ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タッチパネル」最新記事一覧

発想がスゴイ! 皮膚でスマートウォッチを操作する「Skin Track」
自分の腕をタッチパネル化できる。そう、「Skin Track」ならね。(2016/5/11)

折り曲げても割れにくいタッチパネルが可能に:
線幅0.8μmを実現する新原理の印刷技術を開発
産業技術総合研究所(産総研)の山田寿一主任研究員らは、東京大学や山形大学、田中貴金属工業と共同で、線幅0.8μmの微細な電子回路を簡便に印刷できる技術を開発した。フレキシブルなタッチパネルセンサーなどへの応用を進めている。(2016/5/2)

パナソニック、Intel Pro WiDiにも対応した大画面タッチパネル液晶計3モデル
パナソニックは、電子黒板などに向くタッチパネル搭載の大画面液晶ディスプレイ計3モデルを発表した。(2016/4/25)

EIZO、タッチパネル液晶の全モデルにWindows 10対応ドライバを提供
EIZOは、タッチパネル液晶ディスプレイ計16機種のWindows 10対応を発表した。(2016/4/14)

環境に優しく、ランニングコストも安価:
ITO膜をレーザーで直接加工、10μmのL/S
リコーインダストリアルソリューションズは、「第26回 ファインテック ジャパン」で、タッチパネルなどに用いられる機能性フィルムなどを加工するためのレーザーパターニング装置などを展示した。(2016/4/8)

Acer、24型タッチ液晶のビデオ会議端末「Chromebase for Meetings」を799ドルで発売
Acerが、Googleハングアウトに対応したオールインワンのビデオ会議端末「Chromebase for Meeting」を799ドル(約8万9000円)で発売した。タッチパネル付きの24型ディスプレイにカメラとマイクも組み込まれている。(2016/4/4)

思わず買った 便利さと質の高さを両立させたコンデジ――パナソニック「LUMIX TX1」
1型センサー搭載で、倍率の高いズームレンズを搭載していて、タッチパネルで、EVFがあって……。欲しい条件を積み上げていくと、なかなかしっくりするモデルがなかったのだが、ついにこれというモデルが発売された。それが「LUMIX TX1」。(2016/3/31)

ニューヨークモーターショー2016:
プライムな新型「プリウスPHV」は4人乗り、テスラばりの縦長タッチパネル搭載
トヨタ自動車は、「ニューヨークモーターショー2016」において、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」の新モデルを初公開した。モーターを2個とも走行に利用できる「デュアルモータードライブシステム」を採用しEV走行距離も60km以上に引き上げた。2016年秋に日米欧で発売する。(2016/3/24)

VIAとJapanTaxiが新システムを開発:
IoTモビリティは“タクシー体験”を変えられるか
VIA TechnologiesとJapanTaxiは、タクシー向けIoTモビリティシステム「AMOS-825」を発表した。カーナビゲーションとIP無線配車システムを統合し、タッチパネルと接続することで表示/操作が可能だ。JapanTaxiは、タクシー全体を1つのパッケージとしたシステムの開発を進める。(2016/3/16)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(8):
周辺機器の充実した「MAX 10 NEEK」で本格的な開発を目指す
FPGA開発において周辺機器(回路)は見落とせない要素の1つ。タッチパネルや各種出入力などを備えた「MAX 10 NEEK」を導入して、本格的な開発を目指す。(2016/3/10)

エプソン、受付端末などにも向く15.6型タッチパネル一体型PC「Endeavor TD160E」
エプソンダイレクトは、15.6型タッチパネル液晶を内蔵した業務用一体型PC「Endeavor TD160E」を発表した。(2016/2/23)

より使いやすく、より高性能に!:
キーサイトがスペアナ一新し、全機種タッチ対応に
キーサイト・テクノロジーは、主力のスペクトラムアナライザー製品群「Xシリーズ」を一新した。これまでハイエンド機種に限って搭載していたタッチパネルインタフェースを全機種に搭載した他、性能向上を図った。価格については、従来の価格帯とほぼ同じに据え置いた。(2016/2/15)

