ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「要件定義」最新記事一覧

プロジェクト成功確率向上の近道とは?(3):
残業も減らせる!? 上級エンジニアになるためのDesign Doc超入門
ITシステム開発の問題点の一つであるコミュニケーションの失敗。本連載では、これを防ぐ方法としてお勧めしたい3つのドキュメントを紹介していく。今回は、「技術視点」のドキュメントとして、2000年代以降注目されている「Design Doc」について解説します。(2016/6/21)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(27):
納期が遅れているので契約解除します。既払い金も返してください
東京高等裁判所 IT専門委員の細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は頓挫した開発プロジェクトの既払い金をめぐる裁判例を解説する。(2016/6/6)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(26):
契約では「設計以降」をお願いしていますが「要件定義」もやってくださいね。下請けなんだから
東京高等裁判所 IT専門委員の細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回はパッケージソフトを使った開発のトラブルを解説する。契約にない「要件定義」をパッケージベンダーはするべきなのか?(2016/5/10)

ESEC2016 開催直前情報:
デバイス開発からデータ解析まで、IoTの全てをワンストップ提供「TED Real IoT」
東京エレクトロン デバイスはIoTの提供に必要となる、「デバイス開発」「アプリケーション開発」「データ解析/分析」までをワンストップにて提供するサービス「TED Real IoT」を開始する。(2016/4/26)

「7割主義」でスマホアプリ開発期間を5カ月に圧縮:
良品計画に見る、ビジネス部門主導のAPIベース開発がもたらした効果と教訓
ガートナーが2016年3月14、15日に開催した「エンタープライズ・アプリケーション&アーキテクチャ サミット 2016」では、2日目のゲスト基調講演に、良品計画のWeb事業部でCMT(Chief Marketing Technologist)を務める濱野幸介氏が登壇。本稿では、濱野氏の講演のエッセンスをお届けする。(2016/4/21)

MSとクリエーションラインの提携が実現する「DevOps」とは:
PR:de:code 2016にDevOpsの黒船――Jenkins川口耕介、HashiCorp創業者、Chef、Mesosphereの開発者らが集結する理由
スタートアップ企業だけではなく、エンタープライズにも確実に普及し始めてきたDevOpsの波。この波を生かし、事業をスピードアップし、バリューを最大化していく企業の取り組みを支援すべく、マイクロソフトとクリエーションラインの2社が提携を結んだ。その背景には一体何が?(2016/4/7)

クラウドインフラがコモディティ化した今:
PR:フツーのWeb系受託企業がB2Bで急成長を遂げた秘訣に見る、業務アプリエンジニアの生存戦略
クラウドを活用したシステム受託開発を中心に業績を伸ばす注目の企業、フレクトの事業戦略から「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な考え方や、手法をITアーキテクトの視点で考察したい。(2016/3/31)

いまさら聞けない 車載セキュリティ入門(5):
車載セキュリティに対応する開発プロセスとセキュリティ評価手法
車載セキュリティに対応するには、車載システムの開発プロセスそのものを変えていく必要がある。さらにその車載システムのセキュリティレベルを評価する仕組みも整備しなければならない。(2016/3/25)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(25):
「聖火台のあるオリンピック競技場」の作り方
東京高等裁判所 IT専門委員の細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「聖火台のないオリンピック競技場」を題材に、システム開発における抜け漏れのない要件定義手法を解説する。(2016/3/23)

アジャイル時代のプロジェクトマネジメント入門(終):
プロジェクトを成功に導く4つのベストプラクティス
プロジェクト管理の基礎からアジャイル開発の理想と現実、成功例と失敗例、を紹介し、ベストプラクティスを提案する連載。最終回は、失敗するプロジェクトの“あるある”を示し、それを解決するための4つのベストプラクティスを提案します。(2016/3/14)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(24):
要件定義も設計もしてもらいましたが、他社に発注します。もちろんお金は払いません!
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回も正式契約なしに着手した開発の支払いをめぐる裁判を紹介する。ユーザーの要請でエンジニアを常駐して設計まで進めた開発案件、「他社に発注することにした」はアリ? ナシ?(2016/3/7)

