ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「鉄道」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!鉄道&路線→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で鉄道&路線関連の質問をチェック

「信号機」「遮断機」を簡単プログラミングで操る! 鉄道模型ファン向け「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」が発売
これ楽しそう、これなら簡単そう! 子どもの「よいテツ教育&プログラミング教育」にも。(2018/7/17)

動く、動くぞ! 紙の鉄道模型「かみてつ」を実際に「NEWS TV」で作ってみた
(2018/6/15)

6月15日午後6時30分ごろ放送:
【番組告知】鉄道模型「かみてつ」を「NEWS TV」で実演! 紙電車が走るまで帰れない? その出来栄えはいかに!?
(2018/6/15)

第3回生活のたのしみ展:
ペーパークラフトの鉄道模型「かみてつ」 紙の線路を紙の電車が走る
紙で作った線路の上を、紙で作った電車が走る――そんな鉄道模型のペーパークラフト「かみてつ」が、「第3回生活のたのしみ展」に出展されている。いったいどんな仕組みなのか。(2018/6/8)

鉄道グッズの日車夢工房、2017年内に閉店
18年の歴史に幕。(2017/10/12)

これを処分しちゃうのは惜しすぎる……! 亡くなったおじいちゃんが作っていた「鉄道ジオラマ」に感動と称賛の声
おじいちゃんの鉄道模型への思いが感じられる最高の作品です。(2017/10/8)

最大8路線の鉄道模型をスマホで動かせるシステムが始動 専用アプリは10種の運転台や実車の音を再現
営業走行中の先頭車両から撮影した風景を楽しめる、映像配信アプリも用意。(2017/9/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
小田急の特急ロマンスカーが残した足跡
小田急ロマンスカーの60周年を記念して、横浜駅から徒歩数分の原鉄道模型博物館で特別展「小田急ロマンスカー物語」が始まった。流線型に展望車、子どもたちの憧れだったロマンスカー。その功績は小田急電鉄の業績向上にとどまらず、世界の高速鉄道誕生のきっかけをもたらした。(2017/9/8)

鉄道好きは大阪へ 「鉄道模型フェスティバル」と「鉄たび展」 うめだ阪急で2つの鉄道フェアを開催
鉄道部品の販売もあります。(2017/8/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
きっぷをカプセルトイで売ってはいけない、なぜ?
JR北海道の新十津川駅で、地元有志が鉄道ファン向けにきっぷを販売した。JR北海道から正式に購入し、「ガチャガチャ」などと呼ばれるカプセルトイの自販機できっぷを販売するというユニークな手法で話題になったが、JR北海道から中止を求められた。これは観光ビジネスにとって教訓になりそうな事例だ。(2017/5/12)

ママさん設計者とやさしく学ぶ「機械材料の基本と試作」(2):
鉄は苦難の旅を経て、鉄鋼へと生まれ変わる――「鉄子の旅」
ママさん設計者と一緒に、設計実務でよく用いられる機械材料の基本と、試作の際に押さえておきたい選定ポイントと注意点を学んでいきましょう。今回は、鉄と炭素の量との関係や、材料記号でよくある「SUS」「SS」「S-C」の意味など、「鉄」に関するいろいろについて解説します。号泣必至の感動作(?)『MONOist 愛の劇場「鉄子の旅」』も、併せてお届けいたします。(2017/5/10)

ニコニコ超会議2017:
超鉄道ブース「東京メトロ公開解体買い付けショー」に鉄ちゃん大歓喜! 「京急旅行ゲーム」クリアでつり革プレゼントも
まさかの1発クリアでブースの係員さんを絶句させてしまう筆者。(2017/4/30)

盆栽風の鉄道ジオラマが並ぶ「盆ラマ展」がワビとかサビに楽しさをプラス
木々の中を鉄道模型が走る! 4月26日から大宮の高島屋で開催。(2017/4/25)

強みは「独自性」:
鉄道ファンの支持を集める「京浜急行」の秘密
京浜急行が、沿線住民のみならず、鉄道ファンの支持も集めている。その理由は、同社の独自性にあるようで……。(2017/4/24)

時刻表がスマホなどで見られる「デジタルJR時刻表」、JR・公民鉄すべてに対応 全私鉄の上下線の同時表示も
鉄道ファンにうれしいやつだこれ!(2017/4/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
事実上の廃線復活 可部線延伸から学ぶこと
新幹線開業などの大きな目玉がないせいか、今週末のJRグループダイヤ改正は大きく報じられない。しかし、鉄道ファンや交通問題に関心のある人には注目の案件がある。広島県の可部線が延伸する。たった1.6キロメートルとはいえ、事実上の廃線復活だ。JR発足30周年の年に、JRとしては初の事例ができた。(2017/3/3)

全国の鉄道車両を肴にビールはいかが? 月刊「鉄道ファン」監修による「ザ・モルツ」のARアプリ“俺鉄”が配信開始
大人だからこそ楽しめるARアプリ。(2017/1/18)

鉄道イラストびっしり! 鉄ちゃんが小学生の時に書いた列車研究ノートがスゴイ
現在はアフリカの鉄道に興味をもっているそうです。(2016/12/11)

