ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「市場調査」最新記事一覧

「非常時のデータ復旧に自信なし=5割」の課題をどう解消するか:
中堅企業の「バックアップのクラウド対応」が進む、課題は「復旧テストの有無」 デル調査
デルが「中堅企業向けバックアップ関連動向調査」の結果を発表。いわゆる“ひとり情シス”の企業が抱える課題は、「負荷増によるミスの可能性」と「復旧テストの有無」。なお中堅企業においても、バックアップのクラウド化が進んでいる現状も分かった。(2017/5/29)

ITライフch:
中古携帯端末購入に対しての抵抗感は男女で差 利用率は1.7%
MMD研究所は、「2017年中古端末に関する購買動向調査」の結果を発表した。中古端末の利用率は1.7%で、中古端末購入に対しての抵抗感には男女で差があるという結果になっている。(2017/5/17)

調査レポート:
「Apple Watch」の1〜3月期出荷台数は59%増の350万台──Strategy Analytics調べ
Strategy Analyticsの世界ウェアラブル端末市場調査によると、「Apple Watch」を販売するAppleがFitbit、Xiaomiを押さえてのシェアトップに立った。(2017/5/8)

昔のスマホを中古に出したくない理由は? 中古端末の購買動向調査
MMD研究所の「2017年中古端末に関する購買動向調査」によると、中古端末の利用率は1.7%と前年から1ポイント減。中古端末購入に対しては8割弱が抵抗があるという結果になり、男女で差が見られた。(2017/4/27)

経済産業省 工場立地動向調査:
工場立地件数、都道府県別では静岡県が第1位
経済産業省は、2016年1〜12月の国内製造業の工場立地動向をまとめた「工場立地動向調査」の内容を公表した。(2017/4/20)

Qualcommが3位に:
2016年半導体メーカー売上高ランキング――IHS Markit
市場調査会社のIHS Markitは、2016年の世界半導体市場についての調査結果と、同年における半導体メーカー別売上高ランキングを発表した。同社の報告によると、世界半導体市場は前年比2%増の成長を遂げ、3524億米ドルとなった。(2017/4/4)

製造マネジメントニュース:
国内工場は輸送用機械分野で増加、都道府県1位は静岡県
経済産業省は2016年の工場立地動向調査の内容を取りまとめた。その結果、工場立地件数は前年比で減少した一方で立地面積は増加した。増加分野は輸送用機械、食料品など。(2017/4/4)

2015年とほぼ同じ顔ぶれ:
2016年の車載半導体市場、NXPが首位を維持
英国の市場調査会社であるSemicast Researchが、2016年の車載ICベンダーランキングトップ10を発表した。ランキングの順位は2015年に比べてほとんど変化しておらず、NXP Semiconductorsが前年に続き首位に立った。(2017/4/3)

2017年のデータセンターはどう変わる?
IoTにトライしていない企業はたった11%、IT投資動向調査で驚きの結果
TechTargetの調査「IT Priorities Survey」で、データセンターはアップグレードとインフラの改善に取り組み、新たに出現したテクノロジーを取り入れるようになることが明らかになった。(2017/4/3)

製薬企業のマーケティングを変えるデータ活用【第1回】
製薬企業のマーケティング調査が「市場規模把握」で終わってしまうのはなぜか
製薬企業が新薬を上市する際、市場調査が「市場規模把握」にとどまってしまい、マーケティング戦略を決め切れなくなるケースが少なくないという。医療用医薬品業界のデジタルマーケティング専門家が解決策を説く。(2017/3/27)

提供:東日本電信電話株式会社
「オフィスソフト」動向調査:次の買い換えで期待されている製品は?
キーマンズネットは2016年8月24日から9月6日に「オフィスソフトウェア」に関する読者アンケート調査を実施した。「オフィスソフトの買い換え意向」などの幾つかの項目で、近年の傾向を現す興味深い結果が得られた。(2017/3/23)

MVNOメイン利用は7.4%、格安SIMサービスの認知度は87.8%に
MMD研究所は「2017年3月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施。MVNOをメイン利用しているのは7.4%で、Y!mobileを加えると10.8%となる。また、格安SIMサービスの認知度は87.8%となった。(2017/3/21)

