ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「売上」最新記事一覧

Dropbox、赤字上場で5億ドル調達へ ティッカーは「DBX」
クラウドストレージのDropboxがNASDAQに上場することが米証券取引委員会提出文書で明らかになった。2017年の売上高は11億ドル、1億1170万ドルの赤字だった。(2018/2/25)

「お金とは一体なんなのか?」を考えた男:
キングコング西野が就活生に語った「お金」の話
いつも炎上しているキングコング西野亮廣さん。しかし炎上をものともせず、絵本やビジネス書は売り上げを伸ばし、取り組みも注目を浴びる。西野さんは「モノを売る」「お金」についてどう捉えているのか?(2018/2/24)

Microsoftのゲーム実況「Mixer」に実況中のゲームをその場で買える「Direct Purchase」
Microsoftのゲーム実況サービス「Mixer」で、実況者がストリーム画面でゲームやDLCを販売できるようになる。売り上げの5%が実況者の取り分になる。視聴者はストリーミングを見ながら関連コンテンツを購入できる。(2018/2/21)

Tech TIPS:
Excelの「SUMIF」関数で特定の条件に合うセルだけを集計する
Excelを使ってデータ集計を行う際に、特定の営業所だけの売上合計を計算するのに、SUMIF関数を使う方法を紹介する。(2018/2/21)

シナジー創出で売上高1.5倍に:
RIZAP、「新星堂」運営元のワンダーコーポレーションを子会社化
RIZAPグループが、ワンダーコーポレーションを連結子会社化すると発表。TOBと第三者割当増資によって株式の58.0%を取得する。両社の強みを組み合わせ、18年度の売上高を前年度比1.5倍に増やす狙い。(2018/2/19)

Appleの世界スマートフォン売上高シェア、2017年第4四半期は51%──Strategy Analytics調べ
Appleが、2017年10〜12月期の世界スマートフォン売上高シェアで51%を占めた。999ドルからという高価格の「iPhone X」が好調だった。シェア2位のSamsungは14%だった。(2018/2/16)

海賊版サイトは「漫画の万引」 単行本売り上げ、落ち込み過去最大
出版市場を長年支える紙の漫画単行本の売り上げが急減している。出版関係者は「海賊版サイト」の横行を指摘。日本漫画家協会もこれらのサイトを非難する異例の声明を発表した。(2018/2/16)

一風堂、「替玉募金」を2月14日に実施 台湾東部地震の復興支援に替玉の売上全額を寄付
バレンタインの開店から実施されます。(2018/2/13)

IT活用:
東電が火力発電の運用をIoTで支援、燃料費を7000万円削減する例も
東京電力フュエル&パワーは、IoT(モノのインターネット)を活用する火力発電所運用支援サービスを開始した。国内外の発電事業者に対しても同サービスの提供を推進し、3年以内に年間50億円の売上高を目指す。(2018/2/13)

バンナムHD、「ドッカンバトル」などスマホゲーム好調も利益減
バンダイナムコホールディングスの2017年4月〜12月連結業績は、売上高が4831億円(前年同期比5.2%増)、純利益が408億円(同12.1%減)。(2018/2/9)

Twitter、ついに初の黒字に
Twitterが、IPO以来初の黒字を達成した。売り上げは2%増、MAUは4%増だが、米国のMAUは前期より100万人減った。(2018/2/8)

米金利上昇:
スバル、4〜12月期営業益0.1%減 米販売費増加 通期売上高は増額
SUBARU(スバル)が発表した2017年4〜12月期決算によると、営業利益は前年同期比0.1%減の3063億円だった。(2018/2/8)

まだアップルで電話してるの? 買うとマウンテンゴリラを救える「バナナフォン」登場
売り上げの一部が保護団体への寄付金に。(2018/2/6)

製造マネジメントニュース:
好調パナソニック、テスラ「モデル3」の遅れで売上高900億円減も電池に勝算あり
パナソニックは2017年度第3四半期の決算を発表。上期から引き続き主要全部門で増益を実現するなど、好調な結果を示した。ただ一方で、協業するテスラの普及型EV「モデル3」の生産遅れにより、売上高で900億円、営業損益で240億円のマイナス影響があったことを明らかにした。(2018/2/6)

