ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「映画祭」最新記事一覧

京都でお寺ミュージカル映画祭「テ・ラ・ランド」が開催へ 説法ラップバトルも展開するドープな“寺主制作映画”を上映
ローカルなお寺による自主制作映画が上映されます。(2017/9/25)

アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」、オタワ国際アニメーション映画祭グランプリ
オタワ国際アニメーション映画祭長編部門で日本作品、日本人監督がグランプリを受賞するのは初。(2017/9/24)

「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」の新場面写真! 熱量マシマシなブレストファイヤーで全てが溶けそう
劇中カット一挙解禁。世界最速公開はローマ国際映画祭特別上映に。(2017/9/20)

アヌシー国際アニメ映画祭 「夜明け告げるルーのうた」長編グランプリ、「この世界の片隅に」長編審査員賞受賞!
おめでとうございます!!(2017/6/18)

「パトレイバー」新作か? フランスの映画祭に「Patlabor EZY」ポスター
(2017/6/14)

浦沢直樹×手塚治虫「PLUTO」がアニメ化! アヌシー国際アニメーション映画祭でサプライズ発表
ついにアニメ化か……!(2017/6/14)

企業がブランディング目的で制作したショートフィルム:
「Branded Shorts of the Year」授賞式が開催、黒木 瞳監督の新作も初公開
国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」開催する「Branded Shorts」は、2017年の最優秀作品「Branded Shorts of the Year」を選出。授賞式を開催した。(2017/6/9)

初の公募制を採用:
ブランデッドムービーの祭典「Branded Shorts」が6月に開催
アジア最大級の国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル & アジア(以下、SSFF & ASIA)は、ブランデッドムービーの祭典「Branded Shorts」を2017年6月5〜9日に開催する。(2017/4/19)

「君の名は。」続く快挙! スペイン・シッチェス映画祭で最優秀長編作品部門を受賞
新海誠監督による受賞コメントも。(2016/10/16)

東京国際映画祭、チケット販売開始もアクセス殺到でトラブル 「購入完了メールが届かない」「ここまで酷い年は初めて」購入希望者から不満
現在はサーバメンテナンスとなっています。(2016/10/15)

韓国にも“新海誠旋風”! 釜山国際映画祭の「君の名は。」舞台あいさつに600人が詰めかける
舞台あいさつには新海誠監督、神木隆之介さん、上白石萌音さんが登場。(2016/10/10)

原付に2人乗りしながら映画を見るイベント開催決定 ドキドキして映画どころじゃなくなりそう
10月10日に渋谷で開催される「第1回シブヤガワ映画祭」の企画です。(2016/9/7)

どうやって撮っているんだ!? 全編一人称視点のFPS風映画「Hardcore Henry」、カナザワ映画祭2016で爆音上映
三半規管、フル使用。(2016/7/31)

和泉元彌主演「さつまおごじょ」、マドリード国際映画祭で最優秀作品賞
外国映画の短編部門でした。(2016/7/11)

野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭2016」秋開催 「アメリ」などを4つのステージでオールナイト上映
複数の上映ステージを周遊しながら夜を明かす映画フェス。2016年度のステージのテーマは、夢と現実が入り交じる「ゆめうつつ」な世界。(2016/6/25)

7分続いたスタンディングオベーションに初カンヌの阿部寛「もっといたかったんですけど、樹木さんが……」
初めてのカンヌ映画祭を阿部寛さんは「夢のような体験」と表現。(2016/5/24)

スタジオジブリ最新作、カンヌ国際映画祭で「ある視点部門」特別賞を受賞
マイケル監督による「レッドタートル ある島の物語」での受賞となりました。(2016/5/22)

4万人のクリエイターと企業・行政の動画戦略を支援する「Branded Shorts」が始動:
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」にブランデッドムービー部門を新設
パシフィックボイスは、動画戦略サポートプロジェクト「Branded Shorts」を立ち上げ、国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」にブランデッドムービー部門を新設すると発表した。(2016/5/19)

