ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「至高のITマリアージュ」最新記事一覧

道具と道具が交わることで、単独ではあり得ない境地に達することがある――そんな組み合わせの妙を伝えるリレー連載「至高のITマリアージュ」。豪華ライター陣が独自の視点とこだわりを持ってねっとりと語るぞ!!

至高のITマリアージュ:
スキャナいらず!iPhone×Evernoteで「年賀状の電子化」がはかどる!
そういえば、年賀状の処理ってどうしてますか?(らいら)(2015/2/19)

至高のITマリアージュ:
「悲愴」と「悲壮」の違いは? 分からないなら単語カードだ!
単語カードアプリを習慣的に利用すると、多少覚えが悪くても語彙(ごい)や知識がしっかり吸収できるようになる。ではどうやって習慣化するのか。表計算ソフトを使って、単語カードの“プレイリスト”を作ればいい。(古田雄介)(2014/12/26)

至高のITマリアージュ:
最新iPhone×iPad×iMacを連携させまくって活用する!
iOS 8で格段にパワーアップした連携機能は、しびれるほど便利。移動中にiPhone 6 Plus、隙間時間にiPad Air 2、外出先ではMacbook Air、自宅ではiMac Retina 5……気付いたらアップルに包囲されていた!?(柳谷智宣)(2014/12/10)

至高のITマリアージュ:
スマホのタッチ感度を一瞬で上げる方法
水、乳液、ジェル、ヒアルロン酸入り化粧水……ホホバオイル、そんなのもあるのか(村元正剛)(2014/12/2)

至高のITマリアージュ:
「Surface Pro 3」と4Kパネル2枚でメイン環境を構築してみた
フルHDディスプレイ6面をメイン環境として利用する筆者が、Surface Pro 3で4Kディスプレイ×2のマルチディスプレイ環境にチャレンジ。うわっ……私のデスクトップ、広すぎ……?(柳谷智宣)(2014/11/6)

至高のITマリアージュ:
SIMフリー版「iPhone 6 Plus」×IP電話アプリ――月額1296円で “きちんと電話ができるスマホ”を実現する方法
「格安SIM」を使った節約テクニックを紹介(村元正剛)(2014/10/23)

至高のITマリアージュ:
モバイルノート×スキャナマウス×セブンイレブンのマルチコピー―機――外出先でのデジタル化&プリントに超便利!
外出先で受け取った書類やメモのデジタル化、そして急なプリントアウトが必要なときにベストな方法とは?(コヤマタカヒロ)(2014/9/2)

至高のITマリアージュ:
iPhoneをオフロードでもOKな“バイクナビ”にしてみる
機能強化が著しいiPhoneの地図アプリを、徒歩や電車の移動以外でも活用するためには、シーンに応じたアクセサリー選びが重要だ。「防塵・防水・耐衝撃ケース×ハンドルホルダー」の組み合わせはバイク乗り必読!!(by 武者良太)(2014/7/28)

至高のITマリアージュ:
HAKUBA iPhone用スタンド×ジップロック――お風呂で、キッチンで、iPhoneの可能性を手軽に広げる組み合わせ
専用品でなくてもiPhoneの活用シーンを広げてくれる便利なアイテムがある。歴代iPhoneユーザーがたどり着いた答えは?(大内孝子)(2014/7/15)

至高のITマリアージュ:
デュアルディスプレイ×Synergy――“Win&MacもOK”でオレの仕事場が快適すぎる!!
メインマシンとサブマシン、MacとWindowsなど、ひとりで複数のPCを使う人は今やめずらしくない。これを最大限効率的に利用する方法とは(溝口裕作)(2014/6/26)

至高のITマリアージュ:
FILCOメカニカルキーボード×FILCOキーロック――私はいかにしてあの“地雷キー”を克服したか
道具と道具が交わることで、単独ではあり得ない境地に達することがある。そんな組み合わせの妙を伝えるリレー連載がスタート! 今回は“地雷キー”を打ついらだちから解放された例を語る(古田雄介)(2014/6/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。