ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

堅実さと斬新さが同居するリコー初のフルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1」
リコーイメージングが、PENTAXのレンズ資産を生かせるフルサイズデジタル一眼レフカメラをついにリリースした。PENTAXらしい、ユニークな機能を搭載しつつ、しっかりと解像感の高い写真が撮れるのが印象的だ。(2016/6/27)

エントリークラスながら防塵防滴、超解像や超高感度にも対応した「PENTAX K-70」
リコーイメージングから、コンパクトサイズのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-70」が登場。ボディー単体で10万円を切るエントリークラスながら、機能が豊富なのがポイントだ。(2016/6/9)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月25日〜5月1日):
ニコン「D500」とリコー「PENTAX K-1」が発売即トップ10入り
トップ3は変わらないが、4月28日発売の新機種ニコン「D500」とリコーイメージング「PENTAX K-1」がいきなりトップ10入りしてきた。(2016/5/9)

フルサイズセンサー搭載の「PENTAX K-1」 4月28日発売
35mmフルサイズのCMOSセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」の発売日が決まった。4月28日に、グリップや標準ズームレンズなどと共に発売になる。(2016/4/12)

ペンタックス初のフルサイズ一眼「PENTAX K-1」、4月28日発売
ペンタックスブランド初の35ミリセンサー搭載フルサイズ一眼レフカメラ「PENTAX K-1」が4月28日に発売する。(2016/4/12)

ペンタックス初のフルサイズ一眼「PENTAX K-1」発表
ペンタックスブランド初の35ミリフルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」が4月下旬に発売へ。(2016/2/18)

フルサイズ対応の標準ズーム「HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR」
35ミリフルサイズセンサーのイメージサークルに対応した標準域の4倍ズームレンズが登場。PENTAX K-1の常用レンズに最適な設計となっている。(2016/2/18)

PENTAX初のフルサイズセンサー搭載デジタル一眼レフ「PENTAX K-1」発表
リコーイメージングが、PENTAX初のフルサイズデジタル一眼「PENTAX K-1」を発表。5軸手ブレ補正機構、上下左右に向きを変えられるフレキシブルチルト式液晶などを搭載する。(2016/2/18)

中古デジタルカメラ販売ランキング(11月26日〜12月2日):
リコーイメージング「PENTAX K-3」が約半年ぶりに1位を獲得
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週はリコーイメージング「PENTAX K-3」が急上昇。約半年ぶりの1位となった。(2015/12/8)

中古デジタルカメラ販売ランキング(6月18日〜6月24日):
リコーイメージングの「PENTAX K-3」と「GR」が1位、2位を飾る
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週はリコーイメージングの「PENTAX K-3」が1位だった。(2015/6/29)

リアル・レゾリューションの解像感は必見、デジタルならではの面白さも搭載――「PENTAX K-3 II」
リコーイメージングのAPS-Cセンサー搭載一眼レフ最上位モデル、「PENTAX K-3 II」の特徴は、高い解像感が得られる「リアル・レゾリューション・システム」。そしてGPSも面白い。(2015/6/5)

高性能手ブレ補正や超解像技術を採用した、Kシリーズ最上位一眼レフ「PENTAX K-3 II」
リコーイメージングから、デジタル一眼レフカメラ「Kシリーズ」の最上位モデル「PENTAX K-3 II」が登場。センサーを1画素分ずつずらして4回撮影し、高精細な写真を撮影する「リアル・レゾリューション・システム」などの新機軸を搭載した。(2015/4/23)

防じん・防滴対応では世界最小、バリアングルモニター採用のデジタル一眼「PENTAX K-S2」
雨の中や水しぶきがかかるようなシーンでも安心して撮影できる防じん・防滴機能を備えたデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-S2」が登場。コンパクトなサイズながらバリアングルモニターやWi-Fiなども備える。(2015/2/10)

鍵束やナイフも怖くない:
ケンコー・トキナー、硬度9H以上「PRO1D液晶保護ガラス」に5種追加
ケンコー・トキナーが、表面硬度9H以上を誇る「PRO1D液晶保護ガラス」シリーズにキヤノン「EOS7D Mark II」用、ペンタックス「K-3」用など5種類を追加する。(2015/1/7)

