ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IDC」最新記事一覧

IDC Japan 国内第3のプラットフォーム活用動向:
製造と小売分野が国内“第3のプラットフォーム”市場をけん引
IDC Japanは、国内製造/流通業界における“第3のプラットフォーム”需要動向調査の結果を発表した。(2017/10/20)

成長をけん引する2つの理由:
国内プライベートクラウド市場、2021年に1兆6000億円規模に IDC調査
IDC Japanは、国内プライベートクラウド市場の予測を発表した。「従来型ITからの移行」と「DXのプラットフォーム」が市場をけん引し、2016〜2021年の年間平均成長率は39.0%、2021年の市場規模は1兆6045億円と予測する。(2017/10/18)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
ITインフラは長く使うほど高くつく? 費用対効果を最大化する更新サイクルとは
ITインフラは延命して長期間利用する方が効率的と考えがちだが、そんな常識は過去のものとなったようだ。IDCの調査で、サーバを長期利用すると運用コストが指数関数的に増大し、イノベーションの足かせになってしまうことが判明した。(2017/10/13)

国内シェアトップは富士通、メインフレーム、x86サーバが前年同期比でプラスに:
2017年第2四半期の国内サーバ市場は7四半期ぶりのプラス成長、しかし出荷台数はマイナス――IDC調査
IDC Japanは、2017年第2四半期の国内サーバ市場動向を発表した。出荷額は、7四半期ぶりのプラス成長となる1014億円。出荷台数は同3.3%減の10万8600台だった。(2017/10/11)

2016〜2021年の年間平均成長率を8.1%と予測:
IDC Japanが国内データセンターサービス市場予測を発表、市場規模が1兆円を超えても成長率は上昇傾向
IDC Japanは、国内データセンターサービス市場の最新予測を発表した。2017年の市場規模は対前年比7.2%増の1兆1780億円、2016〜2021年の年間平均成長率は8.1%で、2021年の市場規模は1兆6230億円と予測する。(2017/10/6)

国内クライアント仮想化市場のROIは400%弱、投資回収期間は10.7カ月――IDC調べ
IDC Japanが発表した「2017年 国内クライアント仮想化市場ROI分析」によると、2013年以降の過去5年間におけるクライアント仮想化のROIは300%を超え、高い投資対効果が実証されたという。(2017/10/5)

国内パブリッククラウドサービス市場は前年比約3割増、セキュリティ強化目的の導入も――IDC予測
IDCによると、2017年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は前年比約3割増の4885億円が見込まれるという。(2017/9/13)

2017年は前年比27.3%増と大幅成長:
国内パブリッククラウド市場は2021年に1兆円規模まで拡大 IDCが予測
IDC Japanが2021年までの国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表。2017年予測は対前年比27.3%増の4885億円規模に、2021年には1兆986億円規模まで拡大するとみられる。(2017/9/13)

普及率は向上、ROI明確化や新たな収益モデル確立などの課題も:
国内企業のIoT導入率は約6%、前年比0.6ポイント増 IDC調査
IDC Japanが国内企業のIoT導入に関する調査結果を発表。製造業や運輸業を中心に普及が進んだ一方で、「導入後の課題」も幾つか浮き彫りになった。(2017/9/8)

特選ブックレットガイド:
国内3Dプリンティング市場の現状と将来展望
3Dプリンタ関連の市場環境はどうなっているのか? IT専門調査会社のIDC Japanは、国内3Dプリンティング市場における2014〜2016年までの推移と実績、そして2021年までの市場予測を発表した。(2017/9/8)

製造業を中心に着実な伸び:
国内企業のIoT利用率は6% 導入の窓口は、事業部門がIT部門を上回る
IDCの調査結果によると、国内企業のIoT利用率は、組立製造、運輸、公共といった産業分野の大手企業を中心に、継続的に向上しているという。(2017/9/7)

国内企業向けモバイルセキュリティ市場は今後5年で2倍、130億円にまで拡大――IDCが予測
国内企業向けモバイルセキュリティ市場をIDCが分析。市場規模は2021年に130億円になると予測。その一方、シャドーITなどのリスクに対するセキュリティが重要になると指摘する。(2017/9/6)

IDC Japan 国内システム管理ソフトウェア市場:
2016年の売上額シェアトップは富士通――VMwareやSplunkも急成長
IDC Japanは、2016年の国内システム管理ソフトウェア市場の実績と、2021年までの予測について発表した。(2017/9/6)

