ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Skype」最新記事一覧

Skype Technologiesが開発した音声通話ソフトウェア。ユーザー同士を直接接続するPtoP技術を利用し、APIは無償で公開されている。無料バージョンではPC端末などのSkype端末同士でしか通話できない。しかし、SkypeOutなどの有料通話サービスを利用すれば、固定電話や携帯電話との通話も可能となる。
Skype − @ITネットワーク用語事典

質問!Skype→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSkype関連の質問をチェック

関連キーワード

Skype for Business Onlineで通話の発着信が可能に
ついに実現した固定電話との融合、「Skype for Business Online」は何が画期的か
「Skype for Business Online」にクラウドPBX機能が追加され固定電話との互換性を得た。本稿では、Skype for Business Onlineの機能やプランを紹介する。(2016/9/20)

Microsoft、「Slack」対抗の「Skype Team」テスト中とのうわさ
Microsoftが、人気のチームコラボレーションツール「Slack」に非常によく似た「Skype Team」を社内でテスト中であると、MSPoweruserが報じた。Slackの機能にMicrosoft OfficeやOneDriveとの統合も加わり、特にOffice 365ユーザーにとって便利そうだ。(2016/9/7)

なんだか“書きまくれる”ヤツを試してみよう:
もうメモ用紙はいらない! 書いた内容を即PCに取り込む「Write2Go」がメモにぴったり
電話を受けた際のメモに、電子メモパッドの「Write2Go」がドはまり。今まで紙で取っていたメモはほとんどこれで代用できます。書いたメモはSkypeなどのメッセンジャーで送信も可能。(2016/8/31)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:Watsonが企業にやってくる
特集は、導入事例が増えてきたWatson。その導入方法と問題点を紹介する。他に、Lync改めSkype for Businessの現状、フラッシュメモリを時代後れにする新メモリ技術の解説、売り上げが減少したOracleやJavaScriptの課題解決のトレンドを紹介する。(2016/8/29)

メリットを全く生かしていない
Skype for Business導入企業のほとんどがハマる残念な現実
LyncからSkype for Businessへ改称されて1年半。初期の混乱は収まったが、導入企業の多くがSkype for Businessのメリットを生かせていないという。(2016/8/5)

Microsoftの「Skype Bots」にホテル予約やIFTTT、ミスター・スポックが参加
MicrosoftのSkype Botsに、Facebook Messenger Botも出しているSkyscannerとHipmunkが加わった。バルカンの格言を教えてくれるミスター・スポックのbotも参加した。(2016/8/4)

「低価格VDIクライアント」に最適
格安PC「Chromebox」の意外な不満、“Skype使えない問題”はこう解決できる
VDIの導入に際しては適切なクライアントデバイスを選ぶことが重要だ。Googleの「Chromebox」を利用すれば、コスト削減と管理の簡素化の双方を実現できる可能性がある。(2016/8/4)

Skype、旧バージョンのAndroidやSnow Leopardなどのサポートを終了へ
Microsoftが、SkypeのP2Pからクラウドへの移行で快適なユーザー体験を提供するために、旧版OSのサポートを終了する。今後はAndroidは4.0.3以降、iOSは8以降をサポート。10月以降はWindows RT、Mac OS X 10.6 Snow Leopard、Windows Phone 8/8.1のサポートを終了する。(2016/7/21)

Microsoft、「Skype for Linux Alpha」リリース Chromebookでのグループチャットも可能に
長くアップデートのなかったLinux版Skypeが、WebRTC採用の「Skype for Linux Alpha」として再登場した。また、Chromebookでの音声通話も可能になった。グループ音声通話も可能だ。(2016/7/14)

Microsoft、AI bot開発フレームワークをアップデート カードやグループチャットをサポート
Microsoftは、3月にプレビュー公開した「Microsoft Bot Framework」をアップデートし、カルーセルカード機能やグループチャットのサポート、自然言語理解機能などを追加した。また、「Skype Bots Platform」を統合した。(2016/7/11)

