ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「患者」最新記事一覧

関連キーワード

暴力を受けた経験5割:
暴言にセクハラ、性的被害──つらすぎる訪問看護師
1人で患者宅に赴き、看護や介護にあたることが多い訪問看護師が患者や家族から受ける被害が後を絶たない。(2017/4/28)

末期高齢者に延命効果なし 抗がん剤治療、ガイドライン作成へ
高齢のがん患者への抗がん剤治療は延命効果がない可能性が高いとする調査結果がまとまった。(2017/4/27)

0.5歩先の未来を作る医療IT
医療ITが普及する5つの条件とは? 遠隔診療を例に考える
ビデオ通話のシステムを利用し、患者が来院せずに診療を受けられる「遠隔診療」の登場は、医療ITに新しい価値を示しました。遠隔診療をヒントに「医療ITが普及するための条件」を考えます。(2017/4/24)

線虫でがん早期発見 精度は90%超 日立と九大ベンチャーが共同研究
線虫ががん患者の尿には近づき、健康な人の尿からは離れるという特性を利用する。(2017/4/19)

数年後に海外展開も:
トヨタ、歩行練習ロボットのレンタル9月開始
トヨタは、脳卒中などで足が不自由な患者らが歩行練習するためのリハビリテーション用ロボットのレンタルを9月から開始する。(2017/4/12)

みんなを元気にしてくれる セラピーキャットの仕事ぶりがステキ
患者さんもスタッフさんも笑顔に。(2017/4/10)

Mostly Harmless:
ブロックチェーンは個人情報をどのように守るのか?
医療機関での医療情報共有などに活用する取り組みが出始めているブロックチェーン技術。患者の個人情報を守る仕組みはどのように実現されるのか? Googleの人工知能部門DeepMindの取り組みを例に、考察します。(2017/3/29)

“1%の需要”に答えた看護師フリー素材サイト開設 患者のスマホを肘で割る看護師の写真がほしい時などに便利
君は1%側の人間になれるか。(2017/3/28)

肉眼だけでは見えない疾患を見つける技術
これからの「個別化医療」は画像診断とウェアラブル技術の組み合わせが鍵に
Philips Healthcareの専門家によると、データ分析、機械学習、人工知能を搭載した画像診断システムは、医療機関が患者に最適な医療サービスを提供する一助になるという。(2017/3/21)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第4回】
製薬企業のビッグデータ活用、匿名化された患者の臨床現場データがあると何が分かる?
製薬企業はどのような形でビッグデータを利活用しているのだろうか。リアルワールドデータ(RWD)の話題を中心に、さまざまな企業の事例を紹介する。(2017/3/22)

Oracle Cloudが可能にした短期間でのシステム提供:
PR:クラウドとIoT、機械学習を活用したモニタリング/フィードバックの仕組みで糖尿病患者の自己管理を支援
クラウドやIoT、機械学習などの先進技術をヘルスケア分野に応用する動きが活発化している。その1つが、あいち健康の森健康科学総合センターが中心となって進める、患者の自己管理の支援を通して生活習慣病の改善を目指す取り組みだ。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2017/3/6)

「糖尿病に睡眠薬が効く」? 「ガッテン!」の特集で炎上 製薬会社は「推奨しない」とコメント
番組を見たという患者さんがさっそく処方を求めるケースも。(2017/2/24)

医療機器ニュース:
リハビリセンターでウェア型生体センサーの実証実験を開始
藤田保健衛生大学は、東レ、NTT、NTTドコモとともに、ウェア型生体センサー「hitoe(ヒトエ)」を活用した「リハビリ患者モニタリングシステム」の有効性を検証する共同実験を開始した。(2017/2/20)

他人のiPS細胞で目の難病治療 理研が臨床研究開始
他人のiPS細胞から作った網膜の細胞を目の難病患者に移植する臨床研究が始まる。(2017/2/7)

医師の診療支援と患者の病態維持改善効果を見込む:
NTTと東大、「病態悪化につながる患者行動」をAIで予測するシステムを開発
NTTは、東京大学と共同で糖尿病患者の「受診中断」を予測するモデルを構築したと発表。電子カルテから患者行動に関連する特徴量をAI技術を使って学習。受診中断を7割の精度で予測するという。(2017/2/7)

医療機器ニュース:
MEMS 6軸力センサー付き把持鉗子で肺がんのサイズと位置を算出
東京大学は、内視鏡手術用把持鉗子の先端に取り付けたMEMS 6軸力センサーの触覚情報から、肺がんのサイズと位置を算出する手法を開発した。手術中に術者が腫瘍の正確な位置を把握でき、患者と術者双方の負担が減る。(2017/2/7)

「hitoe」活用:
“着るセンサー”で治療の質向上へ ドコモなど実証実験
東レ、NTT、NTTドコモが、医療型ウェアラブルセンサーの実証実験をリハビリ施設で行う。患者の生体情報を取得し、治療の質の向上につなげる。(2017/2/6)

