ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HaaS」最新記事一覧

ARM Tech Symposia:
Arm買収から1年半、明確になったソフトバンクのIoT戦略
2016年7月に発表された際には「関係性が希薄で、相乗効果は見えにくい」と評されたソフトバンクによるArm買収だが、あれから1年半、その関係性はどうなっているのだろうか。ソフトバンク副社長兼COOの今井氏が現状を語った。(2017/12/12)

ARMと提携し、SoC開発へ:
バイオ分野でもIoTを、米新興企業が本腰
米国のスタートアップ企業が、バイオロジーの分野でもIoT(モノのインターネット)を加速させようとしている。分子データなどを販売、購入、共有できる、これまでにないデジタルマーケットプレースの構築を目指すという。ARMと協業し、こうした市場を実現するための新しいSoC(System on Chip)も開発中だ。(2017/11/29)

機械学習チップ開発の遅れを懸念:
ARM、AI開発専門のグループを設立
ARMは、機械学習(マシンラーニング)を専門に開発するグループを新たに設立することを発表した。(2017/11/6)

企業動向を振り返る 2016年11月版:
エレクトロニクス分野で相次ぐ買収劇、「パニックバイ」の可能性は
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届けする「企業動向を振り返る」。年末が見えそろそろ落ち着いたかと思いきや、SiemensによるMentor Graphics買収という大型案件がありました。(2016/12/21)

TechFactory通信 編集後記:
ARMによる悪魔の証明
Same!Same!Same!Same!と買収されたARMは強調しますが、さて。(2016/12/17)

ソフトバンク副社長:
IoT時代では「あらゆるモノにARMチップが載る」
ARMのプライベートイベント「ARM Tech Symposia 2016 Japan」が2016年12月2日、都内で開催された。基調講演に登壇したソフトバンク副社長の宮内謙氏は、「石炭、石油の時代を経て、これからはデータの時代である。あらゆるモノにセンサーがつき、あらゆるモノにARMベースのチップが搭載される」と述べ、IoT(モノのインターネット)時代におけるARMの役割をあらためて強調した。(2016/12/6)

ママさん設計者がやさしく教える「CNCフライス超入門」(4):
無償CNCツールで気の利いたGコードを作成する方法
ファブレスメーカーのママさん設計者がCNCフライスの特長や魅力、使い方を分かりやすく解説する連載。第4回はCADデータを基にGコードを作成する。(2015/7/24)

ホワイトペーパー:
製造業の成長戦略を加速する「5つのIT戦略テーマ」
本ホワイトペーパーでは、製造業の成長戦略の視点から最新のテクノロジトレンドを捉え、戦略の実現を加速する五つのIT戦略テーマを、次世代ITの中核となるクラウドと具体的な事例を交えながら提言する。(2014/11/19)

特集:これからのIaaSニーズと失敗しない選択基準(1):
発展途上にあるIaaS、いま着眼すべきポイントとは?
急速な市場変化を受けて、多くの企業がIaaS利用に乗り出す一方で、ユーザー企業のすそ野の広がりに対応すべく、IaaSの提供するサービスもPaaS層を取り込むなど高度化しつつあるようだ。本特集の第1回ではIaaS市場の今と今後を、クラウドアーキテクトの川田大輔氏が分析する。(2013/12/18)

これが世界最大規模のテストベッドの全貌だ:
潜入! 北陸StarBED技術センター
Interop Tokyoの「クラウドコンピューティングコンペティション」やWASForum主催の「Hardening Zero/One」など、超ハードなコンピューティング環境を陰で支える北陸StarBED技術センター。企業の実証実験空間としても積極的に利用される同センターは、世界最大規模のエミュレーション環境を誇る最先端施設だった。(2013/3/26)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
ハイブリッドクラウド時代の運用管理を考える
このたびITmedia エンタープライズ編集部は「ハイブリッドクラウドで困らないためのシステム管理術」と題したセミナーを開催。専門家の意見や先進ユーザー企業の事例などが紹介された。(2013/1/15)

