ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LaVie S」最新記事一覧

関連キーワード

PC販売ランキング(2014年10月13日〜10月19日):
売れ筋はNEC「LaVie S」 バリューモデルが11週連続トップ(2014年10月第3週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年10月第3週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/11/4)

PC販売ランキング(2014年9月15日〜9月21日):
NEC「LaVie S」が安定の人気 トップ譲らず2製品がランクアップ(2014年9月第3週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年9月第3週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/10/6)

PC販売ランキング(2014年9月1日〜9月7日):
NEC「LaVie S」のバリューモデル「LS150/SS」が5週連続トップ(2014年9月第1週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年9月第1週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/9/22)

PC販売ランキング(2014年8月4日〜8月10日):
ノートPCの売れ筋はNEC「LaVie S」 4製品がランクイン(2014年8月第1週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年8月第1週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/8/25)

PC販売ランキング(2014年7月7日〜7月13日):
ノートPCはNEC「LaVie S」のバリューモデルが5週連続首位(2014年7月第2週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年7月第2週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/7/28)

PC販売ランキング(2014年4月7日〜4月13日):
ノートPCの売れ筋はNEC「LaVie S」(2014年4月第2週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年4月第2週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/4/28)

PC販売ランキング(2014年3月10日〜3月16日):
ノートPCの売れ筋はNEC 「LaVie S」下位モデルが首位(2014年3月第2週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年3月第2週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/3/31)

PC販売ランキング(2013年12月30日〜1月5日):
ノートPCは「LaVie S」が売れ筋、タッチモデルもランクイン(2014年1月第1週版)
今回は1月第1週の集計。ノートPCはNEC「LaVie S」秋冬モデル全4機種がランクインした。(2014/1/20)

2014年PC春モデル:
基本機能を強化した15.6型主力ノート──「LaVie L/S/E」
15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載する主力ノートPC群は、「LaVie L」「LaVie S」「LaVie E」の3シリーズで展開。11ac対応無線LANなど、基本機能を強化した。(2014/1/14)

2013年PC秋冬モデル:
タッチモデルを拡充、15.6型ノートもHaswell+Windows 8.1を全面採用──「LaVie L/S/E」
15.6型ディスプレイを採用する主力ノートPCは、高性能「LaVie L」、スリムボディ「LaVie S」、エントリー「LaVie E」の3シリーズで展開。OSはWindows 8.1に、PC仕様もHaswell世代に刷新した。(2013/10/15)

PC販売ランキング(2013年7月29日〜8月4日):
絶好調のNEC「LaVie S」をソニーの新ノート「VAIO Fit」が追う(2013年7月第5週版)
今回は7月第5週の集計。夏モデルPCの順位がじわじわと上がってきていますが、その中でもソニーの「VAIO Fit 15E」と東芝の「dynabook REGZA PC D713」の伸びが大きいです。(2013/8/12)

2013年PC夏モデル:
デザイン一新で薄型化、タッチパネル搭載モデルも復活――「LaVie S」
NECの主力ノートPC「LaVie S」の新モデルはボディデザインを刷新し、薄型化を果たした。HDDやメモリといった基本スペックや、インタフェースも強化し、最上位モデルは春モデルで省かれていたタッチパネルを搭載した。(2013/5/14)

PC販売ランキング(2013年3月18日〜3月24日):
春モデルの「LaVie S」がトップに浮上、モバイルノートもランクイン(2013年3月第3週版)
今回は3月第3週の集計。ノートPCもついに春モデルが首位になりました。富士通のモバイルノート「FMV LIFEBOOK SH」がランクインしたことにも注目です。(2013/4/1)

2013年PC春モデル:
シンプルな構成はそのままに、基本性能を強化したスタンダードノート――「LaVie S/とことんサポートPC」
NECの主力A4ノートPC「LaVie S」はCPUなどの基本性能を強化し、店頭モデルのラインアップを集約した。オフィススイートは全機種でOffice Home and Business 2013に刷新されている。(2013/2/5)

