ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  4

  • 関連の記事

「40代にしておきたい17のこと」最新記事一覧

40代にしておきたい17のこと:
40代には3種類の生き方がある――それは
40代になると生き方が3種類に分かれてきます。希望と夢をもって生きるのか、はたまた退屈を感じながら生きるのか、あるいは絶望とともに生きるのか。いずれにしても40代はもう一度、本当に自分が望んで生きるコースを選択するタイミングでもあります。この3つの中から、あなたはどれを選びますか?(2013/1/11)

40代にしておきたい17のこと:
新しいことに挑戦する
ふだんの仕事以外で楽しめることを持っておくと、これから後半の人生が楽しくなっていきます。例えば、趣味というものはそれがどんなことであっても楽しいものです。何の得にもならなくても、楽しければそれでいいわけです。あなたはどれだけ楽しいことをやっていますか?(2013/1/7)

40代にしておきたい17のこと:
ノーと言う勇気を持つ
人生は何に対してイエスと言うかノーと言うかで決まってきます。自分のやりたいことにイエス、嫌いなことにはノーと言う。生まれたての赤ん坊でもやっていることが、大人になるにつれてそれができなくなります。本当はイヤなのに、ついイエスと言ってしまう――あなたにも心当たりがありませんか? たとえ日々の仕事や役割に追われても好きなことを忘れずに、自分がイヤだと思うことをいいかげんに扱わないことです。(2012/12/28)

40代にしておきたい17のこと:
40代でお金とのつき合いかたを決める
あなたはいままで、お金とどうつき合ってきましたか? あなたにとって、お金とはどのような存在でしょうか? 20代、30代のときはあまりお金について考えていなかった人も、40代になると自分がどれだけ稼げるのかが分かってきていると思います。お金をどれだけ上手に管理できるかで、後半の人生の明暗が決まるのです。(2012/12/25)

40代にしておきたい17のこと:
健康と時間を資産だと考える
「あなたの資産は何ですか?」と聞かれたらどう答えますか? お金や土地をイメージする人は多いと思います。実際、お金は私たちの生活の中でとても役に立つものです。ですが、それが人生でもっとも大切なものではありません。見過ごしがちな資産は「健康」と「時間」です。それを持っているかどうかで、あなたの人生はまったく違うものになるのです。(2012/12/21)

40代にしておきたい17のこと:
40代でできること、できないこと
10代や20代のころには「自分は何でもできる!」という幻想を抱いていたとしても、40代ともなるとそれがだんだん崩れてきます。完全に失望しているわけではありませんが、できることやできないこと、得意不得意など自分のことが自然と分かってきます。40代は、理想と現実の狭間にいる微妙な年代といえます。(2012/12/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。