ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「Internet Explorer 7」最新記事一覧

Tech TIPS:
Google Chromeで閉じたタブやウィンドウをすぐに開き直す
Google Chromeでタブやウィンドウを閉じてしまうと、再び同じページを開くのに、履歴から開いたり、検索したりと時間も手間もかかる。キーボードショートカットを使うと、うっかりタブを閉じてもすぐにタブの復活が可能だ。その方法を紹介しよう。(2016/11/28)

互換性トラブルを事前に確認しよう
Windows 10移行“あるある”、「Office」とドライバ問題を片付けるには?
「Windows 10」への移行について考える際には、ハードウェアの最小要件、「Microsoft Office」とデバイスドライバに付随する潜在的な問題、Webアプリの互換性を念頭に置く必要がある。(2016/10/2)

Windows 10搭載の「Microsoft Edge」はダメ?
IE旧版のサポート終了で浮上、“Webアプリ互換トラブル”を華麗にやり過ごす3つの方法
IT部門は古いアプリケーションが新しいWebブラウザでうまく動作しない問題にしばしば直面する。だがMicrosoftのIE 11は、Windows 10が抱えるWebブラウザの互換性問題に対処できる。(2016/8/20)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(58):
IE 11の「エンタープライズモード」に異変あり?
IE 11は、古いIE向けWebサイトの表示を支援するために「互換表示」と「エンタープライズモード」を搭載しています。Windows 10 バージョン1511で、このエンタープライズモードが拡張されたことはご存じでしょうか。従来のエンタープライズモードとの挙動の違いにも注意が必要です。(2016/5/26)

Tech TIPS:
Internet Explorerに保存されているWebサイトのIDとパスワードの情報を確認する
もうパスワードを忘れても大丈夫? 実はWebブラウザに保存されているパスワードは簡単に確認できる。Internet Explorerで保存されているパスワードを確認する方法を紹介する。(2016/4/15)

Microsoft、9件の月例セキュリティ情報を公開 古いIEは最後のアップデート
IEはこの日を最後に最新版(Windowsごとに異なる)以外のサポートが打ち切られる。今後はたとえ脆弱性が発覚したとしても、修正のためのアップデートは提供されない。(2016/1/13)

Microsoft、ブラウザセキュリティ強化でドライブバイ攻撃も阻止
EdgeやIEに組み込まれている有害サイト対策機能「SmartScreen」で、ユーザーがWebサイトを表示しただけでマルウェアに感染させる「ドライブバイ攻撃」も阻止できるようになった。(2015/12/18)

Internet Explorerのサポートポリシーが変更に IPAが注意喚起
サポート終了まで1カ月を切りました。(2015/12/16)

IPAが注意喚起、1月12日までに:
IEのサポートポリシー変更を前に、最新版への更新と既存システムの動作確認を
情報処理推進機構(IPA)は2015年12月15日、Internet Explorer(IE)のサポートポリシー変更を前に、Windows Updateを利用してIEを最新バージョンにアップデートしておくよう呼び掛けた。(2015/12/16)

IEを最新版に切り替えて――IPAが移行を呼び掛け
2016年1月12日(米国時間)以降は、Windowsの各バージョンで使用可能な最新のInternet Explorerしかサポートされなくなる。セキュリティリスクの観点からもIPAは期日までの移行を呼び掛けた。(2015/12/15)

タイムリミットは2016年1月16日
Internet Explorerのサポート終了でレガシーの呪縛を断ち切れるか?
Microsoftは、IE8、IE9、IE10のサポートを終了する。ブラウザベースのアプリケーションを多く抱える企業は、社内アプリケーションの見直しが急務だ。(2015/10/30)

Computer Weekly:
Internet Explorerのサポート終了でレガシーの呪縛を断ち切れるか?
Microsoftは、IE8、IE9、IE10のサポートを終了する。ブラウザベースのアプリケーションを多く抱える企業は、社内アプリケーションの見直しが急務だ。(2015/10/21)

