ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SiteCatalyst」最新記事一覧

顧客データ分析で取引の高コンバージョン率を目指す楽天証券
サイト訪問したユーザーが新規で口座開設してから取引に至るまでの流れをスムーズにして、コンバージョン率を高めようという取り組みを楽天証券は進めている。マーケティング担当者に話を聞いた。(2014/3/27)

隔週刊「キャンペーンサイト構築&運用」(終):
キャンペーンサイトのアクセス解析とリポート作成
本連載では、全5回で「Windows Azure Webサイト」と「WebMatrix3」によって、WordPressをカンタンに導入しキャンペーンサイトを構築・運用するノウハウを解説する。最終回は運用フェーズ。キャンペーンのKPIを設定し、アクセス解析の数値を確認し、改善策を考え、最後に成果のリポートを作成する流れを紹介。(2014/3/20)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第6回 先進的なリスティング入札戦略例(外部要因の評価)
リスティング広告最適化のために測るべきKPIを考察します。今回は天気や株価といった外部要因データを活用して、入札を行うイメージを紹介します。(2014/1/7)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第5回 リスティング広告の入札KPIとしてのWeb解析指標――直帰率、滞在時間、アシスト
リスティング広告最適化のために、測るべきKPIを考察します。今回は、Web解析ツールで計測できる指標(直帰率、滞在時間、アシスト)について考えます。これらの指標は、ユーザーのサイト内行動を踏まえた入札に利用できます。(2013/11/28)

『測定基準』と『ビジネスの目的』:
ソーシャルマーケティングのビジネス効果を測定する方法
誰もが悩んでいるソーシャルマーケティングの効果測定。ClickZ.comに掲載されたコラムには、「重要なことは、『測定基準』と『ビジネスの目的』を結びつけること」とし、その効果測定に必要となるデータのソースを3つ挙げている。(2013/10/29)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第4回 メディアサイトの入札KPIと入札戦略
リスティング広告最適化のために測るべきKPIを考察します。今回は、掲載課金型モデル(メディアサイト)におけるKPIとリスティング広告の入札戦略について述べていきます。(2013/10/21)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第3回 リード生成型サイトの入札KPIと入札戦略
リスティング広告最適化のために、測るべきKPIを考察します。今回は、リード生成型サイトにおけるKPIとリスティング広告の入札戦略について述べていきます。(2013/9/25)

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第4回 「とりあえず」を卒業したいマーケターためのビッグデータ入門
とりあえずデータ化し、とりあえず蓄積し、とりあえず分析すれば、とりあえず何かすごいことができるかも……。こういう経験ありませんか? 「とりあえず」を卒業したいマーケターのためのビッグデータ活用入門。(2013/9/24)

リコー、デジタルカタログ制作にAdobeのDPS採用
リコーがデジタルカタログ制作にAdobeのDigital Publishing Suiteを採用。デジタルリッチなソリューションの採用により紙カタログの経費削減と営業ツールとしてのカタログに強力な付加価値を持たせた。(2013/9/4)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第2回 ECサイトの入札KPIと入札戦略
リスティング広告最適化のために測るべきKPIを考察します。今回のテーマは、ECサイトにおけるKPIとリスティング広告の入札戦略です。ゴール指標を売上高とし、それを“因数分解”することで、KPIを設定していきます。(2013/8/26)

Webサイト最適化:
アドビ システムズ、ソフトバンク・テクノロジーと共同でSBI証券へAdobe Analyticsを導入
アドビ システムズは7月31日、ソフトバンク・テクノロジー(以下SBT)と協業し、アドビシステムズが提供する分析ソリューション「Adobe Analytics」をオンライン証券大手のSBI証券に導入したことを発表した。(2013/8/1)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第1回 KPIの質と量
複雑化する運用型広告の中で、リスティング広告に敢えてフォーカスして、より最適化を測るための方法を、指標をベースにして考察する。今回は、KPIという指標の「質」を考えます。(2013/7/30)

ラウンドテーブルレポート:
Adobe Digital Publishibg Suite+Adobe Analyticsで電子出版も計測
電子書籍が普及すれば、計測需要も拡大する――。コンテンツの電子化ソリューションに強みを持つアドビ システムズ(以下、アドビ)は、Webサイト分析ツール「Adobe Analytics」(旧SiteCatalyst)の分析対象チャネルを電子出版物にも拡大することで、新たなビジネスチャンスを狙う。(2013/4/11)

