ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NHK紅白歌合戦」最新記事一覧

関連キーワード

集まった署名は37万3515人分 SMAP存続を願う署名運動「5☆SMILE」プロジェクト、代表の思いを聞いた
ファン歴20年以上だという5☆SMILE代表に、SMAPへの思いを語って貰いました。(2016/12/3)

星野源、日テレ系「ベストアーティスト2016」を出演辞退 理由は「過労による体調不良」
11月28日のラジオでも体調が悪そうだったというファンの証言も。(2016/11/29)

オラつく「RADIO FISH」に笑みを浮かべるピコ太郎 2大勢力、初対面でバトル漫画ばりに火花を散らす
授賞式の舞台裏でこんな争いがあったとは。(2016/11/27)

なぜ社会現象に? NHK「クローズアップ現代+」が「君の名は。」メガヒットの真相に迫る
11月28日放送。新海誠監督へのインタビューも。(2016/11/25)

2016年紅白出場歌手発表! RADWIMPSや宇多田、RADIOFISHなど初10組 SMAP、和田アキ子は不出場
「君の名は。」が大人気のRADWIMP……何を演奏するか気になるところ。(2016/11/24)

毎年恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」のメンバー発表 司会の中居正広・ベッキーをはじめ、コメントしづらい顔ぶれ
2016年を騒がせた人たちが大集結。(2016/11/24)

「少しずつお互いを知ることのあったかさ」 土屋太鳳と有村架純の2ショットにソウルメイト感あふれる
「あ!ビリギャルだ!」と言っちゃったのも今ではいい思い出。(2016/11/18)

紅白歌合戦の司会が有村架純と相葉雅紀に決定 有村「私の人生に二度とない出来事だと思いました」
相葉さん「“あの時にお受けすればよかった…”と後悔するよりチャレンジさせていただきたいと決断しました」(2016/11/12)

水曜インタビュー劇場(宇宙人公演):
えっ、放送枠を買って、自分の曲を歌う? 千葉の英雄「ジャガー」流の働き方
千葉の英雄「ジャガー」さんをご存じだろうか。地元テレビ局の放送枠を買い取って、自ら収録した番組を流す――。破天荒な功績をたたえて(?)、千葉テレビは社長賞を贈ることに。地元で知らない人はいないと言われるジャガーさんって、どのような人物なのか。調べてみると……。(2016/11/2)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
夢を追い、悩み苦しんだ沖縄での下積み時代
小学生のとき、おニャン子クラブに憧れて歌手になることを目指しました。沖縄から東京へ出てデビューするのを夢見て毎日レッスンに励みましたが、チャンスになかなか恵まれず年月は過ぎていきました――。(2016/9/15)

niconicoに「中国中央テレビ」公式チャンネル G20首脳会議の開会式を生中継
ドワンゴが中国の国営放送局と提携。G20首脳会議の開会式や、習近平国家主席の演説の模様をニコニコチャンネルで全編生中継する。(2016/8/26)

SMAP「大みそか解散」、五輪中の発表に“意図”? 紅白出演は……
国民的人気グループ「SMAP」が“大みそか解散”を表明した。局関係者や識者は、今回の解散表明を冷静な目で受け止めているようだ。(2016/8/16)

新連載・常見陽平の「若き老害」論:
いま職場で“若き老害”が増えている
「老害」の概念が変化してきている。いわば「老害」の「若年化」ともいえる問題だ。この連載では、常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回シリーズで読み解く。(2016/8/9)

女子高生AI「りんな」と山手線ゲームをしてみた
やはりAIは強い。(2016/7/8)

許される不祥事、許されない不祥事の違いとは
犯罪や企業不祥事など、その対応を一歩間違えると存続をも脅かしかねません。昨今の芸能人スキャンダルも、取り扱いを誤って炎上し続けている人もいれば、上手な火消しで早々と活動を継続再開している人もいます。これは、善悪の差ではありません。(2016/7/7)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
「仕事は与えられるものではない」――私の行動を変えたある事件
MAXとしてデビューしてから順調に活動を続けていた私たちに、ある日突然、事件が起きました。それまで仕事は自然とやって来るものでしたが、その価値観が180度変わってしまったのです……。(2016/6/28)

