ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コンバージョン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

タグの設置で実装を簡単に:
ランキング運用を自動化、ビジネスサーチテクノロジがガジェットサービスを提供開始
ビジネスサーチテクノロジは、Webサイトにランキングコンテンツをタグの設置で実装するランキングガジェットの提供を開始した。(2018/12/11)

今日のリサーチ:
KDDIが5年連続1位、主要企業Webユーザビリティランキング2018――トライベック・ストラテジー調査
全15業界、150のWebサイトのユーザビリティーに関する調査です。(2018/12/11)

「ITmedia マーケティング」月刊ヘッドラインレビュー:
Instagram活用の現在、失敗から学ぶB2Bマーケティング他、11月に最も読まれた記事は?
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。(2018/12/10)

AI×不動産の新しいデータ活用:
LIFULLがAI導入の成果を報告、DMP施策でCVRが最大330%に
LIFULLは、2017年10月に導入したAppierのAI搭載データサイエンスプラットフォーム「AIXON」によるマーケティング施策の成果について発表した。(2018/12/7)

迷惑bot事件簿:
“転売ヤー”がbot悪用、ECサイトで限定品買い占め 「アクセスの8割がbot」への対策は?
あるオンライン小売サイトでは、ピーク時のアクセスの8割がbotによるものだった。限定商品を買い占め、転売を行うbotの活動実態を紹介する。(2018/12/4)

マーケ×IT×HR:
マルケトが自ら実践、マーケティングオートメーションは採用活動に使えるか
人材採用のプロセスはマーケティングに似ている。ならば、それにふさわしいツールが使えるはず。しかも自社で提供しているツールが……というマルケト人事部門の取り組みを紹介する。(2018/11/29)

「True効果」に基づくミドルファネル施策:
電通デジタル、広告効果の高いターゲットを発掘する「True Target Discovery」を提供開始
電通デジタルは、デジタル広告の配信結果を基に広告効果の高いターゲットを発掘する「True Target Discovery」を提供開始した。(2018/11/28)

自動入札機能を拡張:
クラウド広告運用ツール「Shirofune」に複数コンバージョンの並行最適化機能
Shirofuneはクラウド広告運用ツール「Shirofune」の自動入札機能を拡張し、複数コンバージョンの並行最適化機能を追加したと発表した。(2018/11/14)

リアルタイムで広告運用のPDCAを回すことが可能に:
Facebook広告のLift APIを活用した新しい広告運用手法、セプテーニが構築
セプテーニは「Lift API」を活用した新しい広告運用手法「Conversion Lift Based Optimization」を構築した。(2018/11/13)

Azure Cosmos DBもバージョンアップ
SQL Server 2019の新機能 Hadoop、Sparkを内包して企業の「データポータル」に?
SQL Server 2019プレビュー版にHadoopとSparkが組み込まれ、「多目的データポータル」に位置付けられることになった。同時にAzure Cosmos DBもアップデートされる。(2018/11/13)

属人的になりがちなリードスコアリングを自動化:
Marketo×DataRobotの連携で見えた「AIドリブンマーケティング」の未来
「AIの民主化」でマーケティングはどう変わるのだろうか。【訂正あり】(2018/11/12)

Instagram広告で「売る」ために:
Instagram広告で成果を最大化するための3つのポイント
「Instagram Day 2018」で語られた、Instagram広告の運用のポイントを紹介する。(2018/11/8)

「The Marketing Nation Summit 2018」開催:
Marketoはこれからどこに向かうのか? Adobeによる買収後初の年次イベントで示されたこと
Adobe Systemsによる電撃的な買収で注目されるMarketoの年次イベントが日本で開催された。本稿ではそこで語られたMarketoの今後の戦略を、製品アップデートを軸に紹介する。(2018/11/5)

モバイルアプリ広告事業を強化し、新たな産業分野へサービスを拡大:
Criteo、アプリインストール広告のManageを買収
Criteoは、モバイルアプリマーケティングサービスを提供するManageを買収したと発表した。(2018/11/5)

