ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「goo」最新記事一覧

NTTレゾナント、3GBメモリのSIMフリースマホ「arp AS01M」を1万1800円(税別)で販売
NTTレゾナントは、3GBメモリのSIMロックフリースマートフォン「arp AS01M」をgoo Simsellerで販売開始。メーカー希望小売価格2万2800円(税別)を1万1800円(税別)で提供する。(2016/5/18)

8月から提供開始:
恋愛に悩むあなたは人工知能の回答に納得できるか?
NTTレゾナントは同社のQAサービス「教えて!goo」で、ユーザーが投稿する恋愛などの人生相談について人工知能が助言を行うサービスの開発に乗り出した。質問意図を把握し、過去のデータを参照しながら「納得感」の高いベストアンサーを提示する。(2016/5/10)

なぁAI、おまえはどう思う? 「教えて!goo」がAIによる恋愛相談サービスを8月から開始
人工知能「悩みがあるなら聞くぜ?」(2016/4/26)

恋愛の悩みを人工知能に相談 「教えて!goo」に8月導入
恋愛の悩みに人工知能(AI)がアドバイスをするサービスを、NTTレゾナントが開発。同社のQ&Aサービス「教えて!goo」に8月に導入を目指す。(2016/4/26)

goo Simseller、「HUAWEI Y6」を税別1万3800円で販売 ライトユーザー向けSIMフリースマホ
NTTレゾナントが運営する「goo Simseller」で、SIMフリースマホ「HUAWEI Y6」の販売を開始。価格は1万3800円(税別)。(2016/4/19)

goo Simsellerで「ZenFone Go」を販売開始
NTTレゾナントの運営するSIM関連専門ショップ「goo Simseller」で、SIMロックフリーのエントリーモデル「ZenFone Go」を販売開始。価格は1万9800円(税別)。(2016/4/1)

goo Simseller、5000mAhのバッテリー搭載「ZenFone Max」発売 価格は2万7800円(税別)
通販サイト「goo Simseller」で容量5000mAhのバッテリーを搭載した「ZenFone Max」の販売が始まった。価格は2万7800円(税別)。(2016/3/14)

SIM通:
カメラ機能充実!女性目線なgooのスマホ「g05」レビュー
特定カラーの初期ロットが完売するなど、人気をうかがわせる「g05」。どのあたりがウケているのか、レビューしながら紐解いてみたいと思います。(2016/1/13)

防水対応スマホ「Moto G」(第3世代)、goo Simsellerで先行販売スタート
NTTレゾナントは、IPX7準拠の防水性能を備えたAndroidスマートフォン「Moto G」(第3世代)の先行販売を開始した。価格は「OCN モバイル ONE」の音声対応SIMパッケージ付で2万4800円(税別)となる。(2015/12/21)

価格は税別6800円 NTTレゾナント、手のひらサイズのSIMフリー3Gスマホ「elm.」を限定販売
NTTレゾナントが運営するSIM関連専門ショップ「goo Simseller」が、SIMフリーの3Gスマホ 「elm.」を数量限定で販売。価格は「OCN モバイル ONE音声対応SIM」のパッケージ付で税別6800円。(2015/12/11)

「gooのスマホ」第5弾は女性がターゲット――男性も巻き込んだ秘策とは?
NTTレゾナントが2015年度下期の事業戦略会を開催した。同社が年度戦略として掲げる「スマホを中心とした“おもてなし”」について改めて説明したほか、「gooのスマホ」の第5弾となる「g05」も発表した。(2015/12/8)

「gooのスマホ」から女性向け「g05」 デザイン・自撮りを重視
NTTレゾナントは「gooのスマホ」第5弾として「g05」を発表。サイズやデザイン、カメラ性能を見直し、SIMフリースマホが浸透していない女性ユーザーの拡大を目指す。(2015/12/8)

ZTE Blade S7ベース:
NTTレゾナント、自撮りとデザインを重視した「gooのスマホ g05」を販売開始
NTTレゾナントは、SIMフリーAndroidスマホ「gooのスマホ g05(グーマルゴ)」の販売を開始した。goo Simsellerでは特別価格の3万9800円で販売する。(2015/12/8)

SIM通:
待望の国産端末・gooのスマホ第4弾 「g04」レビュー
シャープのSIMフリースマホをベース端末に使用した、gooのスマホ初の国産モデル「g04」をレビューしてみました。(2015/12/8)

gooスマホ部:
Google が使えない
「プロセスcom.google,process,gappsを終了します」などと表示されます。Playストアも開きません。なんとかなりませんか?(2015/10/21)