音楽、動画プレイヤーにもなる:
PLANEX「かんたんインターネットラジオ」――全国100局以上のラジオ局が聴ける
タッチパネル/ステレオスピーカー搭載「PLANEXかんたんインターネットラジオ」(MZK-WDPR-R01)が登場。価格は4980円(税込)。(2016/2/8)

VoLTE、Wi-Fiテザリング対応のauケータイ「GRATINA 4G」【画像追加】
auは、4G LTEに対応し、VoLTEやWi-Fiテザリングが利用できるauケータイ「GRATINA 4G」を発表した。ダイヤルキー部分がタッチパネルのように使える機能も備えた。(2016/1/12)

FAニュース:
屋外向け産業用カラーTFT液晶モジュールのサンプル提供を開始
三菱電機は、産業用カラーTFT液晶モジュール「DIAFINE」の新製品サンプルを2016年1月5日から提供開始する。厚さ5mmの保護ガラス上からでも操作ができる投影型静電容量方式のタッチパネルを搭載している。(2016/1/12)

UPQ、「UPQ Phone A01X」を発売 タッチパネルとストレージを強化
UPQ(アップ・キュー)の「UPQ Phone A01」がマイナーチェンジして「UPQ Phone A01X」として登場する。タッチパネルとストレージを強化し、価格は300円増しの1万4800円となる。(2015/12/21)

ライカ初のフルサイズミラーレス「ライカSL」 タッチパネル搭載、4K動画撮影も
ライカが同社初のフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼「ライカSL」を11月末に発売する。(2015/10/21)

iiyama、IP65準拠の防じん/防水に対応した業務用21.5型タッチパネル液晶「ProLite T2234MC-B1X」
マウスコンピューターは、iiyamaブランド製となる業務用21.5型タッチパネル液晶ディスプレイ「ProLite T2234MC-B1X」を発表した。(2015/10/21)

新PCに買い替えるチャンス:
対象のWindows 10搭載デバイス購入で下取り最大1万円増額――10月15日から
対象となるWindows 10搭載デバイスはタッチパネル搭載の計75種類(2015/10/14)

LINEが使えるVoLTE対応のシニア向け端末「かんたん携帯9」
AndroidベースのOSを採用。タッチパネルではなくダイヤルキーで操作し、かんたん携帯シリーズの使い勝手を継承した。(2015/10/8)

打たれ強さ◎:
コンパクトなタフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」
手袋をしていても使えるタッチパネルには、衝撃と傷に強いGorilla Glass 4を採用。ストラップホールも備えた。(2015/9/30)

RSコンポーネンツ、「Raspberry Pi」用の7型タッチパネル液晶など2製品を発売
RSコンポーネンツは、「Raspberry Pi」シリーズ用となる公式アクセサリー計2製品の取り扱いを開始した。(2015/9/24)

EIZO、横からの盗み見を抑制する“マイナンバー対応”の17型タッチパネル液晶
EIZOは、周囲からの覗き見を抑制可能なプライバシーフィルターを標準装備した17型タッチパネル液晶「DuraVision FDS1721T-PF」を発表した。(2015/9/16)

新Apple TV、新リモコン+App Storeで登場 Siriにも対応 10月発売
Appleが新「Apple TV」を発表。ほぼ予想通りの内容で、Siriに対応する新リモコンにはタッチパネルとセンサーが付き、「tvOS」のアプリストアも登場した。価格は32Gバイトモデルが140ドル、64Gバイトモデルは199ドルで10月下旬に発売の予定だ。(2015/9/10)

もう真っ黒にならない!:
偏光サングラスでもハッキリ見えるタッチパネル
SMKは、偏光サングラス対応機能を付加したの静電容量方式タッチパネルを開発したと発表した。見る角度によって、画面が真っ黒になるブラックアウト現象や虹模様の発生を抑えるという。(2015/9/4)

タッチパネルの革命キタコレ! キーボードにもペンタブにもなる感圧マルチタッチ「Sensel Morph」
これめっちゃ未来感じますわ!!(2015/8/26)

