ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お金」最新記事一覧

消費者庁、在宅ワーク事業者2社に注意喚起を発表 HP作成料等の名目で多額の金銭を支払わせる
取引に関して不審な点があった場合は、お金を支払う前に各地の消費生活センター等や警察に相談しましょう。(2018/2/19)

仮想通貨ならぬ「仮装通貨」で笑顔になる人たち 紙幣を使ったスリットアニメーションに「すごい」「センスいい」の声
お金の仮装大会が開催!(2018/2/13)

「お金より自由」 ヤフーの「6億円提示」蹴る 「リベルタ学舎」の湯川カナさん
女性や若者を企業、行政と結びつけて社会進出をサポートする「リベルタ学舎」代表理事の湯川カナさん。「みんなが助け合う社会をつくることができれば」と話す。(2018/2/5)

2018年のお年玉事情は? もらった額は小中学生平均で約2万4000円、使い道は「貯金」が37.7%でトップに
なお、全額を自由に使える子は35.2%、1円も使えない子が13%。お金の管理に厳しい親が多い?(2018/1/31)

マネーの達人:
子どもの習い事は「なんとなく始める」のが一番もったいない 月謝以外にもお金はかかる
子どもの習い事、なんとなく決めていませんか? 月謝以外の費用を考慮し、ゴールを設定してから決めることをおすすめします。(2018/1/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタがレースカーにナンバーを付けて売る理由
東京オートサロンのプレスカンファレンスで、トヨタはとんでもないクルマを披露した。「GRスーパースポーツコンセプト」。FIA世界耐久選手権(WEC)に出場したTS050 HYBRIDをわずかにアレンジしたもので、お金さえ払えばほぼ同じものが買えるというのだ。(2018/1/15)

半径300メートルのIT:
あなたのメールも“完コピ”される――JALすらハマった「ビジネスメール詐欺」の恐ろしさ
偽メールにだまされ、3億8000万円ものお金を失ってしまった日本航空。まさに“企業版オレオレ詐欺”とも言うべきものですが、やりとりをほぼ“完コピ”したメールを見抜くのは、皆さんの想像をはるかに上回る難しさなのです。(2017/12/26)

来年こそ貯金! 1年で10万円たまるカレンダーを2000円で購入した
今回紹介するのは、お金をためることができるカレンダー「卓上 ザ・10万円カレンダー2018」。毎日100円または500円の硬貨をはめ込んでいくことで、1年で10万円をためることができる。(2017/12/22)

クリスマスプレゼントのXboxを諦めて寄付 優しい少年にマイクロソフトがサプライズプレゼント
9歳の少年が、クリスマスプレゼントのXboxを諦めて、そのお金で毛布をホームレスに寄付しました。(2017/12/19)

キャッシュレス社会、男女で意見が真っ二つ 博報堂調査
博報堂が行った「お金に関する生活者意識調査」でキャッシュレス社会への意見が真っ二つに割れた。男性は賛成が多く、女性は反対が多いという。(2017/12/15)

常見陽平のサラリーマン研究所:
稼ぐためだけの副業はオススメできない
「全てはお小遣いのために」という副業について、否定するつもりはない。ただ、お金だけが目的ではなく、自分のためになる副業の方が楽しいことは言うまでもない。私がオススメしたい副業はこの3つのタイプだ。(2017/12/15)

8カ月で20万DL、満足度90% 無料送金アプリ「Kyash」好調の要因
無料の個人間送金アプリ「Kyash」が好調だ。ユーザーは手数料なしで送金ができるほか、たまったお金で買い物もできる。Kyashの現状と今後の展開を、鷹取真一社長が明かした。(2017/12/14)

ウルトラ怪獣の「カネゴン」クッション発売 お口はチャックできるのでお金も入れられる!
お金もしまえるクッション!?(2017/12/11)

Googleさん:
「Pixel 2」のためにとっておいたお金で「Chromebook Flip C101」を買いました
Googleさんが「Pixel 2」を日本で発売してくれないので、そのためにとっておいたお金でAndroidアプリも使えるASUSのChromebook「Flip C101」を買いました。安いし軽いし、結構便利です。(2017/11/30)

マネーの達人:
お金をためたければ、通帳は「3冊」にしよう
お金をためるためには、3冊の通帳を使って家計を管理することをおすすめします。その理由と効果的な方法を解説します。(2017/11/21)

こぐまさんパティシエ、ついに「紙のお金」を手に……! 癒やし漫画「こぐまのケーキ屋さん」で明日もがんばれそう
だんだんケーキ屋さんに通っている気分になってくる。(2017/11/14)