SIMフリー版iPhone 7が初の1位、キャリア版も好調 2018年1月中古携帯/スマホ売上ランキング
ムスビーは、2018年1月中古携帯/スマホランキングを発表。SIMフリー版iPhone 7が初の1位を獲得し、TOP10すべての端末をiPhoneシリーズが独占している。(2018/2/2)

「パズドラ」売上減 ガンホーは減収減益
ガンホーが2017年通期の連結決算を発表。主力ゲーム「パズル&ドラゴンズ」の売上高が減少したこともあり、減収減益だった。(2018/2/2)

Apple決算は過去最高、iPhone出荷台数は1%減だが売上高は13%増
Appleの10〜12月期決算は、2桁台の増収増益。iPhoneの販売台数は1%減だったが、売上高は1000ドル以上の「iPhone X」が貢献し、13%増だった。(2018/2/2)

Googleの親会社Alphabet、税制改正の影響を除けば2桁台の増収増益
Googleを傘下に持つAlphabetの10〜12月期の決算は、売上高は24%増だが米税制改正の影響で30億2000万ドルの赤字だった。非GAAPベースでは28%増の黒字。「Made by Google」製品が好調だった。(2018/2/2)

Qualcomm、Samsungと長期的クロスライセンス契約
QualcommがSamsungと5Gを視野に入れた長期クロスライセンス契約を結んだと発表した。同社の10〜12月期決算は売上高は1%増だったが独禁法の制裁金支払いが響き、赤字だった。(2018/2/1)

高まる低糖質ニーズ:
コメを食べながら糖質制限 “低糖質ごはん”登場
ブルボンが通常のコメよりも糖質を抑えた「低糖質ごはん米」を発売。ブルボンの通販サイトのみでの販売だが、売り上げの状況を見て店頭販売も検討するとしている。(2018/2/1)

「ガリバー」運営元が提供:
車の“定額乗り換え放題”「NOREL」、全国に拡大
IDOMが、月額制の自動車乗り換え放題サービス「NOREL(ノレル)」の提供エリアを沖縄県以外の46都道府県に拡大すると発表。顧客から要望が多かったためで、19年2月までに売上高10億円、会員数10万人を目指すという。(2018/2/1)

任天堂、「Nintendo Switch」好調で売上高1兆円超へ 「スーパーマリオ オデッセイ」は全世界900万本突破
大幅な予想の上方修正が行われました。(2018/2/1)

任天堂、売上高1兆円超へ 「Switch」好調
任天堂が2018年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高を1兆200億円に引き上げ。Nintendo Switchの販売が好調で、7年ぶりの大台に。(2018/1/31)

業績が大幅回復:
任天堂、7年ぶり売上高1兆円突破へ 「Switch」好調、通期1500万台に
任天堂は、2018年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高が1兆200億円になる見通しだと発表した。(2018/1/31)

28nm製品が伸び悩み:
UMC、増収見込めず設備投資を大幅削減
台湾の半導体ファウンドリーUMCが、2018年度の設備投資費を大幅に削減する。激しい競争が続く28nmプロセスでの売り上げが伸び悩んだことが要因だ。(2018/1/31)

水曜インタビュー劇場(メダル公演):
子どもの数が減っているのに、イオンの「モーリーファンタジー」が好調の秘密
イオンモールなどにあるアミューズメント施設「モーリーファンタジー」の売り上げが伸びている。売上高は過去最高を更新したほか、既存店売上も27カ月連続で伸びている。子どもをターゲットにしている施設なのに、なぜ好調なのか。(2018/1/31)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
グルメ情報サービス「Retty」売上倍増も、3強の背中はまだまだ遠く
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/1/29)