車載電子部品:
静電容量式車載タッチパネルの市場規模が5年で10倍以上に、抵抗膜式を逆転
矢野経済研究所の調査によれば、2020年の世界全体の車載タッチパネル市場規模は、2015年比で約2倍の5640万枚まで拡大する見込みだ。中でも静電容量式の車載タッチパネルについては、2015年の258万枚から、2020年には10倍以上となる3320万枚を記録するとしている。(2015/8/26)

車載電子部品:
車載タッチパネルの主流は静電容量方式へ、パナソニックが曲面を実現
パナソニックが、カーナビやディスプレイオーディオの操作を行うタッチパネルインタフェース部品として「静電容量方式 曲面タッチパネル」の量産を始める。抵抗膜方式を置き換える形で、徐々に浸透し始めていた静電容量方式の車載タッチパネルだが、曲面の実現によってさらに採用が加速しそうだ。(2015/8/10)

車内コクピットのデザイン性と操作性を向上:
車載用曲面タッチパネル、パナソニックが量産
パナソニックは、静電容量方式の曲面タッチパネルの量産を始めた。高い視認性や操作性、信頼性を実現しつつ、車内コクピットのデザイン性も向上できる製品である。(2015/8/7)

0.01Nレベルの小さな応力から検出が可能:
アルプス電気、MEMS方式の小型フォースセンサー
アルプス電気は2015年8月、MEMS方式で0.01Nレベルの応力から検出可能な小型フォースセンサー「HSFPARシリーズ」の量産を開始したと発表した。タッチペン(スタイラスペン)やタッチパネルなどのインプットデバイスの圧力検知やロボットの姿勢制御などに適しているという。(2015/8/6)

Apple、「太陽電池組み込みタッチパネル」の特許を取る
Appleが、iPhoneやiPadなどのタッチパネルに応用できる「太陽電池組み込みタッチパネル」の特許を取ったことが分かった。(2015/7/21)

4K対応ICやLCD駆動&タッチ制御一体IC:
旧ルネサスSPとの合作第1弾ICを発表
Synaptics(シナプティクス)は2015年7月15日、液晶ディスプレイドライバ機能とタッチパネルコントローラ機能を1チップ化したIC「ClearPad 4300」を発表した。買収したルネサスSPドライバの技術ノウハウを本格的に取り入れた第1弾製品だという。(2015/7/15)

FAニュース:
ARMプロセッサ搭載の5.7インチタッチパネルLCD一体型パネルコンピュータ
コンテックは、5.7インチタッチパネルLCD一体型のパネルコンピュータ「PT-40シリーズ」を発売した。ARMプロセッサを内蔵したSoC「AM3354」や、ストレージにSDカードを採用した完全スピンドルレス設計を採用した。(2015/7/14)

ドコモ、「Xperia Z4 SO-03G」のタッチパネル不具合を解消するアップデート
NTTドコモのスマートフォン「Xperia Z4 SO-03G」がアップデートを実施。タッチパネルに関する不具合を解消する。(2015/7/9)

Raspberry Pi:
公式ケースに丸型ディスプレイなどRaspberry Piアクセサリ
アールエスコンポーネンツは「Raspberry Pi」シリーズで使用できるアクセサリーに公式ケースや3.5インチタッチパネルなど新製品を追加、販売を開始した。(2015/7/6)

「Xperia Z4 SOV31」でタッチパネルの不具合を改修するソフトウェア更新
KDDIの「Xperia Z4 SOV31」が、不具合を解消するソフトウェアアップデートを実施した。(2015/7/3)

Siemens PLM Connection Japan 2015:
「NX」の戦略を紹介――タッチパネル操作やCAEで点群利用のデモも
シーメンスPLMソフトウェアはユーザーイベントの中で、「NX」の最新バージョンである「NX10」の新技術や開発方針、製品ラインアップの強化などについて語った。(2015/6/19)

M&A:
Cypress、モバイル機器向けタッチパネル制御IC事業を1億米ドルで売却
Cypress Semiconductorは2015年6月、スマートフォンなどモバイル機器向けタッチパネル制御IC事業を米半導体メーカーに売却すると発表した。家電、車載機器向けタッチパネル制御IC事業はCypressが継続して行う。(2015/6/15)