「写真投稿で簡単に稼げる」とうたう「カシャカシャビジネス」に消費者庁が注意喚起
「あなたの写真が今すぐお金に替わる」などとうたい、問い合わせたユーザーに情報商材の購入を持ちかけ、多額の金銭を支払わせる「カシャカシャビジネス」について消費者庁が注意喚起した。(2017/10/31)

なくした・盗まれた財布が戻ってくる割合は? お金は戻ってくるの?
戻ってくるのかなあ……。(2017/10/31)

スピン経済の歩き方:
なぜ小池百合子は「仲間」との写真撮影に「3万円」を徴収したのか
「希望の党」を立ち上げた小池百合子さんが、党公認候補予定者らとツーショットの写真撮影をして、そこで「3万円」を徴収した。「選挙資金がないからと言って、お金に汚すぎる」と思われたかもしれないが、小池さんの狙いは別のところにあるのではないか。それは……。(2017/10/3)

ディズニーランドを貸し切りにするのが異常に難しい「お金以外」の理由
あ、無理だコレ。(2017/9/29)

なんで僕たちはシングルCDをあんなに買うお金があったんだろう
「3枚同時発売!」とかありましたね……。(2017/9/23)

あれもこれも「太陽フレアのせい」? ネットで流行
「太陽フレアのせいでお金がない」など、あらゆる問題を太陽フレアのせいにすることがネットで流行している。(2017/9/8)

マネーの達人:
やってませんか? 貯金体質の人が絶対やらない7つの習慣
なかなかお金がたまらないのはなぜでしょうか? 貯金できる人がやっていない、7つの習慣をご紹介します。(2017/8/31)

ITりてらしぃのすゝめ:
本当に使って大丈夫? “お金が絡む”Webサービスの安全性を見分ける4つの方法
「VALU」「CASH」など、“お金が絡む”Webサービスが増えてきた。新サービスにすぐ飛びつく前に、安全性をチェックしてみよう。(2017/8/24)

TechFactory通信 編集後記:
リターンは「お金」、ソニー銀行が始めた投資型クラウドファンディング
資産運用商品としてのスタートアップ企業支援。(2017/8/19)

目からうろこの行政サポート活用術:
こんなにある、中小企業向けの補助金・助成金
前回は、政策を読み込み、キーワードを探し出して、関連する会議や団体を見付け、関係省庁によるお金の動きや公募を見付る方法を紹介したが、実はそこまでしなくても、容易に補助金や助成金を見付ける方法がある。(2017/8/18)

さまざまな愛の形がここに オタク女子のお金の使い方・ジャンル愛を綴った同人誌が「浪費図鑑」として書籍化
ソシャゲで浪費する女、東京ディズニーリゾートで浪費する女、V系バンドで浪費する女……などなど。(2017/8/10)

マネーの達人:
夫婦別勘定はお金がたまらない 責任者交代制のススメ
夫婦別勘定の共働き世帯が増えていますが、貯金をしたいなら最悪の選択です。今回は、その理由と効果的な貯金方法について解説します。(2017/7/28)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(43):
注文書=検収です、お金を払ってください!
オフショア先に発注したプログラムに多数の不具合が見つかった。しかしオフショア側は「金額入りの注文書」を作業完了後に発行したのだから検収完了であり、料金は支払えと言う。国境をまたいだ裁判の行方やいかに――?(2017/7/14)

常見陽平のサラリーマン研究所:
あなたの給料は本当に妥当か
給料の相場を知ることは有益だ。あなたはもっと稼げる人間なのかもしれない。「世の中お金じゃない」と言う人もいるが、まず現実を知った上で、何を大切に生きるのかを自分に問い直すべきだ。損をしないために。(2017/7/14)

エンジニアのための文章力養成講座(5):
詳しくはマニュアルにお尋ねください――述語の共用にご用心
1つの文の中で述語を共用することがあります。「スキルの習得には時間もお金もかかる」は、「時間」と「お金」が「かかる」という述語を共用しているので問題ありません。しかし「山や海で泳ぐ」は変です。「山に登り、海で泳ぐ」と別の述語を書き足す必要があります。(2017/7/13)

お金がなくてもステキなパパさん ディズニーランドに連れていけない娘を人力ジェットコースターで遊ばせる姿にほっこり
「プシュー!」「ウワアア!」などの効果音を、自分の口で入れていくスタイル。(2017/7/8)

あのキャラに花束を:
人としてそれはどうなのか 小学生女子のお金でガチャを回す『今日から俺はロリのヒモ!』という脳みそハッピーライトノベル
大富豪・二条藤花とクズ男・天堂ハルの華麗なる生活。(2017/7/1)

