ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「インターオペラビリティ」最新記事一覧

製造ITニュース:
XMpLantのサポート範囲を拡張、プラントや船舶産業のデータの相互運用性を強化
ダッソー・システムズは、プラントや船舶の設計で扱われるデータのファイル互換用ツールおよびデータ保存形式「XMpLant」の3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上でのサポート範囲を拡張した。(2016/8/2)

製造ITニュース:
データ相互運用性向上のため協業
米オートデスクと米トリンブルは、データの相互運用性について協力することで合意したと発表した。建設プロジェクトにおける業務フローの効率化を目指す。(2016/7/6)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(52):
Dockerとの相互運用性が向上したWindowsコンテナ[後編]
前回に続き、Windows Server 2016 TP5における、Dockerとの相互運用性が強化された「Windowsコンテナ」について説明します。(2016/6/17)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(51):
Dockerとの相互運用性が向上したWindowsコンテナ[前編]
Windows Server 2016 TP5のTP4からの変更点の多くは、Windows Server 2016で初めて搭載されることになる新機能に集中している印象です。それは、「Windowsコンテナ」に関してです。(2016/6/16)

オープンクラウドへの取り組みを加速:
IBM、OpenStack相互運用性テストツールの「RefStack」に新機能を追加
米IBMは、OpenStackで構築したIaaS環境の相互運用性テストツール「RefStack」へ、重要な新機能を追加したと発表した。(2016/4/28)

KDDIがIoTデバイス開発を支援、同社ネットワークとの相互接続性を検証
KDDIがメーカーおよび開発者向けに、同社ネットワークとの相互情報や接続性検証を行うサイトをオープン。IoTデバイスの開発をサポートする。(2016/4/22)

Dev Basics/Keyword:
Kotlin(プログラミング言語)
Kotlin(コトリン)は「実用的」であることを主眼においたプログラミング言語だ。その特徴は簡潔/安全/汎用/(Javaとの)相互運用性にある。(2016/4/1)

Autodesk/Siemens マルチCAD:
オートデスクとシーメンスがソフトウェア間の相互運用性強化に関する契約を締結
オートデスクとシーメンスは、設計開発現場におけるマルチCAD環境下で課題となっている“ソフトウェア間の相互運用性”に伴う、コスト削減とデータ整合性問題の防止を促進することを目的に、ソフトウェア間の相互運用性強化に関する契約を締結した。(2016/3/3)

CADニュース:
オートデスクとシーメンスがソフトウェア間の相互運用性強化に向け協力
オートデスクとシーメンスは、ソフトウェア間の相互運用性強化に関する契約を締結。両社のソフトウェア間の相互運用性を強化し、設計開発現場におけるマルチCAD環境の課題を解決していく方針を明らかにした。(2016/3/3)

運用性を重視した「実用的な言語」:
JVMとAndroid用のオープンソースプログラミング言語「Kotlin 1.0」がリリース
JetBrainsが主導して開発を進めるJVMとAndroid用のオープンソースプログラミング言語の正式版がリリース。既存のコードやインフラとの相互運用性を重視した実用的なプログラミング言語だという。(2016/2/16)

「TSN」の標準化が進む:
産業用IoT向けイーサネットは次世代へ
産業機器分野においてIoT(モノのインターネット)を普及させる手段の1つとして、「IEEE 802.1 TSN(Time Sensitive Networking)」と呼ばれる次世代規格の標準化が進んでいる。標準イーサネットの拡張版である同規格は、コストや相互運用性などの面でメリットを生み出す可能性がある。(2016/2/2)

医療機器開発者のための医療IT入門(5):
RIS/PACSに学ぶ“横串を通す”医療ITとは
日本の医療情報システムの中で、標準化と相互運用性の取り組みが最も進んでいるのが、放射線情報システム(RIS)や医用画像保存通信システム(PACS)だ。第5回は、RIS/PACSを起点とする新技術導入の動向について概説する。(2015/12/10)

海外医療技術トレンド(4):
米国発サービスモデル視点のIoT標準化と健康医療分野の関わり
ウェアラブル機器、遠隔モニタリングセンサーに代表されるモノのインターネット(IoT)は、医療/健康/介護福祉分野でも導入が進んでいる。今回は、米国におけるIoT全般の相互運用性/標準化に向けた取り組みを紹介する。(2015/10/8)

