ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

コンバージョン に関する記事 コンバージョン に関する質問

「コンバージョン」最新記事一覧

ソリューションを全面的に強化:
「Oracle Marketing Cloud」が大幅に機能強化
日本オラクルは4月10日、「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」にてクラウドベースの総合マーケティングソリューション「Oracle Marketing Cloud」を中心に、マーケティングソリューションを全面的に強化することを発表した。(2015/4/10)

オフラインのコンバージョン情報をオンラインへ:
MarketoがGoogleサービスと連係――広告のパーソナライズを推進
米Marketoは2015年4月2日、同社の「エンゲージメントマーケティングプラットフォーム」とGoogle AdWords、Google アナリティクスを連係させるためのソリューションを発表した。(2015/4/3)

エンジニアのためのWebデザイン基礎の基礎(最終回):
「AIDA」でデザインの効果を計測する
デザイン初心者向けにWebデザインのイロハを解説する本連載。最終回は、Google Analyticsを使ってデザインの効果を計測する際のポイントを解説する。(2015/3/27)

国内リターゲティング広告市場の現状:
日本のリターゲティング広告は成長傾向にあるも知識面で海外に遅れ――AdRollが調査結果を発表
AdRollは日本のデジタル広告市場に関する業界白書『State of the Industry Report -Japan』を発表。日本国内におけるリターゲティング広告の状況を明らかにした。(2015/3/20)

エンジニアのためのWebデザイン基礎の基礎(6):
Webサイトの満足度を上げる「UX(ユーザーエクスペリエンス)」の作り方
デザイン初心者向けにWebデザインのイロハを解説する本連載。今回は、Webサイトの満足度を上げる「UX(ユーザーエクスペリエンス 利用者体験)」の作り方を解説する。(2015/3/20)

臨場感あふれる動画ポータルを容易に作成:
ブライトコーブ、動画ポータルソリューション「Gallery」を国内で本格展開
ブライトコーブは3月18日、マーケター向け動画ポータルソリューション「Brightcove Gallery(ブライトコーブ ギャラリー)」を国内で本格的に販売すると発表した。(2015/3/18)

経営を左右するデータ分析入門(終):
ネット広告のデータ分析プロジェクトはどのように行われるのか
広告宣伝費を各宣伝媒体へのコスト配分を調整することで効率化したいという事業部の課題に対してデータ分析のプロジェクトはどう進められるものなのか。筆者の経験を基に紹介する。(2015/3/16)

5種類の新機能搭載:
ペンシル、サイト分析ツール「スマートチーター」15.0をリリース
Webコンサルティング会社のペンシルは3月1日、サイト分析ツール「スマートチーター」のメジャーバージョンアップ版であるスマートチーター15.0をリリースした。(2015/3/4)

本日より利用申し込み開始:
Momentum、オンライン広告向けアドフラウド (Ad Fraud)ブロックツール「Black Swan Fraud(仮)」ベータ版をリリース
Black Swan Fraud(仮)ベータ版は、複数の判断基準を組み合わせた独自のアルゴリズムを基に「フラウドスコア(仮)」というスコアリングを広告配信ネットワークに追加することで、botのほか、確実にコンバージョンしないユーザーへの入札を回避するツール。(2015/2/26)

Facebookニュースフィードでの売上に期待高まる:
Criteo、FacebookのDynamic Product Adsに対応、モバイルデバイスへの広告配信機能拡張
Criteoは米国時間2015年2月17日、Facebookが発表したDynamic Product Adsに対応し、広告配信プラットフォーム「Criteo」のモバイルデバイスへの配信機能を拡張したことを発表した。Dynamic Product Adsは、Facebookが提供するインフィード型のリターゲティング広告機能。ユーザーのWeb行動履歴に応じた最適な商品広告をFacebook内のニュースフィードに配信する。(2015/2/23)

