ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「売上」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「売上」に関する情報が集まったページです。

開発残酷物語(8):
開発費5000万円、売り上げ10万円!――オリジナルプロダクト開発に失敗し続けたシステム開発会社の今
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探る本連載。今回は未経験分野のゲーム分野に勢いで参入して、火だるまになった事例を紹介します。(2018/6/25)

漫画村消滅で電子書籍売上「増えた」 カドカワ川上氏が見解示す
ただし具体的な数字はまだ出せないとのこと。(2018/6/23)

決算資料からも消えていた:
妖怪ウォッチ、「子どもの好きなキャラ」圏外に
妖怪ウォッチが「子どもの好きなキャラ」のトップ10から転落した。年代別でも上位に入らなかった。グッズの売り上げも低迷しており、2018年3月期は決算資料のIP別売上高から消えたことでも話題となっていた。(2018/6/21)

夏目の「経営者伝」:
コナカの「Tシャツのように洗えるスーツ」は、こうして生まれた
株式会社コナカの湖中謙介社長は、「たびたび同じ悪夢を見る」という。連結売上高700億円の企業に成長したのに、なぜ悪夢を見るのか。話を聞いてみると……。(2018/6/18)

サイバーセキュリティサービス市場は好調に推移:
ITRが国内セキュリティ市場規模を予測、2017年度の約2750億円から2022年度には4100億円超に
ITRは、国内サイバーセキュリティサービスの市場規模について、実績と予測を発表した。2017年度の売上金額は対前年度比13.8%増の約2750億円。2018年度は約3100億円、2022年度には4100億円を超えると予測した。(2018/6/15)

夏目の「経営者伝」:
優秀なバイヤーは一番高い価格で買う コナカ社長の考え方
「紳士服のコナカ」「SUIT SELECT」などを全国に展開し、年間約700億円を売り上げる株式会社コナカ。2016年にはカスタムオーダースーツを3万5000円から買える店「DIFFERENCE」の展開するなど、ユニークな会社だ。同社の湖中謙介社長にインタビューした。(2018/6/14)

製造ITニュース:
「つながらない」を解決へ、ネットワーク専門企業が工場IoT化へ本腰
ネットワンシステムズは2018年6月8日、製造業向けIoTソリューションを体系化し提供開始したことを発表した。3年間にわたる大手製造業との実証および本番導入で得た知見を活用する。2018年度の目標売上高は40億円を目指す。(2018/6/11)

東京おもちゃショー2018:
「YouTuberが効いています!!」――紹介動画で売り上げ急増、玩具メーカー注目
「YouTuberが効いています!!」――玩具の見本市「東京おもちゃショー2018」のタカラトミーアーツのブースで、そんな一文が目を引いた。(2018/6/7)

この手があったか:
「量を減らしたら売れた」 くら寿司の好業績を支えた意外な商品
くら寿司を運営するくらコーポレーションの業績が好調だ。好業績を支えたのは新規投入したイタリアンメニューや糖質オフの商品だが、意外にも量を減らしたことで売り上げを伸ばしたものがあるという。(2018/6/7)

製造マネジメントニュース:
ダイキンも「コト」売りへ、空調ソリューションの提供に向けIoTとAIに注力
ダイキン工業が2020年度を最終年度とする戦略経営計画「FUSION20」の後半計画(2018〜2020年度)について説明。2018年度の業績見通しである売上高2兆4800億円、営業利益2700億円に対して、2020年度には売上高2兆9000億円、営業利益3480億円まで伸ばす計画である。(2018/6/7)

VR好調、DMM.com 売れる作品の“鉄則”
動画プラットフォーム「DMM.com」は、約4200タイトルのVR動画をそろえ、初年度(16年11月〜17年11月)の売り上げは約20億円。ラインアップをそろえていく中、同社は鉱脈を掘り当てていった。(2018/6/6)

高成長が続き、企業の関心も増大:
活用の幅が広がる「AR/VR」、2017〜2022年の市場における年平均成長率は71.6%の見通し――IDC
IDCの最新予測によると、世界AR/VR市場の2017〜2022年の年平均成長率は71.6%となり、2018年のAR/VR製品およびサービスの売上高は前年比92%増の270億ドルに達する見通しだ。(2018/6/4)

