ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「考え方」最新記事一覧

CAD読み物:
個別受注型装置業における3D CAD導入の考え方
個別受注型装置業は2D CADで十分? 確かに過去には課題が多かったけれど、今では結構実用的になってきました。(2017/2/24)

“イノベーション思考”で発想が変わる!(6):
イノベーションは空から突然降ってくると思いますか?
発想を生み出すためには「考え方の技術」がある。コツの解説と演習を通じてその技術を身につけてもらおうという当連載。前回に引き続き、演習問題の解説編をお届けします。(2017/2/20)

提供:東日本電信電話株式会社
勇気ある前進で“スティーブ・ジョブズ氏”のようなイノベーションを起こす方法
Appleでチーフエバンジェリストを務めたガイ・カワサキ氏は、“次の新しいもの”を売り込む経験に長けている。イノベーションの起こし方に関する同氏の考え方とは。そしてIT部門が、変化に伴う混乱を受け入れながらやり方を変えていくにはどうすればよいだろうか。(2017/2/8)

保守的な人は危機を煽るウソニュースを信じやすい UCLAが研究で明らかに
中絶や同性結婚に関するものなどの社会的問題に対する考え方が影響していました。(2017/2/7)

宇多田ヒカルさん「無料で使ってほしい」 「JASRACが音楽教室から著作権料」に意見続々
JASRACが音楽教室から著作権料を徴収する方向で検討していることについて、宇多田ヒカルさんなどアーティスト側からも反対意見が出ている。JASRAC理事は「宇多田さんのような考え方は少数」とコメント。(2017/2/6)

オバマ前大統領、トランプ大統領令について初コメント「市民デモに勇気づけられた」
バラク・オバマ前米大統領が、ドナルド・トランプ現米大統領の移民規制令について声明文を発表した。全米での市民デモに勇気づけられ、個人を信仰で差別する考え方に反対するとしている。(2017/1/31)

製造業IoTを具体化する「フォグコンピューティング」:
PR:製造業IoTの現実解を示す「フォグ」、生産現場へのネットワーク導入に必要なものとは?
製造業においてもIoTは既に現場へ投入しなくてはならない段階の重要事項であるが、具体的な実装に際しての課題は山積している。その製造業IoTの“現実解”として注目すべきは「フォグコンピューティング」の考え方だ。(2017/1/25)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(14):
“モノづくりの神髄”を理解すれば、必ず原価は下がる!【後編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する連載「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」。原価低減活動に役立つ“モノづくりの神髄”を紹介する3回シリーズの後編となる今回は、「トヨタ生産方式」を構成する二本柱の1つである「ジャスト・イン・タイム」について考えます。(2017/1/24)

学歴=大学名ではない:
「文系エンジニアは世界で通用しない」は本当か?〜シリコンバレーの常識
「米国では、いや日本以外の国では、理系出身者しかITエンジニアになれない」「文系エンジニアというものは海外には存在しない」――このようなウワサを聞いたことはないだろうか。日米のエンジニアが文系エンジニアについて真剣に解説する前後編。後編は、シリコンバレー在住のエンジニアが、米国の採用事情や学歴の考え方、そして文系エンジニアはシリコンバレーに存在するのか、を解説する。(2017/1/23)

“イノベーション思考”で発想が変わる!(5):
他人の「ロジカルシンキング」見て、わが「ロジカルシンキング」直せ!
発想を生み出すためには「考え方の技術」がある。コツの解説と演習を通じてその技術を身につけてもらおうという当連載。今回は「今ある貯蓄を、1年間で100万円増やすには?」という演習問題の回答例を厳しく!? チェックします!(2017/1/20)

小規模チームならではの戦い方がある
巨象も学ぶ――大企業がスタートアップから得られる「小さく始める」コツ
スタートアップ企業と同様の考え方を持つことで、巨象のような大企業も俊敏に動けるかもしれない。創業期の企業から得られる教訓を幾つか紹介する。(2016/12/28)

Gartner Insights Pickup(3):
デジタルネイティブ企業に学ぶ10の経営テクニック
従来型の企業は、デジタルネイティブ企業の考え方に抵抗感を抱きがちだ。だが、そうした姿勢は通用しなくなりつつある。(2017/1/5)

キャズム理論が進化している:
GEに学ぶ、日本企業の「これから」
「キャズム理論」と聞くと、「ウチの会社でその考え方を活用するのは難しいのでは?」と思う人が多いのでは。キャズム理論は誕生から25年が経っているが、例えばGEのような大企業でも活用され始めているのだ。具体的にいうと……。(2016/12/16)