PC販売ランキング(2012年10月22日〜10月28日):
変わらぬ人気、「LaVie S」と「VALUESTAR N」(2012年10月第4週版)
今回は10月第4週の集計。Windows 8は発売しましたが、売れ筋はまだ夏モデルから変わらず。ノートPCは「LaVie S」、デスクトップPCは「VALUESTAR N」が首位をキープしています。(2012/11/5)

2012年PC秋冬モデル:
主力のA4ノートPCにタッチパネル搭載機種が登場――「LaVie S」
NECの売れ筋ノートPC「LaVie S」は、CPUを強化したほか、最上位モデルがディスプレイのタッチ操作に対応した。タッチパッドもWindows 8特有の操作に対応している。(2012/10/19)

PC販売ランキング(2012年6月18日〜6月24日):
ノートPC、夏モデルが首位に――「LaVie S」シリーズが人気(2012年6月第3週版)
今週のノートPCランキングは、「2012年PC夏モデル」が首位に。一方で、デスクトップPCはいまだ夏モデルがTOP10に入らないという状況が続いています。(2012/7/2)

NEC、Core i5搭載スタンダードノート「LaVie S LS550/HS」の発売日を確定――6月7日
NECは、5月8日に発表された第3世代Core i5搭載搭載ノートPC「LaVie S LS550/HS」の発売日確定をアナウンスした。(2012/6/5)

2012年PC夏モデル:
15.6型ワイドのスリムノートに第3世代Core搭載モデルが登場――「LaVie S」
NECの主力A4ノート「LaVie S」がボディを一新。最大約9時間の長時間バッテリーを搭載したほか、最上位モデルにはインテルの最新CPUである第3世代Core i5を採用した。(2012/5/8)

PC販売ランキング(2012年4月2日〜2012年4月8日):
ノートPC、売れ筋は主力モデルの最上位(2012年4月第1週版)
今回は4月第1週の集計。ノートPCのランキングはLaVie Sが首位を奪還。各メーカーの主力機種の中でも、ハイエンド構成のモデルが上位にランクインする傾向があります。(2012/4/16)

PC販売ランキング(2011年12月5日〜12月11日):
ノートPCの売れ筋、「LaVie S」「dynabook T451」「LIFEBOOK AH」が人気(2011年12月第2週版)
PC秋冬モデルは、ノートモデルがA4オールインワン、デスクトップモデルは地デジ液晶一体型が売れ筋。家族用PCの購入を考えるなら、どれがよさそうだろうか。(2011/12/19)

PC販売ランキング(2011年11月14日〜11月20日):
「LaVie S」が連続首位──PC秋冬モデルの売れ筋をチェック(2011年11月第3週版)
ボーナス商戦期が近づき、PCの売れ筋傾向にやや変化が見られるようになってきた。中でも売れているPCは何か。販売ランキングでチェックしてみよう。(2011/11/28)

PC販売ランキング(2011年10月31日〜11月6日):
ようやく秋冬モデルが売れてきた ノートPCランキングの9割が新モデルへ移行(2011年11月第1週版)
11月に入り、PCの売れ筋はようやく2011年秋冬モデルへ移ったようだ。ノートPCは、LaVie S、dynabook T451、MacBook Proなどが売れている。(2011/11/14)

2011年PC秋冬モデル:
主力A4ノートに「ワイヤレスTV」モデルが追加――「Lavie S」
15.6型ワイド液晶を搭載する「LaVie S」の秋冬モデルは、エントリー向けのTV搭載モデルがラインアップに加わった。既存の3機種はCPUやディスプレイの性能を強化した。(2011/9/12)

あなたが買ってあげればいいと思うのですよ:
節電対応の“やさしい”ノートPC「LaVie S」──“家族向けPC”に適するか
手ごろなサイズと価格が特徴のベーシックA4ノートPC「Lavie S」が、デザインを一新し、パフォーマンスも向上させた。「家族に買ってあげる」PCとして、どのあたりがパワーアップしたかをチェックする。(2011/6/22)

2011年PC夏モデル:
第2世代Core i+新デザインの15.6型“シンプル”ノート――「LaVie S」
「LaVie S」は「シンプルに楽しく使いこなせるスリムノートPC」という製品テーマを掲げる15.6型ワイド液晶搭載ノートPC。夏デルは上位2機種をフルモデルチェンジした。(2011/5/16)