前代未聞! 「ボカロPV付き」参考書13万部の大ヒット 中学生の心つかんだ学研の戦略
「ボカロPV付き」という前代未聞の学習参考書が異例の大ヒットを記録している。「全体的に“中二病”になるよう作った」というその中身は。(2016/6/27)

清水良太郎が一般女性と結婚 清水アキラの息子で俳優・ものまねタレントとして活躍
5月に入籍していたとのこと。(2016/6/16)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
世界の4K番組最前線! 「miptv2016」レポート(前編)
昨年、スカパー!を皮切りに4Kの商業放送がスタートし、ハード/ソフトの両面で4Kの存在感が増しているが、日本以外はどうなっているのか? 実は、世界の映像コンテンツ業界は今、4Kの可能性に夢中だ。(2016/6/7)

「すんなり頭に入る」 ボカロで覚える参考書、発売1カ月で10万部超え
ボーカロイド曲で勉強ができる参考書「ボカロで覚える」シリーズが発売から1カ月で累計発行部数10万部を超えた。(2016/6/3)

主演はDream5の高野洸! 「BLEACH」ミュージカルのキャスト発表
高野さんは「皆さんの理想の一護になれるよう頑張ります」とコメント。(2016/5/30)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
四国に8Kの未来を見た――完全固定カメラの舞台映像がすごい
「スーパーハイビジョン」として着々と開発が進む8K。今年のリオデジャネイロオリンピックでは各地で8K方式のパブリックビューイングも予定されているが、一方で麻倉怜士氏は「8Kと舞台映像は相性が抜群」という。愛媛県にある「坊っちゃん劇場」が示した8Kの可能性とは?(2016/5/11)

MAXのNANAが振付師の男性と電撃入籍 ブログに自筆のメッセージ
夫となるCHINOさんは日本のヒップホップ業界の草分け的存在。(2016/5/8)

ニコニコ超会議2016:
歌舞伎からドローン、コスプレまで――写真100枚で振り返る「超会議2016」
中村獅童さんと初音ミクが共演した「超歌舞伎」、刀匠が日本刀の鍛錬を実演する「超刀剣」など、「ニコニコ超会議2016」の模様を写真100枚で振り返る。(2016/5/2)

ニコニコ超会議2016:
これが幸子視点か…… 小林幸子の「千本桜」衣装を体験してみたら想像以上の高さだった
“ラスボス”の偉大さを再認識しました。(2016/4/29)

「ニコニコ超会議2016」開幕 「ボカロ歌舞伎」「超刀剣」など ネットと伝統文化が融合
「ニコニコ超会議2016」が千葉・幕張メッセで開幕した。初音ミクと歌舞伎がコラボするなど、ネットカルチャーと伝統文化を融合した出展が目立つ。(2016/4/29)

ボカロ、擬人化、弾き語りまで:
国内最大の同人音楽イベント「M3」に行ってみた
4月24日に第37回を迎えた、M3。行ってみたら、初音ミクさんのカセットテープに出会ったり、重機の擬人化さんに出会ったり、軍歌や刀について学びました。(2016/4/26)

「ラブライブ!」全30曲のPVやライブシーンを1枚にまとめたBDが8月発売へ
紅白でのスペシャルアニメも収録。(2016/4/22)

衣装に“乗り込む”ってなんだよ! 小林幸子の「ラスボス衣装」がニコニコ超会議に降臨決定
衣装は乗り物。(2016/4/20)

原宿にラスボス降臨 キデイランド原宿店で「メガ幸子」グッズ三種類を販売、5月1日から
原宿にラスボスの魔の手が。(2016/4/13)

沖縄モノづくり新時代(1):
パワードスーツの未来を開く! 沖縄初のロボットベンチャー「スケルトニクス」の今とこれから
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。記念すべき連載第1回は、沖縄工業高等専門学校出身の若きエンジニアが立ち上げた「スケルトニクス」の挑戦について取り上げる。(2016/4/8)

小林幸子、ボカロ曲との出会い語る これまでになかった音楽に「打ちのめされた」
ゲスト出演するCS映画番組の収録現場で語った。(2016/4/7)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
辛くて苦しいトレーニングでも、デビュー前から20年以上続けられた理由
「継続は力なり」と言いますが、私がデビュー前の下積み時代から今でもずっと続けているのはトレーニングです。アスリート並みにしごかれるので、決して楽ではありません。それでも続ける理由があるのです。(2016/3/31)