Microsoft、買収で「Office 365」を強化
「LinkedIn+Skype」がビジネスの新標準ツールになると予想する人々
アナリストたちは、Microsoftが「LinkedIn」に「Skype for Business」のユニファイドコミュニケーション(UC)機能を組み込むものと予想している。実現すればユーザー間のコミュニケーションが広がりそうだ。(2016/6/30)

ベンダーとの友好関係も実はこのため
音声通話もMicrosoft──Skype for Businessが固定電話を支配する日
ビジネス用固定電話と「Skype for Business」の音声通話の互換性に対して、ユーザー企業はどのように評価すればいいのだろうか。Skype for Businessに業務通話を依存して大丈夫なのだろうか。(2016/6/28)

移行前にチェックしたい懸念点
固定電話を「Skype for Business」に置き換えると起きる“予想外”なこと
企業は、社内の音声システムを「Skype for Business」に移行する前に、従来の音声システムから切り替えるメリットとデメリットを検討する必要性に迫られている。(2016/6/21)

MicrosoftとXiaomiが提携拡大──クロスライセンスや端末へのOffice搭載で
MicrosoftとXiaomi(小米科技)が提携を拡大し、XiamiがMicrosoftから約1500件のライセンスを買収し、Android端末にMicrosoft OfficeとSkypeをプリインストールする。(2016/6/1)

Microsoft、テロ関連コンテンツ対策を発表 報告ツールに基づく削除も
Microsoftがテロ対策として、Xbox LiveやSkype、Outlookなどの同社サービスに投稿された関連コンテンツの報告ツールを公開した。このツールでの報告などに基いてコンテンツを削除するため、近くサービス規約も改定する。(2016/5/23)

MicrosoftがMacクライアントを初めてフルサポート
MicrosoftがMac版「Skype for Business」のプレビュー版公開、なぜ今?
Microsoftは、Macユーザー待望の「Skype for Business Mac」プレビュー版を発表した。同製品は3つの段階に分けて順に公開される予定だが、どのような機能が付く予定なのだろう。(2016/5/23)

Googleが小規模グループでの話題共有サービス「Spaces」をリリース アプリを閉じずに検索やYouTubeが使用・共有可能
TwitterやSkype、LINEに次ぐ新たなコミュニケーションサービスとなれるでしょうか。(2016/5/17)

ホワイトペーパー:
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション
Microsoftは2015年4月、企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。変更の意図とは。また、今後実現しようとしていることとは。(2016/5/11)

Microsoft、「Skype Bots」(プレビュー)提供開始
Microsoftが、Build 2016で予告していたSkypeで稼働するbot、「Skype Bots」のプレビュー版の提供を開始した。「What if〜」という質問に画像で答えるMicrosoftの人工知能bot「Murphy」などを試せる。(2016/4/20)

SkypeのWebアプリ(プレビュー)、Edgeでプラグインなしで動画通話可能
Microsoftが、Windows 10のEdgeブラウザでSkype.comにアクセスするだけでグループ動画通話もできる「Skype for Web」(プレビュー版)を発表した。(2016/4/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”
Microsoftは2015年4月、企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。変更の意図とは。また、今後実現しようとしていることとは。(2016/4/15)

Facebookメッセンジャー初のボットはKLMの旅客アシスタント
MicrosoftがSkypeボットを発表した同日、Facebookがメッセンジャーで稼働する初のボット型パーソナルアシスタントを発表した。KLMオランダ航空のボットが、フライト情報やチェックイン情報をメッセンジャー上で知らせる。(2016/3/31)

Microsoft Build 2016の基調講演(Day 1)まとめ
Microsoftの年次開発者会議「Builed 2016」の初日の基調講演で発表されたことをまとめた。開発者向けのBashシェル公開やアプリコンバーターの情報だけでなく、一般ユーザーにも関係のある今夏実施予定の「Anniversary Update to Windows 10」やSkypeボットが紹介された。(2016/3/31)

Microsoft、人工知能ボット作成フレームワークを公開
Microsoftが年次開発者会議「Build 2016」で、アプリの人工知能ボットを開発するためのフレームワークやランタイムを発表した。Skypeで動くボットのプレビュー版も公開した。(2016/3/31)