Microsoft、月例セキュリティ情報を公開 攻撃発生の脆弱性あり
12件が公開され、内訳は最大深刻度「緊急」が5件、「重要」が7件。一部の脆弱性については攻撃の発生が確認されている。(2015/9/9)

Tech TIPS:
Windows 10の検索ボックスをアイコン化してタスクバーを広くする
Windows 10のタスクバー左端に表示される検索ボックス。便利だけど、タスクバーが狭くなったのでアプリアイコンが増えると収まりきらないことも。検索ボックスをアイコン化して、タスクバーにもっと多くのアプリアイコンを置けるようにしよう。(2015/8/21)

Microsoft、IEの緊急パッチを公開 既に悪用も
IEに権限昇格につながる脆弱性が見つかり、サポートされている全バージョンに影響する。(2015/8/19)

Microsoftの月例セキュリティ情報公開、Windows 10やEdgeの脆弱性を修正
14件のうち4件が「緊急」に指定され、Windows 10の新ブラウザ「Edge」をはじめ、IEやOfficeなどに存在する深刻な脆弱性を修正している。(2015/8/12)

Tech TIPS:
古いInternet Explorerは2016年1月にサポート終了! その対策は?
2016年1月13日、最新版ではない「古い」Internet Explorer(IE)のサポートが終了するという。具体的にはどのバージョンのWindows OS/IEが対象なのか? それはどうやって見つけて、どう対策すればいいのか?(2015/12/21)

Enterprise IT Kaleidoscope:
ChromeやFirefoxも凌駕する? Microsoft Edgeブラウザの実力
これまで「Project Spartan」というコードネームで呼ばれたWindows 10の新ブラウザがついにベールを脱いだ。Microsoft EdgeとはいったどのようなWebブラウザなのだろうか。(2015/5/14)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10のビルド10061をレビュー、発売時の機能がみえてきた
Windows 10 Technical Previewの新たなビルド10061が公開された。幾つかの大きな変更が行われたが、7月末といわれる正式リリースに向けてラストスパートに入ってきたようだ。(2015/4/28)

NEWS
ハウリング防止機能を搭載、スマートフォンでも使えるWeb会議システムの新版
インターネットに接続できる環境があればURLにアクセスするだけで使用できるWeb会議システムの「LiveOn」が、7つの機能強化を発表した。(2015/4/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
IEの終わりとSpartanの始まり――Windows 10のブラウザ世代交代が明確に
Windows 10には2つのWebブラウザが用意され、いずれも2つのレンダリングエンジンを搭載するという方針が変更になり、ブラウザとレンダリングエンジンの関係が明確になった。それは20年続いたIEの歴史がついに終わることを意味しているのかもしれない。(2015/3/26)

Tech TIPS:
一目で分かる、各Windows OSでのInternet Explorerのサポート終了時期
Windows OSに標準装備されているInternet Explorer(IE)。だが、そのサポート期限はOS本体と同じとは限らない。そこでWindows OSごとにIEの各バージョンの終了時期を整理して、分かりやすく図示してみた。(2015/12/14)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

Tech TIPS:
セキュリティのために、Internet ExplorerでFlash Playerを一時的に無効化する
しばしば更新版のリリース前に攻撃可能な脆弱(ぜいじゃく)性が公表されてしまうFlash Player。安全が確認できるまで無効化するには? Internet Explorer(IE)向けの手順を解説する。(2015/3/16)

山市良のうぃんどうず日記(24):
IEと.NET Frameworkのサポートポリシーが変わります(1年後ですが……)
Internet Explorerと.NET Frameworkのサポートポリシーが約1年後の2016年1月13日から変更になり、いずれも利用可能な最新バージョンのみがサポート対象となります。その時になって慌てないように、お使いのPCの状況を確認しておきましょう。(2015/1/23)

Tech TIPS:
Windows 8.1のIE11で「開いているタブの情報」を共有する
Windows 8.1にMicrosoftアカウントでサインインしていると、同じアカウントでサインインしているWindows 8.1のInternet Explorer同士で、現在開いているタブの情報を共有できる。(2014/10/17)

