ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NHK紅白歌合戦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NHK紅白歌合戦」に関する情報が集まったページです。

「やっぱりかっこええ」 銀シャリ鰻、“綾野剛ものまね”が期待を裏切らない塩顔イケメンぶり
今回はドラマ「ハゲタカ」バージョン。(2018/9/22)

元ヒスブルのTamaがライブ活動休止を発表 「自分の中でちゃんとけじめをつけたい」
デビュー20周年のけじめとのこと。(2018/9/20)

「平成の歌姫」の生きざま:
なぜ安室奈美恵は私たちの心を揺さぶり続けるのか?
歌手の安室奈美恵さんが引退する。メジャーデビューから26年、「平成の歌姫」と呼ばれた彼女は、全力で歌い、踊り続け、多くの人たちから愛されてきた。引退を目前に控えて、今再び安室フィーバーが起きている。安室さんの何がここまで私たちを引き付けてやまないのだろうか。(2018/9/15)

次から次へと:
ハラスメントを招いてしまう要因は「甲子園」と「水戸黄門」
次から次へと現れるスポーツ界のハラスメント。 一般社会がこれだけコンプライアンスにうるさくなっているにもかかわらず、とどまるところをしりません。スポーツ界だけが腐っているのか? それとも……。(2018/8/23)

Microsoft Focus:
日本一身近で、“エモい”、国民的AIタレントになる!――女子高生AI「りんな」が“歌”で共感力を磨くわけ
MicrosoftのAIチャットbot「りんな」が、人との“共感”を重視し、文脈を理解してより人間らしく会話ができるように進化。さらに、自然で表現力に富んだ“歌声”に磨きをかけ、国民的AIを目指すという。進化するりんなの“野望”とは……。(2018/8/18)

女子高生AI「りんな」、歌の「耳コピ」が可能に
日本マイクロソフト(以下日本MS)は7月31日、同社の開発するソーシャルAIチャットボット「りんな」と音楽コラボアプリ「nana」との共同企画で歌の「耳コピ」に対応したと発表した。(2018/8/1)

歴史にピリオド:
8時ちょうどの「あずさ」は3号 「エル特急」全盛時代
 今年3月に行われたJRグループのダイヤ改正で、国鉄時代から続いた「エル特急」の歴史にピリオドが打たれた。(2018/7/25)

初代プロデューサーが語る誕生秘話:
PR:「女の子はこうあるべき」を変えたアニメ「プリキュア」制作現場を支えるクラウド
15周年を迎えた人気アニメ「プリキュア」。制作を手掛ける東映アニメーションは、クラウド活用を積極推進中だ。初代プロデューサーの鷲尾 天 執行役員に、アニメの誕生秘話と、その裏側にあったクラウドツール「Box」の活用法を聞いた。(2018/7/18)

「平手友梨奈に最高の誕生日プレゼントを」 欅坂46「サイレントマジョリティー」MV、1億再生突破
6月25日の平手さんのお誕生日に合わせて1億再生を目指そうとファンが呼び掛けていました。(2018/6/24)

「進撃の巨人」劇場3部作がNHKで一挙放送、season3スタートに備えよ!
梶裕貴らメインキャスト出演の生番組も放送決定。(2018/6/8)

サラリーマン、プリキュアを語る:
“13の数字”から見るプリキュア通算700回 一番多い色は? アルバムは何作つくられた?
「HUGっと!プリキュア」第15、16話がすごすぎて、思考が追い付かない……。(2018/5/24)

キンタロー。批判殺到の「欅坂46」ものまね再び 「ちゃんとやれば面白い」「負けないで」と支持する声も
自らの考えを貫くキンタロー。さん。(2018/5/23)

本物は1人だけ! おばたのお兄さんら「小栗旬×3、山崎夕貴アナ×2」の5ショットが脳を混乱させる
もう何がなんだか。(2018/5/16)

「松竹芸能にまで怒りの連絡きてる」 キンタロー。、「欅坂46」平手友梨奈ものまねに3000件を超える批判コメント殺到
ネタとの境界線難しい。(2018/5/14)