PC・スマホでいつでも買える:
宝くじ、10月からネット購入可能に 売り上げ回復目指す
10月から宝くじのネット販売が始まる。売り上げ減に歯止めをかける狙い。クレジットカード決済にも対応する。(2018/1/26)

「うんこ漢字ドリル」など人気も:
「紙の本」の売り上げ、13年連続で低下 電子書籍は好調も
2017年の出版市場はどのように推移したのか?――全国出版協会調べ。(2018/1/26)

組み込み開発ニュース:
JDIは車載とスマホ以外で売上高1000億円、けん引役の1つは「指紋センサー」
ジャパンディスプレイ(JDI)は、車載やスマートフォン以外の分野を担当するディスプレイソリューションズカンパニーの事業説明会を実施。併せて、新規ビジネスの1つである新開発の指紋センサーを披露した。(2018/1/25)

来週話題になるハナシ:
苦戦が予想される「ダイエットコーク」に、立ちはだかる過去の壁
1982年に発売されたダイエットコークが岐路に立たされている。米国での炭酸飲料全体の売り上げが落ち込んでいることから大幅なリニューアルを行う予定だが、効果はどのくらいあるのだろうか。最大の壁は……。(2018/1/25)

値上げの影響は?:
アサヒのワイン事業、18年売上高目標は424億円
アサヒビールはワイン事業の戦略説明会を開き、2018年の売り上げ目標は前年比3%増の424億円だと発表した。4月に実施するワインの値上げで、売れ筋のチリワイン「サンタ・ヘレナ・アルパカ」の目標出荷数量は前年実績と同じに。(2018/1/24)

目標は売り上げ倍増:
JDI、スマホ/車載以外で20年度売上高1000億円へ
ジャパンディスプレイ(JDI)は2018年1月23日、スマホ、車載を除く用途向け事業で2020年度(2021年3月期)に売上高1000億円を目指すと明らかにした。(2018/1/24)

Netflix、契約者数急増で1億1760万人に
Netflixの2017年第4四半期の決算は、売上高36%増、純利益は約3倍と好調。「ストレンジャー・シングス」などのオリジナル作品が貢献し、新規契約者は予想を上回る増加で、契約者数は1億1760万人になった。(2018/1/23)

熊本の地で60年:
海藻の加工・販売で日本一 カネリョウ海藻、成長のワケ
海藻の加工・販売業界で国内トップシェアを誇るカネリョウ海藻。1954年の創業以来、国内外で200もの仕入れ先を開拓し、海藻サラダに使われることもある「色もの」海藻で売り上げトップに、もずく、めかぶも売り上げ1位を記録した(※同社サイトより)。グループ企業と合わせて売上高は170億円。海藻の研究から商品開発、製造、販売までを一貫して手掛け、これほどの規模で事業展開する企業は業界内にほとんどない。成長の理由、今後の展開に迫る。(2018/1/23)

既存店売上高3年ぶり減:
既存店伸び悩むコンビニ 客足減に歯止めをかけられるか
2017年のコンビニの売上高は、既存店ベースで3年ぶりの前年割れ。客数減少に歯止めをかけることが課題となっている。(2018/1/22)

今年は新商品も:
メルシャンのチリワイン主力ブランド、2年で売り上げ倍増
メルシャンが国内で取り扱うチリワインの主力ブランド「カッシェロ・デル・ディアブロ」の2017年の売り上げが11万ケースに。15年比で約2倍に増えた。(2018/1/22)

2017年半導体メーカー売り上げ:
2017年半導体メーカー売り上げ速報値、サムスンがインテルを抜く
米調査会社のGartner(ガートナー)は2018年1月4日、2017年の半導体メーカー別売上高ランキング(上位10社)を発表した。(2018/1/22)

Twitterの流行「ストロングゼロ文学」 サントリーの反応、売り上げへの影響は
サントリーHD広報部に取材しました。(2018/1/19)

商流が変わるのは当然:
紙の書籍は、このまま存在することができるのか
先日発表された、日販による『出版物販売額の実態』によれば、出版物の売り上げの低下が止まらないようだ。ここ20年間で約半減。業界としてはひん死の状態だ。(2018/1/18)

