ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NHK紅白歌合戦」最新記事一覧

関連キーワード

耳が溶けてしまいそう 初音ミク「メルト」10周年記念に小林幸子がカバーをニコニコ動画に投稿
直筆歌詞付き。達筆。(2017/12/7)

中山美穂、浜田雅功らドラマ「もしも願いが叶うなら」の4兄弟ショットにファン驚き 「懐かしい」「続編希望」
中山さんは続編を熱望しています。(2017/12/3)

相変わらずの攻めの姿勢 恒例ネタ「裏紅白歌合戦」2017年度のメンバー発表
文春砲が炸裂(さくれつ)した2016年に比べ、今回は穏やか?(2017/11/16)

2017年紅白出場歌手決定! 初出場はSHISHAMO、TWICE、エレカシ、竹原ピストルら計10組、安室奈美恵は不出場
TWICEやLittle Glee Monster、WANIMA、トータス松本らも。(2017/11/16)

「第68回NHK紅白歌合戦」の総合司会はウッチャン! 紅組は2年連続有村架純、白組は個人初の嵐・二宮和也
内村さん「全く予想外のことでした」。(2017/11/13)

企業のマーケッターも注目:
「モテクリエイター」ゆうこすが語る、好きなことをやり続ける勇気
さまざまなSNSで女性からカリスマ的な支持を得ている、“ゆうこす”こと菅本裕子さん。元アイドル、元ニートという鮮烈な人生を歩み、今では好きなことだけが仕事になっているという彼女の転機とは――。(2017/11/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
滑舌練習、腹式呼吸は棚上げ! 「心に届く」話し方のために必要なこと
あなたの話は一度聞いただけで、相手の頭にスムーズに入っているか?(2017/10/4)

土屋太鳳&有村架純、朝ドラヒロイン2ショットに反響 「ヤバイ」「共演が見たい」
土屋さんから有村さんへの熱いメッセージも添えられています。(2017/10/2)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
道は自分で切り開く 少しずつでもいいから前に進む
私の人生にとって変え難い出来事になった米国留学。夢を叶えるためには、たとえ少しずつでも前に進むことが大切ですし、その道は自分で切り開くべきなのです。(2017/9/30)

「皆様の人生の隣にPerfumeを」 メジャーデビュー12周年のPerfumeが直筆メッセージ
もう12年もたったのか……。(2017/9/22)

「大企業のPR」の声も?:
ドコモ、鹿島……NHK「サラメシ」の社長特集が話題に
NHKが8月23日に総合テレビで放送した「サラメシ」の特番が話題になっている。(2017/9/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京圏主要区間「混雑率200%未満」のウソ
お盆休みが終わり、帰省先から首都圏に人々が帰ってきた。満員の通勤通学電車も復活した。国も鉄道会社も混雑対策は手詰まり。そもそも混雑の認定基準が現状に見合っていないから、何をやっても成功できそうにない。その原因の1つが現状認識の誤りだ。(2017/8/18)

とびきり笑顔で2ショット! 有村架純、土屋太鳳のログインボーナス「パワー」を受け取る
お前にもパワーをくれてやろうか。(2017/7/14)

完全に本人じゃないですか! ノンスタ井上のブルゾンちえみメークが驚きのクオリティー
でもなんだかじわじわくる。(2017/6/4)

コーラスグループ「デューク・エイセス」が結成62年で活動に幕 「いい湯だな」「鉄人28号」「かに道楽」など歌う
ある年代以上の人は絶対聴いたことある。(2017/5/25)

食べないでくださーい! 綾小路翔の10年前のパスポート写真が完全に血に飢えた野獣
でも本当は優しい人だって皆知ってる。(2017/5/19)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
何歳になってもピンチがあれば成長できる
40歳を目前にして、人生初の海外暮らし、海外留学を決行しました。「なぜこの年齢で?」と思う人もいるでしょうが、夢を持つことや挑戦することに年齢制限なんてありません。今回はそんな留学先での大ピンチエピソードをお話しします。(2017/5/3)