国産スマホへのニーズに応えて:
NTTレゾナント、シャープ製の「gooのスマホ g04」を発表 防水・おサイフケータイ・赤外線通信対応
NTTレゾナントが「gooのスマホ」第4弾を発表した。国産スマホが欲しいという要望に応え、シャープ製の新型Androidスマートフォンをベースに開発された。(2015/10/20)

goo Simseller、SIMフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」を3万9800円で販売
NTTレゾナントが運営するSIM関連の通販サイト 「goo Simseller」で、SIMロックフリースマートフォン「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」の販売受付がスタート。価格は3万9800円(税別)(2015/8/27)

goo Simsellerで「ZenFone 2 Laser」発売、OCN モバイル ONEとのセットで2万7800円
NTTレゾナントが運営するSIM関連の通販サイト 「goo Simseller」で、ASUSのSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 2 Laser」の販売受付が開始した。(2015/8/18)

gooのスマホ「g03」にソフトウェアアップデート――「眼セキュリティ認証」を追加
gooのスマホ「g03」がソフトウェアアップデート。眼の生体認証によるロック解除機能を追加した。(2015/7/30)

SIM通:
初スマホとしての選択も−SIMフリースマホ「g03」レビュー
コストパフォーマンスの高さも評価されている「gooのスマホ」。「g02」と外観のベースは一緒ながら、CPU・内蔵ストレージ・カメラなどが強化されたハイエンド端末「g03」の使用感を紹介します。(2015/7/29)

SIM通:
使い勝手のよさはいかに?SIMフリースマホ「g02」使ってみた
3機種が販売されている「gooのスマホ」。今回はミドルレンジモデル「g02」の実機を触ってみての印象と使用感を紹介します。(2015/7/23)

SIM通:
1万円スマホ「g01」購入前に知っておきたい5つのポイント
Android 5.0を搭載し、音声対応SIMがセットで10,800円というgooのスマホ「g01」。ちゃんと使えるのか不安が頭をよぎりますよね。そこで「g01」の使用感などをレビューしていきます。(2015/7/21)

シニア層・スマホ初心者向けシンプルホームアプリ「gooのやさしいスマホ」
NTTレゾナントが、「gooのスマホ」向けにシンプルデザインのホームアプリ「gooのやさしいスマホ」の提供を開始した。(2015/7/10)

NTTレゾナント、「gooのスマホ」家電量販店での販売を強化――ビックカメラ8店舗でも
NTTレゾナントはドスパラ、ヨドバシカメラに続き、SIMロックフリースマートフォン「gooのスマホ」をビックカメラ8店舗でも販売開始。(2015/6/23)

ヨドバシカメラ4店舗で「gooのスマホ」販売スタート
NTTレゾナントは、SIMロックフリースマートフォン「gooのスマホ」をヨドバシカメラで順次販売する。(2015/6/22)

「gooのスマホ」がパソコンショップで販売開始、PC向け無料体験版も提供
NTTレゾナントは、SIMロックフリースマートフォン「gooのスマホ」をパソコンショップでも販売開始する。UIデザインや操作性、プリインストールアプリを試せるPC向け無料体験版も提供中だ。(2015/5/27)

ZTEに聞く、「gooのスマホ」でSIMフリー市場に本格参入する狙いとは
NTTレゾナントが発表した3機種「gooのスマホ」。それの供給を手がけ、国内のSIMフリー市場に本格参入を果たしたのがZTEだ。同社のキーマンに、日本のSIMフリー市場に注目した理由を聞いた。(2015/5/27)

goo Simseller、SIMフリースマホ「AQUOS SH-M01」を4万6000円で販売開始
NTTレゾナントが運営するSIM関連専門ショップ「goo Simseller」で、シャープ製のSIMフリースマートフォン「AQUOS SH-M01」を4万6000円で販売開始する。(2015/5/13)

全てを手のひらで――NTTレゾナントが「gooのスマホ」で目指す新たな姿
NTTレゾナントが2015年度の事業戦略を説明。ポータルサービスの知見を結集した「gooのスマホ」投入も発表した。(2015/4/22)

「gooのスマホ」、格安スマホ市場に参入 端末価格は1万円から
NTTレゾナントが「gooのスマホ」3機種を発表。端末と通信、アプリ、アフターサポートの“四位一体型”でスマホ初心者でも安心して使えるとうたう。(2015/4/22)

ZTE BLADEがベース:
NTTレゾナント、Android 5.0搭載で業界最安の「gooのスマホ」3機種を発表
ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは、Android 5.0搭載のSIMフリー端末「gooのスマホ」3機種を発表した。(2015/4/22)

コミックシーモア、定額制サービスとPC版アプリ リニューアルでより使いやすく
gooポイントと連携し、4月9日までの期間限定でクーポンとの交換も実施中。(2015/3/10)

