ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コーヒー」最新記事一覧

関連キーワード

「男性向けの缶コーヒー」からの脱却:
激動のコーヒー市場で「ジョージア」はどう変わる?
コーヒー市場がここ数年で大きく変化している。キーワードとなるのは「ちびだら需要」「カフェラテ」「ペットポトルコーヒー」。日本コカ・コーラの「ジョージア」ブランドはどのように変化するのか?(2018/4/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「昭和の喫茶店」が廃れる一方で「ルノアール」が好調な理由
低価格が武器のコーヒーチェーンが伸びる一方で、昔ながらの「昭和の喫茶店」が次々と閉店を余儀なくされている。喫茶店としては割高な料金でゆったりと過ごせる椅子やテーブルが特徴の「喫茶室ルノアール」が好調だというが、その理由とは?(2018/4/24)

各社がシェアを奪い合う“激戦区”:
コカ・コーラ、小容量ペットボトルコーヒーに参入 「ジョージア ジャパン クラフトマン」
コカ・コーラが“激戦区”の500ミリリットルペットボトルに参入。「ジョージア」ブランドのブラックコーヒーとカフェラテで、若年層や女性層を狙う。(2018/4/18)

批判高まり:
米スタバ、8000店舗で一時閉店し社員教育へ 黒人男性逮捕受け
米コーヒーチェーン大手のスターバックスが、5月29日午後に米国内の直営店8000店舗を一時閉店する。(2018/4/18)

コーヒー好きさんに朗報 「ひき立てのコーヒーの香り」が脳を活性化させることが判明
やる気になるのは気のせいだけじゃなかった。(2018/4/18)

スマホをベッドに投げるつもりが、なぜかコーヒーを… Twitterに投稿された「ごくまれにあること」に共感の嵐
あるある。(2018/4/11)

コーヒー好きはブラック派の特権じゃない! 砂糖・ミルクを入れるのに重圧を感じるマンガに共感の声
砂糖とミルクはたっぷり入れたい(2018/4/11)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン(コーヒー豆)登場
ロックバンドでもSNSでも戦隊メカでもなく、コーヒー豆のマストドン。(2018/3/28)

マックシェイク×グリコ カフェオーレが初コラボ! マックシェイクのコーヒーフレーバーは11年ぶり
おいしそう!(2018/3/22)

鳥取のソウルドリンク「白バラ牛乳」が文房具に ヴィレヴァンで全国から買える
白バラコーヒーもあるよ。(2018/3/22)

コメダがセルフサービス型店舗「コメダスタンド」 東京・池袋にオープン
コーヒーやコッペパンを販売します。(2018/3/20)

チョーヒカルのゲテモノデート:
世界一高価で希少な“猫のフン” 幻のコーヒー「コピ・ルワック」を飲んでみた
チョー「のとさん大変だ」。(2018/3/19)

コーヒーブレイクに癒やしをプラス 宇宙服で飲み物に浮かぶネコのマシュマロ「NYASA」が登場
コーヒーの宇宙でネコはナニヲ思う?(2018/3/10)

今度の「ボス電」は100万円分の楽天Edyチャージ付き――ソフトバンクとサントリー「BOSS」のコラボキャンペーン
ソフトバンクが、サントリーの缶コーヒー「BOSS」とコラボした「ボス電当たる!」キャンペーンを実施する。北海道、東北、九州のエリアをイメージしたオリジナルデザインのスマートフォンを各10人にプレゼントするという。(2018/3/6)

先輩がくれた缶コーヒーがあったかい 建設会社「熊谷組」のリアルな姿を新人の白いクマ・熊谷くん
同僚にいたらなごみそう。(2018/3/1)

3D Printing 2018|プロトラブズ:
高級コーヒーマシンで家電再挑戦、中堅企業の新事業を支える射出成形サービス
プロトラブズは、3Dプリンティング技術展「3D Printing 2018」に出展し、同社の射出成形サービスの活用事例として、日本電熱(長野県)の全自動ハイエンドコーヒーマシン「カフェロイド」に関する取り組みを紹介した。(2018/3/1)

「疑問を持つ人に試してほしい」:
マクドナルド、ホットコーヒーを無料提供 2月26日から5日間
日本マクドナルドが、プレミアムローストコーヒーを無料提供すると発表。実施期間は2月26日〜3月2日の午前7時〜午後10時。1回の来店につき1人当たり1杯限定で提供する。(2018/2/20)