法人向け:
ドコモ、遠隔監視などIoT向けの新料金「LTEユビキタスプラン」
料金は月額800円から。2016年に販売予定の「LTEユビキタスモジュール」や、IOT(相互接続性試験)が完了した各社のLTE対応通信モジュールで利用可能。(2015/8/28)

業界の停滞を専門家が懸念
IoT規格争いで「VHS vs. ベータ」の二の舞? 標準化は可能か
多くのIoT業界関係者は、今もなお「モノのインターネット(IoT)」規格の相互運用性を確保しようと働きかけている。だが、IoT市場は断片化したままであるのが実情だ。(2015/7/13)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
米国で進むビッグデータの相互運用性の標準化とセキュリティ
2014年5月にホワイトハウスがビッグデータ報告書を公表して早一年が経ち、米国ではビッグデータに関わるイノベーションと同時に標準化の活動も急ピッチで進んでいる。今回は最前線の動向をお伝えしよう。(2015/5/13)

サイプレス Type-C-to-DPソリューション:
Type-CとDisplayPortの端子間接続を可能に、相互接続性も実証
サイプレス セミコンダクタは、USB Type-CとDisplayPort(DP)アダプタとの接続を可能とするソリューションを発表した。Type-C端子を備えたノートブックPCやモニターなどと、DP/ミニDP端子を備えた従来製品との相互接続用途に向ける。(2015/5/8)

Microsoft Azure情報アップデート:
Azure上でSAPアプリケーションを動かし、OfficeからのSAPアプリケーション操作も実現へ
SAPの主要アプリケーションをAzure上で。米マイクロソフトとSAPが相互運用性強化に向けてグローバルで提携。Excelから直接SAPアプリケーションのデータも扱えるなど、オフィスソフトとの連携も。(2014/5/20)

NECとHP、SDNで協業 マーケットプレイスなどエコシステム拡大へ
2社のSDN対応機器における相互接続性を高めるほか、それぞれに立ち上げる予定のマーケットプレイスの連携も視野に入れる。(2014/3/4)

相互運用性がカギ、「オープンクラウド」を推進する日本IBM
日本IBMがベンダーに囲い込まれないオープンなクラウドを推進していくことを改めて強調した。同社でクラウド事業を統括する小池氏は、「肝心なのは必要に応じて異なるクラウド環境を行き来できるかどうかだ」と話す。(2014/2/10)

運用:
Windows Server 2012 R2のNICチーミング機能(LBFO)をマスターする
複数のネットワークインターフェイスを束ねて帯域を増加させたり、負荷分散、冗長構成などを実現する「NICチーミング」機能。Windows Server 2012 R2ではNICチーミング(LBFO)がOS自身の機能として実装され、使いやすくなった。だがその導入にあたっては、既存のネットワークシステムとの相互運用性なども考慮しないと性能を発揮できないばかりか、トラブルの原因となる可能性もある。Windows Server 2012 R2のNICチーミングの機能と使い方などについてまとめる。(2014/2/6)

無線通信技術 Wi-Fi:
USBとも連携――Wi-Fi Alliance、60GHz帯無線「WiGig」普及に全力
Wi-Fi Allianceは高速無線通信規格「WiGig」の認定ブランドを「WiGig CERTIFIED」とし、そのロゴを発表した。WiGig認定製品は2014年初頭にも登場する見通し。追加アプリケーションの相互運用性認定プログラムも2015年以降に実施していく計画である。(2013/9/11)

1台でWi-FiとWiGigに対応へ:
Wi-Fi Alliance、WiGigの認定プログラムを2014年に開始
Wi-Fi Allianceは、「WiGig(IEEE 802.11ad)」の相互運用性認定プログラムを2014年に開始すると発表した。同時に、WiGigに準拠した機器の認定ブランド名を「WiGig CERTIFIED」とすることも明らかにした。(2013/9/10)

PaaSはロックインが常識? TOSCA標準で実現近づくクラウドの相互運用性
企業にとってクラウドの本命は「PaaS」。相互運用性がないことから採用に踏み切れない企業が多いが、OASIS TOSCA標準仕様のリリースによって「PaaSはロックイン」という常識は早晩過去のものになりそうだ。(2013/5/14)