ドコモのiPhone 6sが2カ月連続1位に 2018年5月中古スマホ売上ランキング 
ムスビーは、2018年5月中古携帯/スマホランキングを発表。NTTドコモのiPhone 6sが2カ月連続で1位を獲得し、SIMフリーのiPhone SEやNTTドコモのiPhone 8が躍進。Androidスマートフォンに限定したランキングでは、NTTドコモの「AQUOS sense SH-01K」が2カ月連続で1位となった。(2018/6/1)

東芝Nextプラン:
黒字の東芝、メモリ単体で売上高1兆円超え「メモリ事業売却の失敗は考えていない」
東芝が2018年3月期(2017年度)通期決算と中期経営計画を発表した。好調のメモリ事業については「事業売却の失敗は考えていない」と売却に向けた手続きは順調であるとの姿勢を強調した。(2018/6/1)

32歳女性社長がひらめいた! スーツに見える作業服「ワークウェアスーツ」人気
作業服なのにスーツに見える「ワークウェアスーツ」が、工事や技術関連の現場仕事に従事する人たちに人気だ。3月に発売するやいなや注文が殺到し、最初の1カ月だけで売り上げ目標の5倍を達成した。(2018/5/28)

「デキる情シス」への近道
営業部門の「脱Excel」を狙え
営業部門の「脱Excel」は売り上げ向上に直結する。Excel日報、Excel顧客管理など営業部門にある無駄を解消する、脱Excelの具体的な進め方を説明していこう。(2018/5/29)

半導体売上高ランキング:
半導体シェア、18年1〜3月もSamsungが首位堅持
米国の市場調査会社であるIC Insightsは、Samsung Electronicsは2018年第1四半期(1〜3月)の半導体売上高で、Intelを抑え首位を堅持したと発表した。メモリ市場の成長が続いていることが影響したと考えられる。(2018/5/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
純利益2.5兆円のトヨタが持つ危機感
トヨタの17年度決算は、売上高、営業利益、営業利益率、当期純利益の全ての指標で前年比プラスであり、車両販売台数もグループ全体でプラスと見事な数字に見える。しかしながら、それは前年決算の数字が悪かったことに起因するのだ。(2018/5/21)

AIによりWeb広告で獲得した資料請求の受注率が分析可能に:
「AIアナリスト」、Webにおけるコンバージョンを売り上げとひも付ける機能追加
WACULは、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」にWebサイト上のコンバージョンと売り上げ額などのビジネス指標をひも付ける機能を追加した。(2018/5/21)

リミックスポイント、売上高が2.5倍の141億円 仮想通貨取引所「ビットポイントジャパン」が事業拡大
リミックスポイントの2018年3月期連結業績は、売上高が141億円(前年は55億円)。仮想通貨取引所を運営する子会社ビットポイントジャパンの事業規模拡大が貢献した。(2018/5/18)

NVIDIAが過去最高の四半期売上高32億1000万ドル AIコンピューティング需要が追い風
NVIDIAは、2018年四半期の業績を発表。前年同期比66%増の32億1000万ドルの売り上げを達成した。(2018/5/17)

メモリの営業利益率は約40%に:
黒字の東芝、メモリ単体で売上高1兆円超え
東芝は2018年5月15日、東京都内で決算説明会を開催し、2018年3月期(2017年度)通期決算および、今後5年間の会社変革計画として「東芝Nextプラン」を策定中であることを公表した。(2018/5/16)

組み込み開発 インタビュー:
複雑化するソフトウェア開発、3つの解析で品質を確保する――シノプシス
シノプシス(Synopsys)と言えば、ケイデンス・デザイン・システムズ(Cadence Design Systems)、メンター・グラフィックス(Mentor Graphics)と並び、半導体向けEDA(回路設計自動化)ツールの大手ベンダーとして広く知られてきた企業だ。2017年度の売上高は約27億米ドル(約2960億円)で、従業員は約1万2000人にのぼる。(2018/5/16)

電池レス事業などで成長へ:
22年度売上高500億円を目指すエイブリックの戦略
エイブリックは2018年5月11日、都内で経営方針などに関する記者説明会を開催し、新規事業立ち上げ、新製品強化を通じ、2023年3月期(2022年度)に売上高500億円規模を目指すとした。(2018/5/16)

