ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PowerShot N」最新記事一覧

カジュアルに楽しみたい人向けのミラーレス――キヤノン「EOS M10」
「EOS M2」までのカジュアル路線を継承した、スタイリッシュなミラーレス一眼「EOS M10」は、ハイエンド志向の「EOS M3」とは対照的なエントリーモデルだ。(2015/11/21)

EVFは欲しかったけど:
コンパクトなボディに“G”の名にふさわしい高画質――「PowerShot G7 X」
キヤノンから登場した、1型センサー搭載のハイエンドコンパクト「PowerShot G7 X」は、ボディのサイズ感こそPowerShot S120をほうふつとさせるが、その画質の高さはプレミアムコンパクトの名にふさわしい。(2014/10/9)

生地を溶かしてくっつけています:
ケンコー・トキナー、高い防水性能を発揮する「インターセプター」シリーズのデジカメ用ポーチ
防水の生地を縫い合わせずに溶着で仕上げた、防水性能が高いデジカメ用ポーチが登場する。(2014/7/25)

人と違うカメラっていいよね オンリーワンのカメラ5選
(2014/7/22)

30倍ズームの動画デジカメ「PowerShot SX700 HS」で春の動物園を撮ってみる
いまさらと言わず、家族との行楽ならばぜひとも手にして欲しいのが最新のコンパクトデジカメ。30倍ズームでフルHD動画もブレずに撮れて携帯も苦にならない、そんなキヤノン「PowerShot SX700 HS」を手に動物園へ出掛けてみた。(2014/4/17)

「iVIS mini」「PowerShot N」 どーんと130台お貸し出しキャンペーン
キヤノンはデジタルビデオカメラ「iVIS mini」とコンパクトデジタルカメラ「PowerShot N」を合計130台、無料で貸し出すキャンペーンを開始する。(2014/4/10)

レンズ2つでその場の雰囲気を残す、「PowerShot N100」発売日が決定
インとアウト、2つのレンズを備えたコンパクトデジタルカメラ「PowerShot N100」の発売日が決定した。(2014/4/4)

フルチェンジした2代目は破格の高画質 「PowerShot G1 X Mark II」
コロナとコロナ マークIIくらい違うというかそんな例えはアレだが、G1 XとG1 X Mark IIは全然違う。もうフルモデルチェンジ。1.5型の大型センサー&明るいズームのオンリーワンモデルである。(2014/4/1)

“場の雰囲気”をまるっと残す、レンズが2つの不思議なカメラ「PowerShot N100」で遊んでみよう
前作はシャッターボタンがなかった。最新作はレンズが2つ。なんともアグレッシブなシリーズである。撮る人と撮られる人を同時に撮るとどうなるか、そんなカメラのファーストインプレッションをお届けする。(2014/3/6)

CP+ 2014:
注目は「PowerShot G1 X Mark II」、能年玲奈さんもサプライズ登場 キヤノンブース
キヤノンブースでの注目は1.5型センサーを搭載した「PowerShot G1 X Mark II」。その操作性や画質を手にとって体験できる。初日には「EOS M2」のテレビCMに登場する能年玲奈さんも姿を見せた。(2014/2/13)

表現力を増した“動画コンパクト”第二章 キヤノン「PowerShot SX700 HS」
ヤノンはコンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX700 HS」を発売する。「PowerShot SX280 HS」の優れた動画性能はそのままにレンズを強化、さらには1シャッターで“いい感じ”の写真が撮れる「クリエイティブショット」も搭載した。(2014/2/12)

撮影者も一緒に写る、ストーリーを撮って見られる、「PowerShot N100」
キヤノンはインとアウト、2つのレンズを備えたコンパクトデジタルカメラ「PowerShot N100」を発売する。“大切な写真”を簡単に1本の動画とする再生支援機能も搭載する。(2014/2/12)

予期しない写真に出会える「IXY 630」 キヤノンから
コンパクトデジカメ「IXY」の新製品「IXY 630」はニュアンスの異なる5枚の写真を自動生成する「クリエイティブショット」を備え、独創的な写真を簡単に撮影できるシリーズハイエンドだ。(2014/2/12)

デジカメプラス 週間トップ10:
本格導入の始まった像面位相差AF、まだまだ気になるフルサイズ
デジカメプラスにて、1週間に読まれた記事のアクセス数をランキングする週間トップ10。今回は2013年5月20日から5月26日までを集計しています。(2013/5/31)

長期試用リポート:
「PowerShot N」第2回――ついクリエイティブショットで撮っちゃう不思議
何とも不思議な形状の「PowerShot N」だが、「クリエイティブショット」で撮れる写真も何とも不思議。そこでいろいろ撮ってみるのだ。(2013/5/20)

長期試用リポート:
「PowerShot N」第1回――面白がれるヒトの勝ちって感じ、かな
GW直前、シャッターボタンのないカメラこと「PowerShot N」が届いた。使いにくいっちゃ使いにくいんだけど、面白がろうとアレコレできる人にとってはとっても楽しい、そんなカメラなのだ。(2013/5/13)

