ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヘッドアップディスプレイ」最新記事一覧

HUD

人とくるまのテクノロジー展:
「近い将来に実現する」自動運転時代のコックピットとは?
自動車の技術展「人とくるまのテクノロジー展 2016」では、“近未来”のコックピットを展示している企業ブースに、デモを体験しようと多くの人が集まった。デンソーなどが考える、自動運転時代のコックピットとは?(2016/5/27)

人とくるまのテクノロジー展2016:
「BMW7シリーズ」の世界最大画角ヘッドアップディスプレイ、日本精機が展示
日本精機は、「人とくるまのテクノロジー展2016」において、BMWの「7シリーズ」に採用されているヘッドアップディスプレイ(HUD)を展示した。量産車に搭載されているHUDとして画角は最大だという。(2016/5/27)

人テク展2016 開催直前情報:
耳元で警告音を聞かせる3次元音響ソフトや、Wi-Fiの10倍以上速い「WiGig」を展示
ソシオネクストは、「人とくるまのテクノロジー展2016」において、システムLSI技術をベースにした運転支援技術や車載情報機器、情報連携など、次世代コクピットを実現する各種ソリューションを提案する。(2016/5/24)

車両デザイン:
プジョーの新コックピットは「超小径ステアリング」と「デジタル化」がテーマ
プジョーは、直感的で自然な運転経験の提供を目指してデザインした「New PEUGEOT i-Cockpit」を発表した。2012年から累計220万台に搭載したPEUGEOT i-Cockpitの進化版として、安全性とドライバーの快適性を高めている。(2016/4/25)

かっこいいぃぃ! 在日米海兵隊がハリアーのパイロット目線の高画質映像を公開
テンションバリ上がります。(2016/3/18)

光技術:
次世代光源のレーザーは「全ての項目でLED上回る」
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、大阪大学、島津製作所は、3原色の可視光半導体レーザーを用いた光源モジュールの開発成果を発表。ヘッドマウントディスプレイやプロジェクタ、照明、自動車用ヘッドランプなどの製品に搭載し、「ほぼ全ての項目でLEDに対する可視光半導体レーザーの優位が明らかになった」という。(2016/3/15)

外装が変形! BMWが次の100年を見据えた未来的コンセプトカーを発表
自動運転の時代にも運転の楽しさを。(2016/3/12)

車載ソフトウェア Automotive Grade Linux インタビュー:
車載Linuxのオープンソース活動はアップルとグーグルへの対抗軸に成り得るか
トヨタ自動車などの自動車メーカーが、車載Linux「Automotive Grade Linux(AGL)」を中核とするオープンソース活動に注力している。2016年1月には車載情報機器向けの独自ディストリビューションを発表し、参加企業も国内自動車メーカーを中心に増加している。AGLの活動について、Linux Foundationの日本代表ディレクタに聞いた。(2016/3/11)

車両デザイン:
BMWの次の100年に向けたコンセプトカー、変形機能でCd値0.18を達成
BMWは2016年3月7日、同社の創業100周年記念イベント「THE NEXT 100 YEARS」を開催。次の100年に向けたコンセプトカー「BMW VISION NEXT 100」を披露した。単なる輸送のための機械ではなく、ドライバーの求めに従って、あつらえたかのようにさまざまな機能をカスタマイズできることを特徴としている。(2016/3/9)

いずれはCortex-Mもファミリーに加わる?:
ARM車載マイコンの拡張に注力――サイプレス
Cypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)は、ドイツ ニュルンベルクで開催された「embedded world 2016」で、最新のプログラマブルなSoC(System on Chip)「PSoC 4 Sシリーズ」や、車載向けマイコン「Traveo」のデモを展示した。(2016/3/3)

2016年中にDLP搭載車が市場に:
ディスプレイ以外にも応用範囲が広がるDLP
Texas Instruments(テキサス・インスツルメンツ)は2016年1月、東京都内で、DLP製品に関する事業戦略説明会を開催した。(2016/2/1)

EE Times Japan Weekly Top10:
センサー事業拡大に積極的なソニー、買収も活発
EE Times Japanで2016年1月23〜29日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/1/30)

BMW i8ミラーレス 試乗インプレッション:
3つのカメラ映像で格段に広い後方視界、ただし“ミラーレス”の違和感も大きい
物理的なミラーの代わりにカメラとディスプレイを使って後方視界を確保する、BMWの「i8ミラーレス」の試乗レポートをお送りする。併せて、BMWが「CES 2016」で発表した「iビジョン・フューチャー・インタラクション」など、同社の次世代技術についても紹介しよう。(2016/1/29)

