ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トップ10」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トップ10」に関する情報が集まったページです。

わずか8年あまりで大富豪:
「ビットコイン長者」トップ10 FBI、ブルガリア共和国など意外な名前も
UseTheBitcoinは7月8日、ビットコイン長者トップ10のリストを発表した。(2018/7/9)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月11日〜6月17日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」3連勝
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」。またもキヤノン勢のトップ3独占状態に。(2018/6/28)

決算資料からも消えていた:
妖怪ウォッチ、「子どもの好きなキャラ」圏外に
妖怪ウォッチが「子どもの好きなキャラ」のトップ10から転落した。年代別でも上位に入らなかった。グッズの売り上げも低迷しており、2018年3月期は決算資料のIP別売上高から消えたことでも話題となっていた。(2018/6/21)

サイバー面だけでなく、物理的な脅威も
2018年に心配される事業継続計画(BCP)のリスクトップ10
事業継続と災害復旧に対するリスクは、時代によって変わらないものもあれば、深刻化しているものもある。人々が最も懸念しているリスクとは何だろうか。(2018/6/21)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月4日〜6月10日):
デジタル一眼ランキング、ニコンがじわり上昇「D5600 ダブルズームキット」3位
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」。一方9週続いたキヤノン勢のトップ3独占状態が崩れた。(2018/6/20)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月28日〜6月3日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」がトップ奪還
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が3週ぶりに1位に返り咲き。トップ3のキヤノン独占は変わらず。(2018/6/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
富豪ランキング“圏外” 日本はなぜ「ビリオネア」が少ないのか
2018年版の「ビリオネア調査」の結果を見ると、ビリオネア数で日本はトップ10にも入っていない。なぜだろうか。その背景には、日本の企業文化がある。(2018/6/7)

今日のリサーチ:
訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高い評価を得ているのでしょうか。(2018/5/21)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月7日〜5月13日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M」6週連続1位
キヤノンのミラーレスKiss「EOS Kiss M ダブルズームキット」6連覇。トップ3は相変わらずEOS Kissシリーズが占めている。(2018/5/21)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月30日〜5月6日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン“EOS Kiss”シリーズのトップ3独占続く
キヤノンのミラーレスKiss「EOS Kiss M ダブルズームキット」5連覇。トップ3をEOS Kissシリーズが占める状況も5週目に入った。(2018/5/19)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月23日〜4月29日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M」4週連続トップ
キヤノンのミラーレスKiss「EOS Kiss M ダブルズームキット」が4連勝。トップ3をEOS Kissシリーズが占める状態も4週目。(2018/5/11)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月16日〜4月22日):
デジタル一眼ランキング、キヤノンが「EOS Kiss M」を筆頭にトップ3独占3週目
キヤノンのミラーレスKiss「EOS Kiss M ダブルズームキット」が3週連続1位。(2018/5/9)

ドコモのiPhone 6sが初の1位 5sは圏外へ 2018年4月中古スマホ売上ランキング
ムスビーは、2018年4月中古携帯/スマホランキングを発表。NTTドコモのiPhone 6sが初の1位を獲得し、SIMフリーのiPhone 7やiPhone 8がトップ10内にランクイン。Androidスマートフォンに限定したランキングでは、価格帯で購入できるNTTドコモの「AQUOS sense SH-01K」が1位となった。(2018/5/1)

2017年半導体売上高ランキング:
NVIDIA、2017年の半導体売上高でトップ10に
2017年の半導体売上高ランキングトップ10にNVIDIAが初めてランクインした。また、2017年の世界半導体売上高は前年比21.7%増となる4291億米ドルで、メモリチップが前年比60.8%増となる当たり年であったことが大きい。(2018/4/17)

Mobile Weekly Top10:
キャリア共通「+メッセージ」は普及する?/耳をふさがない「Xperia Ear Duo」
NTTドコモ、KDDIとソフトバンクが共同で「+メッセージ」というメッセージングサービスを開始します。今回のランキングではトップ10に入った記事のうち5記事が+メッセージ関連のものでした。(2018/4/16)

アジアの航空会社から4社がトップ10入り:
18年版「世界の人気エアラインランキング」 日本の航空会社は?
米TripAdvisorが運営する旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」は4月9日、2018年版「世界の人気エアラインランキング」を発表した。日本からは日本航空(JAL)が4位に入り、2年連続でトップ10入りを果たした。(2018/4/9)

Mobile Weekly Top10:
大容量プランの「テザリングオプション」が有料化/Instagramの使い方
今回のランキングでは、トップ10に入った記事のうち4つが「テザリング」に関する記事でした。世界的に見て決して珍しいことではない「テザリング課金」。なくなる日は来るのでしょうか……?(2018/4/2)

1位は6年連続であの空港:
世界の空港ランキング、日本の空港が上位に
英航空サービス格付け会社Skytraxはこのほど、「世界で最も素晴らしい空港ランキング」の2018年版を発表した。トップ10に日本から2空港が入り、上位はアジアとヨーロッパの空港が占めた。(2018/3/23)