Microsoft、Windows 10版Skypeをユニバーサルアプリに
MicrosoftがWindows 10でのSkypeの提供方法を変更し、Skypeビデオとメッセージングに分かれている機能をユニバーサルアプリ「Skype Universal Windows Platform」に一本化する。まずはWindows Insider向けのプレビューをリリースする。(2016/3/25)

暗号化方式も強化:
デル、LyncやSkypeにも対応するVDI構築ソリューションを提供開始
デルはXenDesktop向けに2種類のソリューションを提供する。通信暗号化方式を強化した他、LyncやSkype、他社製ビデオ会議システムにも参加できるという。(2016/3/15)

「Office Online」内での「Skype」チャット・内容保存が可能に
Microsoftは、オンラインオフィススイート「Office Online」で、文書を共同編集しながらSkypeでグループチャットできるようにした。チャットの内容は文書と一緒に保存される。(2016/3/8)

Microsoft、AR HMD「HoloLens」開発版の予約開始 3000ドルでまず北米に3月30日出荷
Microsoftの拡張現実ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の開発者版の予約受付がスタートした。まず米国とカナダの開発者向けに3月30日に出荷する。価格は3000ドル(約34万円)。画面操作用端末「クリッカー」、「Skype for HoloLens」やゲームなどが付属する。(2016/3/1)

Mobile World Congress 2016:
Androidアプリの「Cyanogen OS」移植ツール「MOD」発表 SkypeやCortanaが対応
Cyanogenが、AndroidアプリをCyanogen OSで使えるようにするためのモバイルプラットフォーム「MOD」を発表した。Microsoftが「Skype」「Cortana」「OneNote」などの“mods”を開発済みだ。来月リリースの「Cyanogen OS 13」で利用可能になる。(2016/2/23)

Microsoft、グループ動画メッセンジャー「Skype Qik」終了へ
Microsoftが、2014年に公開したグループ動画メッセージングアプリ「Skype Qik」の提供を3月24日に終了する。Skypeアプリにグループ動画チャット機能を追加することもあり、Skype Qikの役割は終わったということのようだ。(2016/2/23)

iOS/Android版Skypeアプリ、グループ動画チャット機能の提供開始 25人まで参加可能
Microsoftがモバイル版Skypeアプリの無料グループ動画チャット機能を“ローリングアウト”し始めた。向こう数週間中に全ユーザーが利用できるようになる見込み。参加可能人数が25人に拡大された。(2016/2/19)

「for Business」の威力を知る
あなたの知らない「Skype」の進化、有料のサーバ版は何が違う?
音声通話にインスタントメッセージなど連絡手段を統合した「ユニファイドコミュニケーション」の利用がビジネスで増えていえる。移行が容易で充実したサポートで注目のツールを確実に導入できるTipsをまとめてみた。(2016/2/7)

ゲーマーに朗報:
Skype、ユーザーのIPアドレスを標準で非表示に
Skype IDはこれまで、ツールを使えば簡単にIPアドレスが割り出せ、DDoS攻撃などに悪用されることがあったが、アプリのアップデートでIPアドレスの割り出しができなくなった。(2016/1/25)

Skype、最新版では標準でIPアドレスを非表示に
Skypeの最新版で、セキュリティ向上のためIPアドレスの表示設定がデフォルトでオフになった。(2016/1/25)

Microsoft、SlackからのSkype動画/音声チャット開始を可能に
Microsoftが、競合する企業向けコラボレーションサービス「Slack」からチームメンバー同士でのSkypeの音声/動画チャットを開始できるようにした。(2016/1/15)

Skype、iPhone、iPad、Androidアプリでのグループビデオチャットが可能に
Skypeが動画チャットサービス開始10周年を記念して、iPhone、iPad、Android、Windows 10 Mobile版のSkypeアプリにグループ動画チャット機能を追加する。(2016/1/13)