ガチの鉄道ファン向け 香川県の鉄道会社、自宅などに本物の線路を敷ける権利販売 お庭のアクセントにいかが?
琴平線で使用されていた線路の敷設工事をしてくれます。(2016/10/30)

電車をつなげて消すパズルゲーム「連結!電車でGO!!」事前登録を開始 AC版「電車でGO!!」は鉄道フェスティバルに出展
事前登録者数に応じたプレゼントも用意されいてます。(2016/10/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
日本の鉄道史に残る改軌の偉業 北海道もチャンスかもしれない
鉄道ファンならずとも、JR北海道の行く末を案じる人は多いだろう。安全を錦の御旗とし、資金不足を理由に不採算路線を切り離す。それは企業行動として正しい。そして再生へ向けて動き出そうというときに台風・豪雨被害に遭った。暗い話しか出てこないけれど、今こそ夢のある話をしたい。(2016/9/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
中野電車区事故の教訓 鉄道施設公開イベントで何を学ぶか?
10月14日の「鉄道の日」に前後して、全国の鉄道会社で車両基地公開イベントなどが開催される。鉄道ファンや子どもたちが大好きな電車を間近で見る機会だ。しかし鉄道施設は職場であり、遊園地ではない。楽しいだけではなく、鉄道の危険と安全についても学んでほしい。(2016/9/16)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「電車には乗りません」と語った小池都知事は満員電車をゼロにできるか
東京都知事選挙で小池百合子氏が圧勝した。小池氏が選挙運動中に発した「満員電車をなくす、具体的には2階建てにするとか」が鉄道ファンから失笑された。JR東日本は215系という総2階建て電車を運行しているけれど、過酷な通勤需要に耐えられる仕様ではない。しかし小池氏の言う2階建てはもっと奇抜な案だ。そして実現性が低く期待できない。(2016/8/5)

700系、はやぶさ、ドクターイエローまで! 新幹線が描かれた限定プレミアムモルツ、ギフトセットで登場
12種類セットとコンビニ限定の4種類セットが登場。鉄道ファンへのお歳暮に良さそう。(2016/7/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
寝台特急「北斗星」の食堂車が授かった新たな使命
2015年3月に運行を終了した寝台特急「北斗星」。その食堂車が埼玉県川口市に移設され、レストランとして開業した。鉄道ファンのオーナー社長が趣味で始めた……と思ったら違った。その背景には高齢化社会と地域貢献に対する真摯(しんし)な思いが込められている。(2016/6/3)

埼玉県所沢市のふるさと納税に「実際に使われた西武鉄道の部品」 激レアの車掌スイッチや釣り手など
鉄道ファン歓喜の激レアアイテム。(2016/5/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ローカル鉄道と地域を支える“寄付ツーリズム”のすすめ
熊本地震における南阿蘇鉄道の被害が甚大だ。その支援のため、第三セクター鉄道4社が合同で寄付金を募る復興祈念切符を販売している。南阿蘇鉄道も義援金受け入れ口座を開設した。鉄道ファンとしては参加したい。寄付から始まる特別な思いが、大きな満足となる。(2016/4/29)

ミニチュアの町並みを歩けるぞ! Googleがドイツ・鉄道模型館の模型内ストリートビューを公開
こういうのやってみたかった。(2016/1/17)

ローソンで寝台特急キャンペーン! 「カシオペア」などオリジナル缶バッジをプレゼント
鉄道ファンにはたまらない企画。(2016/1/15)

アニメ好きも鉄道ファンもにっこり 「JTB時刻表」1月号が鉄道×アニメ特集で皆幸せになれそう
付録は、さまざまなアニメの鉄道が描かれたシーンを集めたカレンダー。(2015/12/22)

消臭剤「クレベリン」が謎の鉄道模型化 新幹線みたいなクレベリンが線路を走る映像がシュール
鉄道模型メーカー「KATO」とコラボ開発する本気っぷり。(2015/11/17)

鉄道ファン、集まれ〜! NHKFM、10時間半にわたって鉄道がテーマの楽曲を紹介する番組を放送
出演陣は南田裕介さん、松井玲奈さん、中川家礼二さんら鉄道ファンがずらり。(2015/10/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
秋は鉄道イベントの季節 そこにある2つの意味
9月から11月にかけて、鉄道会社主催のイベントが増える。全国各地から鉄道ファンが訪れ、沿線の人々も遊びに来る。なぜ鉄道会社はイベントを開催するか。そして来場者はそこでどう楽しみ、何を学べきか。(2015/10/2)

