ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FOMA」最新記事一覧

石川温のスマホ業界新聞:
他社から横やりが入り、NTTドコモが「実質0円」を断念――今後は毎月1円払いの「実質24円」が主流になるか
当初、FOMAからの契約変更時に「実質0円」になる予定だったドコモのiPhone SE。ところが、他社からの横やりで総務省が動き、わずか3日で撤回した。総務省のキャリアへの“にらみ”は、果たしてユーザーのためになるのだろうか。(2016/4/8)

ドコモのiPhone SE、「FOMAからの契約変更で実質0円」を取りやめ――総務省からの指摘で
ドコモのiPhone SEは、FOMAから契約変更をすると16GBは実質0円だったが、割引増額を下げ、実質648円に変更する。総務省から指摘が入ったため。(2016/3/29)

ドコモの契約数、7000万件を突破
NTTドコモのXi/FOMAの合計契約数が、2月10日に7000万件を突破した。(2016/2/12)

コヴィア、4型のLTE対応SIMフリースマホ「FLEAZ POP」を9月上旬に発売
コヴィアは、SIMフリースマートフォンのブランド「FLEAZ」から「FLEAZ POP」を9月上旬に発売する。4型の小型サイズで、FOMAプラス/LTEエリアにも対応している。(2015/8/5)

ドコモ、FOMAからXiへの機種変更で5400円還元する「スマホデビューボーナスキャンペーン」
ドコモは、FOMAからXiへの機種変更およびシェアパックに加入すると、購入月の翌月利用料金から5400円(税込)を還元する「スマホデビューボーナスキャンペーン」を実施する。(2015/6/1)

IoT/M2M展:
クルマをIoT化する通信型OBD端末、FOMA通信網で車両情報を取得
NTTドコモは、「第4回 IoT/M2M展」において、FOMA通信網を介して自動車からさまざまな情報を取得できる通信型OBD端末を披露した。(2015/5/18)

spモードケータイ登場:
Android採用で「LINE」通話も可能な折りたたみFOMA「AQUOS ケータイ SH-06G」
「AQUOS ケータイ SH-06G」は、Androidを採用した次世代のドコモケータイ。スマホと同じ感覚で使用できるWebブラウザやLINEなどに対応した。キャリアメールはiモードメールではなく、ドコモメールを利用する。【写真追加】(2015/5/13)

ドコモ、6月1日にファミリー割引グループの回線数拡大&FOMA旧料金プランへ「ずっとくりこし」導入
NTTドコモは、6月1日からFOMA旧料金プラン利用ユーザーへ「ずっとくりこし」を導入。また、同日にファミリー割引グループへ加入できる回線数の上限も拡大する。(2015/1/29)

gooスマホ部:
端末本体のみの変更したい
FOMA契約のまま、新しいスマホの機種変更することはできますか?(2014/12/25)

ドコモのFOMA端末3機種が利用不能に 電波規則の改正で
ドコモが02年〜06年にかけて発売したFOMA端末のうち3機種で、来年12月1日にすべての通話・通信ができなくなる。05年に総務省が改正した規則に対応していないため。(2014/12/16)

蓄電・発電機器:
13社85種類のパワコン対応、太陽光の遠隔監視サービス
コンテックは低圧接続の太陽光発電システムに向く、遠隔監視システムサービス「SolarView Air」を2014年10月に発売した。野立て式発電所や土地付き分譲型の発電所に向く。3G/FOMA回線の料金が含まれている他、対応するパワーコンディショナーの種類が多いことが特徴。(2014/10/27)

ルーターとSIMカードのセットが月額3218円、日本通信が販売開始
日本通信は、モバイルWiFiルーター「b-mobile4G WiFi3」と月7Gバイトまでの高速通信が可能なSIMカードをセットにした月額3218円のプランを発売。ドコモのXi/FOMAネットワークを使ったデータ通信を利用できる。(2014/9/8)

