ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メール使いホーダイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メール使いホーダイ」に関する情報が集まったページです。

ドコモ、spモードで「メール使いホーダイ」を利用したユーザーに誤課金 返還へ
ドコモは、spモードで「メール使いホーダイ」を利用するユーザーに対し、本来無料になるメールのパケット料金を誤課金していたと発表した。影響は現在も続いており、9月中旬に対処を行う。(2011/9/9)

料金プランは何を選ぶべき? 「だれ定」+ケータイはお得?――ウィルコムの料金を考察する
ウィルコムの主な料金プランには「新ウィルコム定額プラン」「新ウィルコム定額プランS」の2つがあるが、どちらがお得なのか。また、国内の通話料が条件付きで無料になる「だれとでも定額」を、ケータイと組み合わせて2台持ちをするとお得になるのだろうか。(2011/2/9)

ふぉーんなハナシ:
spモードメールは“家族間メール無料”の対象? Wi-Fi経由で使える?
ドコモがスマートフォン向けに提供予定のspモードメールは、iモードメールと同じ感覚でメールをやり取りできる。では、iモードメールと同じく、「ファミリー割引」を契約した家族とのメールは無料になるのだろうか。(2010/7/16)

ドコモ、スマートフォン向け「spモード」の概要を発表
ドコモがスマートフォン向けのインターネット接続サービス「spモード」の概要を明らかにした。iモードとspモードの両方を契約しても、ISPセット割の対象になるため、2つのメールアドレスを使い分けることも可能だ。(2010/7/13)

ドコモ、スマートフォン向けISP「spモード」開発 iモードメールアドレス、デコメ対応
ドコモがスマートフォン向けISP「spモード」を開発。iモードメールアドレスをスマートフォンでも引き継いで利用でき、絵文字やデコメも利用できる。(2010/7/13)

ふぉーんなハナシ:
「Xperia」購入前に確認しておきたいこと
Xperiaを購入予定で「パケ・ホーダイ」や「パケ・ホーダイフル」を契約している人は、要注意です。(2010/3/17)

ドコモ、「タイプシンプル学割」を発表――学生と家族の基本料金が月額390円〜に
KDDIに続き、ドコモも学割キャンペーンを発表した。「タイプシンプル学割」に申し込むことで、基本料金が最安で390円に割り引かれる。iモード契約をすれば「メール使いホーダイ」も利用できる。(2010/1/26)

1回線でスマホもiモード端末も使える――ドコモがパケット定額サービス統合
ドコモがiモード向けのパケット定額サービスと、スマートフォン向けパケット定額サービスを統合。これにより、1回線の契約でiモード端末もスマートフォンも使えるようになる。(2010/1/21)

月間ランキングで振り返る+D Mobile 2009年下半期
モバイル業界のニュースを月間ランキングで振り返る。アクセスランキングという性格上、端末発表会の記事がほとんどを占めるが、下半期はiPhone 3GSや話題の拡張現実アプリ「セカイカメラ」、「XPERIA X10」の話題なども関心を集めている。(2009/12/31)

累計契約1億1000万突破 冬商戦の効果は12月からか――11月契約数
TCAが11月の携帯・PHS契約数を発表。累計契約数が1億1000万の大台を突破した。各キャリアの純増数は10万を切っており、いち早く冬モデルを投入したKDDIが純増を伸ばしたものの、そのほかのキャリアに大きな動きはなかった。(2009/12/7)

Mobile Weekly Top10:
「ガンガンメール」はガンガン使わないユーザーにも魅力的?
auの「ガンガンメール」を筆頭に各社が導入した“メール無料”サービスは、ケータイを積極的に使わないユーザーにもメリットがありそうだ。(2009/11/4)

ドコモも「メール使いホーダイ」 au対抗、ソフトバンクに続き
auの「ガンガンメール」に対抗し、ソフトバンクに続いてドコモもメール無料プランを発表した。(2009/10/27)

ドコモ、「メール使いホーダイ」発表――月額1095円でiモードメールが無料に
ドコモが新料金サービス「メール使いホーダイ」を12月1日に導入する。基本料金780円からのプラン+iモード付加機能使用料(月額315円)を利用することで、メールの送受信料が無料になる。(2009/10/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。