ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「au one ラボ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「au one ラボ」に関する情報が集まったページです。

「au one ラボ」7月28日に終了
KDDIはauケータイやPC向けの新サービスを試験的に提供する「au one ラボ」を7月28日に終了すると発表した。(2011/6/6)

ケータイ待受カスタマイズ「au one キャラタイム」、4月14日スタート
KDDIが4月14日から、ケータイの待受画面にリッチなカスタマイズ機能を提供する「au one キャラタイム」のサービスを開始する。β版サービスとして提供してきた同種の待受サービス「ケータイパートナー(β版)」は4月27日12時に終了する。(2011/4/13)

写真をメールで送ると証明写真ができる「ケータイde証明写真」 au oneラボで公開
KDDIが、auケータイから写真をメールに添付して送ると証明写真画像データを作成できる「ケータイde証明写真」(β版)の提供をau oneラボで開始した。(2010/11/16)

KDDI、音声情報配信サービス「コエなう」商用版を開始 Twitter連携機能も採用
KDDIが11月11日、これまでβ版として提供していた、ユーザーが電話をかけるとエンタメ情報などの音声情報が入手でき留「コエなう」プラットフォームを商用化すると発表。情報更新をTwitterでツイートする連携機能なども組み込み、プロモーションなどでの利活用を目指す。(2010/11/11)

CEATEC JAPAN 2010:
紙芝居のように番組を見るKDDIの「TVダイジェスト」――Android版も開発中
朝のニュースを見る時間がない――そんな人に向けて作られたのが、KDDIが紹介する「TVダイジェスト」だ。まずはEZニュースEX向けに提供するが、Android版も開発している。(2010/10/8)

電話をかけて企業やエンタメ情報を入手――KDDI「コエなう」(β版)開始
KDDIが、電話をかけて音声情報を入手できるプラットフォーム「コエなう」(β版)を発表。22日からサービスの提供を開始した。(2010/9/22)

KDDI、セカイカメラにauショップやライブ情報などの公式エアタグを常時配信
KDDIが、「セカイカメラ」「セカイカメラZOOM(β版)」への公式エアタグの常時配信を9月13日の13時から開始する。(2010/9/9)

Twitterアプリにもなるau端末向けARアプリ「セカイカメラZOOM」登場
7月1日にau端末向けARアプリ「セカイカメラZOOM」の提供が開始される。頓智ドットの「セカイカメラ」のエアタグを閲覧できるほか、Twitterクライアント機能も搭載する。(2010/6/30)

気になる場所をリマインドする位置情報連携メモ、au oneラボで公開
気になる場所にメモを張り、その場所に近づいたときに内容を確認――。au oneラボに、位置情報連携サービスの「おでかけメモ(β版)」が登場した。(2010/5/20)

au、ARアプリ「セカイカメラZOOM」にTwitterクライアント機能を搭載
KDDIは、au携帯電話向けARアプリ「セカイカメラZOOM」にTwitterクライアント機能を搭載することを明らかにした。(2010/5/17)

ITmediaスタッフが選ぶ、2009年の“注目ケータイ&トピック”(編集部山田編):
2009年は「モバイルAR元年」だった
モバイル端末の拡張現実(AR)に注目が集まった2009年。火付け役ともなったiPhoneアプリ「セカイカメラ」と、日本のケータイでARが楽しめる貴重なアプリ「実空間透視ケータイ」について振り返ってみる。(2009/12/30)

KDDI、1つの映像をいろいろな視点から見られる「アングルチョイスMOVIE」
KDDIは、1つの映像をいろいろな視点から視聴できる映像配信サービス「アングルチョイスMOVIE」を、「au one ラボ」でスタートした。(2009/10/14)

CEATEC JAPAN 2009:
auの拡張現実はカメラと3Dの“2刀流” Twitterにも対応
CEATECのKDDIブースでは新機能を搭載した拡張現実サービス「実空間透視ケータイ」がデモを行っている。カメラ映像を使ったオーバーレイ表示にも対応したほか、Twitterのつぶやきもタグとして表示する。(2009/10/6)

待受画面に“Flash時刻表”を設定――au oneラボの「MY駅時刻表」
KDDIは、au oneラボでFlash時刻表を作成してダウンロードできるサービス「MY駅時刻表」を開始した。作成した時刻表を待受画面に設定すると、最新の時刻表が表示される。(2009/8/26)

コンテンツ業界の底辺でイマをぼやく:
第20回 “待受画面争奪戦”の行方
待ち“受け”画面。その名のとおり、メールなり電話なりの着信を待つ“受身”な画面。……でしたが、iコンシェルやモバイルウィジェットといった新サービス搭載機では、待たずに“攻め”る画面へと変わりつつあります。(2009/8/21)

ふぉーんなハナシ:
むちゃなメールにもクールに返信――auの「乗換検索メール」が便利で賢い
指定のアドレスに出発駅/到着駅といった情報をメールで送ると、乗り換え経路が返信されてくる「乗換検索メール」が便利だ。作為的にいろんな本文を送信してみたが、クールにメールが帰ってくる。(2009/7/30)

