ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「30代にしておきたい17のこと」最新記事一覧

40代にしておきたい17のこと:
40代には3種類の生き方がある――それは
40代になると生き方が3種類に分かれてきます。希望と夢をもって生きるのか、はたまた退屈を感じながら生きるのか、あるいは絶望とともに生きるのか。いずれにしても40代はもう一度、本当に自分が望んで生きるコースを選択するタイミングでもあります。この3つの中から、あなたはどれを選びますか?(2013/1/11)

40代にしておきたい17のこと:
ノーと言う勇気を持つ
人生は何に対してイエスと言うかノーと言うかで決まってきます。自分のやりたいことにイエス、嫌いなことにはノーと言う。生まれたての赤ん坊でもやっていることが、大人になるにつれてそれができなくなります。本当はイヤなのに、ついイエスと言ってしまう――あなたにも心当たりがありませんか? たとえ日々の仕事や役割に追われても好きなことを忘れずに、自分がイヤだと思うことをいいかげんに扱わないことです。(2012/12/28)

40代にしておきたい17のこと:
40代でお金とのつき合いかたを決める
あなたはいままで、お金とどうつき合ってきましたか? あなたにとって、お金とはどのような存在でしょうか? 20代、30代のときはあまりお金について考えていなかった人も、40代になると自分がどれだけ稼げるのかが分かってきていると思います。お金をどれだけ上手に管理できるかで、後半の人生の明暗が決まるのです。(2012/12/25)

40代にしておきたい17のこと:
40代でできること、できないこと
10代や20代のころには「自分は何でもできる!」という幻想を抱いていたとしても、40代ともなるとそれがだんだん崩れてきます。完全に失望しているわけではありませんが、できることやできないこと、得意不得意など自分のことが自然と分かってきます。40代は、理想と現実の狭間にいる微妙な年代といえます。(2012/12/18)

20代にしておきたい17のこと:
「人を幸せにする質問」とは?
人はピンチに陥ったときほど、無意識にネガティブな質問を自分に投げています。それはまるで呪文のように、自分の人生をどんどん悪い方向へ導いてしまいます。人生でもっとも大切なスキルの1つは、質問力です。いい質問を日常的にすることで、いい未来を築くことができるのです。(2012/12/7)

30代にしておきたい17のこと:
何のために生きているのか? 30代で考えなければいけない
現実的な人生と向き合い、生きる目的を考えるようになる30代は、自分の才能を発見する最後のチャンスでもある。何であれ、生きる目的やライフワークをしっかりと持ち、幸せな人生を送りたい。(2012/11/16)

30代にしておきたい17のこと:
30代、幸せな人生を手に入れるのにはどうすればいいの?
幸せになりたければ、大好きなことを仕事にしたほうがいい。嫌いな仕事は、健康や精神、経済面などすべてに悪い影響を与えてしまう。お金のために働くだけでなく、30代では大好きなことを仕事にして、幸せな人生を手に入れよう。(2012/11/13)

30代にしておきたい17のこと:
自分の中に、毒や怒りをため込みすぎてはいけない
20代は激情のままに行動して失敗しても若気の至りで済まされたりするが、30代になるとそうはいかない。うつ病、家庭崩壊、破産など、自分の悪いパターンが形となりすべてを破壊してしまう可能性もある。自分の中の負のエネルギーに気づいたとき、どう対処すればいいのだろうか?(2012/11/9)

30代にしておきたい17のこと:
パートナーや子どもを持つかどうか決める
一般的に、パートナーや子どもを持つ人は、20代、30代にそれを経験している。結婚して子どもを持つのか、それとも、シングルでも幸せな人生を送るのか。将来、パートナーや家族が欲しいと思う人は、積極的にパートナー探しをする必要がありそうだ。(2012/11/6)

30代にしておきたい17のこと:
30代で、その人の“お金の人生”が決まる
30代になれば、稼げる人は収入がどんどん増えるし、稼げない人は稼げないままだ――。「もうこれでいい」と思うのであれば、堅実な生活を送り、もっと上を目指すのであれば、スキルなどを身につけなければいけない。(2012/11/2)

30代にしておきたい17のこと:
「自分には可能性がある」という20代、では30代は?
20代は「自分の可能性を信じられる時代」だ。「こんなことができるはず」といったイメージがあって、それに向かって進んでいけた人も多かっただろう。では、30代はどんな時代なのだろうか。(2012/10/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。