2017年予測は114億ドル:
AR/VR市場、2021年には2150億ドル規模に
IDC Japanは、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)関連の世界市場予測を発表した。2017年の114億米ドルに対して、2021年は約2150億米ドルの市場規模に達する見通しである。日本市場は年率60%以上の成長を続けるが、世界への追い上げが課題になるという。(2017/8/31)

ロボット開発ニュース:
世界のロボティクス市場は2021年に26兆円まで拡大
IDC Japanは、世界のロボティクスおよび関連サービスの市場予測「Worldwide Semiannual Commercial Robotics Spending Guide」を発表した。世界のロボティクス関連支出額は、2021年には2307億ドルにまで拡大すると予測している。(2017/8/25)

IDC Japan 国内ITサービス市場:
製造業向けではアクセンチュアが2桁成長、上位ITベンダーの中で唯一
IDC Japanは、2016年の国内ITサービス市場のベンダー売り上げランキングを発表した。(2017/8/23)

「DXの実行を担う組織」とはどういうことか:
「人不足で“DX”までは担えない」情シス子会社の課題 では何をすべきか
IDC Japanが国内企業の情報システム子会社の現状を分析した調査結果を発表した。情報システム子会社は2017年現在、親会社を含めた企業のDXへの取り組みが本格化する中で、それを支える組織に自らを変革できるかどうかの岐路に立っていることが分かった。情シス子会社は「今、何をしていくべき」なのだろうか。(2017/8/22)

デジタルトランスフォーメーションを担当する情報システム子会社は13.5%――IDC調べ
情報システム子会社の現状と将来性に関する調査によると、人材不足、提案力不足といった課題の克服と、デジタルトランスフォーメーションに対応したスキル転換が重要だという。(2017/8/22)

SamsungとAppleは微増:
2017Q2のスマホシェア、中国勢が大きく成長
IDCが、2017年第2四半期(4〜6月)のスマートフォン世界出荷台数のランキングを発表した。前年同期に比べスマートフォン市場はわずかに縮小したものの、上位5社はいずれも成長を遂げた。(2017/8/22)

クラウドのIT予算削減に対する「過剰な期待」は是正傾向へ:
国内企業のクラウド導入、最大の理由は「セキュリティの強化」 最大の懸念も「セキュリティ」
IDC Japanが2017年3月に実施した「国内企業のクラウド導入意向」の調査結果を発表した。クラウド導入の理由は、これまでの「IT予算の削減」から「ITセキュリティの強化」へ変化し、IT予算削減に対する「過剰な期待」は是正傾向にあることが分かった。(2017/8/18)

クラウド導入でベンダーに最も期待するのは「セキュリティの強化」――IDC Japan調べ
IDC Japanが実施した国内クラウド市場におけるユーザー動向調査よると、国内企業がクラウド導入に期待する効果は、コスト削減より、セキュリティの強化が上回ることが判明した。(2017/8/18)

VRニュース:
世界のAR/VR市場は2021年に23兆円へ、2017年比で18倍以上に
IDC JapanがAR/VRの世界市場予測を発表。市場規模は2017年の114億ドルから2021年には2150億ドルに成長する見込みだ。(2017/8/16)

IDC Japan 世界ロボティクス関連市場予測:
2017年の世界ロボティクス関連市場は日本を除くアジア太平洋地域が最大市場に
IDC Japanは、世界のロボティクスおよび関連サービス市場の予測を発表した。(2017/8/16)

大型案件のピークアウトで大手の成長率は鈍化、一方でTISやアクセンチュアが高成長:
国内ITサービス市場、2016年ベンダー別売上高トップは富士通
IDC Japanが2016年の国内ITサービス市場ベンダー売上ランキングを発表。トップ5は変わらず、富士通、NEC、日立製作所、NTTデータ、IBM。一方、上位ベンダーが伸び悩む中でTISやアクセンチュアなどが大きく成長した。(2017/8/15)

国内金融分野のFinTech拡大を予測、エコシステム構築が成長の要――IDC予測
IDC Japanが、金融分野における第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、ビッグデータ・アナリティクス、ソーシャル技術)市場の成長予測を発表した。(2017/8/9)

ITベンダーもデジタルマーケティングを強化し始めてはいるが……:
日本企業は、DX時代においても「アナログな関係」を重視する傾向 IDCが調査
IDC Japanが、日本企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)パートナー選定に関する調査結果を発表。選定には、既存ベンダーや知り合いからの情報といった「アナログな機会」を重視する傾向が強いことが分かった。(2017/8/2)

