ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IPS」最新記事一覧

Intrusion Prevention System:不正侵入防御システム

セキュリティ・テクノロジー・マップ(3):
IDS/IPS――サイバー攻撃の「検知」「防止」技術の基礎
社内システムにおけるセキュリティ技術の基本を“一望する”本連載。第3回では、サイバー攻撃を「検知」「防止」する技術の基礎を解説します。(2016/5/30)

ホワイトペーパー:
米国国防総省が導入を決めた無線LANセキュリティ対策とは?
無線LAN導入の有無にかかわらず、無線LAN通信が原因の情報漏えいが発生する可能性がある。本資料では無線IPS機能を備えたソリューションと無線クラウドサービスについて紹介する。(2016/3/1)

セキュリティ機器は「導入したら終わり」ではない
不正アクセス対策の要、IPS/IDSの運用を楽に、確実に実現するには?
不正アクセスの検知と防御には、IPS/IDS(侵入防止システム/侵入検知システム)が要になる。しかしIPS/IDSを導入しても、運用管理の不徹底が原因で被害につながるケースもある。現実的な解決策はないだろうか。(2016/3/1)

新法、改正法への対策も需要を後押し:
国内セキュリティ市場はSaaS型、UTM、IPSなどが成長をリード――IDCジャパン
IDCジャパンは、国内情報セキュリティ製品市場について、2015〜2019年の予測を発表した。それによると、市場規模は2014年の2158億円から2019年には2731億円に拡大するという。(2016/1/20)

トレンドマイクロ、米HPのネットワークセキュリティ事業を買収
HPでIPS(不正侵入防御システム)などネットワークセキュリティを手掛けるTippingPoint部門を買収する。(2015/10/21)

主要パブリッククラウドのネットワークを徹底比較【第2回】
AWSとSoftLayerのセキュリティ機能を比較、際立つ違いとは
AWSとSoftLayerのセキュリティ機能とロードバランサー機能を比較する。セキュリティ機能では、ファイアウォールやIDS/IPS、WAFを取り上げる。(2015/9/7)

So-net、@nifty、OCNなど:
ドコモ光、6月から契約ISPを拡大 メールサービスも開始
ドコモ光の契約IPSに、6月からSo-net、@nifty、OCNなどが追加される。また「ドコモnet」向けに@docomonet.jpドメインのメールサービスも開始する。(2015/5/21)

社内に専任チームを設置
高度化、悪質化するセキュリティ脅威、企業が取るべき“自衛策”とは
ファイアウォールやIPS、IDSといった従来型のセキュリティ対策では、もはや企業の機密情報を守ることはできない。そこで注目されているのが、セキュリティ脅威対応の専任チームである。そのベストプラクティスを探る。(2014/11/28)

日本IBM、データセンター向けの次世代IPSを発売
企業システムへの不正侵入を防御する侵入防御システム(IPS)のハイエンドモデルとして、10Gネットワークの保護に最適化されている。(2014/11/7)

ソースファイアの技術を活用、すり抜けてくるマルウェアも検出:
シスコ、次世代ファイアウォールに自動チューニング機能を備えたIPSを統合
シスコシステムズは、同社の次世代ファイアウォール製品に米ソースファイアのIPS機能を統合する「Cisco ASA with FirePOWER Services」を発表した。(2014/10/8)

マカフィー、仮想版IPSをリリース
VMware ESXで動作する不正侵入防止システムの仮想アプライアンスを新たに提供する。(2014/5/13)

パナソニック、「2K最高画質」を目指したビエラ「AS800シリーズ」
パナソニックは2Kビエラのハイエンドモデル「AS800シリーズ」を発表した。色再現範囲を広げたIPSパネルと6軸カラーマネジメント技術を採用している。(2014/4/11)

「外部への不審な通信」に対処する新サービス、日本IBMが提供へ
セキュリティ運用監視サービスを強化し、侵入防御システム(IPS)を利用して組織内から外部への不審な通信を検知したり、通信内容を把握したりできるようにする。(2014/2/4)

実装ニュース:
トヨタが次世代HEVのパワー半導体テスト用にアドバンテストの「T2000」を導入
アドバンテストは、半導体テストシステムのプラットフォーム「T2000」を用いてパワー半導体のテストを行える「T2000 IPS」を、トヨタ自動車が導入したと発表した。トヨタ自動車は、次世代ハイブリッド車(HEV)などに使用する高集積のパワー半導体の評価および量産に用いる予定。(2013/12/3)

PR:ゼロデイ攻撃も恐れない! 最前線の不正侵入防御技術でリスクを回避せよ
企業のIT担当者が抱える悩みの1つに、システムのセキュリティリスクの増大がある。事実、標的型攻撃やシステムのぜい弱性を突くゼロデイ攻撃は年々増加。スマートデバイスの普及を受け、端末側への攻撃も増えている。こうした中、セキュリティの確実な担保を支援すべく、日本IBMが9月から提供を開始したIPS新製品が「IBM Security Network Protection XGS 5100」である。その特徴は、独自技術によって未知の攻撃の検出を実現するとともに、きめ細やかな通信の可視化を可能にしたことにある。(2013/10/28)

Webアプリや個人ユーザー単位での通信を識別するIPS新製品 日本IBM
日本IBMは、侵入防御システム製品の最新版「IBM Security Network Protection XGS 5100」を発表した。(2013/8/21)

チェック・ポイント、データセンター向けに多層防御アプライアンスをリリース
ハイエンドモデル新製品の「13500 アプライアンス」ではファイアウォールやIPSに加え、要件に応じた4つのセキュリティパッケージを提供する。(2013/7/25)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】ゲートウェイセキュリティに関するアンケート調査
本調査はIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「ゲートウェイセキュリティ」についてお伺いします。ゲートウェイセキュリティは、本調査では各種ファイアウォールや侵入検知システム(IDS)/侵入防御システム(IPS)といった、ネットワークの境界などに設置するセキュリティ製品を指します。(2013/7/17)

2013年PC夏モデル:
日本HP、ミニタワーDT「HP Pavilion 500」にIPSディスプレイ付属モデル
日本HPが、ミニタワーデスクトップPC「HP Pavilion 500」シリーズに同社製ディスプレイが付属するモデルを追加した。付属のディスプレイはIPSパネルを内蔵し、狭額縁デザインを採用している。(2013/7/2)

最大40Gbpsのスループットを実現:
マカフィー、“インテル入ってる”IPSアプライアンスの新モデル
マカフィーは6月5日、ネットワーク不正侵入防止システム(IPS)アプライアンス「McAfee Network Security Platform」の最新モデルとなる「NSシリーズ」を発表した。(2013/6/7)

マカフィー、インテルと開発した新世代IPSを正式発表
Xeonプロセッサ搭載のハードウェア基盤の採用で、最大40Gbpsのスループットを実現した「NSシリーズ」を発表した。(2013/6/5)

さらなる多層防御に取り組む:
マカフィー、IPSアプライアンスにサンドボックス技術も統合へ
マカフィーは4月2日、不正侵入防御(IPS)アプライアンス「McAfee Network Security Platform」に関する戦略説明会を開催。第3四半期中に、買収した米ValidEdgeのサンドボックス技術を統合した新製品を提供するという。(2013/4/2)

多層防御の一角を担うIPS、マカフィーがロードマップを説明
標的型サイバー攻撃対策を強化すべくサンドボックスによるマルウェア解析機能の実装などを予定する。(2013/4/2)

アズジェント、UTMとIPS/IDSの運用監視・ログ分析サービスを始動
新たにセキュリティサービスブランド「セキュリティ・プラス」を立ち上げた。第一弾サービスではマルチベンダー対応のSOCサービスを提供する。(2013/3/28)

