プロナビ
ニュース
» 2021年11月22日 17時45分 公開

Microsoft、2023年4月でOffice 2013とSkype for Business 2015のサポートを終了

米Microsoftが、「Office 2013」と「Skype for Business 2015」のサポートを2023年4月11日で終了すると予告した。

[ITmedia]

 2021年11月17日(現地時間)、米Microsoftは「Office 2013」と「Skype for Business 2015」のサポートを2023年4月11日で終了すると予告した。この期限を過ぎると、Microsoftはセキュリティパッチも不具合修正プログラムも提供せず、サポートも受け付けないとしており、まだ当該バージョンを使用しているユーザーには、Microsoft 365サブスクリプションへの移行を促している。

ALT Office 2013の製品パッケージ

 また、PCをインターネットに接続しない場合や、機能更新が発生すると互換性の問題が生じて困るような場合は、Microsoft OfficeのLong Term Servicing Channel(LTSC)を利用するように勧めている。Office LTSCの現行バージョンは「2021」で、2021年9月の発売時点から5年間のサポートが付く。5年の間、発売時点の状態を維持し、機能更新や新機能追加は起こらない。

ALT サポート終了を予告するWebページ

 さらにMicrosoftは、2023年4月11日で「Exchange Server 2013」「Project Server 2013」「SharePoint 2013」など、サーバ製品6製品のサポートも終了する。終了後はセキュリティパッチや不具合修正プログラムの提供も止まり、サポートも受けられなくなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.