ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「殺人」最新記事一覧

「TwitterがISを支援した」とするテロ被害者遺族の訴えを米地裁が棄却
ヨルダンでISにより殺害された男性の遺族は、ISにTwitter使用を認めたことが原因の1つと主張していた。(2016/8/15)

80年前に事故死したベルギー王 現場の血痕をDNA分析
血痕は王のものと確認され、「別の場所で殺害され、遺体が移動された」という陰謀論はあり得ないものとなったと研究チーム。(2016/8/2)

「ブラックバイト」で「しゃぶしゃぶ温野菜」運営会社を提訴 首を絞める、包丁で刺すといった暴行・殺人未遂行為の告発も
「ブラックバイト」での民事訴訟・刑事告訴は初。(2016/6/17)

「殺人事件が発生した物件です」で話題になった豪邸の公売、1100万円超で落札
見積価額は756万円、落札額は1111万1100円でした。(2016/5/17)

ヤフオク!公売に出品された豪邸の見積価額が756万円 「殺人事件が発生した物件です」
延べ床面積308.1平米とめっちゃ広いけど……。(2016/5/8)

殺人鬼が心の内に秘めた闇とは? 凶悪犯の作品などを展示する「シリアルキラー展」が銀座で開催
目を背けたい不気味さ。でも、見てみたい。(2016/5/5)

読み切り漫画「村に伝わるわらべ歌になぞらえて殺人事件を起こした人の取り調べ」の発想がすごいと話題に 週刊Dモーニングで1週間限定配信
まさかの展開。(2016/5/5)

V6森田剛が“最凶”の連続殺人鬼に! 映画「ヒメアノ〜ル」の衝撃的すぎる予告編が解禁
交錯する日常と狂気に、あなたはきっと恐怖する。(2016/3/23)

“絶対に読んではいけない漫画”「シマウマ」が禁断の実写映画化 快楽殺人者役に須賀健太
「血とゲロにまみれた、爽やかな感動青春映画」デス!(2016/2/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
「最恐の殺人地域」を救うことができるのか 武器は日本の意外な“文化”
「中南米は危険」といった話を聞いたことがあると思うが、私たちが想像している以上に“危険”であるようだ。「世界で最も暴力的な都市2015年」を見ると、上位に中南米の都市がランクイン。こうした状況に対して、日本のある文化が期待されている。それは……。(2016/2/4)

鳥人間が裁判で戦う謎ゲーム「Aviary Attorney」登場 カエルさん殺人事件を解決してネコさん容疑者の疑いを晴らす
なんだこのシュールさは……。(2015/12/10)

愛知県春日井市のラーメン店強盗殺人事件、容疑者を指名手配へ Twitterでも情報募る
尾行中に行方を見失ったとのこと。※追記あり(2015/9/29)

「食人族」HDリマスター版の発売が中止に? → 販売元を変更して発売へ! 収録内容にも変更なし
動物殺害シーンにクレームが入り、発売中止になったというウワサがファンの間で話題になっていました。(2015/9/18)

ジョン・マカフィー氏、米大統領選に出馬へ
殺人容疑を掛けられたり、米国家安全保障局(NSA)からプライバシーを守る端末を開発したりと、何かとお騒がせな自称“エキセントリックな大富豪”、ジョン・マカフィー氏が2016年大統領選への出馬を発表するもようだ。(2015/9/9)

米テレビ記者殺害の一人称視点の動画を容疑者がFacebookとTwitterに投稿 自動再生で多数のユーザーが視聴
米テレビ記者とカメラマンを殺害した容疑者が犯行中に撮影した動画をFacebookとTwitterに投稿した。Twitterは初期設定で動画を自動再生するため、知らずにこの動画を視聴してしまったユーザーも多いという。(2015/8/27)

「サイレーン」が連続ドラマ化 主演は松坂桃李と木村文乃
相棒は年上の恋人、バレたら即異動。次々に巻き起こる猟奇殺人事件の裏で暗躍する美女の正体は?(2015/8/7)

