ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コーヒー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

ローソンスマホペイも導入:
揚げ物・コーヒーを「セルフ販売」 ローソンが実験店舗をアキバに開業
ローソンが10月9日に、東京・千代田区に実験店舗をオープンする。揚げ物やコーヒーをセルフ販売する仕組みを導入して待ち時間解消を図る。イートインスペースのビジネスパーソン向け設備も充実させる。(2018/10/5)

「東京ばな奈」に秋冬限定版「ラッコ コーヒー牛乳味」 ラッコのデザインがかわいい
これ絶対おいしいやつ!(2018/10/4)

地域によって味の違う缶コーヒー「BOSS」 10月16日にセブン-イレブンで発売
あなたの地域のBOSSはどんな味?(2018/10/4)

コメダ珈琲店から「大人ノワール」 シロノワール初の“コーヒー味”
9月25日より期間限定で大人なシロノワール。(2018/9/24)

ビターな大人の味:
コメダ「シロノワール」に初のコーヒー味 「大人ノワール」秋季限定で登場
コメダ珈琲店が季節のシロノワール「大人ノワール」を発売する。コーヒーシロップをデニッシュパンの間に染み込ませた点が特徴。同商品のコーヒー味を発売するのは初めて。(2018/9/19)

未知の飲料「コカ・コーラ プラスコーヒー」が気になり過ぎるので買って飲んでみた → 8割コーラ
後味だけコーヒー。(2018/9/18)

総投票数80万票:
ジョージア「復刻してほしい缶コーヒー」1位 98年発売「ル・カフェ」が復活
コカ・コーラシステムは、2018年初頭に実施した「復刻してほしい缶コーヒー選手権」で第1位に選ばれた「ジョージア ル・カフェ」を9月24日に全国発売。総投票数は80万5331票だった。(2018/9/18)

定額制ブームがグルメにも コーヒー月3000円、ラーメンは8600円
電子書籍の読み放題や音楽の聞き放題などさまざまな分野で定額制サービスが展開されるなか、コーヒースタンドやラーメン店など飲食業界にも定額制が広がりを見せている。消費者にはお得感がある一方、店側は常連客の獲得につながると期待しているようだ。(油原聡子)(2018/9/18)

「BOSS」コーヒーじゃなくスープ発売 自動販売機限定で
スープシリーズ「ビストロボス」始める。(2018/9/11)

「コカ・コーラ プラスコーヒー」9月17日発売 炭酸の刺激とコーヒーの香りが合体した想像を超えた何かが誕生してしまう
どっちも好きだけど!(2018/9/5)

ソルティライチに次ぐ商品に:
コーヒーとお茶のあいだに“新しい飲み物”を 「麦のコーヒー」は定着するか
キリンビバレッジが7月に発売した「世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA(セバダ)」。スペインの食文化をヒントに開発した、麦を使った飲み物だ。日本になじみのない文化をあえて取り入れ、提案するのはなぜだろうか。(2018/8/29)

サントリー「BOSS」に炭酸飲料「ボストニック」登場 コーヒー由来の苦味から放たれるシュワシュワ感
自販機限定商品として発売中。(2018/8/23)

PR:成功の種は“原点”にある サントリー「クラフトボス」開発を率いた大塚氏の挑戦【前編】
2017年に発売し、大ヒットしているサントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」。これまでにない形状とコンセプトの商品で新しい市場を創った。その成功はどこから生まれたのだろうか。責任者として開発を率いた大塚匠氏の仕事を追った。(2018/8/20)

材料技術:
業界最軽量のスチール缶を東洋製罐と新日鐵住金が開発、ダイドードリンコが採用
東洋製罐と新日鐵住金は「業界最軽量」(両社)というスチール缶を共同開発したと発表した。2018年5月からダイドードリンコのコーヒー製品に採用されて市場に流通している。(2018/8/13)

上場時の決算書を分析:
家賃が200万円もするのにスタバがもうかる理由
スタバは大都市の一等地に多くの店舗を構えている。1杯数百円のコーヒーを販売しており、店に長居するお客も多い。家賃が200万円以上するような場所でも利益が出せる秘密とは?(2018/8/2)

約5億本を目指す:
「クラフトボス」販売目標を3割引き上げ 水・お茶の代わりにゴクゴクと
サントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」がこの夏も好調だ。2018年の年間販売目標を年初から3割引き上げ、2000万ケース(4億8000万本)に修正。従来のコーヒー商品とは異なる飲み方ができることで、ユーザー層を広げている。(2018/7/24)

