ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

コンバージョン に関する記事 コンバージョン に関する質問

「コンバージョン」最新記事一覧

広告運用をサポート:
マインドフリー、Facebook広告の効果的な運用を支援する「ADHub(アドハブ)」の提供を開始
マインドフリーは4月14日、Facebook広告運用支援ツール「ADHub(アドハブ)」の提供を始めると発表した。今年4月より広告会社を中心に提供を始め、今年度中に100アカウント導入を目指す。(2014/4/15)

登録制vsオープン:
リードジェネレーション戦略におけるホワイトペーパーの価値とは?
リードジェネレーションにホワイトペーパーをどのように利用すべきか考えてみよう。ユーザーに対し、優良で価値あるコンテンツと訴求したいのか。それともSEO戦略を重視するか。登録制とオープンな場合とで比較した。(2014/4/9)

モバイル広告戦略を加速:
CRITEOの2014年事業戦略――買収した英AD-X Trackingでモバイル広告対応を強化
リターゲティング広告事業を展開するCRITEOの2014年事業戦略は、2013年7月に買収した英AD-XTrackingによるモバイル広告配信事業が核となるだろう。CRITEO代表取締役 兼 アジア太平洋地域担当マネージングディレクター上野正博氏に話を聞いた。(2014/4/4)

電気自動車:
試作4号EV「SIM-HAL」はシムドライブの集大成、今後は実用化フェーズへ
電気自動車(EV)ベンチャーのSIM-Drive(シムドライブ)は、試作EVの4号車「SIM-HAL(シム・ハル)」を発表。これまでの先行開発車での技術成果や経験を生かし、走行距離をはじめとするEVの課題をクリアした。今後は「EV実用化」に向けた開発に本格的に乗り出す。(2014/4/2)

顧客データ分析で取引の高コンバージョン率を目指す楽天証券
サイト訪問したユーザーが新規で口座開設してから取引に至るまでの流れをスムーズにして、コンバージョン率を高めようという取り組みを楽天証券は進めている。マーケティング担当者に話を聞いた。(2014/3/27)

企業経営に生かそう:
ビッグデータをマーケティングに活用する4つのステップ
ビッグデータの活用を実現する4つのステップがある。ビッグデータとはいえ、通常のマーケティングアプローチとそれほど大きな違いがあるわけではない。(2014/3/24)

1.6倍もの高い効果:
Wanoとアドウェイズ、ネット動画広告配信サービス「VeleT」の提供を開始
Wanoとアドウェイズは3月19日、全デバイスに対応したインターネット上での動画広告配信サービス「VeleT(ベレット)」の提供を開始したことを発表した。(2014/3/20)

隔週刊「キャンペーンサイト構築&運用」(終):
キャンペーンサイトのアクセス解析とリポート作成
本連載では、全5回で「Windows Azure Webサイト」と「WebMatrix3」によって、WordPressをカンタンに導入しキャンペーンサイトを構築・運用するノウハウを解説する。最終回は運用フェーズ。キャンペーンのKPIを設定し、アクセス解析の数値を確認し、改善策を考え、最後に成果のリポートを作成する流れを紹介。(2014/3/20)

購買行動を促進:
米Twitter、新しい広告機能「Click-to-Call広告」ベータ版を検証中?
米Twitterは現在、モバイルユーザーが広告先をダイレクトに呼び出すことができる機能「click-to-callボタン」を検証しているという。広告主に対して容易にアクションが取れ、購買行動につながりやすくなる。(2014/3/14)

モバイル対応とショッピング比較エンジンがカギ:
2013年のECサイト、モバイル経由からのトラフィックが30%
2013年、米国内ECサイトへのトラフィックの30%はタブレットやモバイルデバイス(スマートフォン含む)からのもので、オンラインサイトの総売り上げの7%以上は、Googleショッピングなどのショッピングサイト比較エンジン由来であることが分かった。(2014/3/7)

まずはペルソナ設定:
効果的なコンテンツマーケティングの進め方
2013年はソーシャルメディアマーケティングが隆盛だったが、2014年に入り活気づいているのがコンテンツマーケティングだ。ClickZ.comが、効果的なコンテンツマーケティングの進め方を提示している。(2014/3/6)

隔週刊「キャンペーンサイト構築&運用」(4):
WordPressでのスマホ表示最適化と使えるプラグイン
本連載では、全5回で「Windows Azure Webサイト」と「WebMatrix3」によって、WordPressをカンタンに導入しキャンペーンサイトを構築・運用するノウハウを解説する。今回は、スマートフォン用のテーマ作成の手順を解説し、デバイスのユーザエージェントによって表示するテーマを切り替える無料プラグインを紹介。(2014/3/6)

