速報
» 2020年08月28日 10時39分 公開

QualcommとEricsson、5Gキャリアアグリゲーションの相互運用性テストを完了

QualcommとEricssonが、5G通信帯域でのキャリアアグリゲーションの相互運用性テストを完了したと発表。キャリアアグリゲーションにより、オペレータは複数のSub-6GHzチャンネルを同時に使って基地局と5G端末間でデータを転送できるようになる。この機能は、2021年中にグローバルに導入されると予想される。

[ITmedia]

 米QualcommとスウェーデンEricssonは8月27日(米国時間)、5G通信帯域でのキャリアアグリゲーションにおけるデータ通信の相互運用性テストを完了したと発表した。

 両社は、中国北京のEricssonのラボとスウェーデンで、Ericssonの5GインフラとQualcommの5nmプロセスの5Gモデル「Snapdragon X60」を使ってテストした。

 両社は、FDD/TDD1とTDD/TDDの両方の帯域にわたる5Gスタンドアロン(SA)キャリアアグリゲーションの世界初の相互運用性テストに成功した。5Gキャリアアグリゲーションにより、オペレータは複数のSub-6GHzチャンネルを同時に使って基地局と5G端末間でデータを転送できるようになる。この機能は、2021年中にグローバルに導入されると予想される。

 qualcomm

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう