ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

「KPI(Key Performance Indicator)」最新記事一覧

国産BIによるリアルタイムモニタリングが柱に:
PR:富士ゼロックスの製造拠点は生産革新をいかにして成し遂げたのか
富士ゼロックスマニュファクチュアリングはいかにして生産現場を変え、不良を激減させたのか。その背景にあったのは、BIツールを活用したリアルタイムモニタリングの取り組みだ。(2016/5/11)

【連載】インターネットマーケティングの次世代KPI 第1回:
PV至上主義を超えて――「量」を測るだけでは何がいけないのか
進化するインターネットマーケティングに求められる新たな効果測定指標とは何か。デジタルPRのエキスパートが最新トレンドとそれを現場に生かすための視点を紹介する。(2016/5/10)

IT導入完全ガイド:
売り上げ拡大、コスト削減に効く! “産業領域”IoTのユースケース
過剰投資を避けつつ、自らのビジネス環境にマッチしたIoT利用が、結果的に企業の競争力維持や強化につながる。今回は、そのヒントになりそうな産業領域でのIoT活用ユースケースを紹介する。(2016/4/21)

日常的にチェックしたいデータをまとめて管理:
Ptmind、ビッグデータの一元管理サービスを提供開始
Ptmindは、日常的にチェックしたいKPIやビッグデータなどをまとめて管理してチームでシェアできる新サービス「PtOne」の事前受付の開始を発表した。(2016/4/6)

製造業IoT:
製造現場IoTの現実解か、製造機器の「信号灯」データの設備監視実現へ
製造現場のIoT活用といっても何から手を付ければ良いか分からない……。そんな中で既存の設備を有効活用した設備監視システムが登場した。ポイントは製造機器に付けている「信号灯」である。(2016/3/29)

過剰在庫や欠品と決別:
PR:補充の自動化と基準の適正化で30%の在庫を削減!!
多くの製造業・流通業が悩む在庫管理に対応すべく、需要予測と可視化を組み合わせた在庫管理・需給調整支援ソリューション「SynCAS 3.0」が登場した。SynCAS 3.0を使えば、需要予測と豊富な在庫分析や可視化の仕組みによって金額ベースで30%という在庫削減が実現できるというのだ。(2016/3/23)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(4):
複雑すぎる原価管理、IoTでどうカイゼンするか
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第4回となる今回は、原価管理におけるIoTの活用ポイントについて紹介します。(2016/3/3)

特集:「差別化」をリードする、アジャイル時代のプロジェクト管理(1):
ウオーターフォール中心の企業が見直すべき4つの課題
先が読めないニーズの変化に対応しながらITサービスを開発するためには、どのようにプロジェクトを管理すれば良いのだろうか? 手作業中心の「静的な管理」がもはや通用しない理由と、今求められる「動的な管理」の要件を考える。(2016/3/1)

モバイルアプリ開発、鉄板の3ステップ
iPhoneを好き過ぎる人でも仕事では使えない、モバイルアプリから見たその理由は?
モバイル戦略を成功させるにはビジネスの中核プロセスを変えなければならない。この障害を乗り越えることは困難だが、不可能ではない。(2016/2/24)

製造ITニュース:
業界特化型サプライチェーンソリューションの新版を発売
インフォアジャパンは、業界特化型サプライチェーンソリューションの新版「Infor SCE 10.4」の提供を開始した。フルフィルメントに対応した動的なスロッティング機能などを搭載している。(2016/2/18)

いまさら聞けないTPM(2):
TPM活動の進め方、ロス撲滅のための8つの活動
本連載「いまさら聞けないTPM」では、TPM(Total Productive Maintenance)とは何か、そして実際に成果を得るためにどういうことに取り組めばいいかという点を解説している。第2回となる今回は、「TPMの進め方」について紹介する。(2016/2/18)

【連載】サイバーエージェント流動画広告入門 第2回:
「動画広告のKPI」はデータが取れるからこそ混乱しがち、どうすればいい?
適切なターゲットへリアルタイムにリーチする手段として注目されるWeb動画広告。企業はいかに取り組むべきか。サイバーエージェント オンラインビデオ総研の酒井英典氏が解説。(2016/2/5)

KPI設計からクリエイティブ制作までプロのノウハウを提供:
PR:「オムニチャネルジャーニー」視点で考える不動産マーケティングの最適化
高額商品のマーケティングはWebだけで完結することができない。不動産はその典型例だ。オンラインとオフラインを行き来する見込み客の購入意欲を高め、ゴールに導くために必要なノウハウを探る。(2016/1/26)

SCF2015 基調講演:
日立が描く第4次産業革命とは?
製造現場にITの波が押し寄せる中、総合電機としてさまざまな事業領域で製造現場と関わる他、自らも製造業としての製造現場を抱える日立製作所はどのように捉えているのだろうか。(2015/12/24)

「DevOpsとは?」の決定版。今ハッキリさせる「正しいDevOps」実践法:
なぜDevOpsは正しく理解されてこなかったのか?〜ベンダーキーパーソンが徹底討論〜(後編)
IoTやFinTechトレンドの本格化に伴い、DevOpsが今あらためて企業からの注目を集めている。だがDevOpsは、いまだ正しい理解が浸透しているとは言いがたい状況だ。そこで@IT編集部では、国内のDevOpsの取り組みをリードしてきた五人のベンダーキーパーソンによる座談会を実施。今回は後編をお伝えする。(2016/1/22)

シンプルに笑いを取る:
au、過去最高スコアでテレビCM好感度No.1に 「三太郎」シリーズが貢献
auのテレビCMが、2015年度の好感度ナンバーワンに輝き、ソフトバンクのナンバーワン連続記録に終止符を打った。その原動力は、2015年1月から始まった「三太郎」だ。(2015/12/10)

製造マネジメントニュース:
“日立のスマトラ”をノウハウ化した製造業革新サービスを提供
日立製作所は、自社が推進する経営革新策「Hitachi Smart Transformation Project」のノウハウをサービス化し、広く製造業の経営革新などに役立つ形で提供する新サービスを開始する。(2015/12/1)

自社メディアのコンテンツ訴求力を測定:
アマナ、コンテンツマーケティングのKPI測定ツールを提供
アマナは2015年11月16日、企業が自社メディアを通じて情報発信する際にコンテンツの訴求力を測定する「Marketing Condition Analytics」の提供を開始した。(2015/11/17)

製造ITニュース:
人工知能技術を活用した業務改革サービスを発売、経営課題解決を支援
日立製作所は、同社の人工知能技術の1つである「Hitachi AI Technology/H」を活用し、企業の経営課題の解決を支援する「Hitachi AI Technology/業務改革サービス」を発売した。(2015/11/13)

大手広告主企業の動画広告出稿状況:
動画広告出稿は全体の37.8%、クリエイティブはWebオリジナルが過半数――サイバーエージェントが調査
サイバーエージェントは2015年10月16日、「オンラインビデオ総研」を設立、活動の第1弾として、国内大手企業の動画広告の利用動向に関するアンケート調査について発表した。(2015/10/16)

よりユーザーに近いコンテンツ作りを目指す:
テレビ朝日とKDDI、スマホ向け動画配信で戦略的業務提携 AKB48グループ出演の共同制作番組も
テレビ朝日とKDDIが、スマホ向け動画配信サービスで戦略的業務提携を結んだ。KDDIが持つビッグデータを活用した番組・コンテンツ制作を共同で行うほか、テレビ朝日の番組・コンテンツを「ビデオパス」向けに見放題独占配信する。(2015/8/20)

製造ITニュース:
航空宇宙・防衛産業の製造オペレーション向けソリューションを発売
ダッソー・システムズは、航空宇宙・防衛産業の製造オペレーション向けに「ビルド・トゥー・オペレート」を発表した。同ソリューションを活用することで、航空機メーカーでは最大25%のエラー削減と最大15%の初期品質の向上が見込めるという。(2015/8/10)

市場は変わるがニーズは普遍的
自分にあったセキュリティ分析ツールはどれ? チェックしたい8製品
セキュリティ分析ツールを使うことで、クライアントPCやモバイルデバイス、サーバなど多くのデバイスのセキュリティ状況が分かる。本稿では、セキュリティ分析ツールを選ぶためのポイントを紹介する。(2015/8/9)

第3回 HR EXPOでサービス連係を発表:
コンテンツマーケティングの手法を組織活性化・人材評価に応用――サイダスとイノーバ
サイダスとイノーバは、人材プラットフォーム「CYDAS.com」とコンテンツマーケティングに特化した「Cloud CMO」を連係させたサービスを、開催中の「第3回 HR EXPO」で発表している。(2015/7/9)

校務処理時間の大幅削減を達成
先生の仕事を年160時間分削減、大阪市「校務クラウド」の実力とは?
大阪市教育委員会が導入したプライベートクラウドによる校務支援サービスは、教員1人当たりが校務に費やす時間を年168時間も削減した。その中身とは?(2015/6/16)