「予約サイト」からの脱却:
自社サイトの「メディア化」を目指す――ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツのデジタルマーケティング戦略
2013年末、自社サイトを大幅にリニューアルしたソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ。トップページには観光地の写真が豊富に使われ、一見したところ観光情報サイトのような印象を受ける。この大胆な取り組みの背景には、同社が新しく策定したマーケティング戦略が関係している。同社 取締役副社長(CFO兼CMO)の井上理氏に話を聞いた。(2014/3/5)

動画コンテンツ作りに挑戦:
BtoBマーケターへ コンテンツマーケティングを加速する動画の作り方
コンテンツマーケティングの中でも、高いROIをもたらす手段として、動画コンテンツの利用が期待されている。二の足を踏むBtoB企業のマーケターに、制作するコツと進め方を紹介する。(2014/2/26)

詳細なターゲティング広告実現:
Facebookのカスタムオーディエンス機能を使いこなす
自社サイトやモバイルアプリにアクセスしたFacebookユーザーと、自社が持つ顧客リストのデータを統合し、より詳細なターゲット広告を表示できる。(2014/2/19)

動画広告の効果測定:
アップベイダー、スマホアプリ向け動画広告配信サービス「AppVador」の効果測定サービスを拡充
効果測定システム「AdStore Tracking」と3月に連携開始予定。さまざまな効果測定指標の分析機能を利用し、AppVadorで配信した動画広告に関する効果測定が可能になる。(2014/2/18)

【連載】進化するメールマーケティング:
第3回 最新型メールマーケティングシステム導入の効果と課題
数年前からメールマーケティングの効果が見直される中、大手海外ベンダーの日本進出が盛んになり、またそれに呼応する形で日本のメール配信システムベンダーも機能を強化している。この流れは止まることなく続くだろう。では、最新型のメールマーケティングを導入すると、どのような効果が期待できるのか。今回は導入における課題を示したい。(2014/2/17)

仕事をしたら“客の迷い”が見えてきた(前編):
なぜ歯ブラシを買うのに迷うのか? 客の行動を分析して、分かったこと
お店の棚の前で「これにしようかな。いや、こっちにしようかな」と迷ったことがある人も多いだろう。そんな人の“迷い”を可視化するサービスが、2013年からスタートしている。お客の購買行動を分析することで、どんなことが見えてきたのだろうか。(2014/2/12)

となりのアドテク(1):
スマートフォン広告計測サービスの裏側
スマートフォンアプリ広告の世界は、Web広告よりもユーザートラッキングが難しい世界。この領域のサービス展開を支える環境を現場技術者が解説する。(2014/1/31)

ディープリンク可能:
Criteo、モバイルアプリ内のディスプレイ広告ソリューションのβ版をリリース
米CriteoおよびCriteoは米国時間1月23日、スマートフォン/タブレットのモバイルアプリケーション内のディスプレイ広告ソリューションのβ版をリリースしたことを発表した。(2014/1/27)

【連載】進化するメールマーケティング:
第2回 キャンペーン・マネジメントシステムへの誤解
日本でも昨年からよく聞かれるようになった「キャンペーン・マネジメントシステム」という言葉。いくつかの先進的な企業では採用が進み、その効果も実証されつつある。ただ、新しいジャンルであるため、バズワードとして言葉自体は浸透しながらも、その姿は人によって定義が異なる状態が続いている。本記事ではマーケティングテクノロジーの歴史も踏まえて、その実体を紐解いていきたい。(2014/1/17)

詳細なオーディエンスデータでキャンペーンの効果向上:
マリンソフトウェアとBlueKai、オーディエンスデータと検索広告融合に向け提携
マリンソフトウェアは「Marin Audience Connect」のリリースとともに、ビッグデータの運用/分析/活用をSaaSソリューションとして提供するBlueKaiとの正式な提携を発表した。(2014/1/8)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第6回 先進的なリスティング入札戦略例(外部要因の評価)
リスティング広告最適化のために測るべきKPIを考察します。今回は天気や株価といった外部要因データを活用して、入札を行うイメージを紹介します。(2014/1/7)

2013年は「ビッグデータ」だった:
2014年は「マーケティングオートメーション」と「コンテンツ」がカギになる?
2013年も残すところあとわずか。来年はどのような年になるのか、何が流行るのか。どんなサービスや商品、企業が注目されるのか。そもそも、どのようなマーケティング手法やテクノロジが登場し、そのビジネス上の効果はどのようなものなのか。(2013/12/27)

