ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ネイティブ広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ネイティブ広告」に関する情報が集まったページです。

広告主と媒体社それぞれにサービス提供:
Oath、広告テクノロジーを統合した新ブランド「Oath Ad Platforms」を発表
Oath Japanは、新ブランド「Oath Ad Platforms」を発表した。(2018/9/11)

日本でも本格展開:
Quora共同創業者兼CEOに聞く、知識共有コミュニティーのビジネスモデルに必要なたった1つのこと
日本国内でも本格的にサービスを展開し始めた「Quora」。知識共有コミュティーの未来とそこで展開されるビジネス像について、Quora共同創業者兼CEOのアダム・ディアンジェロ氏に聞いた。(2018/6/19)

台湾や韓国を含む900メディアにネイティブアドをワンストップで配信:
popIn、アジア最大級のネイティブアドネットワーク「popIn Discovery Global」を提供開始
popInは「popIn Discovery Global」を提供開始した。(2018/6/7)

Snapchat広告の国内販売代理店に:
Baidu Japan、日本国内でSnapchat広告を販売
バイドゥとSnapは、日本国内におけるSnapchat広告の販売に関してパートナーシップを締結。これにより、バイドゥが日本におけるSnapchat広告を販売できる正規販売代理店に指定されたと発表した。(2018/5/15)

ねとらぼネイティブアドで「本当に読まれる記事広告」を作りませんか?
月間1億PV超えのねとらぼ編集部のノウハウを駆使して、「ネットで読まれる記事広告」を作成。ねとらぼテイストで「製品/サービス」をアピールします!(2018/5/1)

作成可能なサイズは12種類:
ネイティブ広告素材からディスプレイ枠用バナーを作って配信、DSP「Logicad」に新機能
ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」でネイティブ広告の素材を基にクリエイティブを作成し、ディスプレイ広告枠へ配信する新機能の提供を開始した。(2018/4/12)

第一弾は「aibo room」の告知キャンペーン:
バーチャルアナウンサーを起用した ニュース番組型動画ネイティブ広告「ニューススイート トレタテTV」がスタート
ソニーネットワークコミュニケーションズは、無料ニュースアプリ「ニューススイート」において、バーチャルアナウンサーを起用したニュース番組型動画ネイティブ広告の提供を開始した。(2018/3/27)

バナー広告、フルスクリーン動画広告を活用可能:
アイモバイル、モバイルアプリ向けリエンゲージメント広告の提供を開始
アイモバイルは、運用型アドネットワーク「i-mobile Ad Network」と動画アドネットワーク「maio」において、iOSおよびAndroid用アプリ向けにリエンゲージメント広告の提供を開始した。(2018/2/20)

Outbrain, AJA SSP, Sharethrough, ProFit-Xと接続:
AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。(2018/2/19)

Yahoo! JAPANやスタートトゥデイなどとの協業も:
「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アーリーアダプターの間ではTwitterやFacebookの「次」を担うSNSかと注目されたこともあったが、その後のビジネス展開はどうなっているのか。(2018/1/19)

読売新聞、企業のコンテンツマーケティング事業参入 デジタル広告制作など4社と連携
読売新聞が、企業のコンテンツマーケティング支援を目的とするコンソーシアム「YOMIURI BRAND STUDIO」を結成。新聞広告や広告主のオウンドメディア制作などを行う。(2017/12/14)

運用不要で月額固定のセルフサーブ型広告:
月額9900円、Twitter広告の新たなメニュー「オートプロモート」の特徴を5つのポイントで解説
Twitter Japanは、月額9900円で毎日10ツイートとプロフィールを広告化できる「オートプロモート」を日本で提供開始した。その特徴を5つのポイントで整理する。(2017/12/12)

「FLASH AD」を販売開始:
6秒短尺動画広告が10万円から、リボルバーが動画制作から配信まで一括提供
リボルバーは、6秒短尺動画広告の制作から配信までを行う広告パッケージ「FLASH AD」の販売を開始した。(2017/12/1)