「デロイト アナリティクス」の新サービス:
日本市場に合ったオムニチャネルマーケティング投資最適化アナリティクス、トーマツが提供
監査法人トーマツは2015年5月25日、「オムニチャネルマーケティング投資最適化[M-SOS(Marketing Spending Optimization System)for Omni Channel]」アナリティクスをリリースしたことを発表した。(2015/5/26)

中堅製造業のためのグローバルERP入門(8):
結果が出ないときこそ考えるべきKPIの導入手順
中堅製造業に効果的なグローバルERPの活用方法と、失敗しない導入方法を解説する本連載。最終回となる今回は、ERPを導入した後、実際に効果を出すための運営手法であるKPI管理を設定するまでのステップとその際の注意点を紹介します。(2015/5/11)

電力供給サービス:
電力小売全面自由化を控え、新電力向けのポイントサービス導入を支援
大日本印刷の子会社でコンサルティング業務を行うエムズコミュニケイトは、ネットマイルと提携し、電力会社と新電力(PPS、特定規模電気事業者)向けにポイントサービス導入支援サービスを開始すると発表した。(2015/4/30)

飛躍:
現場力強化が新興国ビジネスの10年後を決める〜インドネシアを例に
2013年以降「生産性向上・現場力強化」に関する相談が急増している。なぜ、今、このタイミングなのだろうか。大きく3つの共通した環境変化が背景にあるようだ。(2015/3/17)

期間限定で特別パッケージを提供:
インティメート・マージャー、カンター・ジャパンの広告効果測定ツール「アドインデックス・ダッシュ」とオーディエンスデータを連携
DMP(Data Management Platform)構築やデータ活用の支援などDMP事業を専門に手掛けるインティメート・マージャーは3月11日、カンター・ジャパンと業務提携し、カンター・ジャパンのネット広告効果測定ツール「アドインデックス・ダッシュ(AdIndex Dash)」とオーディエンスデータの連携を開始した。(2015/3/11)

中堅製造業のためのグローバルERP入門(7):
グローバル企業に求められるKPI管理とは?
中堅製造業に効果的なグローバルERPの活用方法と、失敗しない導入方法を解説する本連載。今回は、ERPを導入した後に実際に効果を出すための運営手法として重要なKPI管理について解説します。(2015/3/10)

顧客の声に耳を傾けるべき
拝啓、Oracle様「Oracleは顧客の信頼を失っている」
以前からOracleのライセンス戦略に批判的なNPOが、Oracle宛の公開書簡を発表。Oracleに対し、7つの要望を掲げた。アナリストも、Oracleとの契約見直しを勧める。(2015/3/4)

Computer Weekly:
拝啓、Oracle様「Oracleは顧客の信頼を失っている」
以前からOracleのライセンス戦略に批判的なNPOが、Oracle宛の公開書簡を発表。Oracleに対し、7つの要望を掲げた。アナリストも、Oracleとの契約見直しを勧める。(2015/2/18)

キラープレゼントは大福:
Twitter解析サイト「イマツイ」、2015年のバレンタインの傾向と対策を発表
NTTデータは2月10日、同社が運営するTwitter解析結果を基にしたニュースサイト「イマツイ」で、「過去のリア充イベントから学ぶ傾向と対策:バレンタイン(前編)『バレンタインラブ。その愛、継続率50% !?』」と題する記事を公開した。これは2008年〜2014年の7年間において、「バレンタイン」に関する単語を含むツイートを解析したもの。本記事によると、2014年のバレンタインのタイミングで“付き合い始めた”人の恋愛継続率は50%、告白に有効なキラープレゼントは「大福」であることが分かった。(2015/2/12)

産業用ロボット:
製造現場での普及を2倍に、ロボット新戦略が目指すロボットと共に働く未来
日本政府が主催する「ロボット革命実現会議」は、ロボット活用の技術的および規制面でのロードマップを示した「ロボット新戦略」を発表した。本稿では、この新戦略の中で示されている「モノづくり」分野への取り組みにフォーカスし、その内容を紹介する。(2015/2/2)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(後編)店舗の力を最大化させるKPI設定――カメラのキタムラのオムニチャネル戦略
専門店に来るのは目的来店性が高い顧客。来店動機をうまく循環させることができれば、来店のリピート率も上がる。後編では、カメラのキタムラの店舗展開に軸足を置いたインタビューをお送りする。(2015/1/28)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(前編)キーワードは「人間力EC」――カメラのキタムラのEC戦略
2007年にWebサイトをリニューアルしたキタムラ。同社においてECは独立した存在ではない。質の高い接客、専門性の高い対応など、店頭で培ってきた強みをさらに強化するための1つの要素である。キーワードは「人間力EC」。ITと人間力を組み合わせ、ファン層の充実を図るキタムラのEC戦略を聞いた。(2015/1/27)