「Instagram Day 2018」を振り返る:
国内ユーザー2900万人突破 「映え」に「行動」が伴うInstagramをブランドはどう使うべきか
Instagramの国内月間アクティブアカウント数が2900万を突破。ユーザーの利用動向と、企業のコミュニケーションチャネルとしてのInstagramの意義が大きく変わりつつある。(2018/11/5)

「Criteo Customer Acquisition」がサービス開始:
新規獲得にもCriteo、「Wowma!」「an」の各運営企業マーケターが導入理由を語る
Criteoが新たに打ち出した新規見込み客獲得サービス「Criteo Customer Acquisition」の効能とは何か。日本における導入企業の担当者が語った。(2018/10/15)

「フル和室完備」「まるで鉄道」!! ぶっ飛び仕様でマジ楽しそう「キャンピングカーの世界」をのぞいてみた
こういうので、旅に、遊びに出たくなります。【写真25枚】(2018/10/10)

「Future Focus 2018」を読む:
デジタルアシスタントの台頭でブランドと消費者の関係が根本から変わる
新時代を生き抜くマーケティングコミュニケーションとはどういうものか。iProspectの未来予測「Future Focus 2018」から考察する。(2018/10/4)

台湾発の注目AI企業が打ち出す新たな一手:
AIベースのマーケティングオートメーションでデータが不十分な企業でも勝てる――Appier CEOに聞く
台湾発のAIテクノロジー企業Appierが満を持してマーケティングオートメーションプラットフォームをローンチした。その狙いとは何か。CEO兼共同創業者のチハン・ユー氏に話を聞いた。(2018/10/5)

マイグレーション品質向上の鍵
移行後のトラブルを減らす、マイグレーションプロジェクトの品質を確保する方法
システムのサポート終了に伴い、レガシーマイグレーションに挑む企業が次々と壁にぶつかっている。もつれた糸のようなシステムをどう移行させ、正常稼働にこぎ着けるのか。(2018/10/10)

今日のリサーチ:
DMからWebページへのアクセス方法は「QRコード」が1位――トッパン・フォームズ調べ
トッパン・フォームズは、ダイレクトメールに関するトレンド調査を実施しました。(2018/10/4)

「Hyper Connected Marketing Automation」に挑む:
オンプレミスにあるデータ、それこそが問題だ――既存のMAの課題をSASの製品戦略担当者に聞く
新しい「SAS Customer Intelligence 360」の強みはどこにあるのか。そして新たに掲げた「Hyper Connected Marketing Automation」とは何を意味するのか。SASの製品戦略担当者に聞いた。(2018/10/1)

目からうろこの行政サポート活用術:
かつて「亀田製菓」「京セラ」「ビックカメラ」も利用した! 政策金融機関「日本政策金融公庫」の活用法
「日本政策金融公庫(日本公庫)」は、政府100%出資の政策金融機関。これから創業する人や中小企業などへの事業資金融資や、経営課題に応じたコンサルティング、全国152支店の店舗網を生かしたマッチングや連携支援などを提供している。創業時や起業間もない時期に役立つ支援を中心にそのサービスを紹介しよう。(2018/9/28)

Messengerでも間もなく利用可能に:
Facebookでも「ストーリーズ広告」がスタート
Facebookは、「Facebookストーリーズ広告」を全世界で提供開始したと発表した。(2018/9/27)

将来の行動がリアルタイムで予測可能に:
Web接客の「Sprocket」がAIによる自動スコアリング機能搭載、来訪ユーザーのコンバージョン確率を予測
Sprocketは、Web接客でコンバージョン最適化を実現するプラットフォーム「Sprocket」の大幅機能強化を発表した。(2018/9/27)