「鰻よ、カッコ良すぎるやろ!」 銀シャリ鰻の“綾野剛ものまね”が2度見必至のハイクオリティー
芸人界の綾野剛が決まった。(2018/5/12)

これ平手友梨奈? キンタロー。餅田コシヒカリら、ぽっちゃり欅坂46がボリューム満点の迫力
吉本坂46もいいけど松木坂46もね。(2018/5/10)

「ガンダムは運命の作品」 森口博子、「全ガンダム大投票」の栄誉に名曲への思い明かす
森口さん「水の星へ愛をこめて歌い続けます」。(2018/5/8)

「本当に申し訳ないです」 欅坂46の志田愛佳、体調不良による活動休止を発表 ブログで思いをつづる
志田さん「時間をいただけたらうれしいです」。(2018/5/3)

客席ダイブにXポーズも! YOSHIKI、完全復活のドラムプレイでファン号泣「聴いた瞬間鳥肌たちました」
興奮するぜ。(2018/4/12)

総額1万7825円 “全身ユニクロ”の小林幸子、「ヒルナンデス!」のコーデバトルで爆誕
あれ、普通にすてきだ。(2018/3/29)

りんなの“歌唱力”がネクストステージへ――感情と創作力をAIに学習させる日本マイクロソフトの取り組み
日本マイクロソフトが“感情”と“創作力“をAIに学習させる「Emotion Computing Framework」の取り組みを発表。女子高生AI「りんな」を自然な歌声で歌えるようにする取り組みでは、最新のAIベースの歌唱モデルを採用し、より自然で表現力に富んだ歌声を実現するという。(2018/3/13)

内村光良、欅坂46と紅白コラボ以来の共演 平手への「大丈夫?」の真相語る
あのパフォーマンスの舞台裏を語った。(2018/3/4)

【マンガ】大みそか恒例「NHK紅白歌合戦」は年に2回行われたことがある
大みそかは年に1回しかないはずですが……?(2018/3/2)

Microsoft Focus:
音声会話を手に入れた女子高校生AI「りんな」は、私たちをどう楽しませてくれるのか
女子高校生AI「りんな」が電話機能「りんなのテレフォンハッキング」を開始。新たなコミュニケーション手法を手に入れたりんなはどのように進化するのか? 「人の仕事を助けるAI」だけでなく、「人の感情に寄り添うAI」の開発に取り組むMicrosoftが目指す未来のAIとは?(2018/2/24)

有名楽器店元店長、客のベースを質屋に売って逮捕 利用客には紅白出場アーティストも
店の事情をよく知るアーティストにお話を聞きました。(2018/2/14)

な、なんだってー! 「みなおか」出演者欄に“野猿”の文字、ファン「この為だけにテレビ買いたい」「死ぬほど聴いてた」
ガタッ(立ち上がる音)。(2018/2/8)

視聴率はワースト3位だが……:
紅白歌合戦、“アムラー世代”の視聴底上げ
2017年大みそかの「紅白歌合戦」はどのような年齢層に視聴されていたのか――インテージ調べ。(2018/1/29)

スピン経済の歩き方:
なぜ女子中高生は「韓国カルチャー」にハマったのか
「10代の若い女性を中心に『韓流ブーム』が起きつつある」というニュースが話題になっている。「本当なの?」「自分の周りにそんな人はいない」と思われたかもしれないが、なぜ日本の女子中高生は韓国カルチャーにハマったのか。その裏には……。(2018/1/23)

欅坂46の平手友梨奈、ギプス姿でラジオ出演 紅白以来の元気な姿にファン安堵
早く治りますように……!(2018/1/15)

欅坂46・平手、全治1カ月のケガ 初の武道館公演は姉妹グループ「けやき坂」振替でファン「てちと他のメンバーが心配」
平手さんの一日も早い回復が望まれます。(2018/1/14)

「ああこれはラブライブだ」 TWICEが新曲MVでアニメ化、京極監督の演出にファンにやつく
ラブライブが詰まってる。(2018/1/12)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
映画に演劇も 2018年期待の鉄道エンターテインメント
新年の鉄道を俯瞰する「おせち記事」のなかで、見落とされている分野がエンターテインメント。実は今年、鉄道をテーマにした映画や演劇が豊作の予感だ。(2018/1/12)