産業用ロボット:
ロボットによる“殺人”は、工場の“自律化”に危機をもたらすか
ドイツの自動車メーカー フォルクスワーゲンの工場で、産業用ロボットによる事故が発生した。インダストリー4.0などで、工場やロボットの自律化への動きが注目されているが、製造現場ではこの事故をどう受け止めるべきだろうか。(2015/7/7)

43万年前の“殺人事件”見つかる 頭蓋骨に攻撃の跡
「最古の迷宮入り事件」──43万年前の殺人事件の跡が、スペインで出土したヒト属の頭骨に見つかった。(2015/5/28)

アニメ「すべてがFになる」、ノイタミナ枠で10月放送開始 2つのコミカライズ企画も始動
密室殺人に挑む。(2015/5/15)

スマートニュース、逮捕少年の実名と顔写真を一時掲載 川崎市男子生徒殺害事件で
不適切な記事をあらかじめ除外するプログラムで判別できなかったため。(2015/3/12)

「SmartNews」に川崎中1殺害容疑者の実名と顔写真 表示を停止
「SmartNews」に11日、川崎市の中学1年生殺害事件の容疑者少年の実名と顔写真とされる内容が表示されていた。運用基準に抵触すると判断し、表示を停止したという。(2015/3/12)

川崎市中1殺害、主犯格とみられる18歳少年を逮捕
少年は容疑を否認しているとのこと。(2015/2/27)

烏賀陽弘道の時事日想:
ネットが“パンドラの箱”を開けた……テロの歴史とメディアの関係
過激派組織「ISIL(イスラム国)」が日本人の人質を殺害した。これまでも日本人が誘拐され、殺される事件はあったが、ISILが従来の武装組織と違うのは、マスメディアの使い方ではないだろうか。(2015/2/19)

道満晴明が描く『花とアリス殺人事件』、「やわスピ」で短期連載がスタート
2004年公開の映画「花とアリス」の前日譚を描く。(2015/2/16)

ヨルダン軍パイロットがISILに殺害されたことに対し首相が声明
無残にも焼殺されたことに大きな憤りを覚える。(2015/2/4)

ヨルダン軍パイロットすでに殺害されていた? 「イスラム国」が動画を投稿
すでに1月3日には殺害されていたと現地メディア。報復として収監していたサジダ・リシャウィ死刑囚を処刑するとも伝えている。(2015/2/4)

秋葉原無差別通り魔事件 加藤智大被告の死刑確定へ
2008年に秋葉原の交差点にトラックで突入、さらにナイフで通行人を刺すなどして7人を殺害した罪に問われていました。(2015/2/2)

後藤健二さん殺害か、「イスラム国」が動画投稿
安倍首相の声明も発表されています。(2015/2/1)

「イスラム国」拘束で新映像 人質交換の要求通らなければ後藤さんを「24時間以内に殺害」と警告
リシャウィ死刑囚の解放なくば、ヨルダン軍パイロットも殺害するとヨルダン政府にも揺さぶり。(2015/1/28)

湯川遥菜さん殺害か、YouTubeに映像 シリア邦人拘束で
安倍首相の声明も発表されています。(2015/1/25)

「イスラム国」日本人2人を殺害警告か ネットに動画を公開
解放条件として身代金2億ドルを要求している。(2015/1/20)

「花とアリス殺人事件」×キットカット “受験あるある”をテーマにした4コマ公開
4コマ漫画は20本で1つの物語になるという。(2015/1/20)

それ違う殺人事件だろ! 「オリエント急行殺人事件」放送中に無慈悲なネタバレが相次いで投下される事案が発生
様式美。(2015/1/12)

世田谷区に子どもの殺害予告 住民に向けて注意を呼びかける
明日1月10日午後2時と日時を指定。(2015/1/9)

三谷幸喜がアガサ・クリスティーの名作ミステリをドラマ化! 「オリエント急行殺人事件」1月11日、12日に2夜連続放送
舞台を昭和初期の日本に大胆アレンジ。(2014/12/1)