ベンダロックインのないクラウドの第2ステージへ:
オープンクラウドに舵を切るIBM、OpenStack/TOSCAでIaaS/PaaSの相互運用性を強化
日本IBMは5月13日、同社製品・サービスに対するオープンクラウドの積極的展開に向けた記者説明会を開催した。クラウド間の相互運用性を高めていく狙いだ。(2013/5/13)

業界標準とはいえない
話題先行のOpenStackを取り巻く俗説と実態
話題になることの多いOpenStackだが、実際のプロジェクトはまだ立ち上がったばかりだ。特に、クラウドプロバイダー間における相互運用性や移植性に関する主張は、一部の支持者による詭弁であることが多い。(2012/11/21)

OpenStack、CloudStack、Eucalyptusの生き残り競争
ユーザーがOSSクラウド基盤に求めるのはAWSとの互換性か
柔軟でカスタマイズ可能なOSSクラウドプラットフォームは、クラウド環境を構築したい利用者にとって魅力的な選択肢だ。その上、AWSとの相互運用性を売りにすれば、さらに支持される可能性がある。(2012/10/24)

NS/NA詐称など35シナリオを検証:
IPv6環境での脅威と対策は? IPv6技術検証協議会が報告書
IPv6技術検証協議会のセキュリティ評価・検証部会は10月23日、IPv6の安全性や相互運用性に関する検証結果をまとめた「IPv6技術検証競技会 最終報告書」を公開した。(2012/10/23)

PaaS市場を分析する【後編】
移植性と相互運用性が肝に、長く付き合えるPaaSベンダー選択の指針
長期にわたって信頼できるPaaSベンダーを選ぶにはどうすればよいのか。大手ITベンダーと小規模独立系PaaSベンダーの違いを取り上げる。(2012/9/7)

【講座】回路設計の新潮流を基礎から学ぶ:
PR:USB3.0の本格普及をにらみ、TIが相互接続性を高めたハブICを製品化
(2012/5/7)

ドクターに贈る医療IT用語解説(3)
医療分野におけるメッセージ交換の標準化規格「HL7」
病院内の部門システム間や医療施設間の医療情報の共有化には、情報の標準化と相互運用性が重要になる。そのためにはメッセージ交換の標準規格が広く普及する必要がある。(2012/1/20)

日本最大規模・アジア展開も狙う:
国内Android端末全機種の動作検証を支援、OESFがIOTセンターを開設
多くのメーカーから多種多様なAndroid端末が発売されている現在、Androidアプリ/Webサイトの開発者は、その動作検証に非常に苦労している。OESFはこうした現状を踏まえ、Android向けの相互運用性試験センターを開設する。(2011/10/24)

セカイカメラにとどまらない「セカイカメラZOOM」:
競合他社との連携は“ARブラウザ”への第1歩――KDDI「実空間透視ケータイ」の未来
Webブラウザが不特定多数のサーバにアクセスできるように、ARコンテンツも相互運用性を持つべき――。そんなビジョンを掲げるKDDIのARプラットフォーム「実空間透視ケータイ」が、この夏、大きな動きを見せる。サービス関係者に、同社のAR事業戦略と今後の展開を聞いた。(2010/4/8)

Microsoft、Eclipseと「Windows 7」「Azure」の相互運用プロジェクトを発表
Microsoftは、ドイツで開催中の「Eclipse Summit」で、Eclipseと自社技術との相互運用性のための取り組みを発表した。Eclipse上でのWindows 7およびAzure向けアプリケーションの開発促進が狙いとなる。(2009/10/29)

Microsoft、Outlookの.pstフォーマットに関する技術文書公開へ
Microsoftが自社製品の相互運用性向上の一環として、Outlookのデータフォーマットを公開すると発表した。(2009/10/27)

ノベル「SUSE Linux Enterprise Server 11」
低コストで実現する柔軟性を備えた次世代企業Linuxとは
これからのエンタープライズLinuxにおける必須条件は、コストを最低限に抑えつつ、ほかの商用技術との相互運用性と、各種ハイパーバイザーへの親和性、加えてエンタープライズクオリティを満たす確実なサポートが得られることだ。(2009/8/24)