ものになるモノ、ならないモノ(73):
スマホやIoT機器が生成するデータをお金に換える「IoTデータの証券取引所」と日本経済の行く末
IoT時代の日本は、“モノ”が吐き出す「データ」をフル活用して国を富ませる青写真を描いている。データ流通プラットフォームは、その中でも要となる大切な機能を提供することになるのだろう。「IoT情報流通プラットフォーム」を自称するスタートアップ、エブリセンスジャパンに聞いた。(2017/6/22)

「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章」 役員の“過激ツイート”にLINEが厳重注意
「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章」「お金を稼ぎたいなら生命保険に入り、水の入った洗面器に顔をつければいい」――LINE役員のこんなツイートが話題に。LINEは厳重注意したという。(2017/5/18)

お金の契約ゆるゆる基礎知識:
学校で教えてほしかった「クレジットカードの仕組みと基礎知識」
大事なお金の話、分かりやすく解説します。(2017/5/18)

マネーの達人:
社会人は「自分の1時間の価値」を意識する
お金持ちになる人は、何を学んでお金を生み出しているのでしょうか。今回は、お金持ちになる人の時間についての考え方を紹介します。(2017/4/19)

司書メイドの同人誌レビューノート:
税率で変わる2人の関係 お金“異形頭”マンガ「おかねちゃん!」は恋するコインの物語
手袋はめてるのもポイント高いです。(2017/4/16)

お金がくるくる吸い込まれていく ついつい募金しすぎてしまう募金箱が話題
連続投入したくなる。(2017/4/17)

カナダ中央銀行がやってくれた! 新紙幣のサイトにコナミコマンドを入力するとお金が降ってくる裏技仕込む
コナミコマンド→大量のお札がヒラヒラヒラヒラ。(2017/4/11)

やしろあずきの日常―― Web漫画家ってどうやって過ごしてるの?(後編)〜仕事の仕方やお金の話を怒られない程度に話してみる〜
仕事ください。(2017/4/9)

リアル「猫に小判」? 飼い主にお金を渡してくれない猫ちゃん
飼い主「お金ちょうだい」 猫「ダメニャ」(2017/4/9)

身だしなみは最低限のマナー:
「中身で判断してほしい」という就活中の若者へ
相手には外見の良さを求めるのに、自分のことは「中身を見てほしい」では矛盾しています。自分の外見に優位性がないなら、それを補正するお金や権力など、何らかのメリットで説得する必要があります。(2017/3/22)

半径300メートルのIT:
ネットバンキングを狙う「DreamBot」が猛威 今すべき対策は
インターネットバンキングを狙う「DreamBot」が猛威を振るっています。私たちのお金を狙う、このマルウェアの餌食にならないためにできることとは?(2017/3/22)

「サマーレッスン」宮本ひかりの等身大フィギュアが270万円で登場 マネーパワーでVRからリアルに召喚しよう
壁を超えるには少々お金が掛かるようです。(2017/3/16)

1円玉「(お金以外なら)何でも相談してね」 実写の硬貨とお札が話しかけてくる“お金のLINEスタンプ”がカオス
みんなキャラ濃すぎ!!(2017/3/10)

前もって知れば怖くない――将来の家計を予想できる「iction!みらい家計シミュレーション」
20年、30年先の将来、どれぐらいのお金が必要になるのか、なかなかイメージしにくいだろう。そこで活用したいのが、リクルートの「iction!みらい家計シミュレーション」。収入・支出・家族の状況に合わせて将来の家計を試算できる。(2017/2/10)

薄型テレビの音を改善する、安くて効果的な方法
なぜ多くの薄型テレビは音が貧弱なのでしょうか。あまりお金をかけずに音を改善する方法を教えます。ちなみにサウンドバーや台座型スピーカーではありません。(2017/2/4)

ITに詳しい弁護士に聞いた
意外と知らない、不正送金されたお金はどれくらい戻ってくるのか?
不正送金の被害は、必ず補填(ほてん)されるとは限らないという。それは本当なのか。補填の有無を分ける条件とは。ITに詳しい弁護士が、こうした疑問を解き明かす。(2017/1/27)

「えんとつ町のプペル」Amazonで1位に 無料公開で宣伝効果 「クリエイターの対価問題は別の話」 西野さん、批判に反論
キングコングの西野さんが絵本「えんとつ町のプペル」をWebで無料公開し、Amazonの書籍ランキング1位を獲得したことを報告。「クリエイターにお金が回らなくなる」などの批判に反論した。(2017/1/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。