基板設計の現場の声から生まれた:
PR:第23回 基板の熱解析をリアルタイムで表示――「PICLS」の開発背景
解析の専門家ではない基板設計者でも簡単に扱える熱解析ソフトとして開発されたPICLS。2次元操作で、簡単かつ高速に熱解析を行えることを意識して設計されたため、解析モデルの設定を行うプリプロセッサと解析結果を表示するポストプロセッサが一体となっている。「基板設計者が熱設計アイデアを、ストレスなく、その場で試せるようなソフトウェアがあれば、設計現場に大きなメリットをもたらすことができる」。そう考え発案に至ったというソフトウェアクレイドル 技術部の衛藤潤氏に、開発背景について聞いた。(2016/2/17)

明日から使えるシステム開発プロジェクトの進め方 再入門(5):
システム開発における「第4コーナー」テスト工程で注意すべきポイント
本連載では、システムを外部に発注する事業会社の側に立ってプロジェクトをコントロールし、パフォーマンスを最大化するための支援活動をしてきた筆者が、これまでの経験を基に、プロジェクト推進の勘所を解説していく。今回は、製造工程の後に控えるテスト工程で注意すべきポイントや6つの品質特性、品質分析について解説する。(2016/2/16)

OpenStack上に構築する、ブルーグリーンデプロイメント実践入門(1):
なぜ“リリースの自動化”が重要か──今こそ「ブルーグリーンデプロイメント」を考える
ビジネスの「スピードと絶え間ない変化」に応じたスピーディな開発・改善を支える上で、インフラ部門は今後、どのような対策が求められるのでしょう。本連載では、インフラ部門が今後理解しておくべき運用の考え方を整理し、具体的な実践例として「OpenStackを基盤としたブルーグリーンデプロイメント」を実現する“現場目線”のノウハウを解説していきます。(2016/2/22)

クラウドの活用がテレワーク導入のハードルを下げる
テレワークの特効薬「デスクトップ丸ごと配信」「アプリだけ配信」の使い分けとは
テレワークの実現には時間がかかる。テレワーク環境に適したクライアント環境の実現方法は1つではない。要件定義に悩んだとき、どうしたらよいだろうか。ユーザーの業務形態に合わせて柔軟に構築するポイントとは?(2016/2/5)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(23):
採用通知=正式契約、ですよね?
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は、正式契約なしに着手した開発を、ユーザーが「契約成立」と主張し、ベンダーが「契約不成立」と反論し争った裁判を紹介する。通常とは逆パターンの本事件、果たして何が起こったのか?(2016/1/18)

年末特別座談会:
PR:2015年におけるHTML5/Web標準対応の現状を、大規模Webサイト運営者に聞いてみた
Web標準への対応の機運が高まっている現在だが、実際にはどれぐらい対応が進んでいるものなのか。大規模なサービスサイトである「DMM.com」「ポイントタウン」を開発・運営している担当者とブラウザーベンダーである日本マイクロソフトのエバンジェリストに、現状を語ってもらった。(2015/12/24)

設計開発ツール:
自動車の電子/電気システム開発をフロントローディング化、メンターが新ツール
Mentor Graphics(メンター・グラフィックス)は、自動車や航空機のE/E(電子/電気)システムとソフトウェアを統合的に設計開発できるシステムエンジニアリングツール「Capital Systems」を発表した。(2015/12/17)

車載セキュリティ:
「TPMは車載セキュリティに機能不足」、ジェムアルトがEAL5+の独自チップ提案
デジタルセキュリティベンダーのジェムアルトが、コモンクライテリアでEAL5+を達成した独自開発のセキュリティチップ「M2Mセキュアエレメント」を車載セキュリティ向けに提案している。PC向けのセキュリティチップであるTPMが車載セキュリティにも拡張されつつあるが、「TPMでは車載セキュリティを満足させられない」(同社)という。(2015/11/30)