ブランド広告とレスポンス広告のギャップを埋める:
電通デジタル、デジタル広告の効果をより正確に評価する新指標「True Lift Model」を提供
電通デジタルは、デジタル広告における広告効果をより正確に評価する新指標「True Lift Model」を開発し、提供開始した。(2018/9/13)

「Future Focus 2018」を読む:
いつでもどこでも購入が可能な世界――顧客のインスピレーションとコンバージョンの距離が近づきつつある
電通イージスグループのiProspectによる未来予測「Future Focus 2018」から、次世代のマーケターが向き合うべきテーマについて解説する。(2018/9/13)

ブランディングの先にあるもの:
テレビCMなしでも急成長するBOTANIST、Instagram活用の次なる展開とは
自然派のライフスタイルブランドとして若い女性に人気を博しているBOTANIST。Instagramを中心としたオンラインプロモーションで着実に認知度を高めてきた同ブランドの次なる狙いとは。(2018/9/12)

飲食店や美容院もAmazonアプリでお支払い――「Amazon Pay」がQRコード決済に参入
アマゾンジャパンがECサイト向け決済サービスとして展開していた「Amazon Pay」を、実店舗でのスマホ決済に対応させた。Amazonショッピングアプリに表示されるQRコードを使って、飲食店や美容院、衣料品店などの実店舗でキャッシュレス決済ができるようになる。(2018/8/30)

2社を上場に導くも:
天才プログラマー・佐藤裕介は限界を感じていた――知られざる過去、そこで得たメルカリ対抗策
2018年2月に誕生したヘイ株式会社。代表取締役にはプログラマーの佐藤裕介さんが就任した。佐藤さんはGoogle出身で、フリークアウト、イグニスの2社を上場に導いた人物。そんな彼がheyを設立したのは、順風満帆に見えるキャリアの陰で抱えていた、自分のある「限界」を突破するためだった。(2018/8/27)

武器はデータの「量」「質」「多様性」:
楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエージェント「Rakuten AIris」。同社ならではのAI戦略とはどのようなものか。(2018/8/20)

日本屋外広告フォーラム 杉本委員長(ADK局長)に聞く:
「屋外広告×ソーシャルメディア」の可能性を調査・研究、日本屋外広告フォーラム
ビルの屋上や壁面に掲出されている屋外広告(Out of home media)――。屋外広告の業界には長い間、広告効果の目安となる指標が存在しなかった。この指標を策定するべく、1999年に任意団体が設立され、繁華街の歩行者向けと、ドライバー向けの2つを対象とした国内初となる屋外広告の効果指標を計算することができる「屋外広告指標推定システム」が構築された。現在は次のステップとして、ソーシャルメディアとの関連性を探る調査が進められている。(2018/8/17)

先行導入企業ではSNS経由の獲得数が最大150%増加:
「アドエビス」に人工知能搭載のクロスデバイス機能
ロックオンは、「アドエビス」に人工知能を搭載した「クロスデバイス機能」を実装した。(2018/8/10)

デル、三陽商会、イーグルリテイリングの担当者が自社の取り組みを語る:
AIで結果を出しているWebマーケターがやっていること
Webマーケティングの現場で成果を挙げるAI活用とはどのようなものか。トップマーケターが語り合った。(2018/7/31)

台湾電動スクーターメーカーの野望(前編):
電動スクーターを“普通に”使えるように、台湾二輪車メーカーはインフラ計画も描く
日本では現在、クルマの世界ではハイブリッド車の存在感が増し、少しずつ電動化の流れが強まってきていることを実感している人は多いはず。しかし2輪では、台湾が日本のはるか先を行く。そんな思いを抱かせる新型スクーターが登場した。(2018/7/31)

Apple、日本でもApp Store検索広告を提供 8月から
App Store検索広告「Search Ads」が日本でも提供開始される。(2018/7/26)

ネット通販ビジネスモデルの知財保護強化へ:
売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。(2018/7/23)