【連載】ワンイシューで語り下ろすデジタルマーケティング 第1回:
コンテンツマーケティングにも「売り上げ」の視点を――藤原尚也氏
コンテンツマーケティングは効果が見えにくい。だからといって成果が問われない施策というものはあり得ない。売り上げにつながるコンテンツマーケィングに何が必要か。(2017/10/31)

【連載】インターネットマーケティングの次世代KPI 最終回:
新たな効果測定指標をどう使う?――「測定して終わり」ではいけない
ビルコム 太田 滋氏が「熟読率」など質的観点に立った新しい効果測定について説くこの連載もいよいよ最終回。新たな手法をビジネスに活用するには? その手順を紹介する。(2017/10/6)

IASのアドベリフィケーションツールも導入:
オールアバウト、ネイティブアドネットワーク「All Aboutプライムアド」を開始
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」において、独自の基準で選定したライフスタイル系メディアで構築するインフィード型ネイティブアドネットワークを開始する。(2017/9/25)

ディスプレイ広告とネイティブ広告配信を拡大:
SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」とRTB接続を顔いししたと発表した。(2017/8/17)

媒体社として国内初:
「All About」、記事型ネイティブ広告にIASのアドベリフィケーションツールを正式導入
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」で販売および配信する記事型ネイティブ広告において、インテグラル・アド・サイエンス・ジャパンが提供するパブリッシャー向けアドベリフィケーションツールを正式導入した。(2017/8/17)

「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」レポート:
動画広告に最適な「尺」「デザイン」「メッセージ」他、ヒトクセ 宮崎 航氏が語る実践的ノウハウ
本稿では、2017年5月11日に実施された「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」におけるヒトクセ 宮崎 航氏の講演の内容をダイジェストで紹介する。(2017/5/26)

リエンゲージメント広告の配信も:
ADFULLY、優良なアプリメディアの動画広告枠を直接買い付ける「Adfurikun Premium Ads」をリリース
ADFULLYは、優良アプリメディアのフルスクリーン動画広告枠を直接買い付けしてリエンゲージメント広告を配信可能な「Adfurikun Premium Ads」の提供を開始した。(2017/5/24)

スマートフォン向け広告の大幅強化:
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」がインフィード広告枠への配信を拡充
ソネット・メディア・ネットワークスはDSP「Logicad」において、インフィード広告枠への配信を大幅に拡充したと発表した。(2017/5/22)

【連載】インフルエンサーマーケティングの効果を可視化する 第2回:
インフルエンサーの表現力を引き出すオリエンテーション、「伝え方」のポイントは?
存在するだけで影響を与えるインフルエンサーだが、そのパワーを最大限に引き出し最良のクリエイティブを作り出してもらうには商品への理解が大切。そこで重要になるのがオリエンテーションだ。好評連載第2回。(2017/5/15)

「AppLovin」と連携:
ADFULLYのSSP「アドフリくん」、ネイティブ広告枠での動画広告配信が可能に
ADFULLYはこのほど、同社のSSP「アドフリくん」において、AppLovinのモバイル広告プラットフォーム「AppLovin」と連携し、動画ネイティブ広告の提供を開始した。(2017/3/30)

複数アドネットワーク連携を簡単に:
「GenieeSSP」がネイティブ広告向け配信APIの提供を開始
ジーニーは、同社のインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP」において、ネイティブ広告向け配信APIの提供を開始すると発表した。(2017/3/24)

週刊「調査のチカラ」:
毎年叫ばれ続ける「動画元年」、若年層の本音は?
Z世代の動画広告に対する考え方や小学生の動画視聴実態、動画視聴で“人生を豊かにする”「動画生活者」など、世代やシーンごとに異なる動画に対する意識をデータから探ります。(2017/3/4)

新たな連携先を追加:
SSP「AdStir」とDSP「Criteo」がネイティブ広告枠でRTB接続を開始
ユナイテッドは、同社が運営するスマートフォン媒体社向けSSP「AdStir」がCriteoのDSP「Criteo」とネイティブ広告においてRTB接続を開始したと発表した。(2017/2/17)

