ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「広告ネットワーク」最新記事一覧

「Open Networking」セミナーレポート:
PR:ネットワークの世界で進む「ハードとソフトの分離」――現場のエンジニアが語る
@ITは2016年4月21日、「機器コスト以外に、Open Networkingの採用メリットはあるのか?」と題したセミナーを開催した。本稿ではそのレポートをお届けする。(2016/5/25)

YouTuberの募集や効果測定がWebから可能に:
GMO TECH、YouTuberを起用した動画プロモーション支援「C-clip」専用サイトをオープン
TECHは、Bizcastとの協業で提供しているYouTuberを起用した動画プロモーション支援サービスの「C-clip(シークリップ)」において、一連の作業がWeb上で完結する専用サイトをオープンしたと発表した。(2016/5/13)

ドローンウォッチャーが読み説くアドテク企業の新事業:
ドローンでスマートフォンの次のメディアを作るという“ハイパー”な発想
マイクロアドがドローンを使って仕掛ける新メディア事業「Sky Magic」。これを「斜め上を行く発想」と評するのは、ドローンに関する著書のあるコンサルタント小林啓倫氏。何が画期的なのか。(2016/4/24)

動画広告の画質・容量も大幅改善:
動画広告ネットワーク「App-CM」、アプリとWeb両方でのターゲティング機能を追加
App-CMは動画広告ネットワーク「App-CM NATIVE VIDEO AD」の大幅なアップデートを実施。 アプリのネイティブ面の広告枠でも属性ターゲティングが可能となった他、高画質・低容量の再生プレイヤーの提供も開始した。(2016/4/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Flash排除に向かうEdgeブラウザの今後
2016年夏に提供予定のWindows 10次期大型アップデート「Anniversary Update」では、Edgeブラウザの機能強化が予告されている。その中から「Flashコンテンツ停止」について見ていこう。(2016/4/16)

新聞やデジタルの既存広告商品にコンテンツマーケティング事業を追加:
朝日新聞社がサムライトの全株を取得、オウンドメディア分野に本格進出
朝日新聞社は、企業のオウンドメディア支援を手掛けるサムライトの全株式を取得してグループ会社化することを発表した。(2016/4/14)

IMのデータを活用してYahoo! JAPANのサービスを通した広告配信が可能に:
インティメート・マージャーのDMPが「Yahoo! DMP」と連係開始
インティメート・マージャーは、同社のDMPがYahoo! JAPANの提供する「Yahoo! DMP」と連係開始したことを発表した。(2016/4/14)

「F.O.X」が「docomo Ad Network」と連係:
CyberZのスマートフォン広告計測ツールでdocomo Ad Network経由のアプリインストール数やLTV計測が可能に
CyberZは、 スマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」において、 NTTドコモの「docomo Ad Network」との計測連係を開始したと発表した。(2016/4/7)

米大手サイト多数に不正広告、ユーザーにマルウェア感染の恐れ
GoogleやAOLなどの広告ネットワークを経由して、米New York TimesやMSNなど米国の大手サイトに不正な広告が掲載されていた。(2016/3/17)

オーディエンスターゲティングの精度向上へ:
AOLプラットフォームズ・ジャパンのDSPがアクシオム「Connect」と連係
AOLプラットフォームズ・ジャパンは2016年3月15日、同社が提供するDSPおよびアドネットワークにおいて、アクシオムジャパンの「Connect」との連係を開始した。(2016/3/15)

媒体社の広告収益拡大を支援:
ヘッダ入札の「FastLane」が日本で提供開始、tenki.jpが導入
ルビコン・プロジェクトはヘッダ入札の「FastLane」の日本での開始に合わせて天気予報専門サイト「tenki.jp」に広告自動化プラットフォームを導入する。(2016/3/11)

動画広告のPDCA 効果を最大化:
アップベイダーとViibar、動画広告の制作から配信・データ分析までをワンストップで提供
アップベイダーはViibarと共同で、動画広告の制作・配信・分析をワンストップで提供すると発表した。 (2016/2/29)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 2月3日号:今どきのSEO再入門
特集は、今どきのSEO事情解説と、使えるWeb診断・分析サービスの紹介。さらに、話題のランサムウェア防御法を伝授する。他に、Hadoop導入事例、AirbusがHPとの長期IT契約を解除して他ベンダーを探した理由などの記事をお届けする。(2016/2/29)