SSO製品紹介:日本IBM編
アプライアンス版はIPS付きのSSO製品「IBM Security Access Manager」
クライアント/サーバ型システムのSSOを実現したい。アプライアンスで導入負荷を軽減したい。日本IBMのSSO製品群は、こうした多様なニーズにラインアップの豊富さで応える。(2013/1/23)

日本HP、IPSとセキュリティ管理ソフトの新製品を発表
IPSスル―ププットが13GbpsのTippingPointアプライアンスと、処理性能を改善した管理ソフトArcSightの最新版を発売する。(2012/9/13)

フォーティネット、中規模オフィス向けUTMを発表
新製品はファイアウォールスループットで2.5Gbps、IPSスループットで950Mbpsの性能を実現している。(2012/7/31)

「アロマの日」の星空です:
香るプラネタリウム「HOMESTAR aroma」
アロマ皿搭載の「HOMESTAR aroma」(ホームスター・アロマ)が登場。IPS3相当の防雨仕様により、バスルームでも利用できる癒し系プラネタリウムだ。(2012/7/17)

高額なプロプライエタリ製品をしのぐツールも
VMware vShieldより高性能? OSSの仮想ファイアウォールとIPS/IDS
仮想化製品「VMware vSphere」のセキュリティ機能群である「VMware vShield」は、パフォーマンスや使い勝手に課題がある。本稿は、vShieldをしのぐ性能や機能を持つオープンソースツールを紹介する。(2012/5/14)

仕事耕具:
最大42%小さい――省スペースA4ジェルジェットプリンタ、リコーから3機種
リコーは、ジェルジェット方式を採用したA4カラープリンタ「IPSiO SG 3100/2100/2010L」シリーズの3機種5モデルを発売。いずれも凹凸の少ないシンプルなスクエアデザインを採用。従来機と比較して容積比で最大42%削減した。(2012/1/17)

Webプロキシアプライアンス「Smart Web Security」
標的型攻撃に有効なWebプロキシのセキュリティを考える
標的型攻撃はUTMやIPS、メールゲートウェイといった「入口の対策」だけでは防ぐのは難しい。高度化するマルウェアから自社の機密情報を守るには「出口での対策」となるWebプロキシが有効だ。(2011/12/1)

プリンストン、縦置き/横置き対応のiPadスタンドスピーカー「PSP-IPS」
プリンストンテクノロジーは、縦置きと横置きに両対応したiPadシリーズ専用スタンドスピーカー「PSP-IPS Stand Speaker for iPad 2/iPad」を発売する。ACアダプターに加えて乾電池駆動も可能。(2011/11/14)

「WAF」製品紹介【第12回】日本ラドウェア
インテリジェントな自動学習機能で設定負荷を軽減する「AppWall」
日本ラドウェアのWAF製品は、IPSを補完する機能を持ち、広範なセキュリティ分野をもれなくカバーする。(2011/8/5)

日本IBM、最大23Gbpsの通信に対応したIPSアプライアンスを発売
日本IBMは、最大23Gbpsの通信に対応し、最大同時1250万セッションを処理できるIPSアプライアンス「GX7800」を発表した。(2011/4/5)

IDS/IPS(不正侵入検知/防御システム)製品一覧
ネットワークを流れるパケットを監視し、外部からの不正侵入を検知・通知する侵入検知システム(IDS)と、検知した不正アクセスを自動で防ぐ不正侵入防止システム(IPS)の機能を持った製品を紹介する。(2011/3/28)

NEWS
セキュリティ特化型レンタルサーバ、中小企業向けに月額1260円で提供
ハイパーボックスは、従来オプションで提供されることが多かったマルウェアスキャン、SSL通信、IDS/IPSといったセキュリティ対策を標準で備えたレンタルサーバを、月額1260円で提供する。(2010/12/16)