2011年PC夏モデル:
NEC、「LaVie/VALUESTAR」新モデル──基本性能を大幅強化、「個室TV」モデルも拡充
NECが2011年PC夏モデルを発表。売れ筋シリーズ「LaVie S」のモデルチェンジに加え、主力シリーズの大幅な性能強化、そしてアナログ放送停波にともなうプライベートルームへの導入を訴求する「個室TV」モデルを拡充した。(2011/5/16)

PC販売ランキング(2011年3月28日〜4月3日):
PC春モデル、ノートPCは「LaVie S」/デスクトップは「dynabook Qosmio D710」が人気
今回は2011年度1回目の集計。PC売れ筋の大まかな傾向に変化はないが、“Sandy Bridge”世代のモデルがじわじわ浮上するなど、若干の順位変動があった【2011年4月第1週版】(2011/4/8)

2011年PC春モデル:
Blu-ray Discドライブを搭載したスリムノートPC――「LaVie S」
15.6型ワイド液晶を搭載する「LaVie S」の春モデルは、基本スペックを強化しつつ、上位モデルでBlu-ray Discドライブを採用したのが見どころ。(2011/2/1)

PC販売ランキング(2010年11月29日〜12月5日):
ノートPC売れ筋はA4オールインワンの秋冬モデル──中でも人気はNEC「LaVie S」
12月に入り、2010PC秋冬モデルにおける売れ筋の傾向がはっきりしてきた。同時に順位の変動もやや少なくなってきている。【2010年12月第1週版】(2010/12/10)

2010年PC秋冬モデル:
シンプル&プレーンな薄型デザインはそのままに、基本性能を強化──「LaVie S」
シンプルデザインと導入しやすい価格が特徴の「LaVie S」は、光学ドライブ内蔵スタンダードノートPCとしての使いやすさと基本性能を強化。価格は、実売12万円前後から。(2010/9/13)

身近な誰かにちょうどよい:
“普段着”のようなノートPC──新シリーズ「LaVie S」の実力チェック
省電力なLED液晶と手ごろなサイズ感、意外におしゃれなカラー。NECのベーシックA4ノートPC新シリーズ「LaVie S」の“見た目”と使い勝手をチェックした。(2010/5/20)

2010年PC夏モデル:
主力モデルは機能向上、薄型A4ノートPCの新シリーズも登場──NEC、夏の「LaVie/VALUESTAR」新モデル
NECが2010年PC夏モデルを発表。基本機能を強化した既存シリーズに加え、薄型コンパクトな新シリーズ「LaVie S」を投入する。(2010/4/19)

2010年PC夏モデル:
“シンプルで使いやすい”を目指したA4スタンダードの新シリーズ──「LaVie S」
「LaVie S」は、薄型ボディとベーシックな性能、価格帯をバランスさせたノートPCの新シリーズだ。15.6型ワイド液晶とCore iシリーズを採用する。【夏モデル第2弾追記】(2010/4/19)

NEC、ノートPCの新ラインナップを発表
NECは、ノートPC「LaVie S」「LaVie L」「LaVie RX」の新ラインアップを発表。5月上旬から発売開始で、価格はオープン。(2004/5/6)

「LaVie S」シリーズがSoundVuと3D液晶を搭載して復活――NEC LaVie S LS900/8E
しばらく途絶えていたマルチメディアノートPCの「LaVie S」シリーズに新モデルが登場した。ノートPCで初めて「SoundVu」を搭載したほか、上位モデルの「LaVie S LS900/8E」では画像を立体視できる3D液晶を装備するなど、従来からのコンセプトを継承しつつ、さらなる進化を遂げている。(2004/2/17)

NEC、3D液晶搭載の新ノートPCを発表
NECは1月7日、新「LaVie S」シリーズを発表した。すべてのモデルにノートPCとしては初めて「SoundVu」を搭載するほか、上位モデルには3D対応液晶ディスプレイを採用する。(2004/1/8)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。