プロジェクトを成功させるモデリングの極意(3):
UMLやSysMLなどのモデリングは“いつ”“何を”“どうするのか”
「モデリングはいつ誰が何をどのようにするのか」――今回はソフトウェア開発の現場で、モデリングを実際にどのように実施しているのか見ていきましょう。またUMLやSysMLの使いにくいところを、開発現場ではどのようにカバーしているのかも見ていきます。(2015/11/2)

明日から使えるシステム開発プロジェクトの進め方 再入門(4):
基本設計をスムーズに進めるための5つのポイント――要件定義書の読み合わせ、データ構造、IPO、外部接続
本連載では、システムを外部に発注する事業会社の側に立ってプロジェクトをコントロールし、パフォーマンスを最大化するための支援活動をしてきた筆者が、これまでの経験を基に、プロジェクト推進の勘所を解説していく。今回は、「基本設計」をスムーズに進めるための5つのポイントについて解説する。(2015/10/30)

連載:簡単! Visual Studio 2015入門:
第5回 初めてのWindowsアプリの開発
.NETのWindowsアプリ開発を学びたいが、何から手を付ければよいのか? そんなときは、こんなアプリ開発から始めてみよう!(2015/10/1)

明日から使えるシステム開発プロジェクトの進め方 再入門(3):
要件定義をうまくこなすためのポイント――要件定義の完了条件と要求の引き出し方
本連載では、システムを外部に発注する事業会社の側に立ってプロジェクトをコントロールし、パフォーマンスを最大化するための支援活動をしてきた筆者が、これまでの経験を基に、プロジェクト推進の勘所を解説していく。今回は、要件定義をうまくこなすためのポイントについて解説する。手間を惜しまず丁寧に対応しよう。(2015/7/2)

特集:UWPとは何か:
Windows 10 UWPで業務デスクトップアプリ開発はどう変わるのか?
Windows 10で登場するUWPにより、業務アプリはどう変わるのか、そのメリットとデメリット、移行戦略などについて解説する。(2015/6/23)

明日から使えるシステム開発プロジェクトの進め方 再入門(2):
要件定義を本気で成功させたいなら、その前に実践しておきたい4つの最重要アクション
本連載では、システムを外部に発注する事業会社の側に立ってプロジェクトをコントロールし、パフォーマンスを最大化するための支援活動をしてきた筆者が、これまでの経験を基に、プロジェクト推進の勘所を解説していく。今回は、要件定義の準備作業について解説する。要件定義をスムーズにこなすためには作業に着手する前に綿密な計画を立てる必要がある。(2015/5/19)

ホワイトペーパー:
テスト自動化を成功させる秘訣とは?
開発プロジェクトを成功させるためには、複雑化し工数も増えたテストをいかに自動化するかが重要なポイントとなる。本資料ではテスト自動化成功の秘訣を具体的に解説する。(2015/4/30)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第35回 自社サービス開発から受託開発に転身したエンジニアが語る「幸せな受託開発」とは
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなた自身のキャリアプラニングに、ぜひ役立ててほしい。(2015/4/27)

組み込み開発ニュース:
世界をIoTでスマートにするための10のポイント
2020年にはエンドデバイスの数が300億個にも達すると言われるIoT(Internet of Things)時代が本格化する中、組み込みエンジニアはどのような考え方で開発にあたるべきか。ウインドリバーのフェローが念頭に置くべき10のポイントを挙げた。(2015/3/2)

「ここでしか言えない聞けない“ほろ苦”大人のIaaS選び」ダイジェスト:
PR:「クラウドの中身」に興味がないユーザーと興味津々のSIer――日本では、IaaSはスペックや費用の比較表を基準に選べない
近年、IaaSの利用は先進IT企業から一般企業へ、そしてその用途も開発・テスト環境から本番環境へと、その裾野を急速に広げつつある。同時に、クラウドサービスを提供するベンダーの数も増え、かつてのような「AWS一択」という状況は変わりつつある。一体どうすれば、自社のニーズに即したIaaSを選んで、うまく使いこなすことができるのか? (2015/2/25)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(11):
ユーザーが資料をくれないのは、ベンダーの責任です
ユーザーが要件定義に必要な資料を提供しなかったため、システム開発が頓挫した。責任を取るべきはユーザー、ベンダー、どちらでしょう?(2015/1/7)