このラスボス変身しすぎ! 小林幸子、ダンディーな “男装麗人”で乙女の瞳をハートに変える
これは口説かれたい。(2017/4/24)

五木ひろしもやってきた! ピコ太郎、初の日本武道館ライブに「ありが玉置浩二でございます」
2時間半ほどのステージでPPAP10回歌ったピコ。(2017/3/7)

Perfume、地上波ドラマで初主演! ソファでくつろぐ3人のビジュアルが公開
脚本を手掛けるのは「野ブタ。をプロデュース」の木皿泉さん。(2017/2/28)

羞恥心、1年ぶりの復活ライブは羞恥プレイ? ファン「復活希望」「懐かしい……」
「あまりのグダグダさ加減と恥ずかしさでこっちが泣きそうになりました」(つるの剛士)(2017/1/30)

人気YouTuberのオリジナル楽曲、カラオケ配信スタート 瀬戸弘司さん
YouTuberが歌うオリジナル楽曲のカラオケ配信がスタートする。(2017/1/27)

「セカオワ」メンバーがWゴールイン Saoriが俳優・池田大と、Nakajinが一般女性とそれぞれ結婚
おめでとうございます!(2017/1/12)

高橋真梨子、有村架純に激怒の文春報道は「事実無根」 名誉毀損で訴えも
有村さんの事務所からは納得を得ているとも。(2017/1/12)

「ピコ太郎パリピやん」 ピコ太郎、2017年の初めを飾る新曲「I LIKE OJ」でテンションMAXのダンスを披露
Orange Juice!! Orange Juice!! Orange Juice!!(2017/1/8)

いきものがかり、成長のための「放牧宣言」 3人での活動をいったん休止へ 
スタッフ「これより一度、3人はそれぞれに自由な活動をして参りますが、『放牧宣言』にもある通り、彼らの帰る場所がいきものがかりであることに変わりはありません」(2017/1/5)

ゴジラ、紅白歌合戦に襲来! 長谷川博己ら出演の本格速報VTR演出でNHKがガチっぷりを見せつける
矢口蘭堂がさりげなく出世していた件。(2016/12/31)

「今夜、一緒に歌ってください」 THE YELLOW MONKEYが朝日新聞朝刊に名曲「JAM」の歌詞一面広告
なんて粋なの……(号泣)。(2016/12/31)

紅白に落選したゴールデンボンバー、「裏紅白歌合戦」をニコ生で開催 “豪華歌手らしきもの”が登場予定
ちなみに最終回です。(2016/12/29)

関ジャニ∞で始まり嵐で〆る! 紅白歌合戦の曲順発表 「君の名は。」のスペシャル映像も
郷ひろみ&土屋太鳳、松田聖子&YOSHIKIのコラボにも注目!(2016/12/25)

紅白歌合戦に「ピコ太郎」出演決定! 前半終了後の「ハーフタイムショウ」に登場
スーパーボウルのハーフタイムショウにちなんだ、紅白歌合戦としては初の試みとのこと。(2016/12/22)

ゴジラ「ちょっとNHKホール行ってくる」 ゴジラ、紅白歌合戦を襲撃予定 迎え撃つのはシン・ゴジラの英雄たち
シン・ゴジラ、襲来(紅白歌合戦に)。(2016/12/22)

「お通夜は暗いが寿司が出る」 Twitterで「逃げるは恥だが役に立つみたいに言う」大喜利が白熱
「ハゲるは恥だがネタになる」など、ネガティブのようで役得のある言葉をTwitterユーザーが次々と投稿。(2016/12/22)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
MAXのチームワークがどんどん強まった理由
どんな仕事であってもチームワークがなければ最大限のパフォーマンスは出ないと思います。特に私たちアーティストにとってそのことを強く感じるのがライブです。MAXはライブを通じていかにチームワークを強くしていったのでしょうか。(2016/12/22)