Microsoft、レイ・オジー氏のTalkoを買収し、Skypeに統合へ(オジー氏は戻らず)
Microsoftが、元CSAのレイ・オジー氏が創業したソーシャルアプリ企業Talkoを買収し、その技術をSkypeおよびSkype for Businessに統合すると発表した。オジー氏はMicrosoftには戻らない。(2015/12/22)

「Skype for Business」(旧Microsoft Lync)の正式Android版リリース
Microsoftが“年内”の約束通り、Android版「Skype for Business」(旧Microsoft Lync)の正式版をリリースした。(2015/12/17)

Microsoft、企業向け「Office 365」に1万人まで参加できる仮想ミーティング機能を追加
Microsoftが「Office 365 Enterprise」のコミュニケーションツール「Skype for Business」の新機能として、Webブラウザやモバイル端末から最高1万人が参加できる「Skype Meeting Broadcast」などを発表した。(2015/12/1)

焼きたての七面鳥が肉汁をしたたらせながら踊る Skypeの絵文字に狂気を感じる
なにこれキモい!(2015/11/25)

Google、ハングアウトの動画チャットにアカウントがなくても参加できる機能を追加
Googleの統合メッセージングサービス「ハングアウト」のビデオチャットに、Googleアカウントを持っていない相手を招待できるようになる。MicrosoftのSkypeにも先月、同様の機能が追加されている。(2015/11/20)

低予算でも意外と使える
無料版「Skype」でどこまでできるか徹底検証 「Skype for Business」は必要?
実際の業務にフル機能の「Skype for Business」は必要なのか。無料版の「Skype」でどこまで代替可能なのか。本稿で検証する。(2015/11/15)

Windows 10の初メジャーアップデート公開 日本でもCortana利用が可能に
Microsoftが、「Windows 10」の初のメジャーアップデートを公開した。日本でもCortanaが利用できるようになった他、Skypeが統合され(プレビュー)、アプリを起動していなくても着信に返信する機能などが追加された。(2015/11/13)

高品質なコミュニケーションで実現する臨場感
「Skype for Business」とビデオ会議の連係がもたらすコラボレーションの形とは
ワークスタイル変革に取り組むため「Skype for Business」やビデオ会議を導入している企業は少なくない。それぞれのシステムの効果をより高める方法がある。その方法を紹介する。(2015/11/17)

マイクロソフトが開発を進める人工知能:
女子高生AI「りんな」は感情的なつながりを生む
マイクロソフトは、同社のAI研究/開発の取り組みについての説明会を開催した。パーソナルアシスタント「Cortana」から、会話をリアルタイムに翻訳する「Skype Translator」などのサービスを紹介。中でも注目を集める、同社が2015年7月に発表した女子高生AI「りんな」について紹介する。(2015/11/10)

Skype共同創設者が新ビジネス ロボットカーで日用品を配達
Starship Technologiesは、小さなロボットカーで近所の店から日用品を配達するサービスを計画しています。(2015/11/3)

Microsoft、「Office Online」にSkypeの音声/動画通話を統合
Microsoftのクラウド版Office「Office Online」の編集画面で、共同編集しているユーザー同士でのSkypeの音声/動画通話が可能になる。(2015/10/30)

タスク機能で伝達漏れを無くす
Skype英会話のレアジョブが「社内Skype」をやめた理由
オンライン英会話サービスを提供するレアジョブ。開発部門を中心に、社内のコミュニケーションツールを「Skype」から「ChatWork」へ移行した。移行のいきさつと社内がどのように変わったかを紹介する。(2015/10/27)

「iTeachers TV」最新番組紹介
動画: 1コマの授業で6カ国の先生と英会話? 同志社中学校が実践
同志社中学校がタブレットと「Skype」で実践する、ITならではの英会話学習術とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。(2015/10/21)

新機能ぞくぞく:
新しいWindows 10プレビュー「Build 10565」をISOでインストールする
Skypeの統合やEdgeの新機能、ユーザーインタフェースの改善など、目に見える更新が多い「Build 10565」を、先日公開されたISOファイルでアップデートしてみよう。(2015/10/18)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。