リコーイメージング、期間限定の特別カラーモデル「PENTAX K-S1 Sweets Collection」発売
リコーイメージングから、スイーツをモチーフにした限定色の「PENTAX K-S1」が登場。(2014/10/23)

ボディライトインタフェース搭載:
リコー、コンパクトサイズのデジタル一眼レフ「PENTAX K-S1」を発表
LEDを用いた独特のインタフェースが特徴の、近未来的なデザインを採用したデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-S1」が登場。スタンダードモデルという位置付けながらもスペックは高い。(2014/8/28)

「EISAアワード2014-2015」発表 国内主要メーカーの多くの製品が受賞
欧州の権威ある賞、「EISAアワード」が発表された。2014-2015年はX-T1やEOS Kiss X70、D4s、OM-D E-M10、LUMIX DMC-GH4、α7R、PENTAX K-3などが受賞した。(2014/8/19)

「PENTAX K-3 Prestige Edition」、発売日を8月29日に延期
リコーイメーイングが、「PENTAX K-3 Prestige Edition」の発売日を8月29日に延期すると発表した。選用部材の調達遅れが原因。(2014/8/4)

ガンメタルカラーの「PENTAX K-3 Prestige Edition」 2000台限定で発売
リコーイメージングが、ガンメタルカラーの「PENTAX K-3 Prestige Edition」を発表。8月8日から2000台限定で販売する。(2014/7/24)

ホワイトもある:
シャープ、録画対応のAQUOSプライベートモデル「Kシリーズ」
シャープは、液晶テレビ“AQUOS”の新製品として、個室や寝室での利用に適したパーソナルモデル「Kシリーズ」3機種6モデルを発表した。USB外付けHDDへの録画をサポート。(2014/7/11)

新しい補正機能が加わりました:
「PENTAX K-3」に新ファームウェア――「回折補正」を新たに搭載
「回折」を画像エンジンで補正する機能が加わった。(2014/7/10)

「PENTAX K-3」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「PENTAX K-01」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「PENTAX K-30」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「PENTAX K-5 IIs」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「PENTAX K-5 II」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「PENTAX K-50」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

防じん防滴エントリー「K-50」に300ミリダブルズームキットが追加
防じん防滴機構に視野率100%ファインダーを備えた、リコーのエントリークラス一眼レフ「K-50」に55-300ミリレンズをセットした新キットが登場。(2014/2/25)

「K-3」に「ローパスセレクターブラケット」追加の新ファームウェア
リコーイメージングが「PENTAX K-3」の新ファームウェアを公開した。適用することで、新機能「ローパスセレクターブラケット」が利用可能となる。(2014/2/5)

「PENTAX K-50」「PENTAX Q7」キャッシュバックキャンペーンが期間延長
リコーイメージングが「PENTAX K-50」「PENTAX Q7」を対象としたキャッシュバックキャンペーンの期間延長を発表した。3月30日まで延長する。(2014/2/3)

「PENTAX Q7」「K-50」購入で最大7000円のキャッシュバックキャンペーン
リコーイメージングが「PENTAX Q7」「K-50」購入で最大7000円のキャッシュバックを行う「Enjoy Your Color!! キャンペーン」を開始した。(2013/12/5)

ローパス効果が選べる高解像一眼レフ――リコーイメージング「PENTAX K-3」
近ごろはローパスフィルターを省くことで高解像を実現したデジカメが増えている。中でも「PENTAX K-3」は、ローパス効果のオン/オフが選べるユニークな新機能を搭載。その性能を検証してみよう。(2013/11/18)

「PENTAX K-3」発売日決定 限定版は完売
「ローパスセレクター」を備えたデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-3」の発売日が決定した。(2013/10/22)

JVCケンウッドが新「Kシリーズ」を発表、ハイレゾ対応のネットワークアンプ「A-K905NT」など4製品
ケンウッドから新世代の「Kシリーズ」が登場。ハイレゾ音源再生に対応したネットワークアンプ「A-K905NT」を含む4製品だ。(2013/10/10)

「PENTAX K-3」体験会、全国5都市で開催
リコーイメージングは新製品「PENTAX K-3」を実際に手にして体験できる「PENTAX K-3 体感&トークライブ」を10月26日より全国5つの会場にて開催する。(2013/10/8)