Database Watch(2012年12月版):
PostgreSQLは80コアまでリニアに性能アップする
エンタープライズ環境でPostgreSQLはどれくらいのパフォーマンスを出せる? 来春発表される成果報告を前に、検証の中間報告をレポートする。(2012/12/26)

Dell Worldで強力にプッシュ:
米デル、統合仮想化インフラ製品がハード事業の軸に
米デルは12月第3週に米テキサス州オースティンで開催した「Dell World」で、統合仮想化インフラ製品「Active System」を紹介した。こうした製品が、デルのサーバ、ストレージ、ネットワーク製品ビジネスの軸になっていくという。(2012/12/14)

Database Watch(2012年9月版):
いまオープンソースデータベースがきている
 今月は商用からオープンソースまで幅広くデータベース製品を取り扱っているアシストの取り組みと、9月10日にリリースされたPostgreSQL 9.2についてお伝えします。(2012/9/20)

“失敗しない”データセンター選定法(1):
いまさら聞けない、データセンターの基礎知識
仮想化、クラウド、またビッグデータというトレンドを受けて、ITシステムを実質的に支えるデータセンターの重要性がより一層増している。コストを最適化しながら、システムの安定稼働すなわちビジネスの安定的な遂行を図るためには、どのような視点でデータセンターを選べば良いのだろうか。データセンターの選定法を2回に分けて解説する。(2012/4/26)

【IFRS】財務経理ビジネストレンド【1】
財務経理部員が15分で読めるクラウドの基本
IFRSプロジェクトを担当する財務経理部員にぜひ知ってもらいたいのがクラウドコンピューティングのメリットとその活用方法だ。クラウドは企業の経理処理、IFRSプロジェクトをどう変えるのか。財務経理に関連するビジネストレンドを紹介する。(2011/9/22)

どれを選ぶ? パブリッククラウド比較【第1回】
今さら聞けない! 各種クラウドサービスの違い
国内外ともに充実してきたクラウドサービス。その種類は幅広く多様だ。連載「どれを選ぶ? パブリッククラウド比較」第1回では、SaaS、PaaS、IaaS、HaaSといった各種サービスの違い、特徴をあらためて整理しよう。(2011/9/14)

中堅・中小企業 逆境時の経営力:
【第2回】ICTサービスの可能性
経営資源の少ない中堅・中小企業において、コストを抑制できるICTサービスが注目されている。しかしながら、活用する上での課題も少なくない。(2011/5/17)

切磋琢磨するニッポンのソフトウェア:
PR:企業のグローバル化とクラウド活用を後押ししたい
「日本発のソフトウェアを世界へ!」との掛け声の下、国内の有力ソフトウェアベンダーによって2006年に設立されたメイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム(MIJS)。以来、MIJSは海外に事務所を開設するとともにMIJS標準規格を発表。海外でワークショップも積極的に開催するなど、取り組みを年々深化させ、メンバー企業も今では50社を超える。では、MIJSは今後、何に軸足を置き活動を進めようとしているのか。MIJSで理事長を務める内野弘幸氏と、プロダクトビジネス推進委員会委員長を務める美濃和男氏との対談から、今、そして今後の取り組みを探りたい。(2011/5/11)

ビジネス視点の運用管理(3):
クラウド時代こそ、エンドユーザーの観点が不可欠
クラウドコンピューティングの活用例が増え続ける一方で、システムのパフォーマンス管理に問題を抱える企業も増加している。ではクラウド環境にあるシステムを安定的に活用するためにはどんな管理が必要なのか? ここでも“エンドユーザーの観点”が役立つ。(2011/4/28)

震災の対応支援でクラウドサービスを一部無償化――NTT Comとソフトバンクテレコム
NTTコミュニケーションズやソフトバンクテレコムは、それぞれクラウドサービスを無償提供する。(2011/3/15)