IDC Japan 国内3Dプリンティング市場予測:
3Dプリンタ市場は「終わった」のか?
IT専門調査会社のIDC Japanは、国内3Dプリンティング市場における2014〜2016年までの推移と実績、2021年までの市場予測を発表した。3Dプリンタ本体の出荷台数が低迷する中、3Dプリンタ市場に希望はあるのだろうか?(2017/7/28)

オールフラッシュ製品が前年同期比で86%増:
2017年第1四半期の企業向けストレージ市場、「オールフラッシュ化」が鮮明に シェアトップは富士通
IDC Japanが、2017年第1四半期の国内エンタープライズストレージシステム市場実績を発表。市場全体の支出額は前年同期比6.8%減となったが、オールフラッシュ製品は同86%の大幅増。HDDからフラッシュへの移行が進んだ。(2017/7/26)

3Dプリンタニュース:
2016年国内の3Dプリンタ出荷台数は減少、造形受託や造形材料の市場は成長傾向
IDC Japanは日本国内における2016年の3Dプリンテイング市場動向と2021年までの予測について発表。デスクトップ機種の売上と出荷台数は減少傾向であるが、プロフェッショナル機種については今後、少しずつ増加していくと見ている。受託製造や保守サービス、造形材料の市場については順調に成長している。(2017/7/24)

ウェアラブルニュース:
ウェアラブルデバイス市場は2021年に2億4000万台へ、2017年比で倍増
IDC Japanは、ウェアラブルデバイスの2021年までの世界/国内出荷台数予測を発表した。2017年に93万台と予測される国内の出荷台数は、2021年には135万台となる見込みだ。中でも腕時計型が市場の約半数を占め、堅調な成長が予測される。(2017/7/21)

DX台頭で:
国内CRM市場、2021年まで年間平均成長率5%で成長の見通し──IDC Japan調査
IDC Japanは、国内CRM市場について、2016年の実績における分析と2017〜2021年の市場予測を発表した。(2017/7/11)

ODM調達の割合が低下、代わりに中国ベンダーなどの新プレーヤーが台頭:
2016年国内クラウドインフラ市場、前年比2桁のプラス成長 ただし市場は成熟、長期的需要に課題も
IDC Japanが国内クラウドITインフラストラクチャ市場の2016年出荷実績を発表。出荷額は前年比17.2%増の大幅なプラス成長だった。ただし既に成熟しつつある市場のため、「次なる一手が必要」とも指摘されている。(2017/7/6)

ただし日本市場は「圧倒的に小さい」ことが懸念:
ウェアラブル機器市場、2021年までに2017年比約2倍の2億4000万台規模に成長 IDCが予測
IDC Japanが、2021年までのウェアラブル機器出荷台数予測を発表。世界市場では2021年までに、2017年の約2倍となる2億4010万台規模まで成長すると見込まれ、好調なペースで市場が拡大すると予測した。一方の日本市場は「市場が圧倒的に小さい状況が続く」ことが懸念される。(2017/7/4)

2017年第1四半期の国内サーバ市場規模は5.7%減の1265億円――IDC調べ
IDC Japanの調査によると、2017年第1四半期の国内サーバ市場は、出荷台数は前年同期比でプラス成長となったものの、出荷額は前年同期比5.7%減となった。(2017/7/3)

製造マネジメントニュース:
AR/VRヘッドセット市場規模は世界で228万台――2017年1〜3月
IDC Japanは、AR/VRヘッドセットについて、2017年第1四半期の世界と国内の出荷台数を発表した。世界のAR/VRヘッドセット出荷台数は228万台で高成長が続く。国内の出荷台数は5万3000台。PlayStation VRが国内市場を主導している。(2017/7/3)

製造ITニュース:
国内ブロックチェーン関連市場予測、2021年までの年間平均成長率は133%
IDC Japanが国内ブロックチェーン関連ソリューション市場の予測を発表。2016〜2021年の年間平均成長率は133%と急成長が予測されるが、一方でビジネス領域への適用にはまだ多くの課題もあるとする。(2017/6/29)

AR/VRヘッドセットの世界出荷台数、16〜21年で約10倍に――IDC Japan調べ
IDC Japanによると、国内外のAR/VRヘッドセット出荷台数は増加傾向にあり、2021年には9167万台に達するという。(2017/6/27)

IoT・AI・ビッグデータ関連分野がけん引、クラウドネイティブ製品が本格化:
国内ソフトウェア市場が高成長、2021年までに3兆3300億円規模に
IDC Japanが国内ソフトウェア市場の2016年の実績と2017〜2021年の予測を発表。2016年は対前年比2.2%増でビッグデータ関連製品が高成長。2021年まで年平均成長率4.3%で成長すると見られ、IoTやAIシステムをはじめとする企業のデジタルトランスフォーメーションの取り組みがソフトウェア市場に新たな市場機会をもたらすと予測した。(2017/6/27)