【連載】進化するメールマーケティング:
第1回 変わるメールマーケティング――顧客起点のコミュニケーションにシフトしよう
メールマーケティングは死んだのか?――デジタルマーケティング業界に新しい潮流が生まれるたびに繰り返されてきた問いかけ。しかしながら、メールマーケティングは15年以上も続き、近年はその手法や効果が見直されてきている。2013年の日本における現状、課題、可能性を提示したい。(2013/12/25)

【インバウンドマーケティング対談】高広伯彦+大元隆志:
第4回 情報過多の時代は情報選択の時代
高広伯彦氏と大元隆志氏が日本のマーケティングを語る対談第4回。ビッグデータをハンドリングするための1つのアプローチとして、DMP(データ・マネージメント・プラットフォーム)が注目されている。しかし、その光の当たり方は消費者に恩恵をもたらすものなのかどうか。(2013/12/10)

ロケーションベース・マーケティングなど:
2014年のマーケティングトレンド予想トップ5
2013年も残すところ1カ月弱。来年には、どのようなマーケティングトレンドが来るのだろうか。2013年12月3日、ClickZ.comに掲載された記事“Top 5 Digital Marketing Trends of 2014”(「2014年に来るデジタルマーケティングトレンドトップ5」)では、以下の5つを挙げている。(2013/12/9)

Googleアナリティクス担当者が語る:
寝ている間にマーケティングを改善するアナリティクスの使い方
2013年、注目されたマーケティング手法「アナリティクス」。マーケティング効果向上だけでなく、もう1つ別の局面でマーケターを支援できるという。(2013/12/3)

気付き、注目、魅了、アクション:
コンバージョンに導くための「4A」とは
Webマーケティングの目的は、顧客に自社サービスを認知してもらい、最終的には何らかのアクションを取ってもらうことだ。(2013/11/28)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第5回 リスティング広告の入札KPIとしてのWeb解析指標――直帰率、滞在時間、アシスト
リスティング広告最適化のために、測るべきKPIを考察します。今回は、Web解析ツールで計測できる指標(直帰率、滞在時間、アシスト)について考えます。これらの指標は、ユーザーのサイト内行動を踏まえた入札に利用できます。(2013/11/28)

画像を変える、など:
商品リスト広告(PLA)の効果を上げる10の方法
クリスマスシーズンに向けて、アドワーズの商品リスト広告(Product Listing Ads:PLA)の効果をさらに高める10通りの方法を紹介する。(2013/11/26)

【連載】マーケティング投資最適化の科学的アプローチ:
第2回 継続的な改善を実現させるカスタマージャーニーマップの運用方法
今回はカスタマージャーニーを利用したマーケティング改善アプローチの1つの手法を提案します。顧客による商品選定から継続購買までの一連の流れを可視化することで、効果測定指標の整理など、マーケティング施策の最適化が可能になります。(2013/11/20)

Twitter/Facebook/Googleアドワーズ/Foursquare:
モバイル広告でビジネス拡大中の4事例
モバイル広告に積極的な企業は種々のモバイル広告をどのように使いこなし、どれだけの効果を上げているのか。以下、4事例をみていこう。(2013/11/19)

Androidアプリちょい足し開発レシピ(4):
気になるユーザー統計を手軽に取れちゃうGoogle Analytics
Webサイトやモバイルアプリなどの解析サービスGoogle Analyticsを紹介。アプリに組み込み、トラッキングしてデータを解析してみよう。(2013/11/19)

ソーシャルメディアマーケティング:
米Twitter社が明かすTwitterマーケティングの成功法
Twitterは手軽に始められるソーシャルメディアだが、ただなんとなくつぶやいているだけではフォロワーも増えないし、マーケティング効果も望めない。そんな悩めるTwiiterマーケティングの成功法を、米Twitter社自ら同社のブログで2013年11月5日に発表している。(2013/11/15)

【連載】モダン・マーケティングの時代:
マーケティングオートメーションの簡素化――大きなアイデアを実現する小さなガイド
Oracle|Eloqua のブログ「IT'S ALL ABOUT REVENUE」のエントリー群などから、BtoBマーケティングに関するトピックを翻訳してお届けします。今回は、一見複雑に見える「マーケティングオートメーション」のシンプル化を提案します。(2013/11/15)