ピーチ・ジョンに必要だったWebパフォーマンス、「期待以上」の効果をもたらした新・CDNとは
Webのパフォーマンスが売上を左右する、ECサイト。女性向け下着通信販売ブランド「ピーチ・ジョン」が、ECサイトのWebパフォーマンスの確保と運用コスト効率の向上を目的に新たなCDNサービスを導入した。その経緯と効果とは。(2015/2/23)

前年同期比71%増:
Criteo、2014年度第4四半期および通年の業績を発表
リターゲティング広告プラットフォームを提供するCriteoは米国時間2月18日、2014年第4四半期および通年の業績を発表した。(2015/2/20)

エンジニアのためのWebデザイン基礎の基礎(1):
重要な情報は左上に――効果的なデザインに必要な4つの原則
エンジニアが知っておくべきWebデザインの4原則、「近接」「整列」「反復」「コントラスト」を分かりやすく解説する。(2015/2/13)

【連載】BtoB企業のためのコンテンツマーケティング入門:
第2回 BtoB企業のためのコンテンツマーケティングの始め方
Web検索の世界では、スモールキーワードがビッグキーワードを凌駕しつつあり、スモールキーワードを高速で狙うための方法がコンテンツマーケティングである。そう前回の記事でお伝えした。今回は、BtoB企業がコンテンツマーケティングを始めるにあたって押さえておくべき、「テーマ設定」や「文章構造」「コンバージョン」などのポイントについて、ご紹介したいと思う。(2015/2/13)

スマホのスタンプラリーで若い顧客を取り込め――東急百貨店の挑戦
東京・渋谷駅近辺に3店舗を構える東急百貨店。バレンタインシーズンを目前に、スマホを使った店舗間の回遊施策を実施する。同社のオムニチャネル戦略を聞いた。(2015/2/6)

ナレッジワーキング!!:
人気オウンドメディア企業LIGに学ぶ、自分流情報発信のコツ
自社のサービスやブランドの認知度を自前のメディアを運営することで高めていくオウンドメディアが活発です。スタート当初は懐疑的なメンバーもいたというLIGの戦略を岩上社長に聞きました。(2015/2/4)

高度なOne to Oneマーケティング提供:
ピアラ、動画広告プラットフォームのロカリサーチと業務提携
マーケティングソリューション事業を手掛けるピアラは1月27日、動画広告プラットフォーム「LOKA Platform」を運営するロカリサーチと協業を始めた。ピアラが提供するアトリビューション分析を行うマーケティングオートメーションツール「RESULT MASTER」と、LOKA Platformの連携が可能となり、動画広告を利用した高度なOne to Oneマーケティングソリューションを提供していく。(2015/1/27)

自動的に全角:
ショーケース・ティービー、入力フォーム最適化サービス機能強化で途中離脱率を10%改善
ショーケース・ティービーは1月16日、同社が提供する入力フォーム最適化サービス「ナビキャスト フォームアシスト」(以下「フォームアシスト)を拡張し、入力フォームに半角で入力された文字を自動的に全角へ変換する機能を追加した。(2015/1/16)

広告改善率98.5%の実績:
成果が出なければ0円! エクスコア、リスクなしのリスティング運用新サービス始める
エクスコアは1月7日、広告主の広告費を低減し、リスクを抑えながら効果的なリスティング広告運用を実現するため、初期手数料0円で、完全成果報酬型サービスの提供を始めた。成果が出た場合でも、運用費は広告費の20%のみだという。(2015/1/7)

電話問い合わせ/注文を分析:
オプティマイザー、電話問い合わせにつながった広告を分析する「コールオプティマイザー」の提供を開始
総合マーケティング支援事業を営むオプティマイザーは12月26日、電話で問い合わせしてきた顧客がどの広告を見たのかを特定して広告効果を分析する「コールオプティマイザー」の提供を開始した。(2014/12/26)

コンバージョン向上を支援:
アドイノベーション、Facebookモバイル広告最適化領域でトーチライトと協業
スマホアプリのプロモーション支援を手掛けるアドイノベーションは12月24日、ソーシャルメディアマーケティング事業を営むトーチライトとFacebookモバイル広告のターゲティング最適化領域において協業を開始した。(2014/12/25)