Windows Insider用語解説:
IE8との互換性を向上させるIE11のエンタープライズモード
Internet Explorer 11のエンタープライズモードを有効にすると、まだ企業内などで多く使われているIE8向けのWebサイトでも正しく表示できるようになる。(2014/9/4)

gulp.jsで始めるWeb開発爆速自動化入門:
便利なGruntの弱点を補うgulp.jsのインストールと使い方
タスク自動化のためのビルドツールgulpの概要と、Gruntとの違い、セットアップ方法や基本的な使い方、よく使用する主なAPI5つなどを紹介します。(2014/8/19)

8月の月例パッチは9件、Microsoftが公開予告
Microsoftの月例セキュリティ情報は日本時間の8月13日に公開予定。「緊急」レベルの2件ではIEとWindowsの脆弱性に対処する。(2014/8/8)

Beyond Zero-day Attacks(1):
脆弱性と攻撃をめぐる事件と話題
話題となったHeartbleedをきちんと理解できていますか? 本連載では、ゼロデイ攻撃を議論するための基盤となる「基本的な技術情報」をまとめます。(2014/7/29)

HTML5時代の「新しいセキュリティ・エチケット」(4):
これなら合格! 正しいリダイレクターの作り方
えっ、まだmeta refreshとか301使ってるの? リダイレクターの作り方も時代とともに移り変わります。記事を読んだらすぐに使えるセキュリティ・エチケットを紹介しましょう。(2014/6/20)

Microsoft、6月の月例セキュリティ情報公開を予告
日本時間の6月11日に「緊急」2件、「重要」5件の更新プログラムをリリースする。未解決だったIEの脆弱性も修正される予定だ。(2014/6/6)

Office Onlineの互換性を検証する:
オンラインのOfficeサービス「Office Online」はどこまで実用になるのか?
マイクロソフトのクラウドサービス版Office「Office Online」は、Officeの代わりとしてどこまで使えるのか。主な機能などを比較してみた。(2014/6/4)

Tech TIPS:
各Windows OSで利用できるIEのバージョンを知る
Internet Explorer(IE)のバージョンが変わるとWebアプリケーションの挙動が変わる場合がある。そのためイントラネット上であれば、できる限りクライアントのIEのバージョンをそろえたいところだ。そこで、Windows OSによって利用可能なIEのバージョンを網羅してみた。(2015/7/15)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Internet Explorer 11の新機能にみる「Windows 2020年問題」とは?
MicrosoftはWindows 8.1 Updateで、IE11にIE8互換の動作モード「エンタープライズモード」を追加した。そこにはブラウザの互換性問題への対応と、最新OSへの移行促進という意図が込められている。(2014/5/27)

Tech TIPS:
Internet Explorerの保護モードとは?
Internet Explorerの保護モードを有効にしておくと、悪意のあるプログラムやスクリプトなどがシステムの重要な情報を窃取したり、システムを変更したりするのを可能な限り防ぐことができる。その設定方法や現在の状態の確認方法などを解説する。(2014/5/16)

キングソフト、無料通話などを備えた企業向けアプリ「WowTalk Business」をリリース
キングソフトがグループトークや無料音声通話、タイムラインによる情報共有機能を備えた企業向けアプリ「WowTalk Business」をリリース。記念として無料体験キャンペーンも実施する。(2014/3/26)

HTML5時代の「新しいセキュリティ・エチケット」(3):
知っていれば恐くない、XMLHttpRequestによるXSSへの対応方法
“新しいXSS”は知識こそが対策の第一歩。基本の対策を行うことが重要です。XMLHttpRequestによるXSSも例外ではありません。(2014/3/17)

HTML5アプリ作ろうぜ!(11):
Webデザイン初心者でもできる、Bootstrapの使い方超入門
話題のレスポンシブWebデザインも簡単にできる、CSSフレームワーク「Bootstrap」の概要と基本的な使い方をサンプルとコードを交えて紹介します。(2016/4/11)

