ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「渋谷」最新記事一覧

混雑緩和で乗客ファーストに?:
混雑率ワースト3位の小田急、半世紀の悲願・複々線化
東京都・神奈川県を中心に鉄道事業を営む小田急が構想から半世紀、着工から30年をかけて取り組んできたのが代々木上原(東京都渋谷区)−登戸(川崎市)間11.7キロの複々線化だ。(2017/11/20)

グーグルが渋谷に“凱旋” 2019年秋に本社移転
Googleの日本法人「グーグル」が、2019年秋に本社を東京・渋谷に移転する。渋谷駅の南側に建設中の「渋谷ストリーム」(地上35階建て)の全オフィスフロアを借りるという。(2017/11/17)

Google日本法人、19年に大規模移転 「渋谷ストリーム」22フロア占拠
Google日本法人は、2019年に六本木ヒルズから渋谷にオフィスを移転する。(2017/11/17)

六本木から:
Google日本法人、渋谷に移転へ 9年ぶり“原点回帰”
Google日本法人が、2019年後半をめどに本社オフィスを東京・渋谷に移転すると発表した。9年ぶりに戻ることになる。(2017/11/17)

LINE Pay「コード決済」、ロフト旗艦店で導入 スマホ画面を読み取るだけ
渋谷ロフトとなんばロフトで、LINE Payの「コード決済」が使えるように。LINE Payの画面に表示したコードを店員が読み取り、決済できる。(2017/11/14)

Apple 渋谷、11月26日より一時休業
店舗の「バージョンアップ」か。(2017/11/12)

タワーレコード渋谷店でまた不正抽選疑惑 タワレコは「不正はございません」と疑惑を否定
3月にも同様の不正疑惑があがっていましたが……。(2017/11/7)

ピザが先か、ポテトが先か 原点回帰?の新メニュー「ピザポテト味のピザ」誕生
渋谷と心斎橋のカフェで販売されます。(2017/11/7)

AIが渋谷区の特別住民に 自治体初 7歳男児「渋谷みらい」
LINEを使ったAIアカウント「渋谷みらい」を渋谷区とMSが開発。「7歳の男児」という設定のAI。渋谷区の特別住民票を交付された。(2017/11/6)

日本マイクロソフトと渋谷区、AIキャラクター「渋谷 みらい」を開発
渋谷区と日本マイクロソフトは、LINEで会話が可能なAIキャラクター「渋谷 みらい」を開発した。(2017/11/6)

ハロウィーンでごみがあふれる渋谷、原因は街のごみ箱の減少? 渋谷区にごみ箱事情を聞いてみた
現在は家庭ごみの持ち込みが最大の問題。(2017/11/2)

人・人・人!!! 前後左右仮装まみれの渋谷ハロウィーン狂騒曲フォトレポート
今年はクオリティー高めの人が多い!(2017/10/31)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Meituスマホの日本上陸も近い? 渋谷で見かけたアノ広告
渋谷駅で、中国のスマートフォンメーカー、Meituの広告を発見。といってもアプリの広告ですが、スマートフォンのイラストも掲載されていました。ひょっとしたらMeituスマホの日本上陸があるかも?(2017/10/29)

みんなで作るタイムマシン 1964年の渋谷の街並みをVRで再現するプロジェクト「1964 SHIBUYA VR」がスタート
当時の写真を募集しています。(2017/10/27)

貧困世帯の高校受験生に「塾代」を支援するプロジェクト登場 まずは渋谷区から
全国的な“塾代格差”からの“機会格差”を埋める足掛かりになるかも。(2017/10/12)

「世にも奇妙な物語」の自販機が渋谷センター街に突如出現 指示通り穴に手を入れると……?
てけれれれってけれれれれーてけれれれっれっれてけれれれー……。(2017/9/29)

本田翼さんをHUAWEI P10 Plusで撮影した「翼と本と珈琲と」写真展が開催 
ファーウェイは、9月21日から渋谷MODI 1Fイベントスペースで「ファーウェイ×non-no『翼と本と珈琲と』写真展」を開催。本田翼さんをHUAWEI P10 Plusで撮影した写真をはじめ、HUAWEIの新製品を気軽に試せるスペースも用意している。(2017/9/20)

脅威のロボット誕生、純金製「マジンガーZ」は1870万円
高級工芸品などの企画製作を手がけるコウゲイは、純金製の「マジンガーZ」を発表した。9月9日から西武渋谷店で開催されるイベント「DYNAMIC 豪!50!GO! in SHIBUYA」で展示販売を行う。(2017/9/9)