訪日中国人向けデジタルマーケティング支援体制をさらに強化:
メンバーズ、テンセントと広告販売における代理店契約を締結
メンバーズは、テンセントの国際事業部であるインターナショナル・ビジネス・グループと代理店契約を締結した。メッセージングアプリ「Weixin/WeChat」上でのプロモーションサービスを提供する。(2017/1/17)

【連載】コンテンツマーケティングの“HARD THINGS”に立ち向かう 第5回:
「バズ狙い一筋」は非効率、コンテンツマーケティングにおけるバイラルコンテンツの役割とは?
ソーシャルメディアで広く拡散されることを狙った「バイラルコンテンツ」は、当たればそのインパクトは大きい。しかし、それがコンテンツマーケティングの本質と考えるのは早計だ。(2016/12/28)

CV数、ROIを計測可能に:
LinkedInの運用型広告に新機能「コンバージョントラッキング」を追加
リンクトイン・ジャパンは、ビジネス特化型SNS「LinkedIn」の運用型広告・マーケティングソリューションズに新機能「コンバージョントラッキング」を追加したと発表した。(2016/11/25)

インフィード型ネイティブ広告へも対応予定:
人工知能搭載DSP「Logicad」がSSP「fluct」と連携を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」において、fluctが提供するSSP「fluct」との連携を開始した。インフィード型ネイティブ広告への対応も近日中に開始する。(2016/11/18)

2、3カ月に渡り、検証・改善を実施:
オールアバウト、記事型ネイティブ広告の最適化を図る「運用型コンテンツマーケティング」の提供を開始
オールアバウトは2016年11月14日、記事型ネイティブ広告の運用・改善を実施し、最適化を図る「運用型コンテンツマーケティング」の提供を開始した。(2016/11/14)

SSP「AdStir」の配信在庫へ質の高い広告を配信:
トレンダーズとユナイテッド、記事コンテンツLPに特化したインフィード型ネイティブ広告ネットワークを提供開始
ユナイテッドはトレンダーズと連携し、同社のスマートフォン媒体向けSSP「AdStir」において、記事コンテンツLPに特化したインフィード型ネイティブ広告ネットワークのサービス提供を開始した。(2016/11/11)

ジーニー保有のアプリ在庫に広告配信:
AppLovinとジーニーが業務提携、高単価なネイティブ広告を「Geniee SSP」に提供
スマホ向けモバイルマーケティングプラットフォーム「AppLovin」を運営する米AppLovinの日本法人が、ネット広告事業を展開するジーニーと業務提携を行ったと発表した。(2016/10/20)

【連載】コンテンツマーケティングの“HARD THINGS”に立ち向かう 第4回:
「もっと商品を前面に」の社内圧力とどう戦うか
コンテンツマーケティングでは一方的な商品訴求をすると、せっかくユーザーの課題解決の提案をしても信頼性が弱まる。しかし一方、社内ではコンバージョン率アップが求められ……。(2016/10/21)

10周年を前に……Twitterクライアント「モバツイ」終了 ガラケー対応、技術面でもビジネス面でも困難に
07年にスタートした老舗Twitterクライアント「モバツイ」が終了。ガラケー対応をめぐる技術的面・ビジネス面双方で、維持が難しくなったという。(2016/10/17)

アプリ、Web上のネイティブ広告枠への広告配信が可能に:
「MicroAd BLADE」がネイティブ広告に対応
マイクロアドは2016年9月より、提供するDSP「MicroAd BLADE」において、ネイティブ広告フォーマットへ対応した。(2016/10/6)

ニュース記事を自社サイトに掲載可能に:
リボルバー、Webメディア構築・管理システム「dino」にニュース配信機能を追加
リボルバーは、共同通信社とヤフーの合弁会社ノアドットと連携し、同社のWebメディア構築・管理システム「dino」にニュース配信機能を追加する。(2016/10/4)