ITmedia エンタープライズ刷新キャンペーン:
人気デジカメ「PowerShot N」が当たる! 2等はAmazonギフト5000円分
「ITmedia エンタープライズ」は4月1日に「@IT情報マネジメント」と統合・リニューアルしました。これを記念し、メルマガ購読キャンペーンを実施します。4月末までにお申込みいただいた方を対象に、豪華プレゼントをご用意しました。この機会にぜひ、無料メールマガジンにご登録ください!(2013/4/2)

IBM CMO+CIO Leadership Forum Report:
IBMがマーケティング分野にフォーカスする理由
2013年3月6日に開催された「CMO+CIO Leadership Forum」。全世界のCMOやCIOが「マーケティング環境は激変している」との見解を示す中、マーケティングに携わるエグゼクティブが一堂に会し、企業や立場の垣根を越えて「今後のマーケティング戦略において何が必要なのか」を探求するイベントだ。現状の課題や今後のマーケティングの方向性を検証する中、IBMが今後マーケティング分野へ本腰を入れて取り組んでいくことが明らかとなった。(2013/3/14)

「PowerShot N」 初回予約分は開始日に終了
コンパクトデジタルカメラ「PowerShot N」の予約受付が開始され、初回分は同日中に終了した。(2013/3/12)

デジカメプラス 週間トップ10:
注目集める「COOLPIX A」
デジカメプラス週間トップ10、今回のアクセストップは3月下旬の販売開始が予定されているニコンの高級コンパクトデジカメ「COOLPIX A」のニュース記事でした。(2013/3/12)

「PowerShot N」の予約受付開始 「ステッチブラック」は初回分終了
コンパクトデジタルカメラ「PowerShot N」の予約受付が開始された。「ステッチブラック」モデルは初回予約分の受付が終了している。(2013/3/12)

IBM CMO+CIO Leadership Forum Report:
キヤノンの異色デジカメ「PowerShot N」が生まれた理由
米IBMおよび日本IBMが、オンラインマーケティングのカンファレンス「CMO+CIO Leadership Forum」を都内で開催。ユーザーとして登壇したキヤノンマーケティングジャパンの村瀬会長は「データの分析が新ビジネスにつながる」と話す。(2013/3/6)

デジカメプラス 週間トップ10:
PowerShot Nには「レンズチルト」のアイディアも
デジカメプラスにて、1週間に読まれた記事のアクセス数をランキングする週間トップ10。D7100やPowerShot Nなど、今月発売の製品に話題が集まりました。(2013/3/4)

“いいノイズ”でありたいカメラ――「PowerShot N」の誕生と期待を聞く
デジタル写真の多くがスマホで撮られる時代、コンパクトデジカメはどうやってその存在感を示していくか。キヤノン「PowerShot N」はその課題に挑む製品といえる。(2013/3/1)

シャッターボタンがないカメラ「PowerShot N」 発売日決定
シャッターボタンのない真四角なボディに新提案を詰め込んだ「PowerShot N」の発売日が決定した。(2013/2/28)

デジカメプラス 週間トップ10:
カメラアングルの変化でアクセントを加えてみよう
デジカメプラスにて、1週間に読まれた記事のアクセス数をランキングする週間トップ10。今回は新連載「デジカメスナップ虎の巻」の第1回が人気でした。(2013/2/13)

シャッターボタンがないカメラ、「PowerShot N」の面白さを探ってみよう
シャッターボタンがないカメラ、キヤノン「PowerShot N」は老舗メーカーが作ったとは思えない思い切りがたくさん詰まってる。ならではの面白さを探ってみたのだ。(2013/2/12)

CP+ 2013:
CP+ 2013に見えた 3つのデジカメトレンド
“大物”のお披露目がなかった今年の「CP+」だが、注目すべき傾向が何点か伺えた。キーワードは「いい感じを簡単に」「ミラーレスの進化」「つながる技術」だ。(2013/2/8)

写真と動画で見る「PowerShot N」
キヤノンが発売する“マシカクカメラ”こと「PowerShot N」がやってきた。非常に特徴的なそのスタイルと「クリエイティブショット」を写真と動画で紹介する。(2013/2/7)

CP+ 2013:
PowerShot Nに興味津々、プリンタ関連も充実のキヤノンブース
新モデルを投入したIXY新製品と、飛び道具的な「PowerShot N」が人気のキヤノンブース。写真を撮った後の楽しみ方もしっかりとフォローするブース作りとなっていた。(2013/2/1)

「いいね!」写真を簡単に 新提案の詰まった「PowerShot N」
「いいね!」してもらえる、しゃれた写真を簡単に――シャッターボタンのない真四角なボディに新提案を詰め込んだ「PowerShot N」が国内でも発売される。(2013/1/29)

デジカメプラス 週間トップ10:
人気ミラーレスが当たるデジカメプラスのキャンペーン、まだまだ受付中です
リニューアル記念プレゼントキャンペーン、まだまだ受付中です。(2013/1/21)

2013 International CES:
CESで見かけた、とっても気になるカメラたち
CES 2013の取材中、キヤノン、ポラロイド、富士フイルムのブースで見かけた面白い&新しいカメラたち。本記事では3機種まとめて紹介したい。(2013/1/17)

2013 International CES:
何とも不思議なマシカクカメラ 「PowerShot N」をCESで発見
米CanonがCES 2013にて、正面から見るとほぼ真四角なフォルムのユニークなデジタルカメラ「PowerShot N」を発表した。価格は299.99ドル。(2013/1/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。