水曜インタビュー劇場(分析公演):
紙のカタログ通販市場は苦戦しているのに、なぜ「ラナン」は好調なのか
EC市場が拡大しているなかで、紙のカタログ通販が面白いことになっている。大手2社が苦戦している一方で、埼玉県に本社を構えるベルーナの売り上げが伸びているのだ。なかでも好調なのは、30〜40代の女性をターゲットにした「ラナン」。その背景を取材してみると……。(2018/1/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
カラオケ人口が減っても「ビッグエコー」が好調の理由
カラオケ人口が今世紀に入ってから微減している。そうした厳しい環境で、ビッグエコーが売り上げを伸ばしている理由とは?(2018/1/16)

ウェアラブルデバイス市場をけん引する5社の動向とは:
XiaomiとFitbitがシェア1位――IDC Japan、2017年第3四半期 世界ウェアラブルデバイス市場規模を発表
IDC Japanは、2017年第3四半期(7〜9月)のウェアラブルデバイスの世界市場規模を発表した。ウェアラブルデバイスの出荷台数は、2016年同期比から7.3%増の2626万台。腕時計型デバイスの売上は、アプリがインストール可能なタイプに移行し、XiaomiとFitbitの2社がトップシェアを獲った。(2018/1/16)

サイプレス セミコンダクタ 代表取締役社長 長谷川夕也氏:
PR:想定を上回る飛躍を遂げるCypress、IoTへの積極投資継続へ
Cypress Semiconductorの日本法人社長を務める長谷川夕也氏は「2017年は想定を上回る大きな飛躍を遂げた1年だった」と振り返る。世界的なIoT(モノのインターネット)化の流れを的確に捉え、2016年にBroadcomから引き継いだIoT向け無線通信チップ事業で大きく売り上げを伸ばした。2018年についても、組み込み領域に必要なあらゆる半導体製品をそろえるラインアップをベースに、オートモーティブ、インダストリアル、コンシューマーの3市場で一層の飛躍を遂げるべく、積極的な事業展開を計画する。(2018/1/16)

クラウドITインフラの売上高がITインフラ全体の4割超に:
2017年第3四半期の世界クラウドITインフラ売上高、25.5%増の113億ドル
IDCによると、2017年第3四半期の世界クラウドITインフラ市場は、売上高が前年同期比25.5%増の113億ドルとなり、Dellが13.8%のシェアで首位を占めた。(2018/1/15)

総売上高は初の1000億ドル超に:
2017年のファブレスランキング、中国2社が上位に
IC Insightsが2017年のファブレス半導体メーカー売上高ランキングを発表した。総売上高は初めて1000億米ドルを超え、2社の中国企業が上位10社にランクインしている。(2018/1/15)

起業家支援で東北復興:
出資の対象は“倒産経験者” 独自の投資法で起業家支援
起業家支援で東北を盛り上げるMOKOTOの竹井智宏代表。常識に捉われない新しい投資方法を実践している。それが売り上げ連動型出資「シェアファンド」と“倒産経験のある起業家”を対象した「福活ファンド」である。(2018/1/15)

枡なのに新しい:
「枡」だけで売り上げ4倍 伝統を守りながら伝える“面白さ”
岐阜県大垣市にある枡の専門メーカー、大橋量器は、ユニークな商品開発などの取り組みを経て、売り上げを伸ばした。日用品として使われることが少なくなった枡の需要をどのように拡大したのだろうか。(2018/1/12)

YouTuber所属事務所「UUUM」が増収増益 売上高48億円
YouTuberマネジメントを手掛けるUUUMの2017年6〜11月の連結業績は、売上高が48億7300万円、営業利益が2億5800万円だった。(2018/1/11)

Gartnerが暫定値を発表:
2017年半導体メーカーランキング(速報版)
米調査会社のGartner(ガートナー)は2018年1月4日、2017年の半導体メーカー別売上高ランキング(上位10社)を発表した。(2018/1/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。