ITマネジャーに聞くデータ活用の今
グローバル拡大する楽天経済圏の核となる「楽天スーパーDB」の役割と未来
2008年より会員データウェアハウス「楽天スーパーDB」を運用してきた楽天は、いよいよビッグデータであるWebログと会員情報を組み合わせたデータ分析に乗り出す。(2013/3/28)

12月のビジネス系Webメディア、リニューアルした東洋経済オンラインが好調
Business Media 誠ではビデオリサーチインタラクティブの協力を得て、主要なビジネス系Webメディアのページビュー状況をお伝えしている。リニューアルしたばかりの東洋経済オンラインが12月は好調となった。(2013/1/18)

PR:顧客の潮流を読み解け! ANAが推進するデジタルマーケティング戦略とは
顧客の利便性向上を図るべく、インターネットをはじめ、デジタル分野での施策に先進的に取り組んできた全日本空輸。同社のこれまでの取り組みと将来に向けた青写真から、ビジネス成功の秘訣を探る。(2012/11/26)

10月のビジネス系Webメディア、NBonlineの中国・韓国記事に注目集まる
Business Media 誠ではビデオリサーチインタラクティブの協力を得て、主要なビジネス系Webメディアのページビュー状況をお伝えしている。10月は緊迫する日中、日韓関係についての記事が多く読まれたようだ。(2012/11/19)

ネット広告の巨人に聞く:
横山隆治氏インタビュー、「DSP/RTBオーディエンスターゲティング入門」を書いた経緯とは(1)
インターネット創成期に、日本のインターネット広告の仕組みを作り上げた功労者の1人、デジタルインテリジェンス 代表の横山隆治氏の最新著書が「DSP/RTBオーディエンスターゲティング入門」である。その横山氏のインタビュー連載第1回。本書執筆に至った背景を聞いた。(2012/10/23)

9月のビジネス系Webメディア、ヒット記事続出で現代ビジネスが急伸
Business Media 誠ではビデオリサーチインタラクティブの協力を得て、主要なビジネス系Webメディアのページビュー状況をお伝えしている。9月は現代ビジネスがヒット記事を多く出したことで、8月の倍以上の推定視聴ページ数となった。(2012/10/12)

8月のビジネス系Webメディア、JBpressの海外メディア記事が好調
Business Media 誠ではビデオリサーチインタラクティブの協力を得て、主要なビジネス系Webメディアのページビュー状況をお伝えしている。8月はJBpressが、海外メディアの転載記事などが注目を集めたことで推定接触者数を伸ばしている。(2012/9/18)

【連載】清水誠のWeb解析ストラテジー:
第2回 メーカーサイトでもここまで分かる貢献度
ページビュー、ユーザー数、広告のビューやクリック数……。Webのアクセス解析で一般的なこれらの指標は果たして、あなたの会社の経営判断に寄与しているだろうか? 「清水誠のWeb解析ストラテジー」第2回では、製造業のサイトを例に、適切な意思決定を支援する指標の定義方法およびレポーティング方法を解説する。(2012/9/10)

7月のビジネス系Webメディア、プレジデントオンラインが好調に
Business Media 誠ではビデオリサーチインタラクティブの協力を得て、主要なビジネス系Webメディアのページビュー状況をお伝えしている。7月はプレジデントオンラインが推定視聴ページ数を大きく伸ばしたようだ。(2012/8/20)

Web、メール、SNS――ANAのネット戦略に学ぶ
1日の訪問者数40万人、販売額4300億円……大手ポータルでもEC専門サイトでもないのに大規模なWebサイトを運営しているANA。Web、メール、SNSとさまざまなツールを使いこなして顧客満足度を上げる、ANAのネット戦略とは?(2012/8/3)

PR:正しい答えはデータが教えてくれる――デジタル時代のマーケティングとは?
技術の進歩によってマーケターを取り巻く環境が変わった。顧客に本当に届くメッセージとは何なのか。個人の感覚頼りだったマーケティング施策の「正しい答え」をデータが教えてくれるのだ。(2012/7/25)