スマートフォンユーザーの行動からライフスタイルや興味を推定:
ジオロジック、リアル行動ターゲティング広告「GeoLogic Ad」を提供開始
ジオロジックは2016年2月19日、スマートフォンユーザーの現実世界の行動からライフスタイルや興味などを推定する、リアル行動ターゲティング広告「GeoLogic Ad」の提供を開始した。(2016/2/22)

明らかにされたTwitterの国内ユーザーは「3500万人」 “原点回帰”へプロダクト見直し、開発者との関係強化に注力
Twitter Japanが日本国内の月間アクティブユーザー数を3500万人と明かした。創業者であるドーシーCEOのもと“原点回帰”でプロダクトの見直しや機能追加に注力するという。(2016/2/18)

転換期を迎えた企業のデジタルマーケティング:
テクノロジーの進化で個客マーケティング時代が幕を開ける【前編】
矢野経済研究所では、国内の主要ECサイト事業者18社の協力を受け、各社のデジタルマーケティングに関する取組動向と展望を集計・分析したレポートを上梓している。本稿はそこで解説しきれなかった部分を補足しつつ、2回にわたってお伝えする。(2016/2/18)

Yahoo! JAPANも使っているHortonworksの技術
Hadoopに社運を賭けるモバイル広告ネットワーク企業の事情
モバイル広告ネットワーク企業Billy Mobileは、Hadoopを中核とするビッグデータ分析環境に社運を賭ける。Kafka、Spark、Storm、Hive、HBaseで構築した意思決定アルゴリズムとは?(2016/2/12)

Google、Flashディスプレイ広告を2017年1月2日に完全終了へ
Amazonに続いてGoogleも、自社広告ネットワークでのFlash広告の表示を終了し、2017年1月2日にはHTML5ベースの広告に100%移行すると発表した。(2016/2/10)

仮想マシンでWebの脅威を無害化する対策、米Menloが日本上陸
独自のコンテナ技術でWebの脅威によるPCなどへの影響を実質的に無効化できるという。マクニカネットワークスやラックと事業展開する。(2016/2/3)

Computer Weekly:
Hadoopに社運を賭けるモバイル広告ネットワーク企業の事情
モバイル広告ネットワーク企業Billy Mobileは、Hadoopを中核とするビッグデータ分析環境に社運を賭ける。Kafka、Spark、Storm、Hive、HBaseで構築した意思決定アルゴリズムとは?(2016/2/3)

アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):
買いたたかれる広告枠、アドテクはメディアの敵か味方か
ネット広告の発展は良質なコンテンツ供給と健全な収益化の仕組みがあってこそ。2011年よりSSP事業に従事するマイクロアド 中野伸飛氏が、望まれる次世代の「メディア」と「広告枠」の在り方について解説します。(2016/1/27)

広告効果の最大化を実現:
「トレジャーデータサービス」が「nex8」「nend」と連係
トレジャーデータとファンコミュニケーションズは2016年1月19日、クラウド型データマネジメントサービス「トレジャーデータサービス」と広告配信サービス「nex8」「nend」の連係を開始したと発表した。(2016/1/21)

Apple、モバイル広告ネットワーク「iAd App Network」を6月30日に停止すると発表
Appleが、2010年7月から提供しているモバイル広告配信ネットワーク「iAd App Network」を6月30日に停止すると発表した。iAdが完全になくなるのかどうかは不明だ。(2016/1/16)

アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):
ネット広告は“リターゲティング無間地獄”からどう脱却するか?
広告配信を最適化する一方、エンドユーザーには時に「うっとうしい」印象を与えかねないリターゲティング広告。問題解決の手段として期待される「データフィード」の可能性をMicroAd DFs取締役の井上茂樹氏が解説。(2016/1/13)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(57):
Web広告からのマルウエア感染「Malvertising」にどう対処すべきか
セキュリティベンダーの調査結果などから、昨今特に増加している攻撃として注目を集めるようになってきた「Malvertising」。複雑なアドネットワーク経由でWebサイト閲覧者にマルウエアが送り込まれるこの攻撃に対して、各関係者はどのような対策を講じるべきなのか。川口洋氏が独自の調査結果を踏まえながら考察します。(2015/12/21)

