でうつることが多いのだが、大人でも発生することがある。これを効果的に駆除するための機器が「ロビーコーム」だ。果たしてどれくらいの効果があるのか、実際に使って試してみた。(2008/5/13)

Leverage OSS:
Linux向けのマルウェア駆除ツール
LinuxはWindowsよりもマルウェアへの耐性が強い。だが、ワーム、トロイの木馬、ルートキットの影響を受けやすくなってしまう点は、ほかのプラットフォームと変わらない。本稿ではLinuxユーザー向けの優れたルートキット/マルウェア検出ツールを幾つか比較検討してみよう。(2008/3/14)

HDE、クライアントPCのウイルス駆除サービスを無償提供
HDEは、クライアントPCがWebにアクセスした時に、ウイルスやワームの検査と駆除をサーバ側で行う「HDEセキュアアクセスASPサービスβ版」を無償で提供する。(2007/12/6)

ホーリービースト、「天女塔の幽霊駆除大作戦」&「ラッキーログインキャンペーン」を開催
(2007/9/7)

電卓ウイルスの駆除プログラム、作者が自ら公開
Trend Microによると、TIのグラフ電卓「TI89」に感染するウイルスの駆除プログラムを、作者自らがリリースした。(2007/6/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。