SIM通:
SIMと端末とエリアの関係(LTE、FOMAプラスエリア)【一問一答】
SIMロックフリーのスマートフォンとSIMカードを用意したけど、どのネットワークにつながるのかは、分かりにくい面もあります。今回は、電波とエリア、SIMとスマホの関係性について考えてみましょう。(2014/7/4)

シネックスインフォテック、SIMロックフリースマートフォン「LINEAGE」を7月2日に発売
シネックスインフォテックは、SIMロックフリースマートフォン「LINEAGE」を7月2日に発売。SIMカードを2枚まで挿入できるDual SIMスロットを内蔵し、800MHz帯のFOMAプラスエリアに対応した3G回線を利用する。(2014/6/10)

ドコモ、学生と家族の基本料を3年間無料にする「学割2014」を発表
ドコモは1月から、学生とその家族を対象にした「学割2014」キャンペーンを実施する。XiとFOMAの基本料が3年間無料になるほか、dビデオなどに加入するとパケット通信量を1Gバイト増やす得点も用意した。(2013/12/26)

10年割と併用可能な機種も:
ドコモ、FOMAからXiスマホへの機種変更で最大1万80円を割り引くキャンペーン
ドコモは、FOMAスマホから対象のXiスマホに機種変更した際に最大1万80円を割り引くキャンペーンを実施する。実施期間は11月29日から2014年1月13日まで。(2013/11/27)

「使っていない携帯電話がよみがえる」 日本通信、FOMAケータイ用の通話SIM発売
日本通信は、FOMAフィーチャーフォン用の通話専用SIMカード「携帯電話SIM」を発売する。月額料金は1290円(税別)から。(2013/11/18)

ドコモ、台風26号の影響で通信障害が発生
台風26号の影響により、関東と東海地域でドコモのXiとFOMAに通信障害が発生している。(2013/10/16)

SIMロックフリーで3G通話も可能、ほどよく低価格な7型タブレット──「ASUS Fonepad 7」
ASUSから3Gモジュール内蔵の7型タブレット「Fonepad 7」が登場。Atom Z2560搭載でOSはAndroid4.2.1。SIMロックフリー+FOMAプラスエリア対応にて、価格は3万4800円前後。ほどよい価格帯を実現する。(2013/9/26)

ドコモ、法人向けFOMA対応トランシーバーサービスを9月24日から提供
ドコモは、9月24日からFOMAエリアで利用できる法人向けパケット対応トランシーバーサービスを提供する。サービス開始にあたり、富士通テン製とモバイルクリエイト製の端末を発売する。(2013/9/18)

ドコモ、FOMA端末新規契約で1年間基本使用料0円の「キッズ割」――8月1日から12月31日まで
ドコモは、FOMA携帯電話の新規契約で1年間基本使用料が0円になる「キッズ割」キャンペーンを8月1日から12月31日まで実施する。対象年齢は3歳から12歳まで。(2013/7/24)

ドコモ、富士山頂でLTEサービスを開始
ドコモは、富士山山頂と登山道・山小屋でFOMAとXiのサービスを開始した。“富士山頂でFOMA鳴る”だけでなく、下り最大75Mbpsの高速データ通信も利用できる。(2013/7/11)

ドコモ、スマホ向け「フィルタリング」を通常のWi-Fi通信にも適用
ドコモは今夏をめどに、通常のWi-Fi通信時でも「フィルタリング」が利用できるスマホ向け機能を開始する。これまでのフィルタリングはドコモが提供するXi、FOMA、docomo Wi-Fiのみでしか使えなかった。(2013/6/28)

NTTドコモ、FOMA対応パケット車載トランシーバサービス
NTTドコモは、法人向けの車載型パケット対応トランシーバサービスを開発した。音声通話やデータ通信に加え、運行管理や配車システムとも連携。FOMAネットワークを利用して、基地局コストを抑えられる。(2013/5/8)

エリアメールに対応、組み込みも容易に――ドコモ、ユビキタスモジュール「FOMA UMO3-KO」発売
モジュール内にアプリケーションの実行環境と記憶領域を搭載することで、機器側にCPUやメモリを搭載する必要をなくし、モジュール自体が接続した周辺デバイスの動作を制御するCPUとして動作するようにした。(2013/3/26)