オートモーティブワールド2016 車載デバイスレポート:
車載デバイスの進化は日進月歩
自動車の次世代技術の専門展示会である「オートモーティブワールド2016」の半導体・電子部品メーカーを中心に、記者が気になった展示をレポートする。自動車の開発サイクルは3〜5年といわれるが、車載半導体や車載電子部品はそれよりも早いスピードで進化を続けている。(2016/1/27)

EE Times Japan Weekly Top10:
決着がついたAtmel買収
EE Times Japanで2016年1月16〜22日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/1/26)

レーザーを当ててコンテンツを表示:
フロントガラス全面がHUDに、発光膜を挟むだけ
積水化学工業は「第8回 国際カーエレクトロニクス技術展」で、自動車のフロントガラスに搭載する自発光中間膜を展示した。レーザーを当ててコンテンツを表示することで、フロントガラス全面をヘッドアップディスプレイ(HUD)として活用できるようになる。(2016/1/18)

R25スマホ情報局:
世界最大級イベント「CES2016」トレンドは?
アメリカで開催された世界最大規模の家電展示イベント「CES 2016」。今回は自動運転車やVR機器、ウェアラブルデバイスの分野で注目の製品や技術が登場しました。(2016/1/13)

CES 2016:
「インテル入ってる」はPCからIoTへ その流れが加速する2016年
PC用プロセッサの会社というイメージから脱しつつあるIntel。CES 2016でアピールしたのも、“PCの先”を見据えた応用世界だった。(2016/1/10)

CAEニュース:
光学設計解析ソフト「CODE V 10.8」、非対称光学系の設計を支援する光学パラメータの計算機能を追加
サイバネットシステムは、米シノプシスの光学設計解析ソフトウェア「CODE V」の最新バージョン「CODE V 10.8」の販売開始を発表した。(2015/12/16)

サイバネットシステム CODE V:
光学パラメータの計算機能を追加、光学設計解析ソフト「CODE V 10.8」
サイバネットシステムは、シノプシスの光学設計解析ソフト「CODE V 10.8」の提供を開始。非対称光学系の設計を支援する光学パラメータの計算機能が追加されている。(2015/12/15)

医療機器ニュース:
MRI検査中に広視野バーチャル映像を表示する技術
東芝と東芝メディカルシステムズは、MRI検査装置のボア内に設置したドーム型スクリーンに、検査空間を感じさせない広視野・高臨場感映像を表示できる技術を開発した。閉所であるボア内へ入る感覚や検査への不安を軽減できる。(2015/12/14)

材料技術:
フロントガラス全面がヘッドアップディスプレイに!? 積水化学が新素材
積水化学工業は、フロントガラス全面にヘッドアップディスプレイ(HUD)の表示を投影できる合わせガラス用中間膜を開発した。透明度が高い発光材料を中間膜に採用し、プロジェクターのレーザーが当たると中間膜が発光するようにした。小さい投影ユニットでもHUDの表示面積を大型化できる(2015/12/14)

車両デザイン:
新型「プリウス」から始まる、TNGAの「もっといいクルマづくり」に向けた挑戦
トヨタ自動車がTNGA第1弾となる新型「プリウス」を発表した。TNGAは単なる共通化構想ではなく同社の構造改革と人づくりであり、新型プリウスは「もっといいクルマづくり」に向けた長い挑戦の始まりと位置付ける。「乗れば良さが分かる」(同社)という自信作だ。(2015/12/10)

車載半導体:
パナソニックが子会社の車載モジュール事業を本体に吸収、ADAS提案力を強化
パナソニックは、半導体事業を分社化した連結子会社から車載モジュール事業を吸収分割すると発表した。パナソニック本体で、デバイスからシステムまで一貫して開発することにより先進運転支援システム(ADAS)分野での競争力を高めたい考え。(2015/12/2)

MRIの中が“広々とした空間”に 東芝、閉所感を解消するVR技術
MRI検査の内部に映像を投影し、閉所感を軽減する技術を東芝が開発した。(2015/11/30)

東京モーターショー2015 フォトギャラリー:
変形や前開きドアなど多士済々の超小型EVたち――「SMART MOBILITY CITY 2015」
「東京モーターショー2015」と同時開催の「SMART MOBILITY CITY 2015」では、次世代自動車やそれを取り巻く社会システムなどに関する展示が行われている。本稿では、変形や前開きドアなど多士済々の超小型EVを中心にフォトギャラリー形式で紹介しよう。(2015/11/6)

車載半導体:
77GHz帯ミリ波レーダーがどんどん安くなる、「単眼カメラよりも安価」
77GHz帯ミリ波レーダー向けのMMICを提供するInfineon Technologies(インフィニオン)は、製品世代を進めるごとにシステムコストを30%低減する目標を立てている。既に現時点で「単眼カメラよりも77GHz帯ミリ波レーダーの方が安価になっている」という顧客もいるという。(2015/11/6)