アクセス解析ツール「Adobe SiteCatalyst」導入事例
【事例】住宅情報サイト「SUUMO」が教えるWebサイトKPI達成施策の選び方
企業はWebサイトの効果をどのような数値を用いて分析すべきか。また、WebサイトのKPIを達成するための施策は何を基準に決めるべきか。住宅情報サイト「SUUMO」には、施策決定の指標にしている4つのポイントがある。(2012/7/19)

6月のビジネス系Webメディア、ソーシャルメディアからの流入が影響?
Business Media 誠ではビデオリサーチインタラクティブの協力を得て、主要なビジネス系Webメディアのページビュー状況をお伝えしている。6月は東洋経済オンラインが推定接触者数を大きく伸ばしたが、その背景にはソーシャルメディアで拡散した記事の存在が推測される。(2012/7/13)

アクセス解析ツール「Adobe SiteCatalyst」導入事例
【事例】Webサイト価値ランキング1位、ANAのWeb分析戦略
日本ブランド戦略研究所が発表した「Webサイト価値ランキング2011」で1位を獲得したANAのWebサイト。同社はWebサイト、スマートフォン対応、ソーシャルメディア活用にどのような戦略で挑んでいるのか。(2012/6/22)

3月のビジネス系Webメディア、対談連載で優劣分かれる
Business Media 誠ではビデオリサーチインタラクティブの協力を得て、主要なビジネス系Webメディアのページビュー状況を毎月お伝えしている。3月はダイヤモンドオンラインが推定視聴ページ数を大きく伸ばしたが、その背景には対談連載の存在があるようだ。(2012/5/7)

Adobe Digital Marketing Summit 2012:
デジタルマーケティングの到来で露見した日本企業の盲点
Adobeは同社の年次カンファレンスで、企業が顧客一人ひとりに最適化したマーケティング施策を行うための製品を相次いで発表した。企業がこれらの製品を有効活用するためには何が求められるのか――。(2012/3/29)

アドビ、設立から20年 「“子どもだまし”と思われた技術を標準にしてきた」
アドビ日本法人が設立20周年を迎えた。ティーゲル社長は「新技術を顧客が求める前に提供することで成長してきた」と話し、新たな注力分野について説明した。(2012/3/27)

Adobe Digital Marketing Summit 2012:
消費者はパーソナライズを求めている?――Adobeが示すマーケティングの“3本柱”
Adobeは、デジタルマーケティング分野の年次カンファレンス「Adobe Digital Marketing Summit 2012」を開催。オープニングセッションでは「パーソナライズ」に主眼を置いた同社のマーケティング製品戦略と、3つの新製品が紹介された。(2012/3/23)

DMM.com、会員獲得強化のためにアドビのアクセス解析ツールを導入
有料動画配信サービスを手掛けるDMM.comは、ユーザーのサイト利用状況を分析してサイト改修に生かすために「Adobe SiteCatalyst」と「Adobe Test&Target」を導入した。(2012/3/1)

Adobe、ネット広告管理企業のEfficient Frontierを買収
Adobeは、Efficient Frontierのソーシャル、検索、ディスプレイにマルチ展開するキャンペーンを最適化できるツールをOmnitureの包括的マーケティングツール「Digital Marketing Suite」に統合する。(2011/12/1)

Adobe、デジタルコンテンツのマーケティング測定ツール「AudienceResearch」をリリース
Adobeは、SiteCatalystと連動したデジタルメディアの閲覧状況測定ツール「AudienceResearch」の提供を開始した。(2011/10/24)

「口コミの測定でパーソナライズした施策を」 Omnitureトップのレンチャー氏が語る
Adobeの「SocialAnalytics」は、ソーシャルメディア上の人々のやり取りをモニタリングし、トラフィックやコメントの感情などを測定するアプリケーション。同ツールはビジネスの場にどのようなインパクトをもたらすのか。Adobeオムニチュア事業部門のトップ、ブラッド・レンチャー氏に話を聞いた。(2011/8/11)

Adobe決算、増収増益だが予測は慎重
Adobeの3月〜5月期決算は、OmnitureやAcrobatが好調で純利益が54%増の2億2940万ドルだった。(2011/6/22)