Tech TIPS:
Windowsタブレットでデスクトップのタッチ操作を容易にする(表示拡大編)
8インチクラスのWindowsタブレットでは、デスクトップアプリのボタンやメニュー項目が小さすぎてタッチ操作に失敗することがしばしばある。また文字が小さすぎて読みにくいことも。そこでデスクトップアプリの表示を全体的に拡大する方法を紹介する。(2014/1/9)

SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(2):
Windows XPから乗り換えるべきは“7”か“8.1”か
Windows XPのサポート終了に際して、どのようなPC環境に移行すべきか? まずはWindows 7か、Windows 8/8.1か、次のメインOSを選択する必要がある。(2013/12/17)

12月17日から:
「ドコモメール」がWebメールとIMAPに対応、迷惑メールおまかせブロックも提供
ドコモが12月17日にドコモメールの機能拡充を行う。WebメールやIMAP対応メーラーで利用可能になるほか、「迷惑メールおまかせブロック」も提供する。(2013/12/16)

Tech TIPS:
Google Chromeの閲覧履歴を消去する(Windows/iPhone/Android編)
Webブラウザーの閲覧履歴には他人に見られると困る自分の行動が記録されていることがある。特にGoogle Chromeだとスマホやタブレットでの閲覧履歴も知られてしまう恐れがある。そこで、WindowsやiOS(iPhone/iPad/iPod touch)、Android OSでChromeの閲覧履歴を消去する方法を紹介する。(2013/12/13)

IEにまた新たな脆弱性、「水飲み場型攻撃」で悪用も
Microsoftが公表していたのとは別の、新たなIEの未解決の脆弱性をセキュリティ企業が報告。米国の「戦略的に重要なWebサイト」に不正なコードが仕込まれているという。(2013/11/12)

FFRI、MITB攻撃対策ツールの更新版をリリース
ネットバンキングや決済での通信に介入する「MITB攻撃」対策ツールの最新版では保護モードの強化や、対応ブラウザの拡充を図った。(2013/11/1)

OSSによるアイデンティティ管理(2):
不正ログインを食い止めろ! OpenAMで認証強化
多発するパスワードリスト攻撃による不正ログインに対しては、リスクベース認証やワンタイムパスワード認証を含む多要素認証が効果的です。今回はオープンソースのアクセス管理ソフトウェアであるOpenAMの概要と、OpenAMが提供するリスクベース認証(アダプティブリスク認証、デバイスプリント認証)、ワンタイムパスワード認証(OATH/YubiKey認証)について解説します。(2013/10/23)

NTTドコモ、総合的な旅行サポート「dトラベル」提供開始
宿泊施設の予約や目的に合った旅行プランの提案、観光スポットを案内する旅行の総合サポートサービス「dトラベル」がスタート。(2013/10/11)

jQuery×HTML5×CSS3を真面目に勉強(5):
WebページをRetina対応させるテクニック〜実践編
前回のWebにおけるピクセルの基本的な話を踏まえ、今回はRetinaディスプレイをはじめとした高精細ディスプレイにWebページを対応させるテクニックを紹介する。(2013/9/26)

コベック、「Wisebook3 for HTML5」利用者に新機能を価格据え置きで提供
コベックが簡単操作でHTML5の電子書籍を作成できる「Wisebook3 for HTML5」利用者向けに、新たに「配信サービス」「アクセス解析」機能を追加し、標準プランと同価格での提供を開始した。(2013/8/16)

こうしてWebは改ざんされた(2):
GumblarからDarkleech Apache Moduleまで、巧妙化の足跡
2009年に数多くのWebサイトに被害をもたらした「Gumblar」、そして今年相次いで報告されている「Darkleech Apache Module」。これらの改ざん攻撃に共通する部分とは、そして巧妙化した部分とは何でしょうか。(2013/8/7)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。