地域別ランキング:
ウエハー生産能力、日本は東芝とルネサスで64%
市場調査会社のIC Insightsは、2016年12月における地域別ウエハー生産能力ランキングを発表した。1位から台湾、韓国、日本、北米、中国、欧州の順に続いている。(2017/2/28)

キャリアニュース:
2017年ミドル層の求人動向調査――「求人は増加する」が78%
転職求人サイト「ミドルの転職」が、ミドル層の求人動向についてのアンケート調査結果を発表した。2017年のミドル層を対象とした求人について、78%が「増えると思う」と回答。増えそうな求人トレンドは「首都圏から地方へ」と予想されている。(2017/2/24)

2022年には市場規模3013億円、動画比率は3分の1に:
2016年のインフィード広告市場は前年比1.8倍の1401億円に──サイバーエージェント調査
サイバーエージェントは2017年2月9日、デジタルインファクトと共同で、国内インフィード広告の市場動向調査結果を発表した。(2017/2/9)

「Qualcomm+NXPは相当脅威」:
IHS・南川氏に聞く、半導体業界再編とIoTの行方
2016年も終わることがなかった半導体業界の“M&A”の嵐――。2017年もこの業界再編は続くのだろうか。市場調査会社のIHSグローバルで主席アナリストを務める南川明氏に聞いた。(2017/1/18)

矢野経済研究所発表:
国内時計市場が成長 富裕層とインバウンドがけん引
矢野経済研究所が国内時計市場調査結果を発表。2015年の時計市場規模は前年比16.9%増の9556億円だった。ウォッチ(腕時計)・クロック(置時計・掛時計・目覚まし時計)ともに前年より成長した。(2017/1/13)

MM総研のMVNO市場調査、楽天モバイルとmineoがシェアを伸ばす
MM総研が、国内MVNO市場の実績を発表。独自サービス型SIMの回線数は2016年9月末で657.5万となった。事業者別では楽天モバイルとmineoがシェアを伸ばした。(2016/12/14)

製造ITニュース:
国内市場におけるIoTとコグニティブの活用動向調査
IDC Japanは、「2016年 国内IoT市場 コグニティブ/AI活用動向分析」の結果を発表した。IoTとコグニティブ技術を活用した主要な用途をまとめた上で、将来的に双方を組み合わせて生み出される価値について調査した。(2016/11/29)

長時間労働、意外と減少中? 5人に1人「残業なし」
市場調査会社のマーシュが労働環境に関するアンケート結果を発表した。(2016/11/15)

「収集可能なデータの最大化」と「有効活用可能なデータの最大化」の違い:
IoTとコグニティブ/AIの組み合わせで生み出される「価値/効果」とは IDCが調査結果を発表
IDCジャパンが、IoTとコグニティブ技術の組み合わせで生み出される価値に関する市場調査結果を発表。IoTとコグニティブの組み合わせによって、「製造品質改善」「製造機械の故障予兆検知」などの分野で特に効果をもたらすとしている。(2016/11/15)

スマホ動画が成長をけん引:
2016年の動画広告市場は前年比1.5倍の842億円に──サイバーエージェント調査
サイバーエージェントは、デジタルインファクトと共同で国内動画広告の市場動向調査を実施、調査結果を発表した。(2016/11/9)

製造業IoT:
先端IT技術利用動向調査――国内製造業のIoT導入は加速する見込み
IDC Japanは、国内企業における先端IT技術活用事例の調査結果を発表した。製造業の大企業ではIoTの活用が加速していくこと、中堅中小企業においても活用が広がっていることを示唆する結果となった。(2016/11/3)

「iPad Pro」の出荷台数はiPadシリーズ全体の3分の1以下──IDC調べ
調査会社IDCが発表した7〜9月期の世界におけるタブレット出荷調査によると、メーカー別ランキング首位のAppleのiPadで売れているのは主にAirとminiで、iPad Proの出荷台数は総出荷台数の3分の1以下という。(2016/11/1)

「Galaxy Note7」リコールの影響は? IDC世界スマートフォン市場調査
IDCの世界スマートフォン市場調査によると、「Galaxy Note7」のリコール騒ぎがあったものの、7〜9月期のメーカー別シェアではSamsungが依然首位だった。Note7不在のホリデーシーズンにはAppleがシェアを伸ばすとみている。(2016/10/27)