「WAF」製品紹介【第1回】チェック・ポイント編
ファイアウォール/IPSと連携してWebサイトを保護する「Check Point Web Security」
古くからWebサイトの安全性に注目してきたチェック・ポイントでは、同社のファイアウォールに組み込む形のWebセキュリティ製品を提供している。(2010/11/15)

UTM製品一覧
ファイアウォールをベースにアンチウイルス/スパムやIDS/IPS、コンテンツフィルタリングなどの機能を備えたUTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)。ここでは、各社から提供されているUTM製品を紹介する。(2010/10/20)

NEWS
マカフィー、詳細なアプリケーション制御にこだわったファイアウォール
ユーザーやグルーブにひも付けた柔軟なアクセス管理が可能。URLフィルタリング、ウイルス対策、IPSなど複数のセキュリティ機能を備える。(2010/6/17)

ホワイトペーパー:
徹底検証で分かった“UTM”性能レポート 〜アーキテクチャの違いが2製品の明暗を分ける!
ファイアウォール機能を中心に、アンチウイルスやURLフィルタリング、IPS/IDPなど各種セキュリティ機能をゲートウェイにて提供するアプライアンス「UTM(統合脅威管理)」。性能が疑問視された一昔前のUTMが、現在はどこまで進化したのか、具体的にその性能を検証する(提供:マクニカネットワークス)。(2010/5/25)

マカフィー、リアルタイムの脅威対策を強化したIPSソフトを発売
マカフィーは、不正侵入防御(IPS)ソフト製品の最新版「McAfee Network Security Platform 6.0」を発売する。(2010/2/8)

米TippingPoint、中規模システム向けIPSを発売
米TippingPointの日本支社は、中規模システム向けIPS「TippingPoint 110」とマネージドサービス事業者向けの「同330」を発売した。(2009/9/28)

日本IBM、仮想セキュリティアプライアンスを発売へ
仮想化環境向けにIPS機能を提供する「Proventia GV1000」を発売した。(2009/6/18)

NEWS
トレンドマイクロ、「仮想パッチ」でゼロデイを防ぐクライアント用ファイアウォールなど2製品
クライアントPCにIDS・IPS機能を提供するファイアウォールとWindows Mobile搭載スマートフォン向け統合セキュリティソフトの新版を6月よりリリースする。(2009/5/29)

トレンドマイクロ、PC用IPSとモバイルアンチウイルスを発売
トレンドマイクロは、クライアントPC用IPS(不正侵入防御)とスマートフォン用ウイルス対策の2製品を企業向けに発売する。(2009/5/28)

WAFにも対応:
BBSec、セキュリティ機器の遠隔監視サービスを開始
ブロードバンドセキュリティは、ファイアウォールやIDS/IPSなどのセキュリティ機器をインターネット経由で運用監視するサービスを始めた。(2009/4/14)

Security ManagerとUC Managerに:
Cisco、複数製品の脆弱性に対処
Security Managerの脆弱性ではMySQLデータベースやIPS Event Viewerサーバにアクセスされる恐れがある。(2009/1/22)

“痕跡”を残さない企業ネットへの攻撃が増加、ラックが注意喚起
ラックは、ファイアウォールや不正侵入防御システムなどを回避して、企業のネットワークに侵入する攻撃が急増しているとして注意を喚起した。(2008/10/6)

ラック、ネットワークのセキュリティ監視サービスを拡充
10Gbpsの広帯域トラフィックへの対応やIPS(不正侵入防御)の機能強化などを図る。(2008/7/24)

米国TechTarget会員の皆さま、TechTargetジャパンへようこそ
会員サービスのご案内(セキュリティ)
TechTargetジャパンは、企業情報システム担当者のための無料の会員制サイトです。「セキュリティ」では、企業にとって急務である情報漏えい対策やウイルス・スパム・スパイウェアなどのマルウェア対策、そして企業ネットワークを守るファイアウォールやIDS/IPSなど、セキュリティに関する情報を提供します。ぜひこの機会にメンバーシップにご登録ください。(2008/7/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。