エネルギー管理:
発電・売電・消費量がひと目でわかる、出力制御にも対応できる家庭用モニター
太陽光発電を実施する家庭のエネルギー管理が進化してきた。住宅内の壁に設置したカラーモニターに発電量や売電量を表示しながら、電力会社による出力制御にも対応することができる。タッチパネルで部屋別の電力消費量をグラフで表示するほか、発電中の異常履歴を記録して保守にも生かす。(2015/5/25)

緊急レビュー:
「Xperia Z4」は雨の日でも“Ingressのグリフハック”ができるスマホだった!
KDDIの発表会でXperia Z4のデモを見て、「これはIngressに使えるのでは?」と驚いた。それは水でぬれてもタッチパネルが正常に動作すること。さっそく実際にぬらして“グリフハック”してみた。(2015/5/23)

シャープ、タッチ精度を高めた業務用80型タッチパネル液晶「BIG PAD」新モデルを発表
シャープは、業務用となるタッチパネル搭載80型ディスプレイ「BIG PAD」の新モデルを発表。精度を高めた静電容量方式タッチパネルを採用した。(2015/4/27)

高機能フィルム展:
樹脂カバー越しでも高感度で操作できるタッチパネル、曲面形状も可能
凸版印刷は、「第6回 高機能フィルム展」において、静電容量方式のタッチパネルを用いた車載機器の開発に最適な「3D銅タッチパネルモジュール」を展示した。樹脂カバー越しでも高感度で操作できることを最大の特徴とする。(2015/4/10)

SMK 静電容量方式ガラス/ガラス(G1G)タッチパネル:
ITO電極を上下2枚のガラスで構成した静電容量方式タッチパネル
SMKは、ITO電極を上下2枚のガラスで構成した静電容量方式ガラス/ガラス(G1G)タッチパネルを開発し、受注を開始した。ガラスを貼り合わせる構成を採用し、感度を高めた。(2015/3/30)

日立マクセル 薄膜高分子フィルム粘着テープ:
テープ厚10μmのタッチパネル用薄膜高分子フィルム粘着テープ
日立マクセルは、テープ厚10μmで透過率92%の「薄膜高分子フィルム粘着テープ」を開発した。光学特性に優れた薄膜高分子フィルムを基材とし、片面に接着力の高い粘着材を配置した。(2015/3/26)

組み込み開発ニュース:
あらゆる機器をIoTデバイスにするUIエンジン「paneE」
ACCESSは組み込み機器に、ネットワーク対応機能とタッチパネル操作機能を付加できるUIエンジン「paneE(パネイー)」の提供を開始した。(2015/3/24)

子ども向け“スマートウォッチ”登場 タッチパネルにカメラも搭載 タカラトミー「プレイウォッチ」
写真・動画撮影、ゲームなどが可能な子ども向けスマートウォッチ「プレイウォッチ」がタカラトミーから。(2015/3/13)

デル、動画編集向けノート「New XPS 13 Graphic Pro」にタッチパネル対応QHD液晶モデルを追加
デルは、動画編集向けの高性能ノートPC「New XPS 13 Graphic Pro」シリーズの販売ラインアップに3Kタッチパネル液晶搭載モデルを追加、販売を開始した。(2015/3/10)

SMK 大型抵抗膜方式FFBタッチパネル:
入力感重視の抵抗膜方式タッチパネル、15インチまでの大型化に成功
SMKはタッチ操作時に多彩な感触を得られるフォースフィードバックタッチパネルの大型化に成功。15インチまでの量産が可能となった。(2015/3/10)

BIGLOBE、ウェアラブル端末「cocolis」の開発プラットフォームをMWCへ参考出展&ブログも公開
BIGLOBEは、タッチパネルで操作できるAndroid搭載ウェアラブル端末「cocolis」の開発プラットフォームをモバイル製品展示会「MWC」へ参考出展。併せて開発チームのブログも公開した。(2015/2/25)

センシング技術 タッチセンサー:
同時にカラフルな書き込みができる電子黒板向け静電容量式タッチパネル
シャープは2015年2月、電子黒板などに用いる大型タッチパネルシステムとして、複数の手書きペン(スタイラス)を用いて、色や太さの異なる文字や線を同時に記入できる技術を開発したと発表した。(2015/2/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。