金融以外に適用していくための課題とは:
国内ブロックチェーン関連市場が急拡大、2021年までに298億円規模、年平均133%で成長 IDC
IDC Japanは、2021年までの国内ブロックチェーン関連市場予測を発表。2021年までに年間平均133%の成長率で急拡大すると予測される。今後数年で金融以外の分野にも広がるとされるが、ブロックチェーンをビジネスへ適用していくには幾つかの課題もあるという。(2017/6/14)

国内ブロックチェーン関連市場、2021年に300億円規模へ――IDC予測
IDC Japanが、国内ブロックチェーン関連ソリューション市場予測を発表。2021年に市場は298億円規模に成長すると見る。(2017/6/14)

IDC Japan 国内IT市場規模予測:
製造業、金融業は低い成長率で推移、2017年の国内IT支出は通信分野以外はプラス
IDC Japanは、国内IT市場における産業分野別/企業規模別の市場規模予測(2017〜2021年)を発表した。(2017/6/14)

CAGRは8.4%、ソリューション導入は「DXのため」とする意識も高まる:
ビッグデータ・アナリティクスソフトウェア市場、2021年までに約3420億円規模まで成長 IDC予測
IDC Japanが2021年までの国内ビッグデータおよびアナリティクスソフトウェア市場予測を発表。今後2021年までに年平均8.4%の高成長率で推移し、市場規模は約3420億円に達すると予測した。(2017/6/12)

今後、脅威インテリジェンス基盤とそのサービスに需要増:
国内セキュリティサービス市場は2021年まで堅調、年間成長率5.6%で拡大 IDC
IDC Japanが2021年までのセキュリティ市場予測を発表。サイバー攻撃リスクやオリンピック開催を背景に堅調に推移し、2021年までにセキュリティ製品とセキュリティサービスを合わせた市場規模は1兆3000億円に達すると予測される。(2017/6/6)

2017年1〜3月の携帯出荷台数 スマホは前年同期比9%増の879万、SIMフリーは全体の9%に
IDC Japanは、2017年第1四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表。国内携帯電話出荷台数は前年同期比9.0%増の879万台で、スマートフォン出荷台数は前年同期比30.1%の851万台となった。(2017/6/5)

今後、ITサプライヤーが注力すべき施策とは:
国内IT市場は2019年まで堅調、では2020年以降は? IDCが市場予測
IDC Japanが2021年までの国内IT市場予測を発表。2017年は対前年比2%増、2019年までは堅調さが続くと予測する一方で、2020年以降はそれまでの投資増の反動によって、成長率は1%未満にとどまると予測。この予測結果を踏まえ、ITサプライヤーが今後取るべき施策も提言した。(2017/6/5)

経営課題の解決手段、経営層と情シスの間に認識ギャップ──IDC調べ
IDCによると、国内ではデジタルトランスフォーメーション(DX)による変革への認識が広まる一方、経営課題の解決手段については、経営層と情報システム部門の間にITケイパビリティに対する認識ギャップが存在することが分かった。(2017/5/9)

世界タブレット出荷、10四半期連続の減少──IDC調べ
IDCによると、世界でのタブレット(キーボードを脱着できるモデルを含む)出荷は10期連続で減少し、1〜3月期は3620万台だった。シェアランキングではAppleが首位を守った。(2017/5/8)

IDCのアナリストが指摘
そこが知りたい「ブロックチェーン」、データ管理に役立つのはなぜ?
仮想通貨「ビットコイン」の中核技術として知られる「ブロックチェーン」。IDCのアナリストは、このブロックチェーンが、データマネジメントの新しい道筋を示す可能性があると説明する。(2017/5/8)

NEWS
情報セキュリティ予算は増加傾向だが6割は「年間予算無し」――IDC調査
IDC Japanは2017年度における国内企業の情報セキュリティ対策実態調査結果を発表した。情報セキュリティ投資は2016年度に続き2017年度も増加傾向だったが、6割の企業ではいまだに予算化されていないという。(2017/4/27)

製造業IoT:
国内IoT市場は2021年に11兆円へ、けん引役は「IoT Enabled」ソリューション
IDC Japanは、国内IoT(モノのインターネット)市場(支出額)のテクノロジー別予測を発表した。国内IoT市場全体としては、2016年の約5兆円から年平均17%で成長し、2021年には11兆円に達する見込み。けん引役は、IoTによって新たに可能になるサービス、『IoT Enabled』ソリューションである。(2017/4/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。