東京国際映画祭で日本映画2大企画、細田守と岩井俊二を特集
いいセンスだ。(2016/5/14)

「待ってるだけじゃ広がらない」――ひかりTVの4Kコンテンツ大増産計画
ひかりTVは、映画祭やテレビ局などとのパートナーシップにより、独占提供の4Kタイトルを拡充する。4K IP放送の24時間放送に加え、4K VoDも今後1年間で約1200タイトルまで増やす方針だ。(2016/4/14)

Uber、Airbusと提携で配ヘリサービス開始へ まずはサンダンス映画祭で
AirbusのエンダースCEOがWall Street Journalのインタビューで、Uberの“配ヘリコプター”サービスに「H125」と「H130」を提供すると語った。まずはサンダンス映画祭で試験的に実施するという。(2016/1/18)

野坂昭如さん原作「火垂るの墓」実写映画 「秋葉原映画祭」で特別追悼上映決定
戦争の悲劇が二度と繰り返されませんように。(2016/1/6)

にゃにゃーん! 「猫侍」に会える! ねこ映画だらけの「吉祥寺にゃんこ映画祭」初開催
「吉祥寺ねこ祭り」の一環で行われるイベントだにゃん。(2015/9/29)

ボカロ小説から生まれた実写映画「桜ノ雨」が東京国際映画祭に出品決定
2016年春公開の「桜ノ雨」が東京国際映画祭のパノラマ部門に出品されます。(2015/9/27)

映画「スティーブ・ジョブズ」、ウォズニアック氏も「本人を見ているようだった」と大絶賛
Universal Picturesの映画「Steve Jobs」が米映画祭でプレミア上映され、VarietyやHolliwood Reporterなどが好意的なレビューを掲載。Appleの共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏も「役者が演じているのではなく、本物を見ているようだった」と絶賛した。米国での封切りは10月9日。(2015/9/8)

「第28回東京国際映画祭」で「機動戦士ガンダム」の特集上映が決定!
ファーストガンダムに加えてテレビアニメや劇場版、短編など数十本を上映。(2015/7/24)

現代映画を考える(前編):
1980年代シネマの愉楽とミニシアターの危機
黒沢清監督の映画『岸辺の旅』がカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞し話題となっている。今回は、映画団体「IndieTokyo」の主宰者で映画評論家の大寺眞輔氏に、現在のアート映画の危機的状況とIndieTokyoの取り組みについて話を伺う。(2015/6/1)

今年で通算5回目の「うんこ映画祭」開催決定! 上映作品絶賛募集中
東西うんこ対決の幕が切って落とされる!!(2015/4/7)

夜の野外を周遊する映画フェス「夜空と交差する森の映画祭 2015」 10月に開催決定
日本では珍しい、複数のスクリーンを周るフェス形式の野外映画祭が今年もやってくるぞ。(2015/2/27)

「押井守映画祭2015第二夜」開催 「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」など上映
GLAYのPVから派生した短編アニメ「Je t'aime」も上映する。(2015/1/21)

サンダンス参加映画「HITS」、価格を購入者が決める「BitTorrent Bundle」で公開へ
コメディアンのデビッド・クロスは初監督映画「HITS」をサンダンス映画祭で上映し、幾つかのオファーがあったものの“ぱっとしなかった”ため、視聴者が自分で支払額を決められるBitTorrent BundleのPWYWでの映画公開を決めた。(2015/1/8)

ドラえもん映画を「恐竜」から「新・大魔境」まで全作劇場上映する「ドラえもん映画祭2015」開催
ドラえもん映画の35周年を記念したビッグイベント。(2014/12/17)

海外オタク見聞録:
庵野秀明監督へのあふれる愛 東京国際映画祭に海外コスプレイヤー集結
東京国際映画祭と世界コスプレサミットがコラボ。特集上映「庵野秀明の世界」の応援に海外のコスプレイヤーが集まりました。(2014/10/28)

空港でアニメ映画祭──「新千歳空港国際アニメーション映画祭」10月31日開幕
空港を会場とした国際アニメ映画祭「新千歳空港国際アニメーション映画祭」が10月31日から開催される。(2014/10/27)