オリジナルカメラバッグなど当たる、「PENTAX K-3」デビューキャンペーン
リコーイメージングはシリーズ最上位モデル「PENTAX K-3」の発売を記念したキャンペーンを実施する。写真家 吉村和敏氏監修のオリジナルダイアリーのほか、カメラバッグ、ストラップが抽選であたる。(2013/10/8)

ローパス効果ON/OFF可能  シリーズ最上位一眼レフ「PENTAX K-3」
リコーイメージングがデジタル一眼レフ「Kシリーズ」の最上位モデル「PENTAX K-3」を発売する。コンパクトな防じん防滴ボディにローパスレス仕様センサーを搭載し、ローパス効果のON/OFFも可能だ。(2013/10/8)

リコー「GR」に47ミリクロップなど機能拡張ファームウェア
リコーイメージングが「GR」および「PENTAX K-5 II/IIs」の最新ファームウェアを公開した。GR用は適用することで各種機能が拡張される。(2013/10/3)

出し惜しみなし、贅沢すぎるエントリー向け一眼レフ――リコー「PENTAX K-50」
防じん防滴ボディに視野率100%ファインダーを備え、連写は秒6コマに、感度は最大ISO51200に、バッテリーは4種類に、カラバリは120種類に対応。そんな贅沢(ぜいたく)なエントリー機「K-50」を使ってみた。(2013/9/3)

「PENTAX Q7」「PENTAX K-50」に全10色のグリップラバー交換サービス
ペンタックスリコーが「PENTAX Q7」ならび「PENTAX K-50」のグリップラバー交換サービスを開始した。(2013/7/24)

デジ一眼「K-01」特別カラーで復活 「再販のご要望」に応えて
マーク・ニューソン氏がデザインしたデジタル一眼カメラ「PENTAX K-01」の新色「ホワイト×ブルー」が発売。(2013/7/5)

マーク・ニューソンデザイン「PENTAX K-01」に夏らしさあふれる新色
ペンタックスが「PENTAX K-01」のカラバリモデル「PENTAX K-01 レンズキット ホワイト×ブルー」を発売する。(2013/7/4)

「PENTAX Q7」「PENTAX K-50」のイメージキャラクターに俳優の向井理さん
「PENTAX Q7」「PENTAX K-50」のイメージキャラクターに俳優の向井理さんが起用される。(2013/6/28)

クラス初、防じん防滴エントリーデジタル一眼「PENTAX K-50」
ペンタックスリコーより、エントリークラスとしては初めて(同社)、防じん・防滴構造を備えたデジタル一眼レフ「PENTAX K-50」が発売される。120色のカラーオーダーサービスも実施する。(2013/6/13)

「K-30」最新ファームウェア公開 1.03での動作不安定を解消
ペンタックスはデジタル一眼レフカメラ「K-30」の最新ファームウェアを公開した。バージョンは1.04。1.03適用機材においてまれに発生する動作の不安定さが修正される。(2013/4/4)

ペンタックス、K-5 IIなど5モデルに最新ファームウェア
ペンタックスがデジタルカメラ「K-5 II」「K-5 IIs」「K-30」「K-01」「K-5」「K-r」の最新ファームウェアを公開した。(2013/2/8)

ペンタックス、液晶コントラスト調整可能な「K-5 II/K-5 IIs」最新ファームウェア
ペンタックスが「PENTAX K-5 II/K-5 IIs」の最新ファームウェアを提供開始した。バージョンは1.01。(2013/1/17)

風景をくっきりと再現するローパスレスの魅力――ペンタックス「K-5 IIs」
ペンタックス「K-5 IIs」は、ローパスフィルターを省くことで高解像を実現したデジタル一眼レフカメラだ。従来機から進化したAF性能と液晶モニタにも注目。そのレビューをお伝えしよう。(2012/11/29)

コントラストAF性能向上など、「K-30」新ファームウェア
ペンタックスがデジタル一眼レフ「K-30」の新ファームウェア(バージョン1.01)を提供開始した。適用することで全体的な動作安定性が向上するほか、コントラストAFの性能も向上する。(2012/10/25)

AF性能向上など「PENTAX K-01」最新ファームウェア
ペンタックスは「PENTAX K-01」の最新ファームウェアを提供開始した。適用することで、AF性能や全体的な動作の安定性が向上する。(2012/10/11)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。