【連載】ソーシャルメディアを活用したい中小企業のためのWeb発注力と運用力:
第10回 通販サイトの立ち上げに必要なポイントとは?
Webサイトのリニューアルプロジェクトと平行して、ネット通販機能も同時に開発することになった遠藤さん。ターゲットも含めて提案してほしいと部長に言われたのだが……。(2015/1/5)

誰も気付かない要求にどう応えるか
初代「iPhone」開発に学ぶ、革新的モバイルアプリ“発明”の方法
いまだかつて誰も、その用途や機能を経験したことがないような斬新な新製品を生み出すには、どのような要件を定義すべきだろうか。潜在的なユーザーニーズに気付く秘訣を探る。(2014/12/16)

特集:Biz.REVO〜開発現場よ、ビジネス視点を取り戻せ〜(3):
日本企業のアジャイル開発採用は3割に――労働集約的な古い体質のSIは淘汰される
ビジネス環境が目まぐるしく変化する現在、企業情報システムの開発現場では、ビジネス視点に立った情報システム開発が求められている。アナリストの視点から日本のSIの現状・今後を探ってみたい。(2014/11/25)

情シスの横顔:
IT主導で東急グループのビジネスを拡大する 東急電鉄・小原さん
新システムの大型導入プロジェクトを成功させるべく、世界中の開発拠点を飛び回り、エンジニアたちと日夜議論を交わしているのが、東急電鉄の小原さんだ。(2014/10/7)

【連載】ソーシャルメディアを活用したい中小企業のためのWeb発注力と運用力:
第3回 経営課題に基づいたWebサイトの要件定義とは
経営課題を明確にすることで、Webに何を担ってもらいたいかがはっきりする。そして、経営資源をその課題解決に集中できれば、それだけより内容の充実したものができ、実際の効果も高くなることが期待できる。(2014/6/6)

RFP=ITシステムに求める要件をまとめたもの:
改めて知っておきたい失敗しないCRMのRFP作成方法
これまで何年間かにわたり業績を伸ばしてきた企業であれば、CRMシステムを導入していないケースはほとんどないだろう。だが既存のCRMに満足していない企業、これから事業を始める企業は、CRM導入に向け、要件定義からプロジェクトを進めていくことになる。(2014/5/22)

開発のスピードと質を両立するには?:
ウォーターフォールだけだから失敗する――これからのアプリ開発、4つのポイント
DevOpsというキーワードに象徴されるように、アプリケーション開発のスピードと品質の両立が企業にとって大きな課題となっている。だがビジネス成功の鍵は、開発手法そのものというより、各手法をどう生かすかにある。(2014/3/31)

Windows XP移行待ったなし:
エンタープライズ開発現場が知っておきたいHTML5の4つの意義
Windows XP時代にエンタープライズ向けシステムのクライアント開発現場が抱えていた問題は、HTML5(Web標準)という一つ上のレイヤーからアプローチし解決する道が模索されています。本記事では、先月開催されたカンファレンス「Enterprise × HTML5 Web Application Conference 2014」から幾つかのセッションの内容をピックアップし、HTML5ソリューションの全体像を俯瞰し、上記解決の道がどこに向かおうとしているのかを探ってみます。(2014/3/28)

レビューがうまくいかない理由:
レビューで失敗しない8つのポイント
ソフトウェア開発の品質・効率向上に欠かせないレビュー。しかし、やり方を間違えているために、かえって逆効果になっているケースが多い。本連載ではソフトウェアレビュー研究の第一人者、森崎修司氏が豊富な現場経験と研究成果を基にレビュー成功のポイントを分かりやすくリアルに解き明かす。(2014/4/7)