MMD研が「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施 サービス利用率は14.7%
MMD研究所は「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施した。利用率は14.7%で、契約プランは音声プランが53.8%、データプランが46.2%。メインで利用しているのは「楽天モバイル」「OCNモバイルONE」「IIJmio」となった。(2016/10/6)

世界のデジタル消費・利用動向調査「Connected Life」最新版:
「Instagram」「Snapchat」利用がアジアで急増──カンター・ジャパン調査
カンター・ジャパンは、モバイル・タブレットなどのデジタル機器やデジタル関連サービスの消費・利用動向調査の最新版を発表した。(2016/10/4)

アジアの中でも高い数値に:
日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発表した。日本では、1人のユーザーが複数デバイスを利用する傾向が高まっている。(2016/9/23)

2020年には市場規模70億円に:
法人向け名刺管理サービス市場、Sansanが約8割のシェア――シード・プランニング調査
シード・プランニングは法人向け名刺管理サービスに関する市場動向調査を実施。2016年は市場規模40億円を超え、2020年には70億円弱に達するとする見通しを発表した。(2016/9/20)

自然エネルギー:
2020年に市場規模は半減、主要な再生可能エネルギー関連市場の展望
調査会社の富士経済が再生可能エネルギー関連システムの市場調査結果をまとめた。2016年度の市場規模は3兆円を超える見込みだ。一方、太陽光発電市場の縮小などにより、2020年度に市場規模は約半分まで縮小すると予測している。一方、蓄電池などのポストFIT市場を見据えた製品市場は拡大する見込みだ。(2016/9/16)

米国実績ではコンバージョン率5倍:
市場調査とアドテクの長所を融合、「Kantar グロースターゲティング」の提供を開始
カンター・ジャパンは、ターゲティング付加価値ソリューション「Kantar グロースターゲティング」の提供を開始する。ブランドやカテゴリーの中から消費が増える成長セグメントを特定、幅広いリーチでターゲティング広告の配信ができる。(2016/9/15)

仕事と人工知能に関する実態調査:
マーケティング従事者の約3割が「人工知能に仕事が奪われる」と不安
ジャストシステムは、マーケティングリサーチ情報サイト「Marketing Research Camp」で、職業別「仕事と人工知能に関する実態調査」の結果を発表した。(2016/8/23)

上位20社で減収はIntelとルネサスのみ:
2016年Q2の半導体シェア、MediaTekが躍進
米国の市場調査会社IC Insightsは、2016年第2四半期(4〜6月期)における半導体メーカーの売上高ランキングを発表した。全体の売上高は、前四半期比7%増となっている。(2016/8/18)

IoT市場は2020年までに1.7兆ドル規模まで成長する:
「企業がIoTに取り組むべき理由」が分かる、“16”の重要な統計データ
マイクロソフトが、市場調査会社やコンサルティング会社などが発表してきた「IoTに関する市場データ」から、「特に重視すべき」とする16件のデータを紹介した。(2016/8/9)

IDC Japan 国内タブレットソリューション動向調査:
今注目している技術は? 企業の「モバイル」に対する関心は依然として高い
IDC Japanは「国内タブレットソリューションに関するユーザー動向調査」を実施。企業が「今注目している技術」を聞いたところ「モバイル」を挙げる回答者が最も多く見られたという。(2016/7/21)

2015年度のスマホ+タブレットの出荷台数は過去最多の3794万台に
ICT総研は「2016年度 スマートデバイス市場動向調査」の結果を発表。2015年度のスマートデバイス出荷台数は年度ベースで過去最多の3794万台となり、タブレットの出荷台数予測は2016年度に951万台とPCの出荷台数に並ぶ見込み。(2016/7/6)

2021年にはIGBT市場で大きなシェアを占める:
電気自動車、今後のパワー市場のけん引役に
フランスの市場調査会社によると、今後のパワーエレクトロニクス市場をけん引するのは、電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HEV)だという。ただ、EVやHEVは補助金など政策も絡むことから、同市場の未来が明るいかどうかは、政治的な要素も関係してくる。(2016/7/5)