ドアノブを参考に:
「ユーザーエクスペリエンス設計」=「Web開発」ではない
デジタルマーケティングの中で最も重要な役割を担うのは「自社サイト」だ。Search Engine Watchに掲載された記事では、次の4つのレベルに従って戦略策定を行うことをすすめている。(2013/11/1)

原則無料で提供:
Yahoo!Japan、リアルタイムアクセス解析ツールを提供を開始
Yahoo!Japanを運営するヤフーは10月30日、リアルタイムアクセス解析ツール「Yahoo!アクセス解析」の提供を開始した。(2013/10/31)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第4回 メディアサイトの入札KPIと入札戦略
リスティング広告最適化のために測るべきKPIを考察します。今回は、掲載課金型モデル(メディアサイト)におけるKPIとリスティング広告の入札戦略について述べていきます。(2013/10/21)

一生に一度のチャンス!:
3ステップで実現できる? パーソナライズ・マーケティングとは
ClickZ.comに掲載された記事「さようなら、総一般化の時代:ソーシャルデータはいかにすべてを変えていくのか」が注目されている。「ソーシャルメディアに主導権が移ってきたこの時代、マーケターにとっては一生に一度の大チャンス」と捉えているようだ。(2013/10/18)

米Oracle調査:
中堅/中小企業の72%が最新マーケティングソリューションに意欲
米Oracleは現地時間10月10日、年商2500万から2億ドルの中堅/中小企業の経営者204人を対象にした調査結果を発表した。(2013/10/16)

5つの施策で改善:
あなたの会社のアドワーズ広告費、25%が無駄になっている可能性
中堅/中小企業500社のGoogleアドワーズアカウントの分析結果によると、PPC広告にかける平均額は月1200ドルだという。しかし、そのうち25%が無駄に終わっているとしたらどうだろうか。(2013/10/11)

One to Oneメール配信:
エクスペリアンジャパンのメール配信システム、「コメ兵」のレコメンドメールに採用
コメ兵が扱う商品は、3万5000点にも上る。今後はOne to Oneメールの作成が容易になり、メールマガジン制作/配信にかかる業務負荷も削減するという。(2013/10/11)

散乱するビッグデータをマーケティングで活用
早稲田大学 IT戦略研究所は、マーケティングとビックデータから考える仕組みづくりをテーマに「第41回 インタラクティブミーティング(通算第62回目)」を開催。米国BlueKaiのCEOであるオマール・タワコル氏が登場し、「When Big Data and Marketing Collide 〜ビッグデータとマーケティングの融合革新の時代〜」と題した講演を行った。(2013/10/4)

3つのプロセス:
ビッグデータをリターゲティング広告に活用する
ビッグデータの活用領域として、最も期待されているマーケティング分野。2013年9月24日、ClickZ.comに掲載された記事で、ビッグデータ活用の一例を挙げているので、その内容を紹介していく。(2013/9/30)

米セールスフォースに続け! :
BtoB企業のFacebookマーケティング正攻法
Facebookは同社広告のケーススタディとして、米セールスフォース・ドットコムの成功事例を発表した。当初予算の半分で、目標の3.5倍のリードを獲得したという。成功するFacebook広告を展開するには、どうしたら良いのだろうか。(2013/9/26)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第3回 リード生成型サイトの入札KPIと入札戦略
リスティング広告最適化のために、測るべきKPIを考察します。今回は、リード生成型サイトにおけるKPIとリスティング広告の入札戦略について述べていきます。(2013/9/25)

【連載】インターネットはブランド広告を変えるのか?:
第1回 ネット広告でブランドコミュニケーションは無理!!(なのだろうか?)
「ブランド認知」「イメージ理解」といった消費者の意識変容をインターネット広告はどのように計測するのだろうか。インターネット広告におけるブランディング効果の可能性を探る新連載。(2013/9/17)

あるソフトウェア企業の実例:
ランディングページ最適化で33%効果アップ
ある特定の業界では当たり前のように『人々が求めているのはウチのブランドだ』と思っている。「そうした業界のマーケターは、コンバージョン率を大幅に向上できる可能性をみすみす逃してしまっている」とClickZ.comに掲載された記事が警鐘を鳴らしている(2013/9/12)

年末年始商戦の前:
いま小売店が準備すべきモバイルマーケティング策とは
2013年は、スマートフォンやタブレットユーザーの顧客が飛躍的に伸びると予想され、適切なモバイルマーケティングが年末年始の売り上げを左右するといっても過言ではない。具体的にどうすれば良いのだろうか。(2013/9/4)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。