ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「冤罪」最新記事一覧

関連キーワード

真説・人工知能に関する12の誤解(9):
人工知能が戦争に使われる恐ろしさを、正しく理解しているか?
人工知能に人間が駆逐されるというストーリー。私の友人は「自我の有無とは関係なく、悪意を持った人間によって開発される人工知能が大問題だ」と言いました。これは非現実的な話でしょうか? 私は、そうとは思いません。(2017/10/26)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年9月版:
Struts 2の脆弱性、三度目の正直なのか
2017年9月のセキュリティクラスタ、話題の中心は「Apache Struts 2」でした。リモートからサーバOSのコマンドが実行できる脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったのは、2017年に限っても3度目です。未成年者のネットを使った犯罪では、中学生とは思えないほど手の込んでいたチケットの販売詐欺と、メルカリを使ったウイルス情報販売が話題になりました。またBluetoothをオンにしているだけで乗っ取られるという「BlueBorne」脆弱性が公表されてAndroidユーザーを中心に騒ぎとなりました。(2017/10/11)

「日本語専攻の学生は帰れ」 Xaomi騒動から見えた日中関係の現在
「日本語専攻の人はお帰りいただきたい」――中国の大学で行われた就職説明会で、格安スマホで知られるXiaomiの責任者がこう言い放った。そこから見える日中関係の今は。(2017/9/29)

「女子中学生チケット詐欺事件」をシーケンス図化 「分かりやすい」GitHubで話題に
チケット転売をめぐり、専門学校生が誤認逮捕された後、中学生が詐欺容疑で書類送検された事件を説明したシーケンス図がGitHubに投稿され、「分かりやすい」と話題になっている。(2017/9/14)

「手と指の位置」記録:
痴漢冤罪、スマホアプリで“潔白”証明
電車内での痴漢は許されざる犯罪だが、痴漢に間違われたらとの不安は電車を利用する多くの会社員らに共通する悩みだ。(2017/9/5)

怖い痴漢冤罪、アプリで“潔白”証明 弁護士対応付き保険も
「痴漢に間違われたら」との不安は電車を利用する多くの会社員らに共通する悩みだ。手と指の動きを記録して“潔白”の証明を手助けしたり、疑われたときに適切な対応をナビゲートしたりするアプリが誕生した。(2017/9/5)

「女性専用車両」痴漢対策に効果なし? “男性差別”とブーイングも……
「女性専用車両」は痴漢対策効果をめぐって「抑止力にはならない」との指摘があるほか、「男性差別」との反発も根強い。(2017/8/25)

撲滅への新たな“武器”は:
「女性専用車両」 痴漢対策に効果なし?
電車内での迷惑行為を防ごうと、各鉄道会社は「女性専用車両」を導入し、広く定着してきた。しかし、痴漢対策効果をめぐって「抑止力にはならない」との指摘がある。(2017/8/24)

YouTuberヒカル氏のVALU騒動、法的にどう見る? 「弁護士YouTuber」の解説動画に注目
人気YouTuber・ヒカル氏の「VALU」をめぐる一連の騒動について、「弁護士YouTuber」が解説した動画が注目を集めている。(2017/8/18)

“冤罪保険”認知度はいまひとつ:
女性の7割が「男性専用車両」賛成 痴漢冤罪防止を期待
昨今、痴漢の冤罪問題が取り沙汰されることも多いが、「男性専用車両」に賛成する人はどの程度存在するのか――マクロミル調べ。(2017/6/27)

JR東日本、車内防犯カメラを山手線E235系車両へ設置 2018年春から
痴漢冤罪など車内トラブルの頻発が要因か。(2017/6/6)

「何を言っても女の意見だけで痴漢が成立する」 平井駅で痴漢冤罪? Twitterで多数の無罪証言も男性は警察に連行
満員電車さえなければ。(2017/6/5)

将棋棋士の三浦九段、“冤罪”問題で日本将棋連盟と和解
日本将棋連盟から三浦九段には慰謝料も。(2017/5/24)

痴漢申告された男性が電車に跳ねられ死亡……SNS上で議論に 逃走相次ぐ現状「逮捕までの制度を改めるべき」
これまでにも疑いをかけられた人物の逃走が度々報じられていました。(2017/5/16)

三浦九段は「一兆%無実」「疑ってごめんなさい」 橋本崇載八段がTwitterで謝罪
「今回の騒動は、三浦さんにとってあまりにも気の毒な事件」とコメントしている。(2017/3/2)

三浦九段の復帰戦を前に誤解を解きたい――羽生三冠の妻・理恵さんがTwitterで冤罪事件についてコメント
メディア、ネットでの情報拡散の恐ろしさと、イメージ先行の怖さについて計19の投稿をした。(2017/1/30)