人工知能ニュース:
がんプレシジョン医療にAIを活用、治療率が6倍に
がん研究会、がん研究所、FRONTEOヘルスケアは、最先端のゲノム解析技術とAI(人工知能)を用いて「がんプレシジョン医療」を実現するシステムの開発に向けた共同研究を開始する。現在、一般的で明確ながん治療法が当てはまらないがん患者の治療率は5%程度だが、共同研究により治療率を6倍の30%まで高められる可能性がある。(2017/2/1)

別府市医師会と富士通、在宅医療でのモバイル業務アプリの制御技術を実証
医師・看護師・介護士・薬剤師などが連携して患者をケアするために、共有する医療情報への安全な自動アクセスを実現する技術を開発。別府市医師会などが、在宅医療現場で実証実験を行った。(2017/1/31)

患者1人当たり年間3500万円:
がん治療薬「オプジーボ」、2月から半額
“夢の新薬”といわれる半面、患者1人当たり年間3500万円相当という高額が問題となっていたがん治療薬「オプジーボ」の価格が、2月1日に50%引き下げられる。(2017/1/31)

手術後の女性の胸なめ「わいせつ」幻覚か真実か 医師の釈放求め署名4万人 捜査当局vs医療界の全面対決に
手術後の女性患者にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪に問われた男性医師の公判。医師側は無罪を主張し、有志の医師が支援団体を結成するなど擁護している一方、警察・検察当局は有罪立証に自信を見せる。(2017/1/19)

元お笑いコンビ「バッチグー」のモックン 入院患者や飲食中の客など一般人を巻き込む迷惑ドッキリ動画で炎上
「会計前に店内で商品を食べる」「店内で隣になった人の注文した料理を勝手に食べる」「知らない人の病室に侵入して勝手にお見舞いする」などの迷惑動画で炎上しています。(2017/1/17)

アトピー性皮膚炎のかゆみのメカニズム、九大研究グループが解明 新たな治療薬に期待
国民の15%近くというアトピー性皮膚炎患者にはありがたい発見……!(2017/1/10)

特選プレミアムコンテンツガイド
病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」
医療業界でのIoT(モノのインターネット)や自動化技術は、在庫管理や人材の適正配置といった業務効率化だけでなく、院内の位置情報把握や生体情報の遠隔モニタリングといった患者満足度向上においても活躍している。米国の先行事例を紹介する。(2017/1/6)

JINSのセンサー付き眼鏡がアプリで進化 目の動きでスマホ・PC操作 きっかけはALS患者
「ALS患者の希望に」というユーザーの声が届いた。センサー付き眼鏡が取得したまばたきや眼球の動きで、PCや照明などをコントロールできるアプリ「JINS MEME BRIDGE」をJINSが開発。2017年2月上旬に公開する。(2016/12/15)

厚労省の禁煙案に病院まで反対 「命短い患者に……」
厚生労働省が喫煙範囲をさらに狭める受動喫煙防止対策案を打ち出しが、反対意見が相次いでいる。飲食店から「店を潰す気か」との批判があるほか、病院からも反対が。なぜ?(2016/12/5)

2020年東京五輪に向け:
「店をつぶす気か」厚労省禁煙案に反対続出
2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、厚生労働省が10月、喫煙範囲を狭めた受動喫煙防止対策案を打ち出したところ、関係団体から反対意見が相次いだ。病院からも「命短い患者にせめてたばこくらいは……」と喫煙室の設置を求める声も。(2016/12/1)

人工知能でがん治療の精度アップ 国立がん研など新システム開発へ
がん患者の臨床データなどをAIで解析し、診断や治療の精度向上につなげるシステムを国立がん研究センターや産総研らが開発する。(2016/11/29)

つらい記憶を無意識のうちに消せる技術が開発 PTSDの治療に役立つ可能性に期待
恐怖対象を繰り返し見せる従来手法とは異なり、患者へのストレスを与えないとのこと。(2016/11/24)

医療技術ニュース:
念じると動くBMI義手を使って幻肢痛のコントロールに成功
大阪大学は、ブレイン・マシン・インタフェース技術を活用した義手(BMI義手)を使った新たな訓練方法を開発した。幻肢痛の患者がBMI義手を使うことで、痛みをコントロールできることを発見した。(2016/11/21)

ホワイトペーパー:
病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ
病院のビジネスインテリジェンス(BI)活用には多くの使いどころがある。データ分析によって患者の再入院の回数を減らしたり、スタッフやベッドを適切に割り当てたり、医療詐欺対策をしたり、といった効果が期待できる。(2016/11/16)

糖尿病ワースト3位・香川県、原因はやはりうどん? 炭水化物重ね食べ、早食い……県民の食習慣に“待った”
“うどん県”をアピールする香川県は、糖尿病による死亡者数が全国3位、患者数を示す受療率は同2位と“糖尿病ワースト県”だ。(2016/11/15)

子供の1割が「糖尿病のリスク高い」:
原因はうどん? 糖尿病ワースト3位の香川県、県民の食習慣に“待った”
“うどん県”をアピールする香川県は、糖尿病による死亡者数が全国3位、患者数を示す受療率は同2位と“糖尿病ワースト県”としても知られる。不名誉な結果は、うどんの影響なのか。(2016/11/14)