サイバーエージェント、SiteCatalyst MobileでAmeba会員を分析開始
サイバーエージェントはAmebaモバイルの会員セグメント分析や動線把握のためにAdobe SiteCatalyst for Mobileを採用した。(2011/4/27)

Flash Player 10.3のβ版公開 解析機能など搭載
Flash Player 10.3には動画の視聴回数などを測定できる解析機能が加えられている。(2011/3/10)

Adobe、電子出版ソリューション「Adobe Digital Publishing Suite」を発表
米Adobe Systemsは、ユーザーカンファレンス「Adobe MAX 2010」の基調講演で、電子書籍・電子出版ソリューション「Adobe Digital Publishing Suite」と発表、2011年第2四半期に提供予定であることを明らかにした。(2010/10/26)

Web最適化で勝つ:
ビジネスチャンスを創出する、これからのWeb戦略とは
Webサイトがビジネスチャンスを作り出すメインエンジンになる――。以前から語られてきたが、それを実現できる企業とできない企業の差がはっきりと出るようになった。実現に成功した企業の取り組みを紹介しよう。(2010/10/12)

Adobe、Webコンテンツ管理のDayを2億4000万ドルで買収
AdobeはDayのWCMソリューションをLiveCycleやOmniture製品と統合し、企業向けWeb管理サービスを強化する。(2010/7/29)

楽天経済圏を支えるアクセス解析の全貌(後編)
アクセス解析を浸透させるには、専門部署がそれぞれの事業で直面するアクセス解析の問題を解決し、無駄をなくしていくことが重要だ。40近くのオンライン事業で構成される「楽天経済圏」におけるアクセス解析の文化をどう浸透させていったかを振り返る。(2010/7/14)

アクセスの4割が日本から カナダ製Twitterクライアント「HootSuite」日本語版公開へ
複数のTwitterアカウントを一括管理できる「HootSuite」日本語版が7月ごろに公開される。全トラフィックの38%が日本から。「勝間和代さんなど日本のユーザーが広めてくれた」という。(2010/6/7)

楽天経済圏を支えるアクセス解析の全貌(前編)
企業において、経営視点を取り入れたデータ中心のWeb戦略が不可欠になりつつある。40ものオンライン事業を手掛ける楽天は、アクセス解析を浸透させる組織を作り、ビジネスの成功に結び付けている。楽天の取り組みの全貌を伝える。(2010/5/21)

ミクシィ、SNSユーザーの動向把握にSiteCatalystを採用
アクティブユーザーの行動履歴や利用サービスを把握することで、新機能の開発につなげていく。(2010/5/17)

Appleとの溝を深めるも将来に自信を見せるAdobe
Adobeの経営陣がそろって来日し、今後の経営戦略などを説明した。Appleとの関係について報道陣の興味は集中したが、Omnitureを買収したことで得たクリエイティブワークフローの完成が、今後同社のビジネスに大きな影響を与えることになるだろう。(2010/4/23)

iPhoneとの決別:
米アドビの経営陣が来日、FlashとCS5をアピール
CS5の国内販売を控え、アドビシステムズの米本社から経営陣が来日した。都内で行われた事業説明会では、今後もFlashを推進していくことが語られた。(2010/4/22)

Adobe CEO「Appleはクローズドを選択した」 iPhone向けFlashアプリ変換ツールへの投資中止
AdobeのナラヤンCEOら同社トップがそろって来日し、iPhoneのFlash対応をめぐるAppleの対応を「クローズドだ」と批判。iPhone用SDKの規約変更に絡み、Flashアプリ変換ツールへの投資を中止することも明らかにした。(2010/4/22)

250以上の新機能を追加:
アドビ、「Creative Suite 5」日本語版を発表
アドビシステムズは「CS5」の日本語版を発表した。Photoshop/Premiere Pro/After Effectsが64ビットネイティブ対応となったほか、Flash関連機能が強化された。(2010/4/12)

トヨタ自動車、Web解析強化で自動車の販売数アップを狙う
トヨタ自動車がWeb解析サービスを採用。運営するWebサイトに訪れる消費者の行動を分析し、自動車の販売数増につなげる。(2010/1/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。