スピン経済の歩き方:
なぜ鳥越俊太郎さんは文春・新潮を告訴するという選挙戦略をとったのか
ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが、都知事選で落選した。敗因については、既にあちこちで評論がされているが、ひとつ疑問が残る。なぜ女性問題を報じた「文春」や「新潮」を告訴したのかということだ。この問題について、筆者の窪田氏は……。(2016/8/2)

男児置き去り事件が浮かび上がらせた「イメージ探偵」たち 印象だけで誰かを犯人扱いしてしまわないために
私たちは印象論から脱却できるのか。連載「ネットは1日25時間」。(2016/6/25)

怒りの「休日出勤モード」突入! “社壊人”の皆さんへ汎用性抜群のパチンコ風素材が提供される
×社会人 ○社壊人 (2016/6/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
「最恐の殺人地域」を救うことができるのか 武器は日本の意外な“文化”
「中南米は危険」といった話を聞いたことがあると思うが、私たちが想像している以上に“危険”であるようだ。「世界で最も暴力的な都市2015年」を見ると、上位に中南米の都市がランクイン。こうした状況に対して、日本のある文化が期待されている。それは……。(2016/2/4)

無線LAN乗っ取りに注意、家庭の機器をチェックして
暗号化しなかったり、認証設定が甘かったりする機器が悪用され、サイバー攻撃の踏み台になる恐れも。(2015/6/12)

埼玉県警「チカン抑止シール」の使い勝手を検証してみた
2009年から販売されている「痴漢撃退シール」がベース。(2015/4/22)

サイバーセキュリティ・ピックアップ:
無線LANにまつわるセキュリティの課題を再確認しよう
これから技術を学ぶ新人エンジニアの皆さまへ――私と一緒に、もう一度サイバーセキュリティの基礎を学んでいきませんか? 知ってるつもりの知識を再度見直す新連載のスタートです。(2015/4/22)

ああ、絶望(後編):
裁判官は優秀なはずなのに、なぜ“トンデモ判決”が出てくるのか
認知症のお年寄りが電車にはねられた――。この事故に対して、第一審判決は、奥さんだけでなく、別居をしている長男にまで請求を認めた。こんな“トンデモ判決”が、なぜ出てくるのか。最高裁などを歴任した瀬木比呂志氏に話を聞いたところ……。(2015/3/3)

遠隔操作ウイルス事件、片山被告に懲役8年 東京地裁判決
4人の誤認逮捕につながった遠隔操作ウイルス事件で、威力業務妨害などの罪に問われた片山祐輔被告に対し、懲役8年(求刑懲役10年)の判決が言い渡された。(2015/2/4)

人生でこれだけは避けたいなあ、と思っていること
人生にはさまざまなリスクがあるが、これだけは避けたいと思われていることは何だろうか。20〜50代の男女に聞いた。ソニー生命保険調べ。(2015/1/16)

袴田巌事件の真相に迫るエッセイ、iOSアプリ「小説マガジンエイジ」で連載開始
死刑囚の処遇を熟知する元刑務官が、冤罪事件「袴田巌事件」の真相に迫る。(2014/11/18)

宇都宮線、京浜東北線など一部路線で運転見合わせ 原因は「お客様が線路内を逃走」? 通勤通学の足に影響
現在は運転再開してますが、一部で遅れが出ている状況。(2014/10/27)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年5月版:
急転直下の結末を迎えた遠隔操作ウイルス事件
4月末に見つかった脆弱性の余波で、多忙な連休を送った人が多かったセキュリティクラスター。5月後半になると、遠隔操作ウイルス事件が意外な結末を見せ、タイムラインをにぎわせました。(2014/6/10)

まるで“第二のキラ”:
遠隔操作ウイルス事件、コードプロファイリングから浮かぶ「気持ち悪さ」
IT関係者の関心も集めた遠隔操作ウイルス事件の意外な幕切れについて、クレイジーワークス 代表取締役 総裁の村上福之氏が緊急寄稿した。(2014/6/6)

ネットの心ない書き込み 名誉毀損になる可能性は?
SNSやブログ上での具体的な相談事例を基に、自分や会社を守るための知識を学べる書籍を紹介します。(2014/6/5)

遠隔操作ウイルス事件「真犯人」メールが再び届く 「早く片山さんに伝えて楽にしてあげてください」
遠隔操作ウイルス事件の「真犯人」を名乗るメールが再び届いた。「片山さんに自作自演を指示し無実を一転させるよう仕向けたのはこの私」と、片山被告が犯行を認めたのを受けた内容になっている。(2014/6/1)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
遠隔操作ウイルス事件で「誤認逮捕」が生じた背景を探る
PC遠隔操作ウイルス事件は結果的に被告が罪を認めたが、そこに至るまでは4人が「誤認逮捕」されるなど、警察側の課題も指摘されている。なぜこうした問題が起きるのかについて、筆者なりに述べてみたい。(2014/5/30)