AI「りんな」がnanaで“歌のトレーニング” ユーザーからアドバイス集め学習
音楽SNS「nana」が、女子高生AI「りんな」の音楽活動をサポート。りんなが投稿した歌声に対して、発声タイミングや音程などのアドバイスをユーザーから集め、りんなの表現力向上につなげる。(2018/1/11)

紅白休演のセカオワSaori、第1子出産を発表 「小さな命は本当に愛しくて」
紅白歌合戦は3人での出演となりました。(2018/1/4)

ものまねタレントのみかん、ばっちりメイクで安室奈美恵に変身 「すごい!」「そっくりです」
青春時代からのファンだったそうです。(2017/12/28)

「最も美しい顔/ハンサムな顔100人」発表、石原さとみは日本人2位 赤西仁、小松菜奈らもランクイン
石原さとみさん、赤西仁さんは5年連続ランクイン入り。(2017/12/28)

NHK紅白歌合戦の曲順発表 開幕はHey! Say! JUMP、アンカーはゆず「栄光の架橋」
いよいよ……!(2017/12/23)

安室奈美恵、紅白歌合戦に出場決定! 引退前最後の紅白、スペシャルパフォーマンスが実現
大みそかが楽しみ。(2017/12/19)

耳が溶けてしまいそう 初音ミク「メルト」10周年記念に小林幸子がカバーをニコニコ動画に投稿
直筆歌詞付き。達筆。(2017/12/7)

中山美穂、浜田雅功らドラマ「もしも願いが叶うなら」の4兄弟ショットにファン驚き 「懐かしい」「続編希望」
中山さんは続編を熱望しています。(2017/12/3)

相変わらずの攻めの姿勢 恒例ネタ「裏紅白歌合戦」2017年度のメンバー発表
文春砲が炸裂(さくれつ)した2016年に比べ、今回は穏やか?(2017/11/16)

2017年紅白出場歌手決定! 初出場はSHISHAMO、TWICE、エレカシ、竹原ピストルら計10組、安室奈美恵は不出場
TWICEやLittle Glee Monster、WANIMA、トータス松本らも。(2017/11/16)

「第68回NHK紅白歌合戦」の総合司会はウッチャン! 紅組は2年連続有村架純、白組は個人初の嵐・二宮和也
内村さん「全く予想外のことでした」。(2017/11/13)

企業のマーケッターも注目:
「モテクリエイター」ゆうこすが語る、好きなことをやり続ける勇気
さまざまなSNSで女性からカリスマ的な支持を得ている、“ゆうこす”こと菅本裕子さん。元アイドル、元ニートという鮮烈な人生を歩み、今では好きなことだけが仕事になっているという彼女の転機とは――。(2017/11/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
滑舌練習、腹式呼吸は棚上げ! 「心に届く」話し方のために必要なこと
あなたの話は一度聞いただけで、相手の頭にスムーズに入っているか?(2017/10/4)

土屋太鳳&有村架純、朝ドラヒロイン2ショットに反響 「ヤバイ」「共演が見たい」
土屋さんから有村さんへの熱いメッセージも添えられています。(2017/10/2)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
道は自分で切り開く 少しずつでもいいから前に進む
私の人生にとって変え難い出来事になった米国留学。夢を叶えるためには、たとえ少しずつでも前に進むことが大切ですし、その道は自分で切り開くべきなのです。(2017/9/30)

「皆様の人生の隣にPerfumeを」 メジャーデビュー12周年のPerfumeが直筆メッセージ
もう12年もたったのか……。(2017/9/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京圏主要区間「混雑率200%未満」のウソ
お盆休みが終わり、帰省先から首都圏に人々が帰ってきた。満員の通勤通学電車も復活した。国も鉄道会社も混雑対策は手詰まり。そもそも混雑の認定基準が現状に見合っていないから、何をやっても成功できそうにない。その原因の1つが現状認識の誤りだ。(2017/8/18)

とびきり笑顔で2ショット! 有村架純、土屋太鳳のログインボーナス「パワー」を受け取る
お前にもパワーをくれてやろうか。(2017/7/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。