ドコモ、「ELUGA V P-06D」の新色“ホワイト”を11月20日に発売
パナソニック モバイルコミュニケーションズ製のFOMA対応Androidスマートフォン「ELUGA V P-06D」の新色、ホワイトモデルが、当初の予定通り11月20日に発売される。(2012/11/16)

発売は11月20日の予定:
ドコモ、「ELUGA V」ホワイトモデルの事前予約を11月13日に開始
おくだけ充電が可能なFOMA対応のAndroidスマートフォン。4.6インチHD液晶を搭載したボディは防水・防塵仕様。カメラは1320万画素CMOSで、ボディ側面にシャッターキーも備える。(2012/11/9)

FOMA→Xiのユーザーが対象:
ドコモ、128Kbps通信解除料2625円の無料キャンペーンを実施
Xiで3Gバイトまたは7Gバイトのデータ通信を行うと通信速度が128Kbpsに制限されるが、FOMAからXiへ契約変更した場合、128Kbps通信解除料(2625円)1回分を無料とするキャンペーンを実施する。期間は10月1日から11月30日まで。(2012/10/19)

日本通信、「スマホ電話SIM」をAmazonとヨドバシカメラでも販売
日本通信は、ドコモのFOMA回線を使ったSIM製品「スマホ電話SIM」を、8月25日からAmazonとヨドバシカメラでも販売する。開通には、パッケージ購入後にWebサイト上での手続きが必要。(2012/8/24)

速度は100kbps、SIMのみ契約もOK:
DTI、490円/月の定額3Gサービス「ServersMan SIM 3G 100」開始
DTIが、FOMA網を用いる月額490円の3Gデータ通信サービスを開始。速度は100kbpsまでだが、その分低価格を実現する。(2012/8/8)

ドコモのFOMAとXiで通信障害が発生
8月2日18時ごろから、ドコモの一部ユーザーが携帯電話を利用しにくい状況が発生している。現在は復旧している。【8/2 22:27更新】(2012/8/2)

ドコモ、FOMA基本使用料が最大7カ月間0円になる「キッズ割」を期間限定で復活
ドコモが8月1日から12月31日まで、3歳から12歳までの子供を対象にした基本料金割引キャンペーン「キッズ割」を再度提供する。(2012/7/25)

Turbo Charge:
日本通信、「U300」向けに100Mバイト/525円で“高速通信”を提供
日本通信は8月下旬から、上限300kbpsでFOMA網が定額利用できる「b-mobileSIM U300」向けに、100Mバイト/525円で高速通信を提供する「Turbo Charge」を開始する。(2012/7/23)

ドコモ、固定電話からFOMA/Xi端末への通話料を一部値下げ
固定電話からドコモ携帯への通話料が、2012年9月1日から改定される。(2012/6/12)

テザリング徹底比較(前編):
Xi、FOMA、+WiMAX、イー・モバイル――テザリングをお得に使えるのは?
スマートフォンをルーターとして使うテザリング機能を備えた機種が増えつつあるが、通信速度や料金はどれだけ違うのだろうか。ドコモ、au、イー・モバイルのスマートフォン3台で比較した。(2012/5/14)

「プラスXi(クロッシィ)割」キャンペーンに:
ドコモの「Xi(クロッシィ)2割」キャンペーン、FOMAユーザーにも適用に
ドコモが「Xi(クロッシィ)2割」キャンペーン適用範囲を拡大し、1契約目がFOMAのユーザーにも適用する。これに伴いキャンペーン名称を「プラスXi(クロッシィ)割」に変更する。(2012/4/24)

QWERTYキー+タッチパネル:
ドコモ、「BlackBerry Bold 9900」を3月30日に発売
ドコモは、RIM製スマートフォン「BlackBerry Bold 9900」を3月30日に発売する。QWERTYキーと光学式トラックパッドに加え、マルチタッチ操作にも対応。高速化したブラウザを備え、下り最大14MbpsのFOMA HIGH-SPEEDもサポートした。(2012/3/27)