紅白ゲスト審査員10人が発表 「逃げ恥」ガッキーに「真田丸」草刈正雄、「こち亀」作者の秋本治も
出演者、曲目、ゲスト審査員が全て出そろった!(2016/12/21)

2016年紅白の曲目発表! 星野源は “逃げ恥”の「恋」、RADWIMPSは「前前前世」に
大みそかはやっぱり紅白かな。(2016/12/19)

紅組優勝! AKB48紅白歌合戦「いろいろありましたが、勝ちは勝ち」
井上芳雄さんのイケボも話題に。(2016/12/16)

集まった署名は37万3515人分 SMAP存続を願う署名運動「5☆SMILE」プロジェクト、代表の思いを聞いた
ファン歴20年以上だという5☆SMILE代表に、SMAPへの思いを語って貰いました。(2016/12/3)

星野源、日テレ系「ベストアーティスト2016」を出演辞退 理由は「過労による体調不良」
11月28日のラジオでも体調が悪そうだったというファンの証言も。(2016/11/29)

オラつく「RADIO FISH」に笑みを浮かべるピコ太郎 2大勢力、初対面でバトル漫画ばりに火花を散らす
授賞式の舞台裏でこんな争いがあったとは。(2016/11/27)

なぜ社会現象に? NHK「クローズアップ現代+」が「君の名は。」メガヒットの真相に迫る
11月28日放送。新海誠監督へのインタビューも。(2016/11/25)

2016年紅白出場歌手発表! RADWIMPSや宇多田、RADIOFISHなど初10組 SMAP、和田アキ子は不出場
「君の名は。」が大人気のRADWIMP……何を演奏するか気になるところ。(2016/11/24)

毎年恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」のメンバー発表 司会の中居正広・ベッキーをはじめ、コメントしづらい顔ぶれ
2016年を騒がせた人たちが大集結。(2016/11/24)

「少しずつお互いを知ることのあったかさ」 土屋太鳳と有村架純の2ショットにソウルメイト感あふれる
「あ!ビリギャルだ!」と言っちゃったのも今ではいい思い出。(2016/11/18)

紅白歌合戦の司会が有村架純と相葉雅紀に決定 有村「私の人生に二度とない出来事だと思いました」
相葉さん「“あの時にお受けすればよかった…”と後悔するよりチャレンジさせていただきたいと決断しました」(2016/11/12)

水曜インタビュー劇場(宇宙人公演):
えっ、放送枠を買って、自分の曲を歌う? 千葉の英雄「ジャガー」流の働き方
千葉の英雄「ジャガー」さんをご存じだろうか。地元テレビ局の放送枠を買い取って、自ら収録した番組を流す――。破天荒な功績をたたえて(?)、千葉テレビは社長賞を贈ることに。地元で知らない人はいないと言われるジャガーさんって、どのような人物なのか。調べてみると……。(2016/11/2)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
夢を追い、悩み苦しんだ沖縄での下積み時代
小学生のとき、おニャン子クラブに憧れて歌手になることを目指しました。沖縄から東京へ出てデビューするのを夢見て毎日レッスンに励みましたが、チャンスになかなか恵まれず年月は過ぎていきました――。(2016/9/15)

niconicoに「中国中央テレビ」公式チャンネル G20首脳会議の開会式を生中継
ドワンゴが中国の国営放送局と提携。G20首脳会議の開会式や、習近平国家主席の演説の模様をニコニコチャンネルで全編生中継する。(2016/8/26)

新連載・常見陽平の「若き老害」論:
いま職場で“若き老害”が増えている
「老害」の概念が変化してきている。いわば「老害」の「若年化」ともいえる問題だ。この連載では、常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回シリーズで読み解く。(2016/8/9)

女子高生AI「りんな」と山手線ゲームをしてみた
やはりAIは強い。(2016/7/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。