ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NHK紅白歌合戦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NHK紅白歌合戦」に関する情報が集まったページです。

声優紅白歌合戦、出場者に大塚明夫、井上喜久子、小松未可子、岩男潤子ら、「最強すぎる」「おさかなペンギンに期待」などの声
第1弾出演者13人が決定。(2019/1/22)

世相を反映:
声優のアイドル化 アニメが現実とシンクロ、理想のヒロイン求めて……
オレンジ、水色、ピンクなど無数のペンライトと歓声が飛び交い、むせかえるような熱気に包まれた。ステージには、レースにフリル、花飾りの衣装もまぶしい9人の女の子たち。歌って跳びはね、熱い視線を一身に集める。(2019/1/21)

今日のリサーチ:
第69回紅白歌合戦、最高視聴質はDA PUMP「U.S.A.」――TVISION INSIGHTS調べ
平成最後のNHK紅白歌合戦、最も注視されたのは誰のどの場面だったのでしょうか。(2019/1/18)

「本当にがっかり」「ずっと心が痛い」 純烈メンバーの妻・LiLiCo、友井雄亮の不祥事に胸中明かす
信じたかった気持ちも分かる。(2019/1/12)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
下町ロケット新春特番から感じるスマート農業の足音
MONOist的にも2019年の注目テーマの1つです。(2019/1/10)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
ジャニーズ写真解禁に「時代が変わった」 初取材の記者が、リハーサル画像と振り返るNHK紅白歌合戦2018
初めての取材、右も左も分からない……!(2019/1/6)

【オタ母あるある漫画】正月休みの夢と現実
休みで推しが待ってる……!(2019/1/5)

平成最後の大みそか&お正月に何食べた? ねとらぼ編集部員の食卓を公開
定番の年越しそばからチョコパン、常備薬まで意外なものを食べていました。(2019/1/3)

欅坂46「不協和音」「サイマジョ」はどうやって誕生したのか 作曲家「バグベア」に聞く“ヒットの裏側”
「サイレントマジョリティー」「不協和音」などの作品で知られる「バグベア」に「作曲家になる方法」などを聞きました。(2018/12/27)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
Hey! Say! JUMPの知念侑李、紅白で高難度のアクロバットを成功! 男子チアチームと共演
知念くん、すごい!(2018/12/31)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
郷ひろみ、紅白でチコちゃんと共演! 平成最後の紅白に「GOLDFINGER '99」選んだ理由語る
郷さん「歌っていて自分自身も元気になる」。(2018/12/31)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
三代目J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I.」で第69回NHK紅白歌合戦スタート! 櫻井翔も“ランニングマン”
平静最後の紅白が幕を開けた!(2018/12/31)

白石麻衣、笑顔で卒業の西野七瀬送り出す 乃木坂46の紅白パフォーマンスにバナナマンもサプライズ登場
なぁちゃん、卒業おめでとう。(2018/12/31)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
刀剣男士19振りが圧巻の殺陣 紅白歌合戦リハーサルで熱演
【ネタバレ注意】(2018/12/31)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
山内惠介×刀剣男士 紅白コラボステージリハーサルで圧巻のパフォーマンス
【ネタバレ注意】(2018/12/31)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
欅坂46よ、魂で“ガラスを割れ!” リハ2日間の取材メモと見どころを紹介
【ネタバレ注意】2日間の紅白リハで感じたのは小林由依という存在の変化。(2018/12/31)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
武田真治がムッキムキボディーで“筋肉体操”&サックス演奏! 紅白で天童よしみと圧巻コラボ
圧倒的筋肉……っ!(2018/12/30)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
あいみょん、純烈、DA PUMPらが紅白本番へ向けてリハ 丘みどりはTAKAHIRO振り付けのダンサーと共演
あいみょんさんはフォトセッション中に靴紐を結び直すなど終始リラックス。本番のパフォーマンスにも期待!(2018/12/30)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
まいやん、かわいすぎるコスプレで紅白リハ! 乃木坂、欅坂、HKT、AKBが「ひょっこりひょうたん島」歌う
ひょっこりするまいやんかわいすぎる……。(2018/12/30)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
内村光良、欅坂46に「とてもいい宝物になりました!」と笑顔 紅白リハで2017年の“コラボ不協和音”振り返る
パフォーマンスの見どころについては別途記事を掲載予定です。お楽しみに……!(2018/12/30)