膝内傷を発症しているμ’sの南條愛乃さん、ファイナルラブライブ!への出演決定
出演はうれしいけど無理はしないで!(2016/3/29)

石川さんなにやってるんですか! 「たまのランニング」こと石川浩司がアイドルデビュー
木星よりもさらに向こうに着いた。(2016/3/19)

ロボットキーマンを訪ねて:
スケルトニクス 白久レイエス樹氏に聞く、パワードスーツの現在と未来
3mの巨大な身体を手に入れる、そんな夢を現実のものとした「スケルトニクス」。このスケルトニクスで実現したことは何だったのか? そして「エグゾネクス」プロジェクトの終了を発表した今、彼らが次に目指すのはどこなのだろうか。(2016/3/11)

「Dream5」玉川桃奈が芸能界引退を発表 「ようかい体操第一」で紅白にも出場
「新しい一歩を踏み出したいという気持ちが強くなってきた」と語っています。(2016/2/22)

ボカロの名曲が“神話”となった瞬間 黒うさPの代表曲「千本桜」がニコニコ動画にて1000万再生を達成
僕らの秘密基地は永遠に。(2016/2/12)

新連載・MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
紅白歌合戦で39度の高熱、この失敗が仕事の意識を変えた
20年以上もプロとしてステージに立ち続けてきたMAXのLINAさん。さまざまな仕事の中で経験したこと、学んだことなどをこの新連載でビジネスパーソンに伝えていきます。(2016/2/10)

中国版の紅白歌合戦がニコ生で中継 小林幸子さん出演の見どころ紹介番組も
平均視聴率50%の中国の年越しカウントダウン番組をネット中継。(2016/2/5)

年末恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」が1月なのに急きょ臨時開催 「あまりにいろんなことがありすぎて」
まだ1カ月しかたってないよ!(2016/2/1)

三森すずこ、NHK-FM「ゆうがたパラダイス」で日替わりMC アニソン祭りじゃあ!
NHKで毎週みもりんの声が!(2016/1/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
フジテレビの年末・総合格闘技イベントは本当に「大健闘」だったのか
昨年末、フジテレビの全面バックアップによって、総合格闘技『RIZIN』が開催された。視聴率は7.3%。実行委員長はTwitterで「皆さんのおかげで大健闘の数字を頂けました」とツイートしているが、本当に“大健闘”と言えるのだろうか。(2016/1/14)

週刊「調査のチカラ」:
メガ幸子が嵐×「スター・ウォーズ」を抑えトップ、Twitterで振り返る第66回NHK紅白歌合戦
2016年初めての更新となる週刊「調査のチカラ」。ラスボスが風格を見せた大みそかから、日本人らしいお正月、中国人が好きな日本まで、年末年始の「まとめ」をお届けします。(2016/1/9)

紅白歌合戦、ツイート数1位は小林幸子さん復活 話題の歌手に副音声出演の西川貴教さん
Twitter Japanが「第66回紅白歌合戦」の関連ツイート数のピークと、話題になった出演歌手のランキングを発表した。(2016/1/5)

NHK紅白歌合戦、Twitterで話題になった出演歌手は?
“話題になった出演歌手”1位は、やっぱりあの人。(2016/1/3)

Twitter、新年祝う絵文字が登場 「あけおめ」「富士」など日本限定も
Twitterで、特定のハッシュタグをツイートすると、新年用のオリジナル絵文字が表示される。1月3日までの期間限定だ。(2015/12/31)

「安心してください、止められましたよ」 「いきものがかり」リーダー・水野良樹さんが今年もNHK入口で警備員に止められる
もはや年末の恒例ネタに。(2015/12/30)

兄貴にとっての超悲報 西川貴教さん「今年も薄い本は買いに行けなくなりました」とコミケ不参加をTwitter上で報告
もうサークル参加するしかないんじゃ……。(2015/12/30)

μ's南條愛乃さん、紅白出場辞退を発表
絵里ちゃん、残念です。(2015/12/28)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。