各社のスタンスが鮮明:
今度のコーヒーマシンは25秒 ローソンが最速
ローソンがコーヒーの新型マシンを導入すると発表した。最速の抽出時間を実現するローソンに対して他社はどう対抗するのか。(2018/2/20)

スタバの店舗以外でもスタバのコーヒーが飲める新サービス本格開始 スキー場に店舗も
オフィスでもスタバ、スキー場でもスタバ。(2018/2/16)

5年間で500カ所への導入目指す:
スタバ、オフィスコーヒーに本格参入 社食やホテルで“お店の味”再現
スタバがオフィスコーヒーに本格参入。コーヒーメーカーを提携企業に貸し出す取り組み「We Proudly Serve Starbucks」を始める。今後5年間で500カ所への導入を目指す。(2018/2/15)

「オフィスでスタバ」本格スタート コーヒーマシンや豆、パートナー企業に提供
スターバックスのコーヒーをパートナー企業に提供する「We Proudly Serve Starbucks」が日本で本格スタート。これまで出店の難しかった企業内のカフェテリアやレジャー施設、ホテル内などにコーヒーを届ける。(2018/2/15)

コーヒーにお弁当、リカちゃんはいかがですか? 山陽新幹線パーサー新制服の「リカちゃん」登場、車内で販売
もしかして同じ服装の方に売ってもらえるのですか。2月23日発売。(2018/2/9)

雪印コーヒーにつかれるお風呂 発売55年記念で誕生
期間限定で実施。のれんや桶、壁画もスペシャルデザインに。(2018/2/5)

ロボットがコーヒーを入れる「変なカフェ」 渋谷にオープン
ロボットがドリップコーヒーを提供してくれるカフェが、渋谷にオープンする。(2018/1/30)

車載情報機器:
カーナビからコーヒーの注文や給油の決済を、GMが米国でサービス開始
General Motors(GM)は、車内からオンラインでの商品やサービスの予約注文、購入が可能な電子商取引サービス「マーケットプレース」を2017年12月から米国内で開始した。(2018/1/29)

バレンタインの期間限定:
「チョコと一緒」がおすすめ 牛乳で割る「ボス」新商品の味は?
サントリー食品インターナショナルは1月23日、濃縮タイプのコーヒー「ボス ラテベース」の期間限定商品「ティラミスショコラ」を発売。ロッテ「ガーナチョコレート」と一緒に食べるのがおすすめだという。(2018/1/23)

女性ユーザーを獲得:
販売好調のペットボトルコーヒー「クラフトボス」 売れた理由は?
ペットボトルコーヒー「クラフトボス」の販売数量が1000万ケースを突破した。これまで缶コーヒーになじみのなかった女性や若い世代から支持を得ているという。その理由は?(2018/1/12)

エプソンやHP、消耗品を自動発注する「Amazon Dash Replenishment」に参加
ネットに接続したプリンタやコーヒーメーカーが消耗品が少なくなると自発的に発注する「Amazon Dash Replenishment」に、エプソン、HP、3Mなどが参加した。(2018/1/11)

コメダ珈琲店、一部コーヒーのおかわりが半額になるキャンペーン実施 50周年を記念して50日間限定
期間中、毎日午後2時〜閉店まで実施されます。(2018/1/5)

芝生でゴロゴロしながらコーヒーが飲める 1日限定「芝生カフェ」開催費をクラウドファンディングで募集中
芝生でゴロゴロ寝転がりながらカフェタイム、クラウドファンディングの期限は1月12日まで。(2017/12/23)

高級化する家いれ:
コーヒーに“第4の波” 1万円超の豆、20万円超のコーヒーメーカー
自宅でおいしいコーヒーを味わいたい、コーヒーがある暮らしや空間を楽しみたいという人が増えている。(2017/12/20)

油圧ショベル型コーヒーカップにリッパーバケット型の新作登場 その名も「鉄さび」
やっぱりコーヒーがよく似合いそう。(2017/12/18)

キーコーヒー、地球温暖化に危機感 直営農場で新品種の栽培実験
将来的にコーヒーが供給不足に陥る懸念が広まっている。地球規模の気候変動がコーヒーの生産環境を直撃しており、今後30年で生育可能な耕地が半減すると予測されるためだ。(2017/12/12)

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」:
ファミマ「バターコーヒー」登場 改めて読む「最強の食事」
ファミリーマートが「バターコーヒー」を発売。ブームの火付け役である「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」を改めて読んでみよう。【訂正】(2017/12/12)