【連載】「オムニチャネル」の効果を測る! 統計学を取り入れた分析手法:
第6回 マスとデジタルを横断したマーケティングの結果を分析する(事例編)
第2回から第5回にわたって説明した分析手法は、あくまで「情報」である。情報は、仕事に結び付け、成果につながってこそ「知識」につながる。最終回では、今までの「情報」をもとにした分析事例を公開する。(2015/1/15)

セキュリティも意外と重要
ソーシャルメディア活用、うまくいく企業と“炎上”企業の違いは?
今日、ビジネスにおけるソーシャルメディアの分野では誰もが専門家になり得るが、うまくいく企業とそうでない企業を分けるものは何なのだろうか。(2015/1/5)

製造マネジメントニュース:
日本企業のM&Aは39%が失敗!? 成功に導く2つのポイントとは
アクセンチュアは、新たに日本企業がASEAN企業のM&Aを行う際に効果を最大化する支援サービスを開始する。(2014/12/16)

なぜ、あきんどスシローは市場の変化に敏感でいられるのか?
右肩上がりで成長する回転すしチェーン「スシロー」。さらに海外事業を拡大するためにOLAPデータベース「Oracle Essbase」を導入した。(2014/12/10)

退職者の数が3分の1に:
「35歳限界説」は本当か? バリューチェーン・イノベーターという成功事例
人材派遣サービスのVSNでは、単にエンジニアの技術力を提供するのではなく、派遣先企業にさまざまな提案を行うという施策に取り組んでいる。派遣エンジニアの価値を高め、退職者の数が激減したという取り組み「バリューチェーン・イノベーター」とは……?(2014/12/4)

損益を加えた$CMに進化するSCM(1):
数量での需給調整に四苦八苦! それでももうからない組み立て系製造業の課題
世界の最高峰にあるといわれる日本の製造現場や製造管理。しかし、これらの現場や管理術を持っていても、その中で企業として“もうかっている”製造業は一部に限られます。なぜ、このような状況が発生するのでしょうか。本連載では「$CMに進化するSCM」と題し、製造現場で損益が“見える”ようになる価値を、業種に合わせて紹介します。1回目は組み立て系製造業について解説します。(2014/10/22)

【連載】マーケティングオートメーション& SFA時代に問われる「稼ぐ力」:
第5回 “事実の見える化”から“行動の測る化”へ
最終回となる今回は、営業活動における目標と実績のバラツキを抑えるために「マネジメント」が果たす効果を「測定」という視点から考察する。(2014/10/21)

【連載】CCOが日本のCRMを変える:
第1回 CRMプロジェクトからの学びとCCO(Chief Customer Officer)の登場
CRMが日本に登場して約20年、企業は常に“成功事例”を模索しています。本連載では企業のこの20年のCRMへの取り組みを振り返ると共に、CRM成功への鍵となるCCO(Chief Customer Officer)について紹介していきたいと思います。(2014/9/19)

【連載】BtoB企業のマーケティング担当者が知らないマーケティング実践ノウハウ:
第2回 「営業力の強化」から「選ばれる仕組み作り」へ
「マーケティングの究極の目的とは、セリングを不要にすることである」(ドラッガー)とは何を意味しているのでしょうか? BtoBマーケティングの実践上の課題をテーマにお届けする本連載の第2回では、「取引満足度」というKPIの仕組みとその秘密を解き明かします。(2014/9/4)

青山学院大学経済学部で進む電子教科書導入、その意図と課題――宮原経済学部長に聞く
大学における電子教科書の導入。青山学院経済学部では、2013年からの実験運用を経て、導入を拡大している。電子教科書の意義と課題について、青山学院大学経済学部長の宮原勝一教授に聞いた。(2014/8/20)

ITソリューション塾:
新規事業プロジェクトに見る「日本人は大和魂があるから戦争に勝てる」の精神
技術への思い入れから、現実には存在しないマーケットを作り上げ、思い通りいかないことにつまずいて嘆いている企業が多いことか……。(2014/8/19)

再生請負人が見る製造業(2):
アップルにあって日系電機メーカーにないものは何か?
企業再生請負人が製造業の各産業について、業界構造的な問題点と今後の指針を解説する本連載。今回は苦境が続く日系エレクトロニクス産業について解説する。(2014/7/30)

コンサルタントがラーメン屋の店員に転職 “現場”で得た気づきとは?
船井総研のコンサルタントから、ラーメン屋の皿洗いに転職したという原邦雄さん。彼がラーメン屋という“現場”で得た“気づき”とは? 原さんご本人にお話を伺いました。(2014/7/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。