クラウドへの期待を超える「BizCITY」のサービス戦略:
PR:通信事業者のフルレイヤサービスがクラウドへの不安と期待に応える
クラウドに大きな関心を持つ企業が増えており、実際に導入を検討している企業も多い。しかし、その一方でセキュリティに対する不安が導入の障害になっていることも明らかになっている。そこでこうした不安や疑問を解消してクラウドを効果的に利用するために、ユーザー企業は何をするべきか、また、サービス事業者にはどのような取り組みが求められるのかについて、メディア横断型で実施された「クラウド討論会 2011」のモデレーターを務めたアイ・ティ・アールのシニア・アナリストである舘野真人氏とNTTコミュニケーションズの小原英治氏が意見を交換した。(2011/2/7)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第6回】
高品質なネットワークと豊富なサービスメニューを備える国産クラウド「GIO」
国産のクラウドベンダーであるIIJが提供する「GIO」。日本の事業者ならではのきめ細やかさと、「個別対応/別途見積もり」に逃げないサービスメニューの豊富さは特筆に値する。(2010/11/12)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第5回】
ハイエンドエンタープライズクラウドの決定版「CaaS」
世界最大級のグローバルネットワーク事業者が提供するクラウド「CaaS」はセキュアで高スペックが特長だ。エンタープライズにおける基幹系での利用で注目されている。(2010/10/14)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
クラウドコンピューティングは本当に安上がりなのか?
クラウドコンピューティングは本当に安上がりなのだろうか。このシンプルな問題を、オルタナティブ・ブロガー磯島大氏が、住宅(持ち家とホテル)に置き換えて論評します。(2010/9/16)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第4回】
オンプレミスとの連携を意識した「Windows Azure」
Windows Azure Platformは、オンプレミスで多数のWindowsアプリケーションを保有し、積極的にクラウドを利用したいと考えているユーザーにとってうってつけの環境である。(2010/9/14)

受発注システム選びの勘所【第4回】
流通BMS対応は適材適所のクラウド活用を検討しよう
流通BMS対応の受発注システム構築を考える際にも、クラウド活用は有効だ。サーバのサイジングが難しい場合や、取引先の都合ですぐに対応しなければならない場合には特に有効な選択肢になることだろう。(2010/9/6)

クラウド・ビフォーアフター:
クラウドの弱点は使う人にあり
ビジネスアプリケーションをクラウド化していくと、複数のサービスを組み合わせて使うようになります。1カ所からパスワードが漏えいしてしまうと、芋づる式に被害を受ける可能性があります。(2010/6/28)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第1回】
コンピュータリソースを無制限に活用できる「Amazon Web Services」
さまざまなスペック、OS、ミドルウェアを持った仮想サーバのインスタンスを、ほんの数分でインターネット上に確保できるAmazon Web Services。同サービスの特徴と用途について解説する。(2010/6/18)

クラウド・ビフォーアフター:
結局SaaS、PaaS、HaaSって何さ?
クラウドというキーワードが包含する技術的要素が多岐にわたっていることが「雲をつかむような話」になっている理由。まずはSaaS、PaaS、Haas/IaaSについて、解説しましょう。(2010/6/16)

クラウド・ビフォーアフター:
クラウドコンピューティングが注目される3つの理由――「コスト」「柔軟性」「敏捷性」
「クラウドっていうのはIT業界の宣伝文句じゃないのかい?」いえいえ、注目されるにはそれなりの理由があるのです。(2010/6/1)

【IFRS】140字で解説! 会計人のためのIT用語集【1】
「クラウド」を会計の視点で見ると
公認会計士や企業の経理・財務担当者も、いまや会計システムをはじめとするITシステムの知識が欠かせない。急速に進化するITシステムの理解に役立つ最新のIT用語をテーマ別に解説する。第1弾のテーマは「クラウドコンピューティング」。(2010/5/21)

第3回 クラウドコンピューティングセミナー リポート:
PR:クラウドの真実――その答えをサービス活用法に見た
セミナー「第3回 クラウドコンピューティングセミナー いま企業はどこまで取り組むべきか――クラウドの真実を探る」では、クラウドに対する各企業の取り組みが紹介された。アイアイジェイテクノロジー、日本ラドウェア、アイシロン・システムズの講演から、クラウド時代に真価を発揮する製品やサービスの内容をお届けする。(2010/3/18)

栗原潔のクラウドレポート:
ホワイトクラウドの狙い
アナリストの栗原潔氏が、ソフトバンクテレコムのクラウドサービス「ホワイトクラウド」について取材した。(2010/3/2)