メディアの収益最大化を支援:
fluctがプライベート取引を強化、配信面に対し直接買い付けが可能に
fluctは2015年12月14日、広告主がSSP「fluct」と提携するメディアの広告枠を直接買い付け、ターゲティング配信も可能な「fluct Direct Reach」の提供を開始した。(2015/12/15)

「東京はサイバーセキュリティ面で最も安全な都市」は本当か?:
カスペルスキーがサイバー犯罪の動向を解説、APTの性質は変わると予測
カスペルスキーは2015年12月10日、サイバー犯罪や標的型攻撃の動向と2016年の予測に関する説明会を開催し、多数の改ざんされたWebサイトが存在している現状やAPTの変化の予測などを解説した。(2015/12/11)

特集:セキュリティリポート裏話(1):
読んでおきたいセキュリティリポート・調査結果まとめ
自社に今、そしてこれから必要なセキュリティ対策を検討する前に確認したいのが、「敵」の手口です。セキュリティ関連組織やベンダーでは、そうした時に役立つさまざまな観測結果やリポート、調査結果を公開しています。ぜひ一次ソースに当たってみてください。(2015/12/1)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
「GIZMODO」「Lifehacker」のユーザー分析の活用とは? デジタルマーケティング最新動向
Webでの効果的な情報発信のためには、良質なコンテンツを最適な経路で配信する必要がある。アドネットワーク基盤上でビッグデータ解析を用い、ユーザーデータを活用したコンテンツマッチングでクリック率(CTR)向上を実現したWebメディアの取り組みを紹介する。(2015/11/26)

“中国のGoogle”、「Baidu」のサービスはどう使われているのか
中国の検索最大手「Baidu」(百度:バイドゥ)は単なる検索サイトという規模を超え、次から次へと新サービスを打ち出して利用者を増やしている。「中国のGoogle」ともいわれるBaiduには、どんなサービスがあるのだろうか。(2015/11/24)

ソネット・メディア・ネットワークスのデータ分析事例
“宝の山”を有効活用できるのはオンプレミスだった――広告データ分析基盤をAWSから移行したワケ
ソネット・メディア・ネットワークスは、広告配信の効果測定などを行う分析環境をAWSで構築した後、オンプレミス環境へ置き換えた。同社にとって、ログデータの活用は事業の生命線である。この分析環境移行の狙いとは。(2015/11/19)

自社の動画コンテンツで動画広告によるマネタイズ:
動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」が動画広告対応を強化
Jストリームは2015年11月17日、同社の動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」と連係した動画広告ソリューションの提供を開始したと発表した。(2015/11/18)

サービス基盤を「adcloud」に移行:
GMOアドマーケティングのスマホ向けアドネットワークサービスがネイティブアド領域に特化してリニューアル
GMOアドマーケティングは スマートフォン向けアドネットワークサービス「ADResult for SmartPhone」をリニューアル。名称を「AkaNe byGMO(以下、 AkaNe)」と変更したことを発表した。 (2015/11/17)

ユーザー属性に合わせたターゲティング配信:
マイクロアド、10億通りのターゲティングが可能な動画広告サービス「BLADE VIDEO」を提供
マイクロアドは2015年11月9日、マルチデバイスに対応した動画アドネットワークサービス「BLADE VIDEO」の国内提供を開始した。(2015/11/10)

DeNA、キュレーションメディアを全10ジャンルに拡大 ヘルスケアや車分野を新設 2016年は動画に注力
キュレーションメディアプラットフォーム構想「DeNA Palette」にヘルスケア、車などを扱う新メディア4媒体が新設され、全10ジャンルに拡大した。好調の記事広告に加え、動画コンテンツ/広告の企画制作に注力する。(2015/10/30)

テスト導入ではCPAが平均約20%改善:
不正広告(アドフラウド)対策にサードパーティーデータを活用、インティメート・マージャーが新サービス
インティメート・マージャーは、不正広告(アドフラウド)への対策を可能にするアドフラウドソリューション「IM Fraudbuster(アイエム フラウドバスター)」をリリースした。(2015/10/21)

閲覧履歴から個々に最適なバナー広告を配信:
ソネット・メディア・ネットワークス、「Logicad ダイナミッククリエイティブ」を提供開始
ソネット・メディア・ネットワークスは2015年10月20日、「Logicad ダイナミッククリエイティブ」を開発し、DSPによるリターゲティング広告配信に向けた提供を開始したと発表した。(2015/10/21)