野外4つのスクリーンで映画を同時上映 日本初の“映画フェス”「夜空と交差する森の映画祭」へ行ってきた
埼玉の景勝地・長瀞にスクリーンをいくつも設けて、映画三昧の一夜を明かす。フェス形式としては日本初の野外映画祭は、特別な鑑賞体験をもたらすか。(2014/10/27)

「フィンランド映画祭2014」11月開催 「劇場版ムーミン」も上映
2015年公開の「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」が見られるよ。(2014/10/14)

芸術の秋は映画を観よう! この秋行きたい東京の映画祭5選
映画を観ると、いいこと尽くしなのだ。(2014/9/30)

“スーパーマリオの父”宮本茂さんの短編アニメ「ピクミン ショートムービー」 東京国際映画祭で上映
ドワンゴ代表取締役会長・川上量生さんとの対談イベントも。(2014/9/16)

大賞作品はショートフィルムやラジオ番組に、Book Shortで短編小説を募集開始
ショートショート フィルムフェスティバル&アジアが、新プロジェクト「Book Short」を始動。昔話やおとぎ話をテーマにした短編小説を募集している。(2014/8/1)

新千歳空港でアニメ映画祭 「まどマギ」オールナイト上映や「AKIRA」爆音上映
常設映画館を有する新千歳空港ターミナルビルで開催する。(2014/8/1)

東京国際映画祭で「庵野秀明特集」決定 学生時代の自主製作作品など50作品を一挙上映
これは……「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」への前振りなのか……!?(2014/7/31)

夜空の下で映画を見る「星空の映画祭」 今年の上映作品に「風立ちぬ」!
長野県の八ヶ岳自然文化園で夏の夜に上映する映画祭に「風立ちぬ」。舞台の地が近いしぴったり!(2014/6/9)

ドワンゴ製作・スタジオジブリの日常を描いた映画「夢と狂気の王国」がワールドプレミア決定
フランスで開催される「アヌシー国際アニメーション映画祭」で上映される。(2014/5/28)

波音に包まれながらビーチで映画鑑賞 今年も「逗子海岸映画祭」が開催されます
ザザー、ザザー……。(2014/4/25)

「ニコニコ町会議 in 沖縄国際映画祭」ゲーム実況 M.S.S Projectが出演(1日目)
「沖縄国際映画祭」に合わせて開催される「ニコニコ町会議 in 沖縄国際映画祭」より、ゲーム実況ブースの模様をライブ配信する。M.S.S Projectが出演する。配信は3月22日14時30分〜。(2014/3/20)

「ニコニコ町会議 in 沖縄国際映画祭」ライブ配信(2日目)
沖縄で開催される「沖縄国際映画祭」に合わせて「ニコニコ町会議 in 沖縄国際映画祭」が開催。その模様をライブ配信する。配信は3月23日14時0分〜。(2014/3/20)

「ニコニコ町会議 in 沖縄国際映画祭」ゲーム実況 M.S.S Projectが出演(2日目)
「沖縄国際映画祭」に合わせて開催される「ニコニコ町会議 in 沖縄国際映画祭」より、ゲーム実況ブースの模様をライブ配信する。M.S.S Projectが出演する。配信は3月23日14時20分〜。(2014/3/20)

「ニコニコ町会議 in 沖縄国際映画祭」ライブ配信(1日目)
沖縄で開催される「沖縄国際映画祭」に合わせて「ニコニコ町会議 in 沖縄国際映画祭」が開催。その模様をライブ配信する。配信は3月22日14時0分〜。(2014/3/20)

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」 ショートフィルム作品を一挙配信
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」より、インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門の作品を無料配信する。配信は2月28日23時0分〜。(2014/2/25)

「米子映画事変」イラスト、「みだら」指摘受けサイトから削除
映画祭「米子映画事変」のイベント用イラストが「みだらだ」と指摘を受け、実行委がサイトから削除。(2013/10/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。