ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モザイク」最新記事一覧

関連キーワード

きんモザ特別エピソードは「きんいろモザイク Pretty Days」に決定 11月12日から全国上映、舞台は高2の学園祭!
5人組が学園祭らしい格好をしたキービジュアルも公開!(2016/6/18)

ニコ生で土日に「きんいろモザイク」第1・2期一挙放送 スペシャルエピソード制作決定を記念して
5月28・29日に実施。忍やアリスたちとゆるい休日を送るぞー!(2016/5/20)

おのののか、顔の一部をモザイクで隠した写真を投稿 ファンの妄想が止まらない事態に
それ以上いけない。(2016/4/12)

動く1/6「ダビデ像フィギュア」が登場 モザイクなし、パンツ有りのサンプル画像がひどい
ダビデ像の歴史に新たな1ページが刻まれた……!(2016/3/29)

アニメ「きんいろモザイク」「ゆゆ式」の新作エピソードが制作決定!
動くアリスやゆずこたちにもう一度会えるぞ〜!(2016/3/26)

約1万3000枚のポケモンカードがピカチュウに! 20周年記念の巨大モザイク画がギネス記録
英国のアーティストの協力により、約70平方メートルの大作が完成。(2016/3/24)

YouTubeが「動く物体を自動で追尾してぼかしを入れてくれる機能」実装 なにこれすごい
モザイク職人になった気分。(2016/2/27)

写真を撮られる時にサッと構えるだけで目元にモザイク処理! 持ち歩けるモザイクバー「eyeMosaic Bar」登場
友達と一緒に写真には写りたいけれど、プライバシー管理も気になる方に。(2015/10/19)

傘のなかで両手を広げる九条カレン 「ハロー!!きんいろモザイク」の痛傘が登場
イギリス出身の彼女をイメージし、ユニオンジャックやチェック柄がメインに。(2015/9/25)

App Town 写真/ビデオ:
クリエイテラ、音声も同時に変換できるiOS向け動画加工アプリ「モザイクムービーメーカー」リリース
クリエイテラは、iOS向け動画加工アプリ「モザイクムービーメーカー」をリリースした。テロップの追加や音声の変換も行える。(2015/6/3)

アリスちゃんの家にも行ける! 「ハロー!! きんいろモザイク」公認のイギリス聖地巡礼ツアー登場
忍ちゃんがホームステイしたB&Bにも泊まれますよ。(2015/5/27)

「きんいろモザイク」の限定グッズがもらえるデス! 全国のデイリーヤマザキでキャンペーン
カレンかわいい。(2015/5/19)

えっ、ええっ!? 英国政府観光庁のオフィシャルブログで「ハロー!!きんいろモザイク」が紹介される
観光庁だってアリス萌えかもしれないし。(2015/4/14)

アリス萌え〜! 叡山電鉄にて「きんいろモザイク」ラッピング車両&スタンプラリー実施
オリジナルの入場券もかわいい!(2015/4/1)

アリスたちの掛け合いで楽しく勉強! 「きんいろモザイク」で英語を学べる語学書が登場だよー
「I like you!!」(2015/3/17)

33年の歴史に幕を閉じた「鬼怒川秘宝殿」は、最期の瞬間まで夢とモザイクのシャングリラだった
荒いモザイクの良さがそこにはあった。てか、ほとんどモザイクじゃね?(2015/1/10)

アニメ「きんいろモザイク」 ニコ生で一挙放送デース! 12月末にイベントもやりマス!
キラキラした日々にまた!(2014/10/21)

万引き犯へ「返さなかったら顔写真のモザイクを外して公開」 まんだらけの警告文に賛否両論
盗まれたのは25万円の商品。(2014/8/6)

3.2Gピクセル・“自分撮り”でできた地球 NASAが公開
世界各地から集まった“自分撮り”のモザイクでできた地球の画像をNASAが公開した。(2014/5/23)

漫画「百合男子」で「ひだまりスケッチ」「きんいろモザイク」など無断使用 一迅社が謝罪
他作品の漫画、イラストなどを無断で改変・使用し、各権利者からの許諾を受けているかのような権利表示を無断で行っていた。(2013/12/20)

プレアデス、光揺らめく厚さ0.55ミリのiPhone 5ケースを発売
プレアデスシステムデザインは、個性的なモザイクパターンのiPhone 5ケース「BMT Mosaic for iPhone 5」を発売。反射する光が揺らめく特殊効果も特徴だ。(2013/4/22)

ファミマで「はちゅねミク肉まん」第2弾発売決定 今度はピンク色?
ファミマさんGJ! でもモザイクがあああ。(2013/2/19)

自分で自分にモザイク 写真に写り込んでも安心なセルフモザイクマスク
「Pixelhead」があれば、偶然誰かの写真に写り込んでネットにアップされても大丈夫だ。(2012/8/11)