“イノベーション思考”で発想が変わる!(4):
思考の“切り口”を見つける裏ワザはこれだ!
発想を生み出すためには「考え方の技術」がある。コツの解説と演習を通じてその技術を身につけてもらおうという当連載。前回はそのコツを詰め込んでお伝えしましたが、今回ではちょっとした“テクニック”を紹介。これらを活用して思考のスピードを上げ、思考力アップの訓練をしましょう。最後に演習問題の出題もあります。(2016/12/15)

【連載】行動経済学で理解する次世代マーケティングキーワード 第4回:
「ピア効果」――仲間同士の盛り上がりが満足度を劇的に高める
仲間同士でつながり合い、切磋琢磨することで成果が上がる「ピア効果」。SNSの普及を背景に、これをうまくマーケティングに取り入れるための考え方を紹介する。(2016/11/30)

“いま”が分かるビジネス塾:
技術革新は本当に長時間労働をなくすのか
残業の問題が生産性から来ているのだとすると、AI(人工知能)の普及はこの問題を一気に解決する救世主となるかもしれない。だがそのためには「時間」に対する考え方をもっと前向きに捉える必要がある……。(2016/11/29)

富野由悠季監督がNHKラジオ「文化講演会」に出演 作品に対する考え方、続けるパワーなど“仕事力”について語る
富野監督「次の世代を意識すれば、仕事力がつく」(2016/11/27)

“イノベーション思考”で発想が変わる!(3):
これができると劇的に変わる! 発想を広げるためのコツ
発想を生み出すためには「考え方の技術」がある。コツの解説と演習を通じてその技術を身につけてもらおうという当連載。今回は有用なロジックツリーを作成するため=発想を上手に広げていくためのコツをお伝えします。(2016/11/25)

【連載】脱CPI至上主義のモバイルアプリ広告入門 第3回:
「グノシー」に学ぶ、キャンペーンの自動最適化でスケールする広告運用
今回はCPI(Cost Per Install:インストール当たりの単価)とインストール後データを活用して広告効果を最適化する方法と、その上でボリューム増やしていくための具体的な考え方を紹介します。(2016/11/22)

TechFactory通信 編集後記:
リスクを制御するため、あらためて確認したい「機能安全」の考え方
木製展示物の火災事故などここ最近、人が作ったモノに起因するトラブルが相次いでいます。製造業に携わる以上、自分たちが作りだしたモノが原因で事故が起こることは可能な限り避けなければなりません。そこで今回は「機能安全」についてあらためて考えたいと思います。(2016/11/19)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(7):
“脱系列”時代の原価企画、IoTで高い見積精度を確保する
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第7回は、原価企画にIoTを活用する考え方について説明します。(2016/11/18)

PR:勢いがある企業はここが違う 柔軟な働き方で成果を生む“ちょいコア”オフィス移転とは?
「働き方改革」が叫ばれる中、企業のオフィス立地の考え方にも変化が起きている。何が何でも都心部ではなく、ある程度の集積のメリットは持ちつつも、快適なワークスタイルや住環境の良さなどを実現するような“ちょいコア”が注目を集めている。(2016/11/14)

恋に落ちると欠点が見えなくなる
あなたもとらわれる「IKEA効果」 組織が変われない理由の1つ?
企業は新たなITを取り込むとき、従来の固定概念を捨てなければいけない。しかし、考え方を転換することは容易ではない。その理由とは?(2016/11/11)

マーケターのための「AR」短期集中講座 後編:
「Pokemon GOのような企画を」のムチャぶりはチャンス、デジタルマーケティング全体の中で考えるARの意義
「Pokemon GO」に感化されて「これからはARだよキミ」と言いだした上司のムチャぶりを逆手に取って、ARで成功する販促企画を実現するための考え方を紹介する。(2016/11/9)

“イノベーション思考”で発想が変わる!(2):
基本を侮るから上手くいかない 〜まずはMECE〜
“考え方”という技術を身につけ、“発想力”を強化する“イノベーション思考”を身につける! 今回はロジカルシンキングの基本中の基本、「MECE」について解説します。「そんなこと知ってるよ」と侮るなかれ。「MECE」は思考を整理するためだけでなく、自分でも気付かなかった新たな“箱”を見つけるために活用できるのです。(2016/10/27)