【連載】MARKETING INNOVATORS:
スマートニュースが考える「コンテンツとしての広告」
スマホアプリのアドネットワーク事業を開始したスマートニュース。厳格な掲載基準によって展開されるネイティブ広告の可能性をスマートニュース 執行役員 広告事業開発担当 川崎裕一氏に聞いた。(2014/12/24)

電気自動車:
2020年東京五輪に向け、電気自動車の普及を目指す組織が発足
電気自動車普及協議会が、新たに設立する一般社団法人、電気自動車普及協会(APEV)への組織移行を発表。新会長に日本陸上競技連盟 会長の横川浩氏が就任し、2020年に開催する「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、電気自動車の普及への取り組みを強化するという。(2014/12/19)

Facebookページ、「お問い合わせ」などのボタン設置が可能に
Facebookページに「お問い合わせ」や「購入する」などのボタンを設置できるようになる。例えばオンラインショップなどであれば、ユーザーを直接自社サイトに誘導できる。(2014/12/15)

スマホ向けリッチ広告を強化:
Yahoo! JAPAN、ブランド価値を高める“スマホ純広告”提供
ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は12月3日、スマートフォン向けリッチ広告の取り組みを発表し、「エキスパンドスクリーン」など、計7種類のリッチ広告フォーマットを公開した。(2014/12/3)

【連載】進化するマーケティングリサーチ:
第5回 データドリブンマーケティング(DD)とマーケティングリサーチ(MR)、その違いと共通点
連載最終回の本稿では、以前の回でも少し触れた「シングルソースデータ」についてご紹介したのち、連載各回の議論を、「データドリブンマーケティング」(DD)とマーケティングリサーチ(MR)の関わりという観点から再度整理してまとめとしたい。(2014/11/20)

【連載】やってみて分かった! CCCM導入方法と注意点:
第4回 CCCM導入後の運用とPDCA――注意すべき3つの落とし穴
これまで3回に渡り、クロスチャネル・キャンペーンマネジメント(CCCM)の導入における注意点を紹介してきました。第4回は、CCCM導入後の運用において、問題になりやすい点や改善ポイントをご説明します。(2014/11/14)

読者の望むページデザイン、簡易に表示:
Kaizen Platform、サイバーエージェントのDMPと連携し、オーディエンスに最適化したA/Bテストの実施を実現
WebのUI(ユーザーインターフェース)改善を容易にするプラットフォーム「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platform, Inc.(以下、Kaizen Platform)は11月13日、サイバーエージェントが提供するプライベートDMP (データマネジメントプラットフォーム)「RightSegment」と連携し、オーディエンスに最適化したA/Bテストを実現するサービスをリリースした。(2014/11/13)

LINEやSyn.とどう差別化する? “行動促進メディア”として生まれ変わるGunosyの狙い
プラットフォーム構想を発表した「Gunosy」は、ほかのプラットフォームサービスとどう差別化するのか。Gunosyはユーザーの行動を喚起するメディアとしての強みを生かしていく構えだ。(2014/11/12)

差別化に注目:
Gunosyの「5000万人都市構想」とは何か? 新戦略を発表
ニュースアプリを運営するGunosyが、事業戦略発表会で新コンセプト「Gunosy 5000万人都市構想」を発表した。パートナー企業との提携によって、プラットフォーム化を進め、1年後に2000万ダウンロード達成を目標にする。(2014/11/12)

Gunosyを“スマホポータル”に DeNAなど11社と提携、買い物や予約も可能に
Gunosyは、ECサイトや予約サイトなどを運営するパートナー企業と提携し、Gunosyからシームレスに買い物や予約などができるようにする新戦略「Gunosy Platform」を発表した。(2014/11/11)