美人弁護士 有栖川塔子のIT事件簿(10):
もしも要件定義の無いシステム開発の担当になったら
要件定義の無い開発の紛争は、双方の主観的な主張が入り乱れて泥仕合化することが多いようです。しかし双方が協力して要件さえ固めれば、仲直りも再開も可能です。(2014/3/20)

美人弁護士 有栖川塔子のIT事件簿(9):
もし要件定義担当者とベンダーが「グル」だったら?
悪意の有る無しにかかわらず、ベンダーと仲が良過ぎるユーザーが要件を担当すると、ベンダーにとってのみ都合の良い要件や、業務知識不足による要件不備を招く危険があります。(2014/3/5)

高信頼と高性能を実現する技術とは【第3回】
ワークスアプリケーションズが太鼓判を押す高機能OS、その最新事例とは
大手企業向けERPパッケージ「COMPANY」シリーズを開発・販売するワークスアプリケーションズがCOMPANYシリーズをアウトソーシング社にわずか1週間で導入。短期導入を実現したのはある高機能OSだった。(2014/3/10)

ソフトウェアが、ソフトウェアを作る:
PR:日本のシステム開発に、変革がもたらされる時
多数の人的リソースが動員され、多大な時間と費用が注がれているソフトウェア開発。その手法が、BlueMeme(ブルーミーム)が導入している「第五世代言語の開発ツール」によって、大きく覆ろうとしている。製造からテスト、運用までを自動で行うという夢みたいなことが、果たして本当に起こり得るのか。代表の松岡氏が、その全貌を語る。(2014/2/25)

そろそろ脳内ビジネスの話をしようか:
外注さんに失敗なく仕事をお願いする単純で画期的な方法を考えた
社内のプログラマーだけで開発を行った場合、時折どうしてもリソース不足を起こすことがあります。そんなときは外注の開発会社に仕事を依頼しますが、これがなかなか難しく、これまで結構失敗を重ねてきました……。(2014/2/24)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
ユーザーからのリクエストが集まる情報システム部門へ
1960年の会社設立以来、アミューズメントマシンメーカーとして事業を拡大し、1983年からは家庭用ゲーム機市場へも参入したセガ。テクノロジーを使ったゲームの開発を事業の中核とするセガにとっての情報システム部門のあり方とは。(2014/1/31)

美人弁護士 有栖川塔子のIT事件簿(6):
要件が決まるまで、テコでも動きません!
システム開発では、要件の全てが要件定義工程の完了時点までに決まることはまれです。決まらない要件は未決事項とし、解決担当者や期限などを定めて継続的に管理することが大切です。(2014/1/24)

OSS「JobScheduler」で実現するこれからの運用自動化(5):
Nagiosと連携して運用自動化! 事例と適用ポイント
最終回となる今回は、JobSchedulerの日本での活用事例を紹介し、さらにJobSchedulerを組み込んだ簡単なシステムを実際に開発してみようと思います。(2014/1/23)

製造業エンジニア、転職活動の心得:
システム開発会社からのメーカー転職。「メーカーで働きたい」だけではきっと落とされる
「メーカーで働きたい」とシステム開発会社からの転職を希望する組み込みエンジニアはたくさんいらっしゃいます。そんなシステム開発会社からのメーカーへの転職で問題になるのは、実は「上流工程の経験」といった経験・スキルの応募要件ではなく、まったく別の要因なのです。(2013/12/24)

美人弁護士 有栖川塔子のIT事件簿(3):
要件定義を決めるのはベンダーの仕事でしょ?
システムにどのような機能や性能を持たせるかを決める要件定義には、ベンダーによるガイドと、ユーザーとベンダーの役割を超えた率直な議論が必要です。(2013/12/6)

美人弁護士 有栖川塔子のIT事件簿(2):
そもそも要件定義って何なのよ
ITシステムの要件定義では、対象業務のフローや入出力を決める「業務要件」とシステムが持つべき機能を定める「機能要件」、システムの速度や容量、使い勝手やセキュリティなどを定義する「非機能要件」について、ユーザーとベンダで徹底的に議論することが大切です。(2013/11/22)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。