専門スキルの人材を確保不要:
PR:基幹システムも“クラウドファースト”の時代、ビジネスを高速化するERP移行方法
昨今、ビジネスのスピード感を向上させようと、フロント系システムと基幹系システムを連携させる試みが始まっている。そこで注目されているのが「SAP S/4HANA」だ。しかし、従来のSAPのERPをS/4HANAに移行するには、専門スキルを持った人材や時間、コストがかかる。その問題を解決する方法を紹介する。(2018/7/11)

B2Bマーケティング、今この人に聞きたい:
Dropbox植山周志氏「マーケターに必要なのは数字とロジック、それに情熱」
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティング中心の経営を実践するB2B企業を訪ね、そのチャレンジについて聞く。(2018/7/6)

顧客データ統合から独自AIモデル開発、AI運用、マーケティング活用まで支援:
イー・エージェンシー、Google アナリティクスやCRMなどのデータによるAIマーケティングソリューションを提供
イー・エージェンシーは、Google アナリティクスやCRMなどのデータによるAIマーケティングソリューションの提供を開始した。(2018/7/5)

広告主と代理店それぞれの課題:
働き方改革、そしてビジネスの成長 マーケティングの可視化が今こそ必要な理由
過重な運用負担に伴う長時間労働やレポート虚偽など、デジタルマーケティングの闇の部分が問題視されるようになってきた。課題を解決する第一歩は「可視化」にある。(2018/7/2)

特定のユーザー行動をマーケティング成果として可視化:
アドエビスに「シナリオコンバージョン」機能
ロックオンは、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」をバージョンアップし、「シナリオコンバージョン」機能を提供開始した。(2018/6/19)

広告主の目的に沿った記事を選定:
ログリー、媒体社の編集記事を活用したコンテンツマーケティング支援サービスを提供開始
ログリーは、広告主向けの編集記事を活用したコンテンツマーケティング支援サービス「logly lift for Editorial」を提供開始した。(2018/6/14)

RFM分析やメールの行動分析からターゲティングメール配信:
ユミルリンク、メール配信システム「Cuenote FC」に分析ツールを追加
ユミルリンクは、メール配信システム「Cuenote FC」において、RFM分析などさまざまなデータを分析する機能を追加した最新版を提供開始した。(2018/6/14)

サイト来訪者へのアンケート調査が可能に:
アドエビス、インテージと協業して新しいリサーチサービスを提供開始
ロックオンは、インテージと協業して「アドエビスリサーチ」の新サービスをリリースした。(2018/6/6)

フィードからショッピングへシームレスな体験を提供:
Instagramが日本でもショッピング機能を搭載、その活用法と期待される効果は?
「Instagram」にショッピング機能が追加され、ビジネス用途がさらに広がった。(2018/6/5)

ケーアンドイーと住友林業ホームテックが協業開始
熊谷組グループのケーアンドイーと、住友林業傘下の住友林業ホームテックは、宿泊施設や集合住宅などのリニューアル分野で協業を開始する。(2018/5/30)

山口義宏がマーケティング賢人と語る:
育つマーケターの条件は「打席に立つ回数」――久保田 夏彦氏:後編
育つマーケターには何が必要で、周囲はどのように育成をサポートしていけばいいのか。アダストリア執行役員の久保田 夏彦氏とインサイトフォースの山口義宏氏が語り合った。(2018/5/29)

AIによりWeb広告で獲得した資料請求の受注率が分析可能に:
「AIアナリスト」、Webにおけるコンバージョンを売り上げとひも付ける機能追加
WACULは、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」にWebサイト上のコンバージョンと売り上げ額などのビジネス指標をひも付ける機能を追加した。(2018/5/21)

山口義宏がマーケティング賢人と語る:
デジタルマーケターの成長と育成で大切なこと――板澤一樹氏:後編
デジタルマーケターの成長を促すために、上司や組織、そして本人が心掛けるべきこととは何か。リクルートのデジタルマーケティングを支えた板澤一樹氏に、自らの体験を交えて語ってもらった。(2018/5/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。