“電力データ×人流データ”などで新サービスの創出を――異業種データ活用の実証実験 東京・丸の内エリアで開始
三菱地所、富士通、ソフトバンク、東京大学大学院工学系研究科 大澤研究室が、業種を超えたデータ活用型の共創活動で新たな事業やサービスの創出を目指す、産学連携の実証実験を開始。電力データ、人流データ、売上データなど、オフィスビルや商業ビルに関する各種データを活用する。(2018/5/15)

製造マネジメントニュース:
4年間の開発で当初の企画が時代遅れに、パイオニアが背負った大型受注の開発費
パイオニアは、2018年3月期決算を発表した。売上高は前期比5.5%減の3654億円、営業利益は同71.3%減の11億円、当期純損益は71億円の損失だった。売上高と当期純損益は3期連続、営業利益は4期連続での悪化となる。(2018/5/15)

100万台を最高の品質で:
SUBARU、成長に「実力伴わず」 “利益率10%”よりも優先する足元固め
SUBARUの売上高営業利益率が6期ぶりに10%を下回る計画だ。2017年に発覚した完成車検査問題を踏まえ、足元を固める1年にする。(2018/5/15)

ネットショップが資金調達しやすく BASEが新機能「ショップコイン」提供
ネットショップ作成サービス「BASE」で、出店店舗がユーザーから資金調達できるサービス「ショップコイン」の提供がスタート。コインの売り上げは、商品製作などの初期投資に充当できる。(2018/5/14)

赤城乳業「ガツン、とみかん」“売れてないのに20周年”開催 「売上はガリガリくんのソーダの14分の1」
頑張れガツン君……。(2018/5/13)

またか! 海外でスーパーファミコンの新作ゲームが発売決定 ゲーム開発のブラックな現状をゲーム化
売上は全額、非営利慈善団体へと寄付されます。(2018/5/12)

製造マネジメントニュース:
三菱自動車が営業利益19倍で黒字転換、2018年度は新型車3車種を展開
三菱自動車は2018年3月期(2017年度)の決算を発表した。売上高は前期比15.0%増の2兆1923億円、営業利益は同19倍の982億円、当期純損益は前期の1985億円の損失から黒字転換して1076億円の利益を確保した。(2018/5/11)

チケキャン終了のミクシィ、モンスト含むエンタメ事業も売上減
ミクシィが2017年4月〜18年3月の連結業績を発表。売上高は前年比8.7%減の1890億円、営業利益が18.7%減の723億円と減収減益だった。(2018/5/10)

バンナムHD、過去最高の業績 「ドッカンバトル」好調
バンダイナムコホールディングスの2018年3月期連結業績は、売上高が6783億円(前年比9.4%増)、営業利益が750億円(同18.6%増)と過去最高だった。(2018/5/10)

製造マネジメントニュース:
「これ買ってといわれて買う親はいない」、トヨタの原価低減は親子関係に通ず
トヨタ自動車は2019年3月期(2018年度)の業績見通しを発表した。売上高は前期比1.3%減の29兆円、営業利益は同4.2%減の2兆3000億円、当期純利益は同15.0%減の2兆1200億円で2期ぶりの減収減益を見込む。(2018/5/10)

人生やらなくていいリスト:
ぼくがダメ社員を脱却し、名プロデューサーになれた理由
筆者の前職はレコード会社勤務のアーティストプロデューサー。絢香、Superfly、平井堅、CHEMISTRY、河口恭吾などのアーティストを手掛け、CDの累計売り上げ2000万枚という実績を残すことができた。けれども30歳になるまではまったくのダメ社員だったという……。(2018/5/10)

デンソー:
デンソーが研究開発費を5000億円規模に、国内工場への投資も
デンソーは、2018年3月期(2017年度)の連結決算を発表した。売上高は車両生産の増加や拡販により前期比12.8%増の5兆1083億円、操業度差益や合理化努力などにより営業利益は同24.8%増の4127億円、当期純利益が同24.4%増の3206億円だった。(2018/5/10)

コロプラ、純利益46.7%減 「白猫」など売上減少
コロプラの2017年10月〜18年3月連結決算は、売上高が前年同期比13.6%減の236億円、営業利益が43.2%減の42億円と減収減益。「白猫プロジェクト」など、主力の既存タイトルの売り上げ減少が目立った。(2018/5/9)

決算は過去最高更新:
トヨタ社長が強調する「原点回帰」 激変期に打ち出す“トヨタらしさ”とは
トヨタ自動車の2018年3月期決算は売上高、純利益ともに過去最高を更新。一方、豊田章男社長は原点回帰を強調。トヨタ生産方式(TPS)と原価低減で「トヨタらしさを取り戻す」と話した。その真意とは……(2018/5/9)