東京モーターショー2015:
レクサスの「LF-FC」はフラッグシップかつ燃料電池車のコンセプト
レクサスは、「東京モーターショー2015」のプレスブリーフィングにおいて、次世代フラッグシップカーをイメージしたコンセプトカー「LF-FC」を初公開した。燃料電池システムをはじめ、さまざまな将来技術を搭載している。(2015/10/29)

東京モーターショー2015:
日産の自動運転は“心地よい”、コンセプトEV「Nissan IDS Concept」
日産自動車が東京モーターショー2015で自動運転技術のコンセプトEV「Nissan IDS Concept」を世界初公開。「ニッサン・インテリジェント・ドライビング」という同社の自動運転車コンセプトを具現化。“人にとって心地よい”自動運転とは?(2015/10/28)

「R-Carコンソーシアム」の定例イベント:
ルネサスが競合とも手を取り、開発を進めるCIS
ルネサス エレクトロニクスは、自動走行技術をテーマに、パートナー各社が連携しCIS(Car Information System:車載情報システム)ソリューションを開発する「R-Carコンソーシアム」の活動報告などを行う定例イベントを開催した。統合コックピットやADAS向けのソリューションが多数紹介されたので、その一部を紹介する。(2015/10/26)

燃料電池車:
トヨタが米国の「ミライ」発売イベントでバック・トゥ・ザ・フューチャーを再現
トヨタ自動車はカリフォルニア州のハリウッドで燃料電池車「ミライ」の発売イベントを開催。SFコメディ映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のタイムマシンカー「デロリアン」をモチーフとしたミライのコンセプトカー「バック・トゥ・ザ・フューチャー ミライ コンセプト」を公開した。(2015/10/22)

CEATEC 2015 フォトギャラリー:
自動車業界の出展が減ったCEATEC、それでも自動車関連展示は注目の的
ここ数年会場を盛り上げてきた自動車メーカーやティア1サプライヤの出展が、前回よりも少なかった「CEATEC JAPAN 2015」。それでも自動車関連の展示は多数あり、多くの来場者を集めていた。(2015/10/16)

東京モーターショー2015:
車線変更時にフットレストが進行方向に傾いて知らせる、デンソーのコックピット
デンソーは、「東京モーターショー2015」において、「ハーモニアス・コミュニケーション・コックピット」を披露する。大型ヘッドアップディスプレイや、車線変更支援の際にフットレストが自動車の進行方向に傾いて知らせるアクティブフットレストなどを体験できる展示になっている。(2015/10/15)

CEATEC 2015:
スタンレー電気がヘッドアップディスプレイの表示デバイスをモジュール化
スタンレー電気は、「CEATEC JAPAN 2015」において、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の表示デバイスに用いる、セグメント表示液晶ディスプレイと高輝度バックライトを組み合わせたモジュールを展示した。(2015/10/9)

光学設計に関する知識やノウハウを強みに:
小型の2Mピクセルカメラ、自動運転支援も視野に
京セラは、自動車のコクピットに向けた高解像度カメラモジュールやステレオカメラ、光の透過率を高めたLCD内蔵のヘッドアップディスプレイ、触覚伝達システムなどを、「CEATEC JAPAN 2015」でシステム展示した。(2015/10/9)

CEATEC 2015 開催直前情報:
スタンレー電気の展示にはオーロラシャンデリア?
スタンレー電気は、2015年10月7〜10日に開催される「CEATEC JAPAN 2015」に“未来の光で暮らしを豊かにする”をテーマに掲げて出展する。同社の強みや進化を展示することで、光は多くの分野で暮らしの様々なシーンを豊かにすることを表現したいという。(2015/10/1)

「iMove」や「iCar」は登場するのか:
Apple、自動車市場参入に向けアクセル全開?
Appleが、自動車市場への参入に向けて着々と準備を進めているとの根強いうわさがある。Appleは、自動車の周辺機器の開発を強化するのか、それとも自動車そのものを作ろうとしているのか。アナリストとともに検証した。(2015/8/27)

車載情報機器:
急速普及するヘッドアップディスプレイ、日本精機は販売台数が5倍に
日本精機のヘッドアップディスプレイ(HUD)の累計販売台数が250万台を突破した。先進運転支援システム(ADAS)の普及に合わせてHUDの搭載率も高まっており、ADASやカーナビゲーションの情報をドライバーに安全に伝えるシステムとして注目が集まっている。(2015/8/13)