【連載】BtoB企業のマーケティング担当者が知らないマーケティング実践ノウハウ:
第4回 マーケティングオートメーション(MA)導入を成功させる4つのポイント
各種MAツールの本格的な日本参入にあたり、BtoB企業そしてベンダーから盛り上がっている状況が伝わってきます。しかし、SFAツールのときのように「オートメーション」への過大な期待が見え隠れし、また導入しても使えないという状況が予見されます。そうならないための心構えと、導入にあたっての4つのポイントを提示します。(2014/11/11)

【レポート】Social Matters:
ブランドコンテンツは国境を超えて拡散する
BrandedとSocial@Ogilvy(ソーシャル・アット・オグルヴィ)が主催するアジア最大規模のソーシャルメディアマーケティングのカンファレンス「Social Matters」が今年2度目となるイベントを香港で開催した。海外のソーシャルメディアマーケティングの潮流から興味深いトピックスをピックアップしてレポートする。(2014/10/31)

【連載】やってみて分かった! CCCM導入方法と注意点:
第3回 CCCM導入――実装の5ステップとその注意点
第2回では、クロスチャネル・キャンペーンマネジメント(以下、CCCM)導入における最初の工程となる「シナリオ設計」についてお伝えしました。今回はいよいよCCCMを導入/実装する各工程について、注意すべきこと、実際に導入を経験することで得たポイントをご紹介いたします。(2014/10/23)

仕事のあいまにカッとなって書いた「IT用語だらけの桃太郎」がすごいことになってた
鬼の眼球を「404 Not Found」って……。(2014/10/21)

【連載】進化するマーケティングリサーチ:
第3回 インターネット広告とともに進化する広告効果測定
マーケティングリサーチ業界において、今まで費用対効果の問題で成立しなかったビジネスがいよいよ成立しつつある。意欲的なマーケティングリサーチ会社は現在、このデータドリブンマーケティング/DMP関連ビジネスへの参入/関与手段を熱心に「リサーチ」している。(2014/10/6)

クロスメディア動線の可視化:
インテージ、クロスメディア施策のコンバージョンに至る動線を分析する「Strevi(ストレビ)」の提供を開始
インテージは10月3日、ユーザーがテレビやWebなどのチャネルを経由して商品の購入/サービス登録などに至った動線「コンバージョンパス」をWeb上で照会/分析できるシステム「Strevi(ストレビ)」を今月8日より提供開始すると発表した。(2014/10/3)

【連載】今こそ! ヒートマップ:
第4回 A/Bテスト+ヒートマップで、CVRアップは必ず実現できる
A/Bテストツールはユーザーの「行動」を測定するツールです。ヒートマップツールは、ユーザーの「行動」と「行動心理」の分析データを得るツールです。それぞれ単体で利用してもサイト改善の成果を上げることは可能ですが、2つのツールを併用することで、より大きな成果を上げることができます。(2014/10/1)

PR:インテリジェンスは求人応募のコンバージョン率をいかに改善したか? 短期間、低コストで完遂したスマホ対応サイト構築の裏側
雇用の流動化が進む中、いち早く人材サービスの多角化を推し進めることで成長を遂げてきたインテリジェンス。だが、同社が運営するアルバイト・パートの求人サービス「salida」では昨年来、スマホ対応の遅れによって応募のコンバージョン率が減少していた。そうした中、同社が講じた対策が、シンメトリックが提供するサイト変換ツール「ジーンコード」の導入だった。(2014/9/17)

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:
第4回 テストマーケティングで短期的な成果を作り出す――データドリブンマーケティング導入の決め手
データ活用の取り組みにおいて最も重要なことは「成果を出す」ことである。メンバーのモチベーションを維持し、社内の支援(人的/予算)を受けるためにも、短期的な成果を継続的に出し続けていくことに注力しよう。(2014/9/11)

【連載】今こそ! ヒートマップ:
第3回 Smart Phone時代の超UI/UX改善、CVRアップ術
スマートフォンサイトでショッピングや会員登録をするユーザーは、今後もまだまだ増え続けます。ヒートマップによりユーザーの行動心理を“見える化”してスマートフォンサイトを改善すれば、ユーザーエクスペリエンスを最適化し、コンバージョンレートをアップさせることができます。(2014/9/1)