化粧品メーカー5社がランクイン:
女子就活生の人気企業ランキング、1位は……
楽天みん就が女子就活生の人気企業ランキングを発表。トップ20に化粧品メーカー5社がランクイン。1位となったのは……。(2018/3/20)

Uber、最も多い忘れ物トップ10を発表 1位は……?
ウーバー・テクノロジーズは、最も多い忘れ物トップ10を発表した。(2018/3/19)

オープンイノベーションに積極的な大企業の1位にKDDI、2位トヨタ
トップ3はベンチャーへの投資や買収に積極的で、その他上位に入った大企業もコーポレートベンチャーキャピタルや、アクセラレータープログラムも実施しているところが多いという。(2018/3/13)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月26日〜3月4日):
デジタル一眼ランキングに、ニコン「D3400 ダブルズームキット」が初登場
ソニー「α6000 ダブルズームキット」が4週ぶりにトップ返り咲き。2016年発売のニコン「D3400 ダブルズームキット」が初のトップ10入り。(2018/3/19)

Mobile Weekly Top10:
賛否を呼ぶ「Xperia XZ2」/「ZenFone 5」に既視感あり?
前回のランキングでティーザーサイトの記事がトップとなった「新しいXperia」。今回のランキングでは、「新しいXperia」こと「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」に関する記事がトップ3を占めました。(2018/3/7)

けじめをつける:
吉永社長「きちんとありたい」 SUBARU、経営陣刷新で信頼回復へ
SUBARUは3月2日、中村知美専務執行役員が社長に昇格する人事を発表。吉永泰之社長ら経営トップ4人が退任。吉永社長は代表権のある会長に就任する。経営体制を一新し、無資格者による完成検査などの問題にけじめをつける。(2018/3/2)

ドコモのiPhone 6が再び1位に、トップ10をiPhoneが独占 2018年2月中古携帯/スマホ売上ランキング
ムスビーは、2018年2月中古携帯/スマホランキングを発表。NTTドコモのiPhone 6が1カ月ぶりに1位を獲得し、上位10機種をiPhoneシリーズが独占する人気を見せつけた。(2018/3/2)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月19日〜2月25日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」3週連続トップ
キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」3連勝。トップ3は前回と変わらず。(2018/3/13)

製造ITニュース:
「日本でもトップ3に食い込む」、IBMがクラウド事業の展開を強化
日本IBMがクラウドサービス「IBM Cloud」とAI「Watson」の事業方針を説明。同社 取締役 専務執行役員 IBMクラウド事業本部長の三澤智光氏は「日本国内でトップ3のクラウドを挙げるときにIBMの名前が入るようにしたい」と述べ、オンプレミスからのクラウド移行の対応力を強調するとともに、パートナーとの連携も強化する方針を示した。(2018/2/21)

ウェアラブルニュース:
2017年第3四半期のウェアラブルデバイス出荷台数は2626万台、トップ5の動向は?
IDC Japanは、2017年第3四半期のウェアラブルデバイスの世界出荷台数が前年同期比7.3%増の2626万台となったことを発表した。「トップ5カンパニー」では、XiaomiとFitbitがともに360万台でトップだった。(2018/2/5)

幻の星座「ねこ座」はなぜ消えた? 歴史に埋もれていった「トンデモ星座」ベスト5を解説する
今も残っていてほしかった……。(2018/2/6)

“新顔”任天堂、「FGO」大ヒットのSONYも:
2017年のアプリパブリッシャー、トップ3は中韓が独占 日本企業の上位は?
App Annieが2017年のスマホアプリパブリッシャーランキングを発表。トップ3は中韓が独占。日本企業も大型IPを武器に健闘した。あの老舗企業も“新顔”としてランクインした。(2018/1/30)

車載情報機器:
「MaaS」のサービスに深入りしないパナソニック、コックピットをそろえて対応
コモディティ化と、製品にサービスを付加する難しさを家電で経験してきたパナソニック。家電が通ったこれらの問題は、今後自動車にも起こり得る。自動車部品メーカーとして世界トップ10入りを目指す同社は情報化が進む自動車に対し、何を提案していくのか。(2018/1/26)

知財ニュース:
革新企業トップ100で日本が最多に返り咲き、日東電工と富士電機が受賞講演
クラリベイト アナリティクスは、知財/特許動向の分析から世界で最も革新的な企業100社を選出する「Top 100 グローバル・イノベーター 2017」を発表。前回の2016年は100社中の国別企業数で2位だった日本だが、2017年は米国を抜いて再び1位に返り咲いた。会見では、7年連続受賞の日東電工と初受賞の富士電機が技術開発戦略を説明した。(2018/1/26)

とうとう5回目! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2018
虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第88回は、毎年恒例の特別企画。2017年の発表作からUK大おすすめのマンガベスト10を紹介。(2018/1/21)