ポケモンGO、「タリーズ」のイベント参加券は7月24日から配布 「ジム」の店舗は対象外
Nianticがスポンサー企業と実施する「Pokemon GO(以下、ポケモンGO)」のイベント「スペシャル・ウィークエンド」。この開催場所の1つであるタリーズコーヒーでの参加券入手方法が判明。7月24日から、参加券付きのドリンクが販売される。(2018/7/19)

「雪印コーヒー チョコミント」登場 夏にぴったりなチョコの甘みとミントの爽やかさ
コーヒー+チョコミントの三体合体。(2018/7/5)

全国の喫茶店が激減、トップの大阪は4割減……コーヒー消費は家庭中心に
全国で喫茶店が減り続けている。都道府県別では大阪がトップを続けるが、4割以上減少。個人経営の店が半数近くに減る一方、法人・団体経営の店舗の従業員数は増えており、大規模なチェーン店が広がっているとみられる。(2018/7/5)

個人から法人へ:
全国の喫茶店が激減、トップの大阪は4割減 コーヒー消費は家庭中心に
全国で喫茶店が減り続けている。国の統計では、平成8年に約10万2千店あったが、26年にはほぼ3割減の7万店以下になった。都道府県別では大阪がトップを続けるが、この間、4割以上減少した。(2018/7/5)

コーヒーの味わい深い戦略:
森永のカフェラテが強敵・スタバの「おかげで」売れた秘密
森永のチルドカップコーヒー「マウントレーニア」はカフェラテ市場を切り開いた商品。当初は伸び悩んだが競合であるスタバが参入したことで市場が活性化してヒットした。(2018/7/4)

エンジニアなら各言語っぽさが理解できるかも? プログラム言語のコーヒー「CODE COFFEE」が誕生
「これ飲んでGO言語ってなるの分かるでしょ?」(2018/6/29)

サントリーから缶コーヒーの新商品「ビッグボス」登場 で、味は?
ウマすぎる!!(2018/6/28)

視線入力技術に希望 動けないALS患者がロボットを操作し来客をコーヒーでおもてなし
研究者いわく、「未来では自分の身体を自分で介護できるかもしれない」。(2018/6/19)

認知度アップ・利用促進が狙い:
LINE Payがローソン、マクドナルドとコラボ 「10円」送るとコーヒーなど提供
LINEが「LINE Pay」の認知度向上を図るためのキャンペーンを開始。名称は「10円ピンポン」で、「友だち」に10円を送ると特典が受け取れる。特典はローソンのコーヒー、日本マクドナルドのポテトなど。(2018/6/18)

「クラフトボス」が開拓:
好調「ペットボトルコーヒー」市場、まだまだ伸びる?
サントリーが2017年に発売したペットボトルコーヒー「クラフトボス」をきっかけに、「ちびちびと飲む」ニーズに対応したコーヒー商品が増え、市場は急速に拡大している。新たな市場はさらに拡大しそうだ。(2018/6/14)

誰でも『ベルサイユのばら』の貴婦人に ネスレが顔写真から“ベルばら風”の似顔絵を自動生成するサービスを開始
アイスコーヒーのクレマ(泡)に浮かぶ貴婦人(自分)。(2018/6/13)

タイムアウト東京のオススメ:
果物入りのコーヒーを飲む
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/6/12)

フルーツコーヒーカフェ「AOTIGER Coffee」原宿に1号店がオープン
どんな味がするんだろう?(2018/6/7)

飲料メーカーがここまでやるのか:
コーヒーの「ネスレ」が無料でDNA検査サービス、真の狙いは
ネスレ日本がDNA検査や食事分析などを通じてユーザー個人の健康状態を把握、商品を提供するサービスを始める。消費者のプライベートに売り込む同社独自のマーケティング手法だ。(2018/5/28)

謎コラボが深い!:
タクシーの中でコーヒーをどうぞ ネスレ日本の隠された狙い
ネスレ日本は日本交通と組んで、タクシーの車内で美容ケアなどをしつつコーヒーを飲んでもらう「眠れる森の美女タクシー」キャンペーンを始めた。働く女性に的を絞り、プレイべート空間に商品を売り込むネスレ日本ならではの戦略と言える。(2018/5/7)

喫茶ポアロを想像して飲みたい 名探偵コナン「安室のドリップバッグコーヒー」が登場
お店のお土産みたいなおしゃれデザイン。(2018/4/29)