ふるさと納税「したことある」は12.7% 「手続きが面倒」「仕組みが分からない」の声目立つ
ふるさと納税の認知率は97%だが、そのうち実際に納税した人は12.7%――マーケティングリサーチ会社のマーシュが調査結果を発表した。(2016/6/22)

ICT総研が格安SIMの市場動向を調査――利用者シェアは楽天モバイル、信頼性はIIJmioがトップ
ICT総研が「2016年 MVNO格安SIMの市場動向調査」の結果を発表。利用者シェアは楽天モバイル、信頼性はIIJmioがトップで、満足度は料金面に対する項目が比較的高くなっている。(2016/6/15)

太陽光関連業者の倒産増加 帝国データバンク調べ
帝国データバンクは6月8日、太陽光関連業者の倒産動向調査を発表した。太陽光関連業者の倒産件数は年々増加しているという。(2016/6/8)

2015年度の玩具市場規模、前年度比99%の8003億円 「妖怪ウォッチ」「アナ雪」反動減を乗り越え
日本玩具協会は6月7日、2015年度の玩具市場規模と市場動向調査を発表した。「妖怪ウォッチ」「アナと雪の女王」ブームで好調だった前年度と比べて反動減となることが予想されていたが……。(2016/6/7)

回復の兆しも:
産業用半導体の売上高、わずかに上昇
市場調査会社であるIHSの報告によると、数多くの予測に反して、2015年の産業用半導体の世界売上高はわずかに上昇したという。具体的には、2015年の同売上高は419億米ドルで、対年前比で約1%上昇した。(2016/6/7)

2020年は180億ドル規模に:
フレキシブルOLED市場、新たな用途で成長加速へ
フレキシブル有機ELディスプレイ(OLED)市場で、新たなチャンスが生まれようとしている。市場調査会社の予測によると、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)向けウェアラブル機器などを中心に、2016〜2020年にかけて大きく成長するとみられている。(2016/6/2)

2020年には英国とドイツ中心に6000億円市場へ:
サイバーエージェントが欧州4カ国のモバイルゲーム市場調査を実施
サイバーエージェントは、シード・プランニング、デジタルインファクトと共同で、欧州主要4カ国のモバイルゲームの市場動向調査を行った。(2016/5/24)

SIM通:
中古よりも新品のほうが良い!? 中古端末の利用実態
MMD研究所は、「中古端末の購買動向調査」を行い、その結果を発表した。中古端末を購入していない回答者の約78%が、中古端末購入に抵抗があるという結果になっている。(2016/5/17)

MMDが中古端末に関する購買動向を調査――利用率は2.7%、下取りプランは16.9%が利用
MMD研究所が行った「2016年中古端末に関する購買動向調査」によると、中古端末の利用率は2.7%で、以前利用していた端末は「そのまま持っている」が約6割となった。また、下取りプランの利用は16.9%となっている。(2016/4/22)

CyberZが予測:
2015年のスマートフォン広告市場規模は3717億円、2020年にはその2倍に
CyberZはスマートフォン広告市場動向調査を実施、2020年までの想定推移・広告商品別広告費などを発表した。(2016/4/21)

動向調査:
「在庫過多」は、販売計画精度の低さや属人的オペレーションなどが原因
日立ソリューションズ東日本とジェムコ日本経営は、「製造業における在庫にまつわる課題の動向調査」の調査結果を発表した。(2016/4/20)

エコカー技術:
2020年の電動パワステ市場はコラムタイプが4割増、ラックタイプは6割増に
矢野経済研究所は、2020年までの電動パワーステアリングの市場調査についてまとめた。電動パワーステアリングと電動油圧パワーステアリングの合計で、2020年の市場は2015年の見込み比35.0%増の6890万台に達する。2020年に、コラムタイプが同41.6%増の4035万台、ラックタイプは同59.0%増の2305万台に拡大する。(2016/4/15)

シード・プランニング 電子カルテ/PACS市場調査:
病院向け電子カルテ市場は単価が低下傾向にあるが、ゆるやかに成長
シード・プランニングは、電子カルテと医用画像ネットワークシステム(PACS)に関する調査を実施。その調査結果を「2016年版 電子カルテの市場動向調査」にまとめた。(2016/4/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。