写真じゃないなんてウソだ! 鉄道ファンが作ったクハ103のCGが超リアル 「総レンダリング時間1000時間以上」
この世界……入れる!(2015/9/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
信州特急「あずさ」に新車が入ると伊豆特急「踊り子」が快適に?
新型電車の登場は明るい話題としてニュースになる。新しいデザインは未来を感じさせてくれるし、新しい技術はスピードと快適な乗り心地を予感させる。でも、鉄道ファンは新型を歓迎するだけではなく、旧型の行方も気になってしまう。(2015/8/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
地方鉄道活性化に「旅ラン」のご提案
地方鉄道にとって、観光誘客は重要だ。最近の流行は内装にこだわり、食事を提供する観光列車だ。鉄道ファン向けの運転体験イベントなどもある。もっと欲張って、異分野からの誘客を考えてみたい。今回はマラソンの世界を学び、地方鉄道との親和性を探った。(2015/5/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東日本がクルマの自動運転に参入する日が来る?
クルマの自動運転はすばらしい。未来の移動手段だ。しかし、鉄道ファンの私としては心がざわつく。クルマを自分で運転する必要がなく、鉄道並みの安全性と定時性が確保されたら列車は不要になるからだ。(2015/5/15)

杉山淳一の時事日想:
石破大臣も興奮! ウワサの583系「鉄コン列車」に潜入してきた
2014年12月23日、鉄道ファンに人気の電車「583系」による「鉄道コン」イベント列車が走った。主催団体会長の衆議院議員小池百合子氏、地方創生担当大臣の石破茂氏も乗車。出会いを求める男女、鉄道ファンなど、さまざまな人たちの思いが詰まったイベントだった。(2015/1/9)

杉山淳一の時事日想:
遊び心満載! 即決で商品化した「鉄道キャラメル」はいかが?
2014年12月からJR東日本の駅売店に「鉄道キャラメル」シリーズが並んでいる。中身は明治の定番商品「サイコロキャラメル」だ。これは面白い! 普段は「鉄道グッズなどに釣られるものか」と思っている筆者も、わしづかみしてレジに直行してしまった。(2014/12/26)

写真展:
第38回 鉄道ファン・キヤノンフォトコンテスト 入賞・佳作作品展
(2014/11/21)

杉山淳一の時事日想:
乗り物文化の重鎮を追悼 種村直樹さん、徳大寺有恒さん
2014年11月6日、レイルウェイ・ライターの種村直樹さんが亡くなった。78歳だった。その翌日の11月7日、自動車評論家の徳大寺有恒さんが亡くなった。74歳だった。鉄道と自動車、それぞれを愛し啓蒙した重鎮が相次いで去った。鉄道ファン、自動車ファンの多くが喪失感を抱いた。その思いを、感謝、そして新たな希望へ昇華させたい。(2014/11/14)

杉山淳一の時事日想:
新幹線開業の日、「ひかり2号」が時速210キロを出せたワケ
昭和39年の東海道新幹線開業日、ある秘策で“時速210キロ”を出しながら、なぜか山手線に“追い越された”。鉄道ファンには有名なエピソードについて、当時の運転士がその本当の理由を語った。新幹線愛である。(2014/10/3)

杉山淳一の時事日想:
なぜ甘い? 映画やドラマの鉄道考証──蒸気機関車C62形「129号機」のナゾ
映画やドラマの「鉄道考証」は、なぜズサンなのだろうか。制作側にも諸事情ありそうだし、駅や列車の場面は重要ではないかもしれないが、鉄道ファンには気になる。でも見方を変えると、そのズサンなところに資料的な価値が見つかったりもする。やっぱり映画は面白い。(2014/9/5)

杉山淳一の時事日想:
「お召し列車」の運行告知は、日本の平和を知らせている
日本人にとって天皇陛下は特別な存在だ。それは日本の鉄道ファンにとっても同じ。天皇陛下がお出かけになるときには「お召し列車」を走らせてくれる。我が国で最も重要な人物の行程が世間に告知される。これこそ平和の証。世界に誇れる日本のよさである。(2014/5/23)

時刻表っぽいフォント「DiaPro」が話題に  台湾のユーザーが無料配布
鉄道ファンに喜ばれそう。(2014/3/31)

超小型ブロックで作るNゲージ「nanoGauge」 アレンジ次第でオリジナル車両に
世界最小級ブロック「nanoblock」の新シリーズとして鉄道模型「nanoGauge」が登場する。ブロックで組み立てた車両をNゲージとして走らせて楽しめる。(2014/3/17)

ビットコイン考案者・ナカモト氏を発見? カリフォルニア在住の64歳 米誌報道
ビットコインを考案したとされる「ナカモト・サトシ」(中本哲史)氏を特定したと米誌Newsweekが報じた。別府市生まれで鉄道模型が趣味の64歳だという。(2014/3/7)

スマホ向け「JR東日本アプリ」が3月10日にリリース――宣伝には六角精児さんを起用
JR東日本の利用をタイムリーにサポートするスマホ向けアプリ「JR東日本アプリ」が登場。鉄道ファンの俳優・六角精児さんが宣伝活動を行う。(2014/3/6)

App Town エンターテインメント:
カヤック、原鉄道模型博物館の公式アプリをリリース
カヤックは、原鉄道模型博物館の公式アプリ「原鉄道模型博物館 iPhone アプリ 〜 シャングリラ鉄道の旅」をリリースした。館内にあるジオラマの中を自由に運転できる。(2014/2/10)

子どもも大人も楽しめる! 鉄道ジオラマの世界で運転士になれるアプリが登場したよ!
原鉄道模型博物館のジオラマで、模型車両を運転している気分に。(2014/2/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。