製造業IoT:
HPEのIoT戦略は「シフトレフト」、エッジにサーバ「Moonshot」の処理能力を導入
日本HPEがIoTへの取り組みについて説明。「モノ」に近い現場で、IoTデバイスからの情報の分析や最適化を行う「エッジコンピューティング」を重視した「シフトレフト」という考え方に基づき事業展開を進めて行く方針だ。(2016/10/21)

乗って解説:
コンパクトカーに乗ると分かる、欧州自動車メーカーのお国柄
上級セグメントになるほど、自動車メーカーごとの個性が薄れつつある。数え切れない程の装備や快適な乗り心地などを追求する点で方向性が似通っていることと、かけられるコストに余裕があるためだ。しかし、コンパクトカーに乗ってみるとブランドごとの考え方やこだわりが見えてくる。(2016/10/18)

Dev Basics/Keyword:
レスポンシブWebデザイン
レスポンシブWebデザインとは、さまざまなデバイスで、単一のHTMLドキュメントをその画面特性に合わせて適切に表示するための仕組みや考え方のことである。(2016/10/13)

スピン経済の歩き方:
電通や東芝といった大企業が、「軍隊化」してしまうワケ
電通の女性新入社員が「過労自殺」したことを受け、「オレの時代はもっと大変だった。いまの若い者は我慢が足りない」と思った人もいるだろう。上の世代にとっては“常識”かもしれないが、なぜそのような考え方をしてしまうのか。(2016/10/11)

オールフラッシュデータセンターの世界:
PR:フラッシュファーストの時代、ストレージの製品選択基準はどう変わる?
ハードディスクドライブ(HDD)よりもまずフラッシュの適用を考える、「フラッシュファースト」の時代になってきた。こうした時代には、フラッシュストレージ利用についての考え方や、フラッシュストレージ製品の選択基準がこれまでとは変わってくる。(2016/10/12)

トレンドキーワードを知る:
PDCAサイクル――デジタルマーケティングにも不可欠、継続的な改善に取り組む管理手法
「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」のサイクルを回すことでビジネスを継続的に改善しようという、生産管理から生まれた考え方は、デジタルマーケティングにも応用されている。(2016/10/7)

Weekly Memo:
IoTビジネスのアイデアが浮かばない そんな企業への処方箋
IoTを活用したデジタルビジネスを行う上で重要なポイントは何か。NECがIoTプラットフォームの発表に際して自らの考え方を説明した。デジタルビジネスに関わるどの企業にも当てはまる内容といえそうだ。(2016/10/3)

臨床心理士みらーのメンタルアドバイス:
職場の人間関係がうまくいっていないときの対処法
みなさんは職場の人間関係で悩んだ事はありませんか? じつはこの問題はとても深刻で、退職理由の7割は上司との人間関係によるもの、というデータもあるくらいです。人間関係への対処法やストレスの解消法、そして環境や状況によって考え方や行動を変えることにより、今の人間関係を楽にできる方法を紹介します。(2016/10/1)

社名変更に秘められた狙い:
PR:勝ち抜くためにリーダーは何をしたのか 必要なのは「突破力」――IDOM・北島昇
中古車買い取り大手のガリバーを運営する「IDOM(イドム)」は、環境変化への危機感を原動力に、組織、働き方、人事など、さまざまな改革を推し進めている。同社がとりわけ力を入れてきたのが、北島氏がかじ取りをしている新規事業開発である。「NOREL」「クルマジロ」「クルマコネクト」など、わずか数年で次々と新事業を立ち上げることができたのはなぜなのだろうか? 北島氏の仕事への考え方、プロジェクトを推進してゆくチカラの秘けつを探る。(2016/9/30)

Hackademy・実践的サイバーセキュリティの学び方:
マルウェアにやられてしまう時代のセキュリティ防御とは?
いまのセキュリティ脅威は、いくら対策を講じても攻撃を防ぎ切れません。これを前提にした対策には3つを守る新しい考え方が欠かせません。今回はその1つの「ID」防御を取り上げます。(2016/9/28)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(13):
“モノづくりの神髄”を理解すれば、必ず原価は下げられる!【中編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する連載「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」。原価低減活動に役立つ“モノづくりの神髄”を紹介する3回シリーズの中編となる今回は、「リードタイム短縮」について考えます。(2016/9/27)