Google Apps担当者インタビュー:
Google幹部、Outlook同期化問題やクラウドサービスを語る
Google Apps担当シニアプロダクトマネジャー、ラジェン・シェス氏は「当面はエンタープライズアプリを提供する計画はない」「Google AppsとMicrosoft Outlookプラグインの相互運用性改善に向けた取り組みは順調」などと語った。(2009/6/26)

不況でLinuxの活用が増加、課題は相互運用性とサポート──Novell/IDC調査
世界各国のIT担当者に対するIDCの調査により、72%の企業が2009年中にLinuxサーバの運用を検討していることが分かった。Linux利用の増加の最大の理由は、コストだという。(2009/3/17)

FacebookがOpenID Foundationに参加
Facebookが、Google、Microsoft、IBM、PayPal、VeriSign、Yahoo!が参加するOpenID支援団体に参加した。「Facebook Connect」とOpenIDの相互運用性が注目される。(2009/2/9)

Microsoft、「Exchange ActiveSync」で相互運用性の取り組み強化
Microsoftは、より多くの企業が「Exchange ActiveSync」対応アプリケーションを開発しやすい環境を整えるため、ライセンスプログラムを拡大した。(2008/12/20)

Microsoft、Open XML関連のツールを数種発表
MicrosoftはOpen XMLの相互運用性向上に向けた取り組みの成果として、Firefox上でOpen XMLを閲覧するための拡張機能をはじめとする幾つかのツールを発表した。(2008/12/5)

モデリング戦略の転換点:
Microsoftと「望まれないモデリング言語」
MicrosoftにとってUMLは「望まれない言語」だという。一方で、サポートし、共存していくべき一連の技術の1つとも見られる。Microsoftは相互運用性をシリアスに考えなければならないのである。(2008/11/14)

MicrosoftがApacheConで相互運用性の取り組みをアピール
Microsoftのオープンソース戦略を率いるサム・ラムジー氏は、Apache Software Foundationの「ApacheCon」カンファレンスで、相互運用性とオープンソースソフトウェア分野における同社の取り組みについて語った。(2008/11/10)

Microsoftのレイ・オジー氏、オープンソースやAzureなどを語る
Microsoftのチーフソフトウェアアーキテクト、レイ・オジー氏は、「Microsoft Professional Developers Conference」においてeWEEKとのインタビューに応じ、オープンソースや相互運用性、ソフトウェアモデリング、Windows Azureクラウドオペレーティングシステムなど、さまざまなテーマについて熱心に語った。(2008/11/6)

Bluetooth SIG、Bluetoothの相互運用性チェックソフトを機能強化
(2008/8/20)

作業工数は従来比6割減――実証実験で抜群の結果を残したOpenXML
OpenXMLに用いた大規模システムの相互運用性実証実験が行われた。作業工数6割減という成果もさることながら、中小のISVが下請けでない形で案件に加わることができる可能性を示したという点で、今回の実証実験は大きな意味を持つ。(2008/7/31)

国内ダイジェスト(7月31日)
三洋「Xacti」新製品、NECがLTEデモセンター開設、MSがOpenXMLの相互運用性を実証実験など。(2008/7/31)

Windowsとの相性を懸念:
米国の景気停滞がオープンソース普及の追い風に――OSAの調査
Open Solutions Allianceによると、最近の調査の結果、景気停滞が企業でのオープンソースソフトウェアの普及拡大につながっている可能性がある。ライセンス費用節約のためである。だがユーザーは、オープンソースソフトウェアとMicrosoft Windowsの相互運用性を不安に感じているようだ。(2008/7/30)

MSが相互運用性の取り組み強化、技術文書をさらに公開
MicrosoftがOfficeのプロトコルやバイナリファイルフォーマットに関連する技術文書をさらに公開した。(2008/7/2)

iPhone 3Gの壁を破るモバイルOS「Glide 3.0」
Glide 3.0はAppleの障壁や制限を乗り越え、iPhone 3GとWindowsやLinuxとのクロスプラットフォームな相互運用性を目指す。(2008/6/10)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。