長時間労働で社員が適応障害に:
サイバードの裁量労働制は「無効」 労基署が判断
ゲーム開発会社のサイバードで、専門職の女性が長時間労働に起因する適応障害を発症していたことが判明。渋谷労基署は専門職向けの裁量労働制を「無効」と判断し、未払い残業代を支給するよう勧告したという。(2017/9/6)

フラッシュの光に反応する特殊広告:
NTTドコモ、世界初の「スマホ花火大会」開催 渋谷駅で
NTTドコモが東京・渋谷駅で「スマホ花火大会」を開催。黒地のポスターをフラッシュ撮影すると、特殊印刷された花火の様子がカメラに表示される。「“撮っておきの思い出づくり”を応援する」という。(2017/9/4)

「デジタル変革」目指す:
三井住友FG、新ビジネスに向け“飛び込み歓迎”の新拠点
三井住友FGが、新規事業開発に向けたビジネス拠点を東京・渋谷にオープンした。外部企業からビジネスパーソンを招き、セミナーやハッカソンなどを定期的に開催する。有望なアイデアを持つ人材を見いだし、新ビジネスの創出に向けたアイデアを得る狙い。(2017/9/1)

TOWER RECORDS CAFE渋谷店で「テニプリ」コラボ グッズやコラボメニューが登場
アニメ「新テニスの王子様」&ミュージカル「テニスの王子様」とコラボ。(2017/8/16)

19年度開業へ:
渋谷駅隣接の新施設、名前は「渋谷スクランブルスクエア」
東京・渋谷駅に隣接する一帯に2019年度開業を目指して建設中の高層ビル一体型施設の名前が「渋谷スクランブルスクエア」に決まった。(2017/8/2)

8月5日、渋谷109周辺に交通規制 初の盆踊り大会で
16時30分から22時30分まで、スクランブル交差点西側道路・文化村通り・道玄坂が歩行者用に。(2017/7/23)

ハウステンボスが東京初進出 HIS渋谷に人気VR開設
若年層に人気のあるVRコンテンツで、首都圏での認知度向上と集客につなげる。(2017/7/11)

生クリーム好きのためのスイーツ店誕生! 主役が生クリームの専門店「MILK」が期間限定で渋谷にオープン
生クリームを食べるためのスイーツがここに。(2017/7/3)

幅広い客層の獲得が狙い:
ニトリ「渋谷公園通り店」オープン 山手線沿い最大規模
ニトリが、新店舗「渋谷公園通り店」をオープンした。年齢層を問わず、幅広い客層をターゲットにしているという。(2017/6/30)

押井守、後藤隆幸、黄瀬和哉がI.Gストア渋谷オープン1周年記念のサイン会 xxxHOLiC侑子と攻殻新劇場版素子のコラボ色紙も 
なんて豪華な顔ぶれなんだ……!(2017/6/24)

宇宙へぶっ飛ぶ逆バンジー、本格的な心霊体験も 渋谷のハウステンボスVRを先行体験
ハウステンボスが、6月24日にVR施設「SHIBUYA VR LAND by HUIS TEN BOSCH」をオープン。「宇宙へ飛ぶ逆バンジー」からイケメンによる「壁ドン」まで、5つのコンテンツを体験してきた。(2017/6/19)

東京の東側を比較:
「新小岩」と「清澄白河」の街に、西側住民が嫉妬する日
東京の姿が、大きく転換しようとしている。都心回帰現象と連動して、東側が注目されているのだ。とはいっても、もちろん、新宿や渋谷、中目黒といった存在にまで成長していないが、この勢いが続けば、ひょっとしたらひょっとするかもしれない。(2017/6/19)

「ユーリ!!! on ICE」の夏イベント 幕張メッセと渋谷タワレコで開催
限定グッズも販売されます。(2017/6/8)

ハウステンボスがVRで東京進出 「SHIBUYA VR LAND」6月24日オープン
ハウステンボスがVRエンターテインメント施設「SHIBUYA VR LAND」を6月24日にオープンすると発表した。同社テーマパークで人気のVRコンテンツ5種を選出。(2017/6/7)

集客力はあるが……:
外国人が多いのになぜ? 渋谷区が観光施策に注力する事情
東京を訪れる外国人観光客は2015年で約1189万人に上った。そして彼らの多くは渋谷に足を運んでいる。にもかかわらず、渋谷区には観光に関する大きな悩みがあるという。それは……。(2017/6/1)

IT活用:
500円で始める見守り、東電と渋谷区がIoT活用で実証へ
渋谷区と東京電力ホールディングスは、IoT技術を活用した見守りサービスの実証を2017年6月から開始する。将来的には他地域にも拡大し、社会インフラサービスとして展開する狙いだ。(2017/5/18)