Xi対応のモバイルWi-Fiルーター「BF-01D」、3月23日に販売開始
Xi、FOMA、無線LAN、有線LANの通信に対応したバッファローのモバイルWi-Fiルーター「BF-01D」が、3月23日から販売される。(2012/3/16)

ドコモの契約数、6000万件超に
NTTドコモのXi、FOMA、ムーバの契約数の合計が、3月11日に6000万件を超えた。(2012/3/14)

写真で解説する「MEDIAS LTE N-04D」
NECカシオの「MEDIAS LTE N-04D」が発売され、冬春モデルとして発表されたドコモのXi対応スマートフォンがようやく出そろった。N-04DはMEDIASシリーズ初のLTE対応端末で、ワンセグやおサイフ、赤外線通信などの国内向けサービスに対応し、防水と下り14MbpsのFOMA HIGH-SPEEDに対応する。(2012/2/20)

ドコモは関西地方で80万、KDDIは全国で130万――2社が通信障害の影響範囲を公表
NTTドコモとKDDIで相次いだ通信障害。関西エリアで起きたドコモの通信障害は、FOMAの音声通話80万件に影響が出ていた。また、KDDIのモバイルデータ通信では、全国で130万件が影響を受けた。(2012/2/10)

ドコモのフェムトセルサービス「マイエリア」、2012年9月30日に終了
自宅にフェムトセル小型基地局を設置してFOMAエリアを構築できるドコモの「マイエリア」サービスが、9月30日に終了となる。(2012/2/3)

BIGLOBEがモバイルサービスを強化、モバイル+クラウドの方向性も示す
NTTドコモのFOMAエリア内で下り最大14Mbpsのデータ通信が行える「BIGLOBE 3G」を提供する。モバイル向けサービスの強化や、クラウドを活用した開発中のサービスも紹介した。(2012/2/1)

SIMのみ契約もOK:
夜使わないならその分お安く──FOMA網で月額1775円から、「BIGLOBE 3G」開始
ドコモの3Gネットワークを定額で利用できる割安なデータ通信サービス「BIGLOBE 3G」が登場。24時間定額の「スタンダードプラン」と、夜間制限ありで1775円/月とする「デイタイムプラン」を用意する。(2012/2/1)

FOMAの3Gデータ通信を月額2770円で――So-netが法人向けでもスタート
ソネットエンタテインメント(So-net)は、月額基本料金2770円の3G通信サービス「So-net モバイル 3G」の提供を開始した。(2012/2/1)

東北地方でドコモのFOMAとXiに通信障害 現在は復旧
27日夜、東北地方の一部地域でドコモのFOMAとXiがつながりにくくなる通信障害が発生した。障害は45分後に復旧している。(2012/1/30)

東京都内14区の一部でFOMAがつながりにくい状態
NTTドコモのFOMAサービスが、1月25日午前8時26分頃からつながりにくくなっている。現在は復旧している。(2012/1/25)

日本通信の「イオンSIM」に、月額2270円からの音声通話付きパッケージ登場
日本通信は、ドコモのFOMA網を利用したデータ通信サービスの“イオンSIM”に、音声通話プランを組み合わせたパッケージを追加する。データ通信と音声通話のプランは月単位で変更でき、月額料金は2270円から。(2011/12/8)

ドコモの「デュアルネットワークサービス」に誤ったガイダンスが流れる不具合
FOMAとムーバを同一回線で利用できるNTTドコモの「デュアルネットワークサービス」に不具合が起きていることが分かった。付加番号サービスと組み合わせると、誤ったガイダンスが流れる。(2011/12/7)

データロガー向け組み込みソリューション:
SMSによるプッシュ型起動に対応、省電力プラットフォーム「A420+FL-001-HW」
梅沢無線電機のFOMAユビキタスモジュール搭載3G通信ボード「FOMA-LPM」と、アットマークテクノの組み込みCPUボード「Armadillo-420」で構成される、データロガー向け組み込みソリューション「A420+FL-001-HW」が登場した。(2011/11/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。