ITソリューション塾:
IoTや人工知能の新規事業を「失敗」させる極意
「IoTや人工知能を使って、うちでも何かできないのか」――。こんな話が経営者から降ってきたときに役立つ考え方と戦略立案に向けたアプローチを紹介します。(2016/9/16)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第16回 運用後に知るクラウドの注意点と「クラウドホッピング」という課題
「持つIT」と違って必要な時に必要なだけ使える「使うIT」のクラウド。活用には、選び方だけでなく使い方でも違う考え方が必要です。今回は運用を始めてから気付く事前に見落としやすいポイントを説明します。(2016/9/13)

IT導入完全ガイド:
SCM改革の次の波は財務経理を救う? 「ヒト」「モノ」と「カネ」で将来を見る「S&OP」
SCMと財務を結び付けるS&OPの考え方を紹介しつつ、第三世代SCMとその活用例、導入のヒントを紹介する。(2016/9/12)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(6):
物流へのIoT適用を考える
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第6回は、グローバル化の進展によって重要度を増している物流でIoTを活用する考え方について説明します。(2016/8/30)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
インダストリー4.0では、サプライチェーンを“丸ごと認証”する時代へ進む
インダストリー4.0を含むIoTによる製造業のビジネス革新の動きが加速している。IoTによる価値を最大化するためには「つながり」を実現することが最初のステップとなるが、その動きで重要となるのが標準化と認証である。創立150周年を迎える第三者認証機関であるTUV SUD(テュフズード)の会長であるシュテプケン氏と、同社CDOのシュルシンガー氏に、IoTによる製造業の変化とそれに伴う「認証」の考え方について話を聞いた。(2016/8/29)

特選プレミアムコンテンツガイド
勇気ある前進で“スティーブ・ジョブズ氏”のようなイノベーションを起こす方法
Appleでチーフエバンジェリストを務めたガイ・カワサキ氏は、“次の新しいもの”を売り込む経験に長けている。イノベーションの起こし方に関する同氏の考え方とは。(2016/8/26)

「日常に潜む恐怖を探し出すのが好き」 若きホラーマスター、デヴィッド・F・サンドバーグが考えるホラー
映画「ライト/オフ」公開直前、ホラーの天才はこんな考え方をしていた。(2016/8/25)

壇蜜が女性誌初のヌード 「GINGER」10月号で35歳とは思えない美ボディーを披露
壇蜜さんの考え方が詰まった、ショートエッセイやロングインタビューも。(2016/8/24)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に (2):
子どもは絵本やダンスでプログラミングの考え方を身に付ける〜『ルビィのぼうけん』ワークショップレポート
政府の新たな成長戦略の中で小学校の「プログラミング教育」を必修化し2020年度に開始することが発表され多くの議論を生んでいる。本特集では、さまざまな有識者にその要点を聞いていく。今回は、プログラミングの考え方を身に付けられる絵本『ルビィのぼうけん』に関するワークショップイベントの模様をお伝えする。(2016/8/10)

「ポッキー」や「ビスコ」使ってプログラミング学べる「GLICODE」 グリコが公開
「ポッキー」や「ビスコ」などのお菓子を使ってプログラミングの考え方を学べる子供向けスマホアプリ「GLICODE」をグリコが公開した。(2016/8/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「うれしい派」の人は、迷う
「迷う人」と「迷わない人」には、はっきりとした違いがある。「迷う人」は、意思が弱いのではなく「迷う考え方」をしているだけなのだ。「迷わない考え方」に変えるには。(2016/8/4)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(12):
“モノづくりの神髄”を理解すれば、必ず原価は下げられる!【前編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する連載「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」。今回からは、原価低減活動に役立つ“モノづくりの神髄”について、前編、中編、後編の3回に分けて解説します。(2016/8/2)

「使いたくなるSFA」の要件とは
「営業に使われないSFA」を卒業するのに必要な考え方とは?
SFAを導入して業務効率化や業績アップを目指す企業が増えている。しかし、せっかく導入したSFAが使われていないケースも少なくない。「使いたくなるSFA」とはどういうものだろうか?(2016/8/1)

理想は、内製化されたリアルタイムのリスク管理:
「セキュリティにもスピードを」、ラピド セブンが事業戦略を発表
ラピド セブンは2016年7月13日、同社の事業戦略に関する説明会を実施し、プレジデント兼CEOのコーリー・E・トーマス氏と日本代表 牛込秀樹氏が、同社の提案する「リスクベース・セキュリティ」の考え方を紹介した。(2016/7/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。