ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「N2502 HIGH-SPEED」最新記事一覧

モバイルワーク温故知新:
高速3Gが牽引したモバイル大衆化時代の到来
モバイルワークは、かつて多くのユーザーにとって夢だった。そんな状況は3G通信の高速規格「HSPA」の登場で一変した。今回はようやくモバイル通信が実用期に入った時代にフォーカスし、当時の状況を振り返ってみよう。(2012/9/25)

PHS&データ通信端末販売ランキング(3月29日〜4月4日):
「Pocket WiFi C01HW」が前回順位をキープ
PHS、データ通信端末のランキングはどちらも大きな順位の変化がなかった。ソフトバンクモバイルの新型データ端末「Pocket WiFi C01HW」は、前回の順位をキープした。(2010/4/9)

データ通信端末のWindows 7対応状況
いよいよ10月22日0時に迫ったWindows 7 DSP版の発売。通常版も22日の9時には販売が始まる。最新OSで、データ通信端末が問題なく利用できるのかを改めて確認した。(2009/10/21)

FOMA回線を使って映像をリアルタイム配信するモバイルエンコーダー「mmEye-DXM」
遠隔地の映像をリアルタイムでH.264形式の動画に変換し、FOMA回線を通じて配信できるドコモのモバイルエンコーダー「mmEye-DXM」。先日行われたNTT東日本とNTTドコモ、陸上自衛隊の共同訓練では映像伝送装置として用いられた。(2009/3/16)

PR:ドコモのデータ通信サービス、その知られざる実力とは
安心感が高く、人口カバー率100パーセントのFOMAハイスピードネットワークが活用できるドコモのデータ通信サービス。実はその高品質なネットワークが、定額で利用できる。(2009/3/2)

MCPCモバイルソリューションフェア 2008:
ケータイで家族を見守る「次世代IT住戸向け遠隔制御・セキュリティサービス」
ドコモはMCPCモバイルソリューションフェア 2008に「次世代IT住戸向け遠隔制御・セキュリティサービス」を出展した。おサイフケータイを使って家の鍵を開閉し、エアコンや照明などを外出先から操作できる。(2008/9/8)

ドコモ、7.2Mbps対応ExpressCard「OP2502 HIGH-SPEED」の発売を中止
NTTドコモは6月6日、発売予定だったExpressCardタイプのHSDPAデータ通信カード「OP2502 HIGH-SPEED」の発売中止を発表した。(2008/6/6)

PHS&データ通信端末販売ランキング(3月31日〜4月6日):
USB+7.2Mbps通信対応「D02HW」が首位に
今回から、データ通信端末の集計対象を変更した。4月を迎え、ビジネスユーザー需要が少し高まってくる傾向が見られるが、この中で現在、最も売れているデータ通信端末はイー・モバイルの「D02HW」となっている。(2008/4/11)

3月22日〜3月28日:
5分で分かる先週のモバイル事情
開業1周年を間近に控えたイー・モバイルが音声サービスを開始。千本会長は「3大キャリアの古い慣習を打ち破る」と気勢を上げた。ドコモは4月1日から下り7.2MbpsのFOMAハイスピードを開始。KDDIと京セラは「W42K」のバッテリーの不具合で事故が起こったことを明らかにし、謝罪した。(2008/3/31)

ドコモのFOMAハイスピード、下り最大7.2Mbpsに――4月1日から
NTTドコモは4月1日10時から、同社の高速データ通信サービス「FOMAハイスピード」を従来の下り最大3.6Mbpsから7.2Mbpsに高速化する。対応機種を利用すれば、全国のFOMAハイスピードエリアで下り最大7.2Mbpsのデータ通信を利用できる。(2008/3/25)

NTTドコモ、FOMAのデータ通信速度を高速化
NTTドコモは、FOMAのデータ通信速度を最大3.6Mbpsから7.2Mbpsに高速化する。(2008/3/25)

ハイスピード7.2Mbps対応のCF型データカード「N2502 HIGH-SPEED」、3月17日発売
NTTドコモは、下り最大7.2Mbpsの高速データ通信が可能なNEC製CF型データ通信カード「N2502 HIGH-SPEED」を3月17日に発売する。(2008/3/10)

2年契約でPCデータ定額を割引、上限最安が5985円に――ドコモ
ドコモがPC接続のデータ定額サービスに「2年割引」を新設した。2年間の継続利用を条件に、月額利用料の上限を3780円割り引く。9月からの導入にさきがけ、3月1日から同じ割引条件で利用できる期間限定値引きを実施。また、指定端末については「バリューコース」と「ベーシックコース」を適用する。(2008/2/21)

NEC製HSDPA通信カード、パナモバ製ハイエンド「920P」がJATE通過
NEC製のCF型HSDPAデータ通信端末「N2502 HIGH-SPEED」や、パナソニック モバイル製のソフトバンクモバイル向けハイエンド「920P」など計5機種がJATEを通過した。(2008/1/15)

NTTドコモ、HSDPA対応の通信カード2機種を開発
NTTドコモは、PCデータ通信定額制に対応した通信カード2機種を開発を開発した。2008年以降に発売する。(2007/10/1)

ドコモ、ExpressCard/34型とCF型データ通信カードを発表──「OP2502」「N2502」
NTTドコモは10月1日、下り最大3.6MbpsのHSDPA通信が可能なデータ通信カード「OP2502 HIGH-SPEED」「N2502 HIGH-SPEED」を発表した。OP2502はExpressCard/34型、N2502はCF型だ。(2007/10/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。