クリエイティブを自動最適化:
ダイナミックネイティブアド「カメレオン」がレコメンド広告サービス「ホットビュー」と連携
ヒトクセは、ダイナミックネイティブアドの「カメレオン」で、レコメンド広告サービス「ホットビュー」と連携した。パーソナライズされ、サイトにも最適化したクリエイティブが自動生成できる。(2016/9/6)

編集部からのお知らせ:
第2回 ねとらぼメディア説明会(広告代理店様向け)を9月2日に開催【イベント】
ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。ふるってご参加ください!(2016/8/1)

動画広告の 配信も可能:
DSP「Logicad」がダイナミックネイティブアドの「カメレオン」と連係
ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」において、ヒトクセが運営する「カメレオン」との連係を開始した。(2016/7/28)

メディアのデザインと親和性の高い表現へクリエイティブを自動変換:
「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始すると発表した。(2016/7/26)

【連載】コンテンツマーケティングの“HARD THINGS”に立ち向かう 第3回:
アサヒビールの事例に学ぶ――社内を巻き込むオウンドメディアが引き出す想定以上のメリットとは?
社員が人ごとだと思っているコンテンツを、ユーザーが読んでくれるはずがありません。まず作り手自身がコンテンツを楽しみたいもの。そのためには社員の協力が欠かせません。(2016/7/19)

【連載】インターネットマーケティングの次世代KPI 第2回:
横並びの比較は分かりやすいけど……、それでも「量的効果指標」だけでは足りない理由
PVやUUよりも実際に「何人に読まれたか」といった質的効果を評価するニーズが生まれています。それでもやはり量的指標がなくなるわけではありません。今回は、そもそもなぜ量的指標が求められるのかを考えます。(2016/7/14)

インフィード型広告枠を拡充:
KANADE DSPがスマートフォン向けネイティブ広告枠への配信を強化
京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、スマートフォン向けネイティブ広告配信の強化を目的にインフィード型広告枠を拡充したことを発表した。(2016/6/17)

【連載】コンテンツマーケティングの“HARD THINGS”に立ち向かう 第2回:
「コンテンツマーケティングの成果はまだか?」 上司のプレッシャーをはねのけ取り組みを持続させるには
コンテンツマーケティングの成果を上げる大前提は「続けること」「やめないこと」。周囲の重圧をかわし取り組みを持続するために必要な条件とは?(2016/6/8)

100%運用型広告配信に切り替え:
LINE、広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」を本格運用開始
LINEは、同社が運営するコミュケーションアプリ「LINE(ライン)」およびLINE関連サービスを対象とした、広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」の本格運用を開始した。(2016/6/2)

第1弾は東京・杉並で:
朝日新聞とサムライト、地域特化の折り込みチラシとWeb広告をワンストップで提供
朝日新聞社と傘下のサムライトは、東京・杉並の地域情報に特化したWebサイト「すぎなみLOVERS」を立ち上げ、共同で運営すると発表した。(2016/5/20)

アプリ提供者の新たなマネタイズ手段開発に向けβテストを開始:
Twitter、外部アプリに埋め込んだタイムラインにネイティブ広告を表示可能に
Twitter Japanは、iOS/Androidアプリに埋め込んだツイートのタイムラインに「MoPub」の広告を直接表示する機能のベータテストを開始したと発表した。(2016/5/19)

【連載】インターネットマーケティングの次世代KPI 第1回:
PV至上主義を超えて――「量」を測るだけでは何がいけないのか
進化するインターネットマーケティングに求められる新たな効果測定指標とは何か。デジタルPRのエキスパートが最新トレンドとそれを現場に生かすための視点を紹介する。(2016/5/10)

調査・分析を踏まえ“シェアしたくなる”コンテンツ制作:
スパイスボックスがコンテンツマーケティング支援サービス提供、新メディアも開設
スパイスボックスは、コンテンツマーケティング効果を最大化するため、ソーシャルリスニングなどの調査、分析を踏まえたコンテンツ制作サービスの提供を開始した。(2016/4/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。