自販機から子どもや高齢者の位置特定「IoT見守り」、渋谷区で実証実験
高齢者や子どもにビーコン(発信器)を持たせ、近くの受信器で位置情報を把握する「IoT見守りサービス」の実証実験が、渋谷区で始まる。(2017/5/17)

建て替え作業中の渋谷PARCOの工事仮囲いが「アートウォール」に 河村康輔さんによる「AKIRA」アート掲出
カッコイイ。(2017/5/17)

跡地にはヴィレッジヴァンガード:
ブックファースト渋谷文化村通り店、閉店
「ブックファースト渋谷文化村通り店」(東京都渋谷区)が6月4日をもって閉店。ブックファーストの看板が渋谷の街から姿を消す。跡地にはヴィレッジヴァンガードが新規オープン。(2017/5/1)

商品を「タチコマ」が持ってくる……渋谷の店舗で正式サービス開始
スマホアプリで育成した「自分だけのタチコマ」が現れるという。(2017/3/24)

事業の拡大を急ぐあまり:
「ベンチャーは免罪符ではない」DeNAは何を誤ったのか
DeNAが行っていたキュレーション事業は何が問題だったのか。DeNAは3月13日、第三者委員会の調査報告書を公開。同日、第三者委員会が東京・渋谷で記者会見を行い、同事業の問題点、原因分析、再発防止策の提言について説明した。委員長は「永久ベンチャーは免罪符ではない」と語った――。(2017/3/13)

「デレマス」キャラと一緒にドライブ! Yahoo!カーナビに渋谷凛、島村卯月などの「きせかえボイス」登場
渋谷凛、島村卯月、本田未央の音声でプロデューサー気分。(2017/3/2)

NTTぷららの4K配信プラットフォームで:
電通とISID、高精細4Kデジタルサイネージの実証実験でB.LEAGUE試合映像をライブ配信
電通とISIDは、東京・渋谷で高精細4Kデジタルサイネージの実証実験「4K@SHIBUYA」を実施すると発表した。「B.LEAGUE」の試合映像や渋谷区ならではの映像を高精細4Kデジタルサイネージで配信する。(2017/2/21)

「春にまた会えるように。いってらっしゃい」東横線渋谷駅で受験生に向けアナウンス スタッフのアドリブで実施
なんとも粋なアナウンスでした。(2017/2/11)

SIM通:
mineoが渋谷にカフェ併設の旗艦店をオープン
mineoは、大阪、名古屋に続く3店舗目の出店となる直営店「mineo 渋谷」をオープンした。1Fに併設したカフェでは、mineoユーザー向けの割引サービスも。4Fのマイネ王メンバー専用スペースでは、マイネ王の世界をリアルに体感できる。(2017/2/7)

人もポケモンもまだまだ集まる渋谷の聖地【みんなのポケGO写真】
新ポケモンが追加される前に。(2017/2/5)

東急、「SHIBUYA109」運営で新会社 流行発信・ブランド力を強化
東急電鉄が新会社「SHIBUYA109エンタテイメント」を設立。SHIBUYA109など店舗の運営に特化し、ブランド力の強化を目指す。(2017/1/31)

「mineo 渋谷」が2月1日にオープン 秋葉原と神戸でも順次開設
ケイ・オプティコムは、東日本では初となるmineoショップ「mineo 渋谷」を2月1日にオープン。2月14日には「mineoショップ 秋葉原」「mineoショップ 神戸」も開設する。(2017/1/31)

渋谷区が「Yahoo!防災速報」と連携 区民や帰宅困難者にアプリで情報通知
渋谷区の災害情報や避難所開設状況を「Yahoo!防災速報」で配信する。(2017/1/23)

Cerevo、開発中の「1/8タチコマ」試作機を渋谷「I.Gストア」で国内初展示
Cerevoは1月12日から、渋谷マルイ「I.Gストア」内で開発中の「1/8タチコマ」試作機を一般公開している。米ラスベガスで開催された「CES 2017」で公開されたものだが、国内では初披露となる。(2017/1/13)

熱狂から1年9カ月:
日本再上陸時には大行列 「タコベル」の今
2015年4月に日本再上陸したメキシカンファストフード店「タコベル」。その1号店である渋谷道玄坂店は連日のように大行列が続いていた。あの熱狂から1年9カ月が過ぎた――。(2017/1/11)

広告収益モデルのフリーWi-Fiでコスト負担減 渋谷駅でトライアル提供 NTT東日本ら
施設オーナーの負担となっていた公衆無線LANの導入・運営コストを広告収入で補う試みを開始する。(2016/12/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。