メールの送受信で乗り換え経路を案内――auの「乗換検索メール」
KDDIが、メールの送受信で乗り換え経路を検索できる「乗換検索メール」を、au one ラボで無償提供する。圏外エリアでも内容を確認でき、過去の移動履歴の確認も簡単になる。(2009/7/30)

ふぉーんなハナシ:
auの拡張現実アプリが“現実的”だったこと
ワイヤレスジャパンの会場でデモを行っていたauの「実空間透視ケータイ」は、3Dマップによる空間表現が特徴だ。カメラ映像にバーチャルな情報を追加する「セカイカメラ」などに比べると地味に見えるが、これが非常に“現実的”な使い勝手を実現していた。(2009/7/28)

ワイヤレスジャパン2009:
携帯向け「拡張現実」が熱い “投げるメール”も ドコモ、KDDIがデモ
ワイヤレスジャパンに、ドコモとKDDIが拡張現実(AR)アプリを出展。投げる動作でメールを送信できるアプリなどが注目を浴びている。(2009/7/22)

ワイヤレスジャパン2009:
auのARアプリ「実空間透視ケータイ」――今後は「電子コンパスなし」でも快適に?
ワイヤレスジャパン2009のauブースでは、拡張現実アプリ「実空間透視ケータイ」のデモが行われている。アプリの動作は想像以上に機敏でサクサク。さらに、“電子コンパス非搭載”でも方角とマッチした情報を表示する技術を開発中だという。(2009/7/22)

壁の向こうもARで“透視” auが「実空間透視ケータイ」
AR技術を利用したアプリ「実空間透視ケータイ」をauが開発した。携帯を向けた先にあるランドマークなどの情報を、仮想空間上に表示する。(2009/6/24)

25日に会えるよ:
auケータイで拡張現実を体験――「実空間透視ケータイ」β版を無料提供
ケータイをかざした先にあるスポット情報を“透視”できる拡張現実アプリ「実空間透視ケータイ」のβ版が登場した。サービスの第1弾は写真を仮想空間上にマッピングする「地球アルバム」(β版)だ。(2009/6/23)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第25回 時間指定メールを活用する――「アトdeメール」「タイマーメール」
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第25回では、時間を指定してメールを送信するサービスを取り上げる。(2009/5/13)

リリースダイジェスト(3月23日)
ケータイメールで“脈アリ度”診断サービスの利用者が20万人突破、カタリスト・モバイルとKDDIが“感性型”エージェントインタフェースを共同開発、クロスメディア型広告「今日のナカツリcross」登場、など。(2009/3/23)

KDDI、au one ラボで「ケータイパートナー(β版)」を提供
KDDIは3月19日、最新技術をβ版としていち早くリリースする「au one ラボ」で、“「感性型」エージェントインターフェース”を具現化した「ケータイパートナー(β版)」の提供を開始した。(2009/3/19)

写真付きメールを意中の人に送信すると――au向け「恋愛成就系サービス」
KDDIは、最新技術や新しいアイデアをβ版として提供する「au one ラボ」で、「恋愛成就系サービス」を開始した。(2009/3/9)

写真をアニメーションに変換――「au oneラボ」で「武勇伝生成サービス」開始
(2009/2/6)

自分の趣味に合ったブログの新着記事を通知――au向け「おすすめブログお知らせメール」
KDDIが「au one ラボ」で「おすすめブログお知らせメール」を開始する。あらかじめ登録した趣味や嗜好に合ったブログの新着記事をメールで通知してくれる。(2009/1/27)

コメディタッチの自画像で小説を楽しめる――「au one ラボ」に新サービス
メールで送った顔写真が面白画像に変換され、その画像で自分が主役の小説を楽しめる――。au one ラボに、こんな新サービスが登場した。(2008/12/22)

好きな歌に似た楽曲を検索――au one ラボに新アプリ
KDDIが、KDDI研究所の新技術を生かしたアプリをau one ラボで公開。好きな歌に似た楽曲を検索できる「にたうた検索」など3アプリを追加した。(2008/11/26)

初音ミクやハロも登場:
auもエージェントケータイ――2009年1月からβサービス開始
利用者の好みや行動履歴に合った情報を携帯向けに配信――。KDDIが携帯電話向けエージェントインタフェースを開発し、2009年1月からβサービスを開始する。対応機種は秋冬モデルの2モデルで、今後対応機種を順次拡大する予定だ。(2008/10/27)

au one ラボにケータイ向け新サービス――時間指定メールとグループメッセージ
KDDIが、au one ラボに携帯電話向けの新サービスを追加。時間を指定してメールを送れる「時間指定メール」と、小規模グループ内でメッセージを共有できる「グループメッセージ」の2つのサービスを提供する。(2008/4/7)

au one ラボ、携帯端末などの評判が検索できる「口コミ評判リサーチ」を提供
(2007/12/18)

デジタル“あぶり出し”、「au one ラボ」で公開
KDDIの新サービス公開実験サイト「au one ラボ」に“2枚の絵による秘密絵のあぶり出し”機能のVer.2.0版が登場。任意の写真2枚を重ねるとまったく異なる絵が浮かび上がる“わりふ絵”を作成できる。(2007/12/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。