「男性向けの缶コーヒー」からの脱却:
激動のコーヒー市場で「ジョージア」はどう変わる?
コーヒー市場がここ数年で大きく変化している。キーワードとなるのは「ちびだら需要」「カフェラテ」「ペットポトルコーヒー」。日本コカ・コーラの「ジョージア」ブランドはどのように変化するのか?(2018/4/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「昭和の喫茶店」が廃れる一方で「ルノアール」が好調な理由
低価格が武器のコーヒーチェーンが伸びる一方で、昔ながらの「昭和の喫茶店」が次々と閉店を余儀なくされている。喫茶店としては割高な料金でゆったりと過ごせる椅子やテーブルが特徴の「喫茶室ルノアール」が好調だというが、その理由とは?(2018/4/24)

各社がシェアを奪い合う“激戦区”:
コカ・コーラ、小容量ペットボトルコーヒーに参入 「ジョージア ジャパン クラフトマン」
コカ・コーラが“激戦区”の500ミリリットルペットボトルに参入。「ジョージア」ブランドのブラックコーヒーとカフェラテで、若年層や女性層を狙う。(2018/4/18)

批判高まり:
米スタバ、8000店舗で一時閉店し社員教育へ 黒人男性逮捕受け
米コーヒーチェーン大手のスターバックスが、5月29日午後に米国内の直営店8000店舗を一時閉店する。(2018/4/18)

コーヒー好きさんに朗報 「ひき立てのコーヒーの香り」が脳を活性化させることが判明
やる気になるのは気のせいだけじゃなかった。(2018/4/18)

スマホをベッドに投げるつもりが、なぜかコーヒーを… Twitterに投稿された「ごくまれにあること」に共感の嵐
あるある。(2018/4/11)

コーヒー好きはブラック派の特権じゃない! 砂糖・ミルクを入れるのに重圧を感じるマンガに共感の声
砂糖とミルクはたっぷり入れたい(2018/4/11)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン(コーヒー豆)登場
ロックバンドでもSNSでも戦隊メカでもなく、コーヒー豆のマストドン。(2018/3/28)

マックシェイク×グリコ カフェオーレが初コラボ! マックシェイクのコーヒーフレーバーは11年ぶり
おいしそう!(2018/3/22)

鳥取のソウルドリンク「白バラ牛乳」が文房具に ヴィレヴァンで全国から買える
白バラコーヒーもあるよ。(2018/3/22)

コメダがセルフサービス型店舗「コメダスタンド」 東京・池袋にオープン
コーヒーやコッペパンを販売します。(2018/3/20)

チョーヒカルのゲテモノデート:
世界一高価で希少な“猫のフン” 幻のコーヒー「コピ・ルワック」を飲んでみた
チョー「のとさん大変だ」。(2018/3/19)

コーヒーブレイクに癒やしをプラス 宇宙服で飲み物に浮かぶネコのマシュマロ「NYASA」が登場
コーヒーの宇宙でネコはナニヲ思う?(2018/3/10)

今度の「ボス電」は100万円分の楽天Edyチャージ付き――ソフトバンクとサントリー「BOSS」のコラボキャンペーン
ソフトバンクが、サントリーの缶コーヒー「BOSS」とコラボした「ボス電当たる!」キャンペーンを実施する。北海道、東北、九州のエリアをイメージしたオリジナルデザインのスマートフォンを各10人にプレゼントするという。(2018/3/6)

先輩がくれた缶コーヒーがあったかい 建設会社「熊谷組」のリアルな姿を新人の白いクマ・熊谷くん
同僚にいたらなごみそう。(2018/3/1)

3D Printing 2018|プロトラブズ:
高級コーヒーマシンで家電再挑戦、中堅企業の新事業を支える射出成形サービス
プロトラブズは、3Dプリンティング技術展「3D Printing 2018」に出展し、同社の射出成形サービスの活用事例として、日本電熱(長野県)の全自動ハイエンドコーヒーマシン「カフェロイド」に関する取り組みを紹介した。(2018/3/1)

「疑問を持つ人に試してほしい」:
マクドナルド、ホットコーヒーを無料提供 2月26日から5日間
日本マクドナルドが、プレミアムローストコーヒーを無料提供すると発表。実施期間は2月26日〜3月2日の午前7時〜午後10時。1回の来店につき1人当たり1杯限定で提供する。(2018/2/20)

各社のスタンスが鮮明:
今度のコーヒーマシンは25秒 ローソンが最速
ローソンがコーヒーの新型マシンを導入すると発表した。最速の抽出時間を実現するローソンに対して他社はどう対抗するのか。(2018/2/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。