なんかモザイクっぽく見えてエロい感じになるタオル
人は見えないと想像力で補完するものなんですね。(2012/5/22)

ポスト・イットでできた巨大ウルトラマン、玉川高島屋S・Cに出現
ポスト・イットで作った4×5メートルの巨大なウルトラマンのモザイクアートが制作される。国内初の住友スリーエム公認だ。(2012/4/17)

金子みすゞの詩を24時間朗読リレー 「こだまでしょうか3.11」ライブ配信
童謡詩人・金子みすゞの詩512編すべてを24時間かけて朗読する企画「24時間朗読リレー! こだまでしょうか3.11」をライブ配信する。金子みすゞの心を全国に発信する団体「みすゞ燦参SUN実行委員会」主催で、東日本大震災の復興支援を兼ねている。12万枚の笑顔写真で作ったモザイク画が飾られる「ルネッサながと」(山口県長門市)と、金子みすゞ展(宮城県仙台市)の会場から届ける。配信は3月10日12時0分〜3月11日17時0分。(2012/3/10)

日本マイクロソフト、タッチセンサー搭載マウス「Arc Touch mouse」にカラバリ2色を追加
日本マイクロソフトは、「Arc Touch mouse」の新色モデル計2タイプ“ホワイト モザイク““レッド キルト”を追加した。(2011/11/14)

六本木ヒルズにTwitterアイコンや写真の花火を打ち上げる――「Million Play Hanabi」
KDDIが8月25日から29日までの4日間、投稿されたmixiやTwitterアイコンをモザイクのように花火に見立てて投射するイベント「Million Play Hanabi」を開催する。(2010/8/20)

総額1億円相当! ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
東京・南青山にベネチアンモザイクの専門店「SICIS(シチス)」がオープンした。シチスはイタリアのブランドで、1987年ラベンナで創業。(2010/8/10)

東京おもちゃショー2010:
1/500スケール「東京スカイツリー」も登場、東京おもちゃショー開幕
東京ビッグサイトで「東京おもちゃショー2010」が開幕した。会場では、実物大の石川遼選手フィギュアや1/500スケール「東京スカイツリー」、ルービックキューブ9071個を使ったモザイクアートなどが注目を集めている。(2010/7/15)

2070枚のポロシャツで描いたゴッホの自画像
オンワード樫山は、印象派絵画と同じ色を服に用いる「オンワード・カラーミュージアム・キャンペーン」を開始。シャツを使った「モザイクアート」も登場した。(2010/5/11)

3分LifeHacking:
モザイク写真が簡単にできてしまう「Foto-Mosaik-Edda」
「Foto-Mosaik-Edda」は、モザイク写真を作成できるWindows用の無料アプリ。少し時間はかかりますが、元画像さえあれば簡単にモザイク写真を作れます。(2009/7/15)

「グランド・セフト・オートIV」を遊んでみて考えた:
笑って楽しみながらアメリカを、そして国際社会を知ろう
文明の岐路であり、諸民族がモザイク状に分布する東ヨーロッパからやってきた男、ニコ・ベリック。アメリカ文明の象徴たるリバティーシティは彼の目にどう映ったのか。異邦人の視点を借りて展開される、風刺とジョークに満ちたアメリカ文明論(私見)。(2008/12/3)

CEATEC JAPAN 2008:
“紙”の書類を暗号化して紙から復号する
書類の一部をモザイク状に暗号化。印刷された“紙”を読み込めば、紙から内容を復号できる。そんな技術を富士通が参考出展している。(2008/9/30)

「モザイクデザイン」のメモリプレーヤー、「CREATIVE ZEN Mozaic」
クリエイティブメディアがフラッシュメモリプレーヤー「CREATIVE ZEN Mozaic」を発売。液晶下部にモザイク状のデザインが施されているスタンダードタイプのプレーヤー。(2008/7/24)

QRコードはさらに先へ:
“白黒モザイクだけ”はもう卒業、QRコードは動く時代に
白黒モザイクのQRコードはもう古い。カラー化したり、画像付きのデザインも可能だ。ついには動く時代になり、Web誘導の新たな可能性を広げる。(2007/5/21)

カラフルな“こたつ”も――コジマ「カラフルモザイク」2006年モデル
コジマは、コンセプト家電「カラフルモザイク」(2006年モデル)を10月7日に発売する。(2006/10/6)

Weekly Access Top10:
あのモザイクに期待した人々
今週のランキングは、先週土曜に発売が開始されたデュアルコアCPU「Athlon 64 X2」を中心に、パーツ系王道記事がランキングされた。唯一「紙のキーボード」だけは例外だが。(2005/6/22)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。