ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メール使いホーダイ」最新記事一覧

ドコモ、spモードで「メール使いホーダイ」を利用したユーザーに誤課金 返還へ
ドコモは、spモードで「メール使いホーダイ」を利用するユーザーに対し、本来無料になるメールのパケット料金を誤課金していたと発表した。影響は現在も続いており、9月中旬に対処を行う。(2011/9/9)

料金プランは何を選ぶべき? 「だれ定」+ケータイはお得?――ウィルコムの料金を考察する
ウィルコムの主な料金プランには「新ウィルコム定額プラン」「新ウィルコム定額プランS」の2つがあるが、どちらがお得なのか。また、国内の通話料が条件付きで無料になる「だれとでも定額」を、ケータイと組み合わせて2台持ちをするとお得になるのだろうか。(2011/2/9)

ふぉーんなハナシ:
spモードメールは“家族間メール無料”の対象? Wi-Fi経由で使える?
ドコモがスマートフォン向けに提供予定のspモードメールは、iモードメールと同じ感覚でメールをやり取りできる。では、iモードメールと同じく、「ファミリー割引」を契約した家族とのメールは無料になるのだろうか。(2010/7/16)

ドコモ、スマートフォン向け「spモード」の概要を発表
ドコモがスマートフォン向けのインターネット接続サービス「spモード」の概要を明らかにした。iモードとspモードの両方を契約しても、ISPセット割の対象になるため、2つのメールアドレスを使い分けることも可能だ。(2010/7/13)

ドコモ、スマートフォン向けISP「spモード」開発 iモードメールアドレス、デコメ対応
ドコモがスマートフォン向けISP「spモード」を開発。iモードメールアドレスをスマートフォンでも引き継いで利用でき、絵文字やデコメも利用できる。(2010/7/13)

ふぉーんなハナシ:
「Xperia」購入前に確認しておきたいこと
Xperiaを購入予定で「パケ・ホーダイ」や「パケ・ホーダイフル」を契約している人は、要注意です。(2010/3/17)

ドコモ、「タイプシンプル学割」を発表――学生と家族の基本料金が月額390円〜に
KDDIに続き、ドコモも学割キャンペーンを発表した。「タイプシンプル学割」に申し込むことで、基本料金が最安で390円に割り引かれる。iモード契約をすれば「メール使いホーダイ」も利用できる。(2010/1/26)

1回線でスマホもiモード端末も使える――ドコモがパケット定額サービス統合
ドコモがiモード向けのパケット定額サービスと、スマートフォン向けパケット定額サービスを統合。これにより、1回線の契約でiモード端末もスマートフォンも使えるようになる。(2010/1/21)

月間ランキングで振り返る+D Mobile 2009年下半期
モバイル業界のニュースを月間ランキングで振り返る。アクセスランキングという性格上、端末発表会の記事がほとんどを占めるが、下半期はiPhone 3GSや話題の拡張現実アプリ「セカイカメラ」、「XPERIA X10」の話題なども関心を集めている。(2009/12/31)

累計契約1億1000万突破 冬商戦の効果は12月からか――11月契約数
TCAが11月の携帯・PHS契約数を発表。累計契約数が1億1000万の大台を突破した。各キャリアの純増数は10万を切っており、いち早く冬モデルを投入したKDDIが純増を伸ばしたものの、そのほかのキャリアに大きな動きはなかった。(2009/12/7)

Mobile Weekly Top10:
「ガンガンメール」はガンガン使わないユーザーにも魅力的?
auの「ガンガンメール」を筆頭に各社が導入した“メール無料”サービスは、ケータイを積極的に使わないユーザーにもメリットがありそうだ。(2009/11/4)

ドコモも「メール使いホーダイ」 au対抗、ソフトバンクに続き
auの「ガンガンメール」に対抗し、ソフトバンクに続いてドコモもメール無料プランを発表した。(2009/10/27)

ドコモ、「メール使いホーダイ」発表――月額1095円でiモードメールが無料に
ドコモが新料金サービス「メール使いホーダイ」を12月1日に導入する。基本料金780円からのプラン+iモード付加機能使用料(月額315円)を利用することで、メールの送受信料が無料になる。(2009/10/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。