冬コミで1番熱い漢たち! NHK「みんなで筋肉体操」コスプレに“本人”が降臨してしまう
まさかのセルフコスプレ。(2018/12/30)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
黒羽麻璃央「紅白まんじゅうを食べて合戦に臨むとしよう」 刀剣男士19振りが紅白への意気込み語る
三日月宗近「こんなにたくさんの関係者という人に囲まれるのは初めての体験なのでな、緊張しておる」。(2018/12/30)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
関ジャニ∞から「赤という色がなくなってしまった」 紅白歌合戦リハで村上が渋谷すばる脱退に触れる
みんな色々なことがあった年だった。(2018/12/29)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
「Aqours」NHK紅白歌合戦“音合わせ”で天高くジャンプ! 本番ではかなり特別な衣装を準備?
うまく言えないけど、今しかない瞬間だから、だから、輝きたい!(2018/12/29)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
刀剣男士、山内惠介とのコラボステージで見事な殺陣披露! 山内「これが2.5次元なんだ」とびっくり
山内さんは「僕も完全燃焼したいです!」と笑顔。(2018/12/29)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
「Hey! Say! JUMP」「King & Prince」「Sexy Zone」が本番さながらのダンス披露! 紅白への意気込み語る
「Hey! Say! JUMP」は難易度の高い“リフト”に挑戦。(2018/12/29)

擬人化ブームに歴史あり、刀剣男士、艦娘に日本の伝統
日本刀を美男子に擬人化したキャラクター「刀剣男士」が登場する「刀剣乱舞」が人気だ。一方で、旧日本海軍を中心とした艦船を美少女に擬人化したキャラクター「艦娘」を集めて戦うゲーム「艦これ」は男性に人気で、どちらも一大ブームを巻き起こしている。(2018/12/27)

万物に魂が宿る?:
擬人化ブームに歴史あり、刀剣男士、艦娘に日本の伝統
日本刀を美男子に擬人化したキャラクター「刀剣男士」が、今年の「NHK紅白歌合戦」(NHK総合)の企画コーナーに出場する。オンラインゲーム「刀剣乱舞−ONLINE−」の登場キャラで、ゲームは女性を中心に人気を博し、ユーザー数は450万人超。一方で旧日本海軍を中心とした艦船を美少女に擬人化したキャラクター「艦娘(かんむす)」を集めて戦うゲーム「艦隊これくしょん−艦これ−」は男性に人気で、どちらも一大ブームを巻き起こしている。刀剣や艦船の擬人化と聞くと奇妙にも思えるが、「物に名前をつける日本の伝統の延長線上にある」と近畿大の清島秀樹教授(現代文化論)は話す。(2018/12/27)

「ダンスパフォーマンスができない状態」 欅坂46平手友梨奈、一部の活動休止 年末には紅白の出演も予定
ダンスパフォーマンスを伴わない活動は、無理のない範囲で続けるとのこと。(2018/12/21)

「もはや聖杯戦争」 諏訪部順一&植田佳奈の司会で「声優紅白歌合戦」開催へ、きっかけは中田譲治の一言
さすが譲治さんだ。(2018/12/20)

かわいいチコちゃんと、おこなチコちゃん、どちらが好み? 『女性セブン』の付録にチコちゃんポチ袋
なぜ、自作ポチ袋なのか……。(2018/12/21)

ポケベル全盛期、わたしは女子高生だった
ポケベルがついに終わる。筆者の青春は、ポケベルとともにあった。(2018/12/3)

やられたらやり返す LiLiCo、夫・小田井涼平を祝福するつもりが“サプライズ返し”にあってしまう
幸せがあふれすぎている。(2018/11/20)

“刀剣男士”たちが躍動してるぅぅぅ! 「映画刀剣乱舞」、初の映像がついに解禁される
「ムビチケカード」第二弾のビジュアルも解禁。(2018/11/20)

「リスペクトを感じる」「目頭が熱く」 さくらももこさんを送った「B.B.クィーンズ」の喪服に熱い反響
黒一色だけど、衣装をイメージした装いなのがすてき。(2018/11/18)

「この組み合わせを拝める日がくるとは」 YOSHIKI×刀剣男士の“異質コラボ”ショットがファンタジーでしかない
審神者YOSHIKIさん。(2018/11/15)