道満晴明が描く『花とアリス殺人事件』、映画公開に合わせ「やわスピ」で連載
花とアリスのビジュアルも公開。連載開始は2015年2月の予定。(2014/10/23)

殺人鬼「切り裂きジャック」の正体、DNA鑑定で判明?
専門家からは疑問の声も。(2014/9/8)

とある作家の記念企画:
鎌池和馬10周年記念ラノベ「とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情」執筆開始
鎌池作品の歴代キャラクターが登場する大横断小説が今冬公開……ってタイトル長っ。(2014/7/13)

伊吹太歩の時事日想:
少女300人を誘拐したボコ・ハラムが恐れる「死の呪い」
ナイジェリアでテロ行為を繰り返す組織「ボコ・ハラム」。300人以上の少女を誘拐し、約1万2000人を殺害してきた彼らだが、ここ数日で事件解決に向かうかもしれない、ある“異変”が起きているという。(2014/7/3)

木嶋佳苗被告がニコニコチャンネル開設 自伝的小説を連載 「愛した男性を嫌いになったことがない」
連続不審死事件で殺人罪などに問われている木嶋佳苗被告が「ニコニコチャンネル」に「木嶋佳苗チャンネル」を開設し、自伝的小説を連載。(2014/6/10)

ストリートビューに殺人現場が写ってる!?→警察が捜査したところ……
イタズラでした。(2014/6/4)

藤田正美の時事日想:
「まるで殺人のようだ」――セウォル号事故に対するパク大統領の“失言”
「セウォル号」沈没事故で韓国政府の支持率が下がり、首相が辞意を表明するまでの事態になっている。そんななか、パク・クネ大統領が船長ら乗組員に対して「殺人のようだ」と発言したが、これは政治家としての資質を疑うものだ。(2014/4/30)

三重・中3殺害で逮捕の少年、Twitterで「めっちゃやばい」「手の震え止まらん」
三重県内で中学3年の少女が殺害された事件で逮捕された少年は、事件当時Twitterで「四日市の女子中学生らしい…手の震え止まらん。」などと事件についてツイートしていた。(2014/3/3)

連続不審死事件・木嶋佳苗被告がブログ開設 「本心伝えたい」
連続不審死事件で殺人罪などに問われている木嶋佳苗被告が、ブログを開設していたことが分かった。(2014/2/27)

【殺人毛玉】なにこれずっと見ちゃう かわいすぎる猫動画が無限に集まるサイト「Evercat」から離れられない
誰か……誰かこの無限ループから抜け出す方法を……!(2013/12/4)

Googleマップに殺害少年の遺体写真 父親の訴えで削除へ
Googleマップの米国内の衛星写真に息子が撃たれて倒れている現場が映っているとして父親が削除を訴え、Googleが写真の差し替えを決めたという。(2013/11/19)

相棒「双星の捜査線−さよならはバーボンで−」最強の絆
凶悪な殺人事件の捜査において、特殊な能力を持つ少女の「相棒」となった主人公。事件の解決に向けて動き出す二人の物語『双星の捜査線−さよならはバーボンで−』を紹介します。(2013/11/5)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
ツイートは災い元!? プロ野球選手の舌禍今昔物語
東京・三鷹で発生した痛ましい女子高校生殺害事件。あるプロ野球選手がこの被害者を侮辱したともとられかねないツイートを行って謹慎中だ。日米球界でこの手の舌禍騒動は枚挙にいとまがない。(2013/10/17)

【解決編】編集長を殺したのは誰だ!? ねとらぼ推理劇場 〜マウスが残したダイイングメッセージ〜【PR】
ねとらぼ・カトウ編集長が何者かに殺害された。手がかりはPCに残されていたスキャン画像1枚のみ。果たして犯人の正体は……?(2013/10/7)

BookLive、ミステリー作家・湊かなえ初となる電子書籍化作品『白ゆき姫殺人事件』配信
人気ミステリー作家・湊かなえの作品が初の電子書籍化。『白ゆき姫殺人事件』の配信を記念し、9月5日までBookLive!ポイントを50ポイントバックするキャンペーンを実施する。(2013/8/26)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。