M&A:
Intel、スマートグラスメーカーを1億7500万ドルで買収
Intelが、スマートグラスやヘッドアップディスプレイ(HUD)を手掛けるRecon Instrumentsを買収した。このところIntelは、スマートウオッチやスマートグラス関連の技術提携や買収が増えている。(2015/6/19)

人とくるまのテクノロジー展2015:
「プリウス」の11倍サイズのヘッドアップディスプレイ、「これが最適バランス」
矢崎総業は、「人とくるまのテクノロジー展2015」において、開発中のヘッドアップディスプレイ(HUD)を展示した。表示面積は、同社がサプライヤを務める3代目「プリウス」のHUDの11倍となり、「表示面積、表示ユニットの大きさ、コストなどを含めて、現実解として提案できる最適バランスに仕上がった」という。(2015/6/2)

車載情報機器:
車載Linuxの要求仕様が決定、「将来的に運転支援システムもカバー」
Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクト「Automotive Grade Linux(AGL)」が、要求仕様書(Requirements Specification)のバージョン1.0を公開。今後は、「デジタルクラスタやテレマティクス、高度運転支援システム(ADAS)までをカバーできるようにしていく」という。(2015/6/1)

人とくるまのテクノロジー展2015リポート:
PR:クルマ重視! 早くもみせた“新生・サイプレス”の可能性
スパンションとサイプレス セミコンダクタが経営統合して発足した“新生・サイプレス セミコンダクタ”。“新生・サイプレス”として国内初の展示会出展となった「人とくるまのテクノロジー展2015」での同社ブースの様子をリポートする。(2015/7/20)

ディスプレイ技術:
自動車とARアイウェアの“相性”はいいのか? MINIの挑戦
BMWが立ち上げた自動車ブランドのMINI(ミニ)は、上海モーターショーでAR(拡張現実)を採用したアイウェアを披露した。ARアイウェアを装着すれば、ナビゲーションや安全運転においてメリットがあるとしている。ARアイウェアは、果たして自動車分野に受け入れられるのだろうか。(2015/5/13)

TI DLP3000-Q1:
視野表示最大12°の車載HUD向け新型DLPチップセット
テキサス・インスツルメンツは、車載HUD向けに、新型DLPチップセット「DLP3000-Q1」を発表した。最大12°の広い視野表示を持つHUDにより、2〜20m先の知覚深度で、運転者の視野内に各種情報をリアルタイムに表示できる。(2015/5/1)

車載半導体:
車載ヘッドアップディスプレイの表示面積が倍以上に、画質は映画館レベル
Texas Instruments(TI)は、車載ヘッドアップディスプレイ(HUD)向けのDLPチップセット「DLP3000-Q1」を発表。HUDの表示面積などに関わるFOV(Field of View)が横方向で12度、縦方向で4度と広いことを特徴としている。(2015/4/17)

ビジネスニュース 企業動向:
インテル、スマートグラス技術を手掛けるベンチャー2社を買収
Intelがスマートグラス向けのディスプレイ技術やプロジェクション技術を手掛けるスイスのベンチャー企業2社を買収していた。ウェアラブル端末市場での存在感を強めるべく、着々と戦略を進めているようだ。(2015/4/6)

曲面モデルも拡充:
アスペクト比21:9でゲームを有利に――LGがFreeSyncに対応した34型ゲーミングディスプレイなど6モデルを投入
LGエレクトロニクス・ジャパンは、国内初のFreeSync対応ウルトラワイドゲーミングディスプレイなど2015年夏モデルを発表した。(2015/3/18)

プロセッサ/マイコン:
グラフィックス表示、ゲージ制御、機能安全を1チップで実現、ルネサスの32ビットマイコン
ルネサス エレクトロニクスが発表した車載用32ビットマイコン「RH850/D1xシリーズ」は、今後普及が見込まれるインスツルメント・クラスタ向けに、ゲージ制御、グラフィックス表示と機能安全を1チップで実現している。(2015/2/20)

いまさら聞けない 電装部品入門(17):
メーターにディスプレイが付いたら分かりやすくなって驚いた!
速度計や回転計、燃料計などさまざまな計器を1つにまとめた電装部品がコンビネーションメーターだ。単にメーターと呼称されることもあるが、急速に採用が広がっているマルチインフォメーションディスプレイによって、車両に関する情報を格段に分かりやすくドライバーに伝達できるようになっている。(2015/2/13)

オートモーティブワールド2015リポート:
自動車の次世代技術展示会で“車載デバイス銀座”を歩く
自動車の次世代技術の専門展示会である「オートモーティブワールド2015」には、多くの半導体・電子部品メーカーが出展している。本稿では、“車載デバイス銀座”と言っていいほどにぎわいを見せた「国際カーエレクトロニクス技術展」の展示を中心にリポートする。(2015/1/22)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。