BTS落選、韓国からはTWICEのみ:
紅白出場歌手42組が決定 初出場に「純烈」ら6組
NHKは14日、大みそかに放送される第69回NHK紅白歌合戦の出場歌手を発表した。紅白計42組が出場し、紅組ではあいみょんさん、DAOKOさん、白組では「King&Prince(キング・アンド・プリンス)」「純烈」ら計6組が初出場。今月再始動した人気グループ「いきものがかり」が2年ぶり、松任谷由実さんが7年ぶりに紅白に復帰する。最多出場は、白組の五木ひろしさんで48回目。これとは別に特別企画枠で椎名林檎さんと宮本浩次さんが出場し、デュエット曲を歌う。(2018/11/15)

第69回“裏”紅白歌合戦メンバー発表 司会に渡辺謙&菊川怜、ハリルホジッチvs田嶋幸三の相撲など胃もたれ必死
ヘルシェイク矢野のこと考えながら決めてそう。(2018/11/14)

「全力で応援!」「複雑な気持ち……」 “刀剣男士”の紅白出場決定はネットでどう受け止められた?
合戦を前に、ファンの思いやいかに。(2018/11/14)

平成最後の「紅白歌合戦」出場歌手発表! あいみょん、King&Princeらが初出場決定 DA PUMPは16年ぶり
数年ぶりに出場果たすアーティストにも注目。(2018/11/14)

スピン経済の歩き方:
BTSの「原爆Tシャツ」騒動が起きても、韓流ブームが打撃を受けない理由
「原爆Tシャツ」を着用していたことを受け、韓国の人気グループ「BTS」が揺れている。「このままでは韓流ブームに陰りが出るかもしれない」と感じている人もいるかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2018/11/13)

PR:登美丘高校ダンス部・akaneコーチに聞く、強いチーム作りのポイントは?
「バブリーダンス」で人気に火が付き、今ではテレビや映画などに引っ張りだこの大阪府立登美丘高校ダンス部。このブームの仕掛け人であり、同ダンス部のコーチを務めるのが、振付師のakaneさんだ。彼女に強いチーム作りのポイントなどを聞いた。(2018/10/30)

「やっぱりかっこええ」 銀シャリ鰻、“綾野剛ものまね”が期待を裏切らない塩顔イケメンぶり
今回はドラマ「ハゲタカ」バージョン。(2018/9/22)

元ヒスブルのTamaがライブ活動休止を発表 「自分の中でちゃんとけじめをつけたい」
デビュー20周年のけじめとのこと。(2018/9/20)

「平成の歌姫」の生きざま:
なぜ安室奈美恵は私たちの心を揺さぶり続けるのか?
歌手の安室奈美恵さんが引退する。メジャーデビューから26年、「平成の歌姫」と呼ばれた彼女は、全力で歌い、踊り続け、多くの人たちから愛されてきた。引退を目前に控えて、今再び安室フィーバーが起きている。安室さんの何がここまで私たちを引き付けてやまないのだろうか。(2018/9/15)

次から次へと:
ハラスメントを招いてしまう要因は「甲子園」と「水戸黄門」
次から次へと現れるスポーツ界のハラスメント。 一般社会がこれだけコンプライアンスにうるさくなっているにもかかわらず、とどまるところをしりません。スポーツ界だけが腐っているのか? それとも……。(2018/8/23)

Microsoft Focus:
日本一身近で、“エモい”、国民的AIタレントになる!――女子高生AI「りんな」が“歌”で共感力を磨くわけ
MicrosoftのAIチャットbot「りんな」が、人との“共感”を重視し、文脈を理解してより人間らしく会話ができるように進化。さらに、自然で表現力に富んだ“歌声”に磨きをかけ、国民的AIを目指すという。進化するりんなの“野望”とは……。(2018/8/18)

女子高生AI「りんな」、歌の「耳コピ」が可能に
日本マイクロソフト(以下日本MS)は7月31日、同社の開発するソーシャルAIチャットボット「りんな」と音楽コラボアプリ「nana」との共同企画で歌の「耳コピ」に対応したと発表した。(2018/8/1)

初代プロデューサーが語る誕生秘話:
PR:「女の子はこうあるべき」を変えたアニメ「プリキュア」制作現場を支えるクラウド
15周年を迎えた人気アニメ「プリキュア」。制作を手掛ける東映アニメーションは、クラウド活用を積極推進中だ。初代プロデューサーの鷲尾 天 執行役員に、アニメの誕生秘話と、その裏側にあったクラウドツール「Box」の活用法を聞いた。(2018/7/18)

「平手友梨奈に最高の誕生日プレゼントを」 欅坂46「サイレントマジョリティー」MV、1億再生突破
6月25日の平手さんのお誕生日に合わせて1億再生を目指そうとファンが呼び掛けていました。(2018/6/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。