片山被告、起訴内容全て認める 弁護士「悪魔が仮面をかぶっていた」
PC遠隔操作事件の公判で、片山被告は起訴内容を全て認めた。佐藤弁護士は「悪魔が仮面をかぶっていた」と述べ、彼を犯罪に駆り立てた「社会がかかえている悪魔」を解明すべきと訴えている。(2014/5/22)

詳報・遠隔操作事件・佐藤弁護士会見その2:
「サイコパスは自分」 有罪なら送信タイマーでメールを送るつもりだった 河川敷では見られていないと思っていた
横浜CSRF事件はやってみたら簡単にできてしまった。送信タイマーによるメールトリックは以前から考えていた。雲取山のUSBメモリは自分で埋めた。佐藤弁護士が事件について、片山被告から聞いたことを語った。(2014/5/20)

詳報・遠隔操作事件・佐藤弁護士会見その1:
「先生すみません。自分が犯人でした」 カギになった「onigoroshijuzo2」
遠隔操作ウイルス事件で起訴されていた片山被告が犯行を認めた。佐藤弁護士は今回のきっかけになった「真犯人からのメール」や、これまで謎だった点の真相などについて、本人から聞いた話について語った。(2014/5/20)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年3月版:
遠隔操作ウイルス事件でフォレンジックを考えた
2014年3月、注目が集まったのは遠隔操作ウイルス事件。この事件から「フォレンジック」の信頼性が議論されました。(2014/4/9)

5分で絶対に分かる:
5分で絶対に分かるWebフィルタリング(初級編)
多くの学校や会社で、Webの閲覧に関して何らかのポリシーが設けられ、制限されていることをご存じですか? 本稿では、そこで用いられている「Webフィルタリング」という仕組みについて、5分でお伝えします。(2016/2/1)

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(ライター荻窪編):
スマホと無線でつながるガジェットが始まった2013年でしたよ
デジタルライフスタイルの中心がPCからスマホになっちゃった。iPhone以来その傾向はあったが、決定的になったのが2013年かと思う。端末よりそっちの方が面白かったので、4ネタをピックアップしてみた。(2013/12/25)

カメラを向けただけで盗撮に? 岩手県警の迷惑防止条例改正案に懸念の声も
盗撮画像がなくても盗撮を取締りできる改正案について、県警のWebサイトで意見募集しています。(2013/11/18)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/9)

逮捕されたとき“弁護士”はどうやって呼ぶの?
冤罪などで逮捕される可能性もゼロではない昨今。実際に事件に巻き込まれ、逮捕された著者の経験を元に無事釈放されるまでの対策を教えてくれる書籍を紹介します。(2013/9/5)

伝説のネタ画像「女性専用車両インタビューの女」は今、女性専用車両についてどう思っているのか?
現在の彼女は女性専用車両について何を語るのか?(2013/7/30)

突然のアカウントBANを防ぐ その便利さの裏にある危険「Google+」の設定を確認すべし
Google+のインスタントアップロード機能を有効にしていると、勝手に写真がアップロードされる。(2013/6/25)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2013年5月版:
漏えい多発、多難の1カ月
三越伊勢丹ホールディングス、ディノス、資生堂、阪急阪神百貨店、そしてYahoo! Japanにエクスコムグローバル……5月は件数、内容ともに深刻な情報流出事件が次々に明らかになりました。(2013/6/14)

「国民の社会生活と自由を脅かす」 同人誌即売会連絡会、「児童ポルノ禁止法」改定案に反対声明
同人誌即売会連絡会も児童ポルノ禁止法改定案に反対する声明を発表した。「日本国民の社会生活と自由を脅かす要素が包含されている」と指摘している。(2013/5/30)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ガートナーイベント「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2013」チケットプレゼント
(2013/5/27)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
情報漏えいがありました 今後注意すべき点はどこですか?
情報セキュリティの専門家・萩原栄幸氏による連載は今回から新テーマ。企業や組織、個人にとって起こりがちな情報セキュリティのトラブルと対策を解説していきます。(2013/4/5)

窪田順生の時事日想:
なぜ「監獄ビジネス」が拡大しているのか――背景にあるのは
日本の「監獄ビジネス」が拡大しているという。犯罪大国ともいえないこの国で、なぜ監獄ビジネスが広がっているのか。その背景にあるのは……。(2013/3/19)

識者が選ぶセキュリティの10大脅威、2012年は「脆弱性攻撃」がトップ
IPAは毎年恒例の「10大脅威」を発表。117人の専門家などが選んだのは「クライアントソフトの脆弱性を突いた攻撃」となった。(2013/3/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。