勉強会リポート:クラウド時代のIT資産管理(3):
IT資産管理・構成管理がクラウドにもたらすもの
2009年9月29日に東京・大手町で開催された@IT情報マネジメント勉強会「PCから仮想サーバまで ― クラウド時代の運用管理」の模様をお伝えする。勉強会ではプライベートクラウド構築の基礎となるIT資産管理について、講演とパネルディスカッションが行われた。今回はそのパネルディスカッションの後半部分をお届けする。(2010/1/19)

クラウドHot Topics(1):
クラウドサービスとは何か
今世紀最大のIT潮流といっても過言ではないと思われる「クラウド」「クラウドコンピューティング」「クラウドサービス」。本連載では、最新の展開を含めて、クラウドをさまざまな側面から分析する。(2009/12/15)

NRI、CIO向け特別セミナーを実施:
“ITサビー”になるためには、改善ではなく“改革”が必要
(2009/11/27)

ソフトバンクグループ、「ホワイトクラウド」でクラウド事業に参入
ソフトバンクテレコムは、ネットワーク経由でサーバのリソースを企業に提供するクラウド型のサービスを2010年2月に開始する。「ホワイトクラウド」というブランド名で、サービスの範囲をミドルウェアやアプリケーションにも広げていく計画だ。(2009/11/18)

情報システム用語事典:
パブリッククラウド(ぱぶりっくくらうど)
public cloud / 公衆クラウド(2009/11/6)

クラウド時代のデータベース新潮流:
クラウド時代のデータベースを考える
クラウドコンピューティングがバズワードの域を超え、IT業界の新しい潮流として認知されはじめている。このキーワードを企業はどうとらえればいいのか。技術の観点から考えてみる。(2009/10/27)

アナリストの視点:
クラウド普及のカギ
クラウド市場の成長をけん引しているのはSaaSだ。だが今後は、PaaSやIaaSの分野で大きな成長が見込まれる。本稿ではクラウド市場の普及の鍵を握るSaaS、PaaS、IaaSについて、現状の課題を考察する。(2009/10/8)

仮想化ソリューションセミナー:
クラウド・仮想化に取り組む先進企業たち
9月25日に開催された仮想化ソリューションセミナーでは、仮想化・クラウドの取り組みについて、ユーザー企業による先進的な事例が紹介された。(2009/9/25)

最新関連用語からその意味に迫る
あらためて、クラウドコンピューティングとは
クラウドコンピューティングの定義は1つではないが、その意味を理解する手助けになる幾つかの関連用語について解説する。(2009/9/15)

特集:実用フェイズに入った仮想化(1):
“仮想化”を成功させるには体感し、習熟せよ
懐疑から実用に動き出した仮想化――。現在、仮想化はどのように使われているのだろうか? 事情に詳しい日本仮想化技術 代表取締役社長兼CEO 宮原徹氏に話を聞いた。(2009/9/1)

システム構築の新標準:
「電子政府クラウド」は国内最大のプライベートクラウドになるか
霞が関クラウドは、国内最大規模のプライベートクラウドが実現することを意味する壮大な構想といえる。(2009/8/18)

グリーングリッドが現状を報告:
データセンターの生産性を表す新指標「DCP」を発表
(2009/7/8)

情報マネジメント用語辞典:
MaaS(えむえいえいえす)
middleware as a service / ダース / サービスとしてのミドルウェア(2009/5/19)

情報マネジメント用語辞典:
DaaS(だーす)
desktop as a service / ダース / サービスとしてのサービスとしてのデスクトップ(2009/5/19)

情報マネジメント用語辞典:
DaaS(だーす)
database as a service / ダース / サービスとしてのサービスとしてのデータベース(2009/5/19)

新社名はIDCフロンティア:
ソフトバンクIDCが社名変更 クラウドサービスにも注力
ソフトバンクIDCは親会社の変更に伴い、4月1日付で社名をIDCフロンティアに変更する。データセンター運営事業に加え、SaaSを中心としたクラウドコンピューティング関連のサービスにも力を入れていく。(2009/3/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。