米Yahoo!、Googleと検索・広告契約を締結 Microsoftとの契約も継続
米Yahoo!が、予想を下回る第3四半期の業績発表と同時に、Googleとの検索および広告に関する契約締結を発表した。同社は4月、Microsoftとの10年契約の内容を改定し、提携先を自由に追加できるようになっていた。(2015/10/21)

Google、モバイルWeb高速化のオープンイニシアチブ「AMP」立ち上げ Twitterや大手メディアが参加
Googleが、モバイルでのWebページ読み込み高速化を目指す「Accelerated Mobile Pages(AMP)」を立ち上げ、「AMP HTML」をオープンソースで公開した。イニシアチブにはTwitter、Pinterestの他、BBCや朝日新聞など世界のパブリッシャー大手が多数参加している。(2015/10/8)

国内3000サイトに不正広告、50万人にウイルス感染の危機
9月に閲覧者のコンピュータの脆弱性を突いて不正プログラムに感染させる攻撃が発生していた。(2015/10/1)

動画広告を最適なセグメントとロジックで配信:
フリークアウトがスマートフォン動画広告配信を提供開始
フリークアウトは、ヒトクセと連携し、メディアーノが提供するアドネットワークのスマートフォン領域の広告掲載枠に対してRTB形式の動画広告を配信するサービス「FreakOut InLine Video RTB」の提供を開始した。(2015/10/1)

外国人目線で日本情報を発信、越境ECにも対応:
オールアバウト、多言語による日本総合情報サイト「All About Japan」を開設
総合情報サイト「All About」を運営するオールアバウトは、2015年9月29日より外国人向けの日本総合情報サイト「All About Japan」を開設すると発表した。(2015/9/30)

モバイル広告を使うDDoS攻撃発生、毎秒27万超のHTTPリクエスト
スマートフォンでWebを閲覧していたユーザーに広告ネットワークを経由して不正な広告が配信され、攻撃用のページに誘導して大量のリクエストを発生させていたとCloudFlareは推測する。(2015/9/29)

iOS 9の人気「広告ブロック」アプリ、公開2日で取り下げ──「多くの人を傷付けるから」
iPhoneやiPadのSafariブラウザで広告を非表示にできる人気広告ブロックアプリ「Peace」の開発者が、アプリ公開からわずか2日でApp Storeからアプリを取り下げた。行儀の良い広告までブロックしてしまうのは嫌だが、かといって自分が善悪の決定者になるのは気分が悪いからという。(2015/9/21)

攻撃サイトに誘導の不正広告、国内から900万アクセスを稼ぐ
誘導先の攻撃サイトは閲覧者の脆弱性を突いてマルウェアに感染させていた。(2015/9/2)

Google、「Chrome 45」安定版を公開 Flash停止が初期設定で有効に
最新版となる「Chrome 45.0.2454.85」では計29件のセキュリティ問題を修正。重要でないと判断されたFlashコンテンツが自動再生されなくなる措置も9月1日から導入された。(2015/9/2)

ChromeブラウザでのFlashアニメ非自動再生は9月1日から
Googleが6月に予告していたChromeブラウザの安定版で初期設定でFlashアニメを自動再生させない機能が、9月1日のアップデートで有効になる。AdWordsのFlash広告は自動的にHTML5に変換されるとしている。(2015/8/31)

Sidewalk:
Googleが街を再構築する〜街のIoT化がもたらすもの〜
「都市生活の改善」を掲げるGoogleが立ち上げた「Sidewalk Labs」だが、詳細は明かされていない。しかし、「LinkNYC」などさまざまな取り組みを重ね合わせるとその狙いが透けて見える。(2015/8/27)

Amazon、Flash広告掲載拒否へ 9月1日から
各社WebブラウザがFlash脆弱性対策としてFlash Playerのブロックやコンテンツ停止を実施する中、Amazonが関連サイトと広告ネットワークAAPでのFlash広告を9月1日から受け付けないとガイドラインページで告知した。(2015/8/21)

日本製アプリを「完全コピー」? 中国の独自マーケットに海賊版が続出 「パクられた」の声多数
日本のAndroidアプリが勝手に中国語化され、中国の独自マーケットで出回っているという報告が相次いでいる。アプリの収益源となる広告も差し替えられているようだ。(2015/8/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。