スターバックス、上海の新Reserve Roastery店でARガイド機能
Starbucksのハイエンドショップ「Reserve Roastery」が6日に上海にオープンする。店内ではARアプリで焙煎やコーヒーの入れ方の解説を楽しめる。(2017/12/5)

「甘さ控えた微糖」とは?:
ダイドー「デミタス」 甘すぎない微糖を実現した“変えない価値”
ロングセラーの缶コーヒー「ダイドーブレンド デミタス」。その商品戦略を支えているのが、ダイドードリンコの土屋淳一さんだ。新商品「甘さ控えた微糖」の開発背景から、伝統を守り伝える土屋さんの仕事術を探る。(2017/11/28)

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:
「怖い映画を一緒に見る=甘えてもいい」の法則 マンガ『お酒は夫婦になってから』から「アイリッシュコーヒー」
ホラーとお酒が揃ったら、甘えないわけがない。(2017/11/15)

ロボットだけの「無人カフェ」 受注から抽出、受け渡しまでロボで
ロボットが受注からコーヒー抽出・提供まで行う「無人カフェ」が原宿に期間限定でオープンする。(2017/11/13)

日本初の船で行くスタバ 「スターバックス コーヒー 厳島表参道店」オープンへ
そうだ、船に乗ってコーヒーを飲みにいこう。厳島神社の大鳥居も見られるよ。(2017/11/8)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コメダが“コッペパン”に注力し始めた理由
コメダ、ドトールがコッペパン専門業態に進出。幅広い層に支持されており、ヒットしている。大手コーヒーチェーンがコッペパンに力を入れる狙いとは?(2017/11/7)

NECが「飲める文庫」を開発ってどういうこと!? AIが名作文学の読後感を分析しコーヒーの味わいで表現
「悲しい結末」は「苦み」、「充実感」は「飲みごたえ」にと、文学の読後感を味の要素に置き換えてコーヒー豆をブレンド。(2017/10/24)

「人間失格は、質の高い豊かな苦み」――“AIバリスタ”が文学作品をコーヒーに NECが開発
人工知能(AI)を活用し、『人間失格』などの“読後感”を味わいで再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」を、NECが開発した。(2017/10/24)

レビューを分析、コーヒーの味に変換:
NEC、名作文学をコーヒーで再現 AI活用「飲める文庫」
NECが「飲める文庫」を開発。「こころ」「舞姫」などの名作文学の読後感をAIで再現する。コーヒー専門店「やなか珈琲店」との取り組み。(2017/10/24)

9種類のコーヒー&ティーが飲み放題 池袋「HANDEL’S CAFE」の会員制飲み放題の狙いとは
ありそうでなかったカフェ飲み放題の真意を尋ねました。(2017/10/21)

故人の好物をお供えする「好物線香」シリーズに「コーヒー牛乳」登場 コーヒー牛乳の香りとパッケージを再現
甘く懐かしい線香。(2017/10/15)

「ドトール珈琲農園」オープン 農園主の邸宅に招かれて極上のコーヒーを味わうがテーマのカフェ
コーヒー1杯600円。力いっぱい味わいたい。(2017/10/11)

マクドナルドの「シナモンメルツ」が7年ぶりに復活! 甘くとろけるあの味が帰ってきた
コーヒー無料キャンペーンも実施。(2017/10/11)

ドリンクホルダーに設置できるタンブラーデザインのUSBシガーチャージャーが登場
ミスターカードはコーヒータンブラーのようなデザインを採用し、車のドリンクホルダーに設置できるUSBシガーチャージャー「DEMITASSE CAR CHARGER」を発売。USBポートを2つ用意し、シガーソケット分配器で12Vアクセサリーを増設できる。(2017/9/28)

転職バーのハルカさん(4):
PR:コーヒーのカクテルをいかが?――違いの分かる男は、違いを活用できる男よ
そこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」の転職活動は絶賛難航中。面接でヒドいことを言われ、ハルカさんになぐさめてもらおうと「転職バー」に立ち寄った彼の前に現れた、超絶かわいい3人娘「ファンシーメタル」。ガッツリさわるとモエちゃうぞ!(2017/9/28)

KDDI&ナビタイム、「自転車ながらスマホ」に注意喚起 スマホを見ずに走るとコーヒーがもらえるキャンペーンを実施
なぜかパルクールアクションてんこ盛りの啓発動画も。(2017/9/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。