Apple Watchが医療の質を向上させる
慶應義塾大学 医学部の循環器内科で、Apple WatchとiPhone、HealthKit対応のアプリが用意された血圧計などを用いて、外来患者の日常のヘルスケアデータを取得し、医療に生かす臨床試験が始まっている。(2016/11/9)

IBM World of Watson 2016:
血液ガンに侵され、死を覚悟した女性を人工知能「Watson」が救った
人工知能によって、がん治療の姿が変わりつつある。ラスベガスで行われたIBMのイベントで、東京大学の宮野教授が「Watson」を活用するがん治療の事例を紹介した。人間の遺伝子情報と膨大な論文を解析し、患者に最適な薬を投与するのだという。(2016/10/28)

慶應義塾大学病院、SDN導入で診療用と基礎研究用のネットワークを統合
慶應義塾大学病院の新病院棟のネットワークがSDNで構築された。仮想ネットワーク別にセキュリティレベルの設定が容易にでき、秘匿性の高い患者の個人情報の保護も可能に。(2016/10/19)

データ保護に対する新しい考え方
医療データを確実にサイバー攻撃から守る、3つの階層型アプローチとは?
医療機関は、従来の保護機能と高度な保護機能を組み合わせた3層アプローチにより、患者データをサイバー攻撃から保護することが可能だ。その3つの要素とは。(2016/10/12)

特選プレミアムコンテンツガイド
病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ
病院のビジネスインテリジェンス(BI)活用には多くの使いどころがある。データ分析によって患者の再入院の回数を減らしたり、スタッフやベッドを適切に割り当てたり、医療詐欺対策をしたり、といった効果が期待できる。(2016/10/7)

医療機器に脆弱性、糖尿病患者に不正な薬剤投与が可能に
近くにいる攻撃者が遠隔操作でシステムを操作して不正なインスリン注入を誘発させ、低血糖症を起こさせることもあり得るという。(2016/10/6)

日本メドトロニック Reveal LINQ:
従来比87%の小型化に成功した植え込み型心臓モニター
日本メドトロニックは、原因不明の失神や潜因性脳梗塞患者向けの植え込み型心臓モニター「Reveal LINQ」を発売した。(2016/9/30)

長谷川豊アナ、ブログ炎上でニュース番組降板に ブログで「本当に申し訳ない思いで一杯」と謝罪
透析患者批判で大炎上していました。(2016/9/29)

全国腎臓病協議会が長谷川豊に撤回と謝罪を求め抗議文を送付 人工透析患者に関するブログ記事の件で
強い憤りを覚えるとしています。(2016/9/23)

「自業自得の透析患者は殺せ」 BLOGOS、長谷川豊氏の記事を削除 「暴論」と炎上
「自業自得の透析患者は全額実費負担にせよ、無理だと泣くならそのまま殺せ」などと主張する長谷川豊氏の記事に不適切な表現が含まれていたとし、BLOGOS編集部が記事を削除した。(2016/9/23)

人工透析患者に「実費負担できないなら殺せ」 長谷川豊のBLOGOS記事が炎上、編集部は謝罪のうえ削除
フリーアナウンサー・長谷川豊氏の記事は国民健康保険制度の問題を提起するものでしたが、内容と表現が極端で過激ゆえに批判されていました。(2016/9/22)

医療機器ニュース:
87%小型化した植え込み型心臓モニター
日本メドトロニックは、原因不明の失神や潜因性脳梗塞患者向けの植え込み型心臓モニター「Reveal LINQ(リビール リンク)」を発売した。体積比は87%小型化しながら、データ蓄積量は20%増加している。(2016/9/20)

外国人患者、言葉の壁を越えて医療者と会話:
医療現場で多言語翻訳の臨床試験、富士通も参加
情報通信研究機構(NICT)と富士通は、病院などの医療現場で多言語音声翻訳システムを活用した臨床試験を行う。病院を訪れる外国人患者数が増加する中で、言葉の壁を感じさせずに、日本人医療者と自由に会話できる環境を提供する。(2016/9/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道会社向けの「人身事故損害保険」は必要か?
今年3月、最高裁でJR東海が敗訴した。認知症患者による人身事故について、家族への損害賠償請求が認められなかった。恐らくこの事例がきっかけとなって、鉄道会社向けの人身事故損失に対する保険商品を発売された。しかし、改めてJR東海の裁判の意図を推し量ると、この保険は空回りしそうな気がする。(2016/9/9)

飲み忘れを知らせる“IoT錠剤入れ” 大塚製薬とNEC、脳梗塞患者向けに開発へ
脳梗塞の患者が薬を飲み忘れないように、服用のタイミングを知らせる容器を、大塚製薬とNECが開発すると発表。飲んだ記録を、家族のスマホに通知する機能も搭載する。(2016/9/7)

はしか、関西空港従業員以外にも感染が確認と大阪府
患者はりんくうプレミアム・アウトレット周辺を訪れていた。(2016/9/5)

はしか患者がイベントに参加していた コトブキヤが注意喚起
8月26日の「es fest 06 SUMMER NiGHT〜サマナイッ☆〜」に参加した皆さまへ。(2016/9/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。