バンダイナムコIP別売上高リストから:
バンダイナムコ、過去最高の業績の裏で 姿を消した「妖怪ウォッチ」
バンダイナムコホールディングスの17年度決算は売上高・純利益ともに過去最高。その裏で、かつて同社の業績をけん引していた「妖怪ウォッチ」が、IP別売上高のリストから姿を消した。(2018/5/9)

組み込み開発ニュース:
中国のサンダーソフトは日本市場を引き続き重視、組み込みAI分野で200億円投資
中国の組み込み開発ベンダー・サンダーソフトは創業から10周年を迎えた同社の事業戦略について説明。売上高の30%弱を占める日本市場を引き続き重視しており、日本拠点内に独自の研究開発組織を立ち上げ、組み込みAI(人工知能)やエッジコンピューティングの技術開発を行える体制を目指す。(2018/5/9)

Build 2018:
「Microsoft Store」アプリの開発者収益配分を95%に
Microsoftが、Windowsのアプリストア「Microsoft Store」に登録するアプリの開発者収益配分を、現在の70%から95%に引き上げると発表した。ゲームは従来通りで、Microsoftが何らかの形で売り上げに貢献した場合は85%になる。(2018/5/8)

「LINEクリエイターズスタンプ」4周年 販売総額は530億円、売上上位のクリエイターは6億円超え
キャッシュバックキャンペーンも実施!(2018/5/8)

カプコン、「モンハン」好調で過去最高益 純利益109億円
カプコンの2018年3月期(17年4月〜18年3月)連結業績は、売上高が945億円、営業利益が160億円で増収増益。(2018/5/8)

店名は「あっぱれ」:
沖縄で急成長「やっぱりステーキ」全国へ 売上100億円目指す
沖縄の格安ステーキ店「やっぱりステーキ」が急拡大中だ。FC制を導入して昨年は県外へも展開。出店を加速させて20年度までに100億円を目指すという。(2018/5/8)

大手建設業の従業員数は持ち直す、国交省の実態調査
国土交通省はゼネコンを対象にした実態調査の結果を明らかにした。建設業で人手不足が懸念される中、国内の従業員数は前年に比べ1.7%増と、若干回復傾向にあることが分かった。売上の構成比では、公共の建設関連が好調な一方で、民間は微減にとどまった。(2018/5/8)

通期売上を下方修正:
リニューアル後の「黄金の味」は不調? エバラの見解は
エバラ食品工業が「リニューアルした『黄金の味』の市場浸透に遅れが生じている」と発表。2018年3月期の通期売上高を下方修正した。エバラの“看板商品”はなぜ伸び悩んだのか。担当者に話を聞いた。(2018/5/2)

TIがシェア拡大:
2017年アナログICメーカー売上高ランキング
IC Insightsは2018年5月1日(米国時間)、2017年におけるアナログICメーカーの売上高上位10社を発表した。(2018/5/2)

「iPhone X」(うわさに反して)好調でApple決算は予測を上回る増収増益
Appleの1〜3月期決算は、売上高は16%増、純利益は25%増の予測を上回る増収増益だった。クックCEOは「スーパーボウルの勝者に対し、ファンはもっと差をつけて勝ってほしかったと思うものだが、勝ちは勝ちだ」と例えた。(2018/5/2)

水曜インタビュー劇場(GW公演):
同じ「道の駅」なのに、なぜ売上格差が生まれるのか
クルマを運転していて「道の駅」を見ることが多くなった。観光スポットとしてどんどん増えているわけだが、気になることも。それは同じ「道の駅」という看板を掲げているのに、なぜ人気がある駅と、そうでない駅があるのか。『道の駅 旅案内全国地図』の守屋之克編集長に話を聞いたところ……。(2018/5/2)

ドコモのiPhone 6sが初の1位 5sは圏外へ 2018年4月中古スマホ売上ランキング
ムスビーは、2018年4月中古携帯/スマホランキングを発表。NTTドコモのiPhone 6sが初の1位を獲得し、SIMフリーのiPhone 7やiPhone 8がトップ10内にランクイン。Androidスマートフォンに限定したランキングでは、価格帯で購入できるNTTドコモの「AQUOS sense SH-01K」が1位となった。(2018/5/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。