キャリアニュース:
冬のボーナス平均額――製造系エンジニアは139万円で職種別2位
「fabcross for エンジニア」が「2017年冬のボーナス」に関する調査結果を発表。職種別の冬のボーナス平均額トップ3は「素材・化学系エンジニア」「製造系エンジニア」「教育・保育関連職」だった。(2018/1/12)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月1日〜1月7日):
2018年初売りのデジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が制す
オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が2週ぶりにトップになった。10位のキヤノン「EOS M100 ダブルレンズキット」は初のトップ10入り。(2018/1/16)

「インスタ」で癒やされたいならこの子たちをフォロー! 2017年人気ペットトップ10
2017年、Instagramで最も人気だったアニマルたちトップ10を一挙紹介!(2018/1/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」2017総集編:
滅亡する50ccバイク、トヨタのGoogleキラー
筆者が書いた記事で2017年のページビュー・ベスト5を取りまとめた。今回は昨年を振り返る意味でも、そのトップ3について改めて述べたいと思う。(2018/1/1)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカー日常機能ベスト5 「Amazon Echo」vs.「Google Home」
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は筆者がスマートスピーカーでよく使用している機能の「ベスト5」と、それを「Google Home」と「Amazon Echo」のどちらで使っているかを紹介する。(2017/12/30)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(9月編):iPhoneのトップ10制覇を阻んだアノ機種
アクセスランキングで振り返る、2017年のモバイル業界。9月はiPhoneが発表される「お祭り」の月。2017年は3つのiPhoneが発表され、大いに業界をにぎわせてくれました。(2017/12/29)

2017年、ITmedia エンタープライズで最も読まれた記事は? 年間アクセスランキングベスト10
2017年もあと3日で終わり。今年もエンタープライズIT業界はさまざまな話題がありましたが、ITmedia エンタープライズで最も反響があったのは、どの記事だったのでしょうか?(2017/12/29)

「WELQ後のSEO」「横浜DeNAのマーケティング戦略」他:
2017年、ITmedia マーケティングで最も読まれた記事は? 年間アクセスランキングベスト10
マーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2017年、読者はどんな記事に注目したのか。ランキング形式で振り返ります。(2017/12/29)

「経営に寄与するIT」の具体像が分かる、2017年、@IT SystemDesignフォーラム SNSランキングベスト10
デジタルトランスフォメーションのトレンドが進展するに伴い、IT部門には「経営に寄与する」ことが一層強く求められている。では「寄与」とは具体的に何をすることなのか?――2017年 @IT SystemDesignフォーラム SNSランキングベスト10に、そのヒントを探ってみてはいかがだろう。(2017/12/28)

ポテト工場から温泉旅館まで! “AI祭り”の2017年「事例記事」ベスト10
2017年に掲載した事例記事で一番読まれたのは? 年末らしくランキング形式でまとめてみました。気になる1位の記事は……?(2017/12/28)

2017年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?
2017年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、2017年の大きなトピックを振り返りつつ注目を集めた記事上位20本を紹介します。これを読んで2017年を俯瞰してはいかかでしょうか。(2017/12/28)

2017年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
恒例の年末企画。2017年に使ってみた製品の中から、ビジネスユースでも十分に実用的に使えると判断した、「個人で購入できて仕事がはかどるデジタル製品」のベスト5を選んでみた。(2017/12/27)

@IT読者は修羅場がお好き?:
訴えてやる! 訴えてやる! バビル2世――2017年、ソーシャルで話題になった「自分戦略研究所」の記事ベスト10
Facebookの「いいね!」数で振り返る2017年の自分研人気記事、どうもきな臭いタイトルのものが多いようで……。(2017/12/27)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(7月編):auの新料金プランが話題を独占
アクセスランキングで振り返る、2017年のモバイル業界。7月はauの新料金プラン「ピタットプラン」「フラットプラン」が大きなトピック。新料金プラン関連の記事がアクセスランキングトップ3を独占しました。(2017/12/26)

FA 年間ランキング2017:
スマート工場を支える“現場力”に再注目が集まった2017年
2017年に公開したMONOist FAフォーラムの記事をランキング形式で振り返る。公開記事の1年間分のデータを集計した上位記事とそこから見えるFA業界の状況について紹介する。2016年に続き、トップ10のほとんどがIoTなどスマート工場に関する話題となったが、工場での実導入の成果についての記事が増えていることが特徴だ。(2017/12/25)

水曜インタビュー劇場(4年連続トップ3入り公演):
アドラーの岸見一郎さんに聞く、職場で嫌われる勇気
2013年に発売された書籍『嫌われる勇気』が、いまも売れている。ビジネス書のランキングでみると、4年連続でトップ3入りしていて、この数字は史上初の快挙だという。本書は対人関係の接し方などを深く掘り下げているが、職場での嫌な上司にどのように対応すればいいのか。著者の岸見一郎さんに聞いた。(2017/12/20)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月4日〜12月10日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」3連覇
キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が3週連続1位。2位と3位は入れ替わり、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が5週ぶりにトップ3入り。(2017/12/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。