【連載】「オムニチャネル」の効果を測る! 統計学を取り入れた分析手法:
第1回 「マス」と「デジタル」は横断して分析できる!
マスの効果は測り難いと言われる一方、マーケティング潮流はオムニチャネルが叫ばれるようになった。このままでは、効果が正確に測れるデジタルだけ改善サイクルを回すことになる。その代替案は「統計学」にあった。(2014/8/29)

【連載】やってみて分かった! CCCM導入方法と注意点:
第1回 導入してみて分かったCCCMの特徴とポイント
昨今、クロスチャネル・キャンペーンマネジメント(CCCM)の記事が目立つようになりました。しかし、それらはCCCMのコンセプトを説明しただけものが多く、実際に導入してみた知見に基づく記事は多くありません。そこで、わたしたちがここ1〜2年で実際に複数のCCCMを導入してみた経験から、導入にあたって気を付けておくべきポイントや苦労したことなどを全4回に渡って連載します。(2014/8/28)

“3つの壁”乗り越え、東急百貨店がスマホで顧客開拓
既存顧客のリピート率を上げるとともに、新規顧客の獲得を狙う――。スマートフォンを武器にそうした取り組みを積極的に推し進めているのが東急百貨店だ。(2014/8/21)

リニアテクノロジー LTC5599:
側波帯とキャリアを最低50dB抑制、リニアテクノロジーの低電力I/Q変調器
リニアテクノロジーの「LTC5599」は、消費電力が92mWと小さいダイレクトコンバージョンI/Q変調器である。バッテリ駆動の無線機、ワイヤレス通信機器、列車通信システム、ソフトウェア無線機器、ピコセル基地局装置などの用途に向ける。(2014/8/11)

ADI AD-FMCOMMS5-EBZ:
SDR設計を支援、開発の期間短縮やリスク低減を可能に
アナログ・デバイセズ(ADI)の「AD-FMCOMMS5-EBZ」は、デュアルRFトランシーバIC「AD9361」などを搭載したソフトウェア無線(SDR:Software Defined Radio)用高速プロトタイピングキットである。RF計測機器や防衛用電子機器、通信インフラ装置などのシステム開発用途に向ける。(2014/8/8)

Twitterのアプリインストール広告、国内本格展開 アプリ内のコンバージョン測定可能に
Twitterがツイートからモバイルアプリを直接インストールできる広告を国内で本格展開。アプリ内コンバージョンなどの効果測定が可能になる。(2014/8/5)

【連載】今こそ! ヒートマップ:
第2回 ヒートマップでLPO――ヒートマップの登場で“in-page web analytics”時代に突入したLPO
ヒートマップがWebサイト分析の現場に登場したことで、LPOは、“in-page web analytics”の一部として捉えられるようになりました。“in-page web analytics”では、特定の1ページ、すなわち、分析対象となるランディングページにおいて、ユーザーがどんな行動をしたかにフォーカスして分析します。今回は、“in-page web analytics”時代に突入したLPOについて解説します。(2014/7/29)

「モバイル検索広告〜ワールドレポート」(マリンソフト):
検索広告市場の構造変化――モバイル端末のクリックが全検索広告の50%に
モバイル端末の急速な普及は、企業に対し、検索広告市場に対する戦略の転換を迫る。検索広告市場の主役は、PCからモバイル端末に変わりつつあるのだ。(2014/7/25)

マーケティング施策効率化:
ビッグデータを活用したマーケティングKPI運用サービス、メンバーズとサイカ
メンバーズは7月9日、サイカと共同でマーケティングKPI運用サービスの提供を開始する。KPI管理ダッシュボードや統計分析によるモデル構築、レポートサービスを統合し、企業のマーケティング施策の効率化、ビジネス成果の最大化を支援する。(2014/7/9)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。