SIM通:
現物キタコレ!!「goo x ラブライブ!」コラボSIMフリースマホ
1月に発売された「ラブライブ!」コラボのSIMフリースマホ。そのラブライブ!コラボスマホに、ひと足早く触れられるチャンスを得ました!!(2015/2/26)

gooスマホ部:
ジョルテとgoogleカレンダーの同期について
ジョルテのマイカレンダーの設定を保ったまま、Googleカレンダーと同期することはできますか?(2015/2/5)

SIM通:
ポラロイド ピグとSIMセット業界最安値で販売−goo Simseller
ポラロイド製の格安スマホ「Polaroid Pigu(ポラロイド ピグ)」とOCN モバイル ONEのセットが、なんと4980円という超激安価格で発売されました。(2015/2/5)

SIM通:
ラブライバー必携!「goo x ラブライブ!」コラボSIMフリースマホ
ラブライブ!とコラボしたSIMフリースマホが登場。オリジナルスマホケースにASUSの「ZenFone 5 8GB ホワイト」をセットした限定アイテムです。(2015/2/3)

「goo Simseller」でデータ通信&音声通話付き4980円のSIMフリースマホを販売開始
NTTレゾナントが運営するSIM関連専門ショップ「goo Simseller」で、4980円のSIMフリースマートフォンが販売開始。(2015/1/23)

ウェアラブル:
地域情報をGoogle Glassにプッシュ配信、NTTレゾナントが実証実験
ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントが、Google Glassを利用した位置情報活用ニュース配信の実証実験を行う。(2014/12/18)

日本語解析API、「gooラボ」で公開 形態素解析やひらがな化など
形態素解析APIやひらがな化APIなど、日本語解析技術に関するAPIが「gooラボ」で公開された。(2014/12/3)

SIM通:
goo Simsellerの格安スマホを使ってみた!
「NTTコムストア by goo Simseller」限定セットは、ZTE製のスマートフォン「ZTE Blade Vec 4G」と「OCN モバイル ONE」がセットになったもの。今回はZTE Blade Vec 4Gの使い勝手を試してみました。(2014/9/29)

「gooポイント」でなりすましによる不正利用 568IDで最大60万円の被害
「gooポイント」でなりすましによるポイント不正利用が判明。被害額は最大で60万円という。(2014/7/30)

「goo」のNTTレゾナント創業10周年 データ連携/分析とグローバル展開に注力、「1000億円規模目指す」
「goo」を運営するNTTレゾナントが創業10周年。Q&Aサイトを中心としたユーザーデータの活用や、スマートフォン向け開発支援サービスのグローバル展開などに注力し、「10年後には1000億円規模を目指す」という。(2014/4/22)

SIMブロガーイベント:
「高齢者や女性にも使ってほしい」――ASUSとgoo SimSellerが目指す“SIMの広がり”
MVNOが提供するSIMサービスが増えつつあるが、市場全体を見ると、SIMサービスが普及するのはこれからだろう。NTTレゾナントが開催した「SIMブロガーイベント」では、メーカーと販売店が、SIMサービス/SIMフリー端末普及についての意気込みを語った。(2014/3/19)

当たればこれで電書が読める?:
「タブレットやタブレットみたいなもの」が当たるキャンペーン
タブレット版gooの利用で「タブレットやタブレットみたいなもの」が当たるキャンペーンをNTTレゾナントが実施中。当たればこれで電子書籍を読めるかも。(2013/11/18)

NTTレゾナント、中小企業向けのスマホ用BYODアプリ「ビジネスgoo for BYOD」のiOS版を提供開始
NTTレゾナントは、同社提供のスマートフォン向けBYODアプリ「ビジネスgoo for BYOD」のラインアップにiOS版を追加した。(2013/10/23)

gooリサーチが「iPhone」に関する調査結果を発表――ドコモのiPhone購入意向者は1割
インターネットアンケートサービス「gooリサーチ」が「iPhone」に関する調査結果を発表。NTTドコモのiPhone購入意向者は、乗り換えも含め1割ほどとなっている。(2013/9/20)

「gooメール」無料版終了 有料版に一本化
「gooメール」の無料版が来年3月10日に終了。有料版に一本化する。(2013/9/5)

gooのいまトピ「ほしいもの豪華プレゼント」に日本語って難しいなと思いをはせる
間違ってない。(2013/9/2)

40%超の企業が実施:
NTTデータ経営研究所、企業のソーシャルリスニングに関する動向を調査
NTTデータ経営研究所は、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションが提供する「gooリサーチ」登録モニターを対象に、「企業によるソーシャルリスニングに関する動向調査」を実施した。(2013/8/7)

NTTレゾナント、タブレットに合わせた「goo」トップページを提供開始
NTTレゾナントは、タブレット版「goo」トップページの提供を開始した。タブレット利